ページトップへ戻る

Volume 26(2021)

目次 / Table of Contents
理事長室から -JASRI創立30周年を迎えて-
Message from President – Message Celebrating the 30th Anniversary of JASRI –

雨宮 慶幸 AMEMIYA Yoshiyuki

(公財)高輝度光科学研究センター 理事長 President of JASRI

Page 91pdfDownload PDF (258 KB)
理事長室から 正見 -八正道と放射光科学-
Message from President Right View – Noble Eightfold Path & Synchrotron Radiation Research –

雨宮 慶幸 AMEMIYA Yoshiyuki

(公財)高輝度光科学研究センター 理事長 President of JASRI

Page 1pdfDownload PDF (437 KB)

1. 最近の研究から/FROM LATEST RESEARCH

(JASRI理事長ファンド採択研究課題)
大気非曝露下での電圧印加硬X線光電子分光法による有機薄膜トランジスタ動作中の電位分布の解明
Analysis of Electric Potential Distributions of an Organic Thin Film Transistor upon Controlled Exposure to Air Investigated by Bias-Applied Hard X-ray Photoelectron Spectroscopy

渡辺 剛 WATANABE Takeshi

(公財)高輝度光科学研究センター 放射光利用研究基盤センター 産業利用・産学連携推進室 Industrial Application and Partnership Division, Center for Synchrotron Radiation Research, JASRI

Abstract
 有機薄膜トランジスタ(OTFT:Organic Thin-Film Transistor)は大気曝露することでデバイス特性の劣化が著しく進行することが知られている。従って大気曝露がOTFT動作時の電子状態に及ぼす効果を解明することは重要である。本研究では、OTFT作製、電気特性の評価および電圧印加硬X線光電子分光(HAXPES:Hard X-ray Photoelectron Spectroscopy)測定を大気非曝露で実施できるシステムを開発した。このシステムを用いて、大気曝露がOTFT動作中の電位分布形成に及ぼす効果を調べた。
Pages 92 - 97pdfDownload PDF (2 MB)
SPring-8
(JASRI理事長ファンド採択研究課題)
試料環境制御によるタンパク質結晶の構造多様性解析法の開発
Development of Protein Crystal Structural Analysis Method by Temperature and Humidity Control

馬場 清喜 BABA Seiki

(公財)高輝度光科学研究センター 放射光利用研究基盤センター タンパク質結晶解析推進室 Protein Crystal Analysis Division, Center for Synchrotron Radiation Research, JASRI

Abstract
 X線結晶構造解析法は、タンパク質立体構造の解析手法として使われています。放射光ビームラインは高輝度なX線が利用でき、放射線損傷を低減するために100 K以下に凍結した結晶からの回折実験が広く利用されてきました。しかし近年、X線自由電子レーザーにより非凍結結晶からの無損傷での時分割実験が可能となり、放射光においても非凍結結晶からの構造解析の手法開発が進んでいます。我々は、SPring-8の高輝度X線を利用し、非凍結環境でタンパク質の構造多様性を解析する手法について開発を進めてきましたので、その成果を報告します。
Pages 98 - 100pdfDownload PDF (2 MB)
SPring-8
新分野創成利用課題報告
ナノスケール実スピンデバイス開発に向けた新しい放射光利用
Initiative Study of Nano-Spin Devices Led by the Use of Advanced Synchrotron Light Source

小野 輝男 ONO Teruo[1]、岡本 聡 OKAMOTO Satoshi[2]、千葉 大地 CHIBA Daichi[3]、水口 将輝 MIZUGUCHI Masaki[4]、壬生 攻 MIBU Ko[5]

[1]京都大学 化学研究所 Institute for Chemical Research, Kyoto University、[2]東北大学 多元物質科学研究所 Institute of Multidisciplinary Research for Advanced Materials, Tohoku University、[3]大阪大学 産業科学研究所 The Institute of Scientific and Industrial Research, Osaka University、[4]名古屋大学 大学院工学研究科 Graduate School of Engineering, Nagoya University、[5]名古屋工業大学 大学院工学研究科 Graduate School of Engineering, Nagoya Institute of Technology

Abstract
 スピンと電荷の自由度を物質の多様な機能として活かすナノスピンデバイスの研究は、巨大磁気抵抗の発見とその磁気ヘッドへの応用に端を発し、不揮発性磁気メモリやマイクロ波発振器など多様な製品を産み出す学術基盤である。本研究計画では、磁気コンプトン解析(BL08W)、核共鳴散乱解析(BL09XU)、表面・界面X線回折(BL13XU)、オペランドナノ電子状態解析(BL25SU、BL39XU)、光電子分光(BL09XU、BL17SU、BL47XU)など多岐にわたるビームラインを活用し、先端放射光ツールを駆使して構造・電荷・スピンへの包括的な解析アプローチを行った。本研究課題で得られた、個別の研究では実現しえない情報の共有やノウハウの蓄積によるシナジー効果の創出は、「放射光による物質デザイン・ナノデバイス創成」という新分野と位置づけられ、サステナブル社会の実現に必要な新規高性能機能性材料およびデバイスの開発に資するものである。
Pages 101 - 108pdfDownload PDF (4 MB)
SPring-8
長期利用課題報告1
イオンポンプの結晶構造解析
Crystal Structure Analysis of Ion Pumps

豊島 近 TOYOSHIMA Chikashi

東京大学 定量生命科学研究所 Institute for Quantitative Biosciences, The University of Tokyo

Abstract
 イオンポンプ蛋白質の作動機構を原子構造に基づいて完全に理解することを目標に長期利用課題を遂行している。筋小胞体Ca2+ポンプに関しては、今や変異体の構造決定を行える段階にある。そこで、Ca2+イオン通路の細胞質側ゲートであるアミノ酸残基Glu309をGlnに置換した変異体のE2(Ca2+非存在下でCa2+に対し低親和性)状態の構造を決定した。この構造は、予想に反し、天然蛋白質とは著しく異なっていた。すなわち、Ca2+ポンプは酸素と窒素を区別する能力を持つことが示され、E2→E1(Ca2+に対し高親和性)遷移のメカニズムが明らかになるという予想外の進展をもたらした。
Pages 109 - 118pdfDownload PDF (3 MB)
SPring-8
長期利用課題報告2
熱機関用超高速・マイクロスケール燃料噴霧のX線計測:新たなX線計測技法の構築による未解明の物理因子解析
X-ray Study of High-Speed Microscale Fuel Sprays for Modern Engines: Development of Advanced X-ray Measurement Techniques for the Analysis of Undiscovered Physical Properties

文 石洙 MOON Seoksu[1]、黄 魏迪 HUANG Weidi[2]、宋 明良 SOU Akira[3]、和田 好隆 WADA Yoshitaka[4]

[1]仁荷大学 機械工学科 Department of Mechanical Engineering, Inha University、[2](国)産業技術総合研究所 省エネルギー研究部門 Research Institute for Energy Conservation, National Institute of Advanced Industrial Science and Technology、[3]神戸大学 大学院海事科学研究科 Graduate School of Maritime Sciences, Kobe University、[4]マツダ(株) MBD革新部 MBD Innovation Dept., Mazda Motor Corporation

Abstract
 本研究グループは、エンジン数値解析の高度化による低炭素・グリーン社会の早期実現に貢献することを目指し、これまで未知の領域であったノズル近傍流動の可視化を可能とするX線位相コントラスト画像装置をSPring-8のBL40XUに構築し、超高速燃料噴霧基部の微粒化過程とダイナミクス構造を解析してきた。しかし、ノズル出口および近傍流動の現象解明とモデル化に重要な物理因子の中、まだ計測・解析できていないものも多く存在しており、その代表的な例として、ノズル内部キャビテーション・液体体積分率、ノズル内部の流れおよび乱流構造、ノズル内部流特性によるノズル出口流動の不安定性を上げられる。本長期利用課題では、ノズル内部流とノズル出口の初期流動に関わる上述の物理因子を解析できる新たな計測技法を構築し、その結果を用いてノズル内部と出口の流動特性を相関させることを研究の主な狙いとしている。本研究報告では、2年間で行った長期利用課題の成果をまとめて紹介する。
Pages 119 - 123pdfDownload PDF (3 MB)
SPring-8
長期利用課題報告3
先端X線分光法を用いた分子地球化学的研究によるサステナブル科学への貢献
Contribution to Sustainable Sciences by Molecular Geochemistry using Advanced X-ray Spectroscopy

高橋 嘉夫 TAKAHASHI Yoshio

東京大学 大学院理学系研究科 Graduate School of Science, The University of Tokyo

Abstract
 ひたすら発展を続けてきた人類は、ここにきて地球環境・資源・食糧などの観点から、人間平等という原則を堅持しながら持続可能な社会を実現するという困難な課題に直面している。環境資源科学・地球科学において、試料中の元素から先端X線分光法により得られる原子分子レベルの分子地球化学的情報は、環境中での物質移行・元素サイクルを解明する上で最も基盤的な情報となる。この情報を各元素の化学的性質に基づいて系統的に解釈することは、ここで着目する試料についてだけでなく、様々な環境における元素の挙動の物理化学的予測につながるため、先端X線分光法で分子地球化学的情報を得ることの波及効果は極めて大きい。ここでは、高エネルギー領域でのマイクロ/ナノXRF-XAFS-XRD法、高エネルギー分解能を持つ波長分散型検出法や超伝導転移端検出器(TES)の応用、X線マイクロCTと分光法の複合利用などの先端X線分光法を発展させ、様々な研究対象に応用して得た持続可能な社会の確立に関わる大気化学、資源化学、環境化学(サステナブル科学)に関する研究成果を紹介する。
Pages 124 - 132pdfDownload PDF (3 MB)
SPring-8
長期利用課題報告4
中空構造をもつ巨大自己集合錯体分子群の単結晶X線構造解析と機能創出
Synchrotron Studies on Self-Assembled Huge Metal Complexes Toward Their Applications

堂本 悠也 DOMOTO Yuya、澤田 知久 SAWADA Tomohisa、藤田 誠 FUJITA Makoto

東京大学 大学院工学系研究科 School of Engineering, The University of Tokyo

Abstract
 我々のグループでは、金属イオン(M)と有機分子(L)の間における配位結合の形成に基づく、配位駆動自己集合によるナノ空間のデザインと機能創出を追求してきた。1990年、留め金状の金属錯体と棒状有機配位子の混合により、正方形型の大環状分子がひとりでに組み上がることを初めて報告して以来、様々な構造や性質の内部空間をもったケージ分子を開拓している。とりわけMnL2n型球状錯体の登場以後、その構成分子数の多さや内部空隙の巨大さから構造決定の要である単結晶X線構造解析に困難が伴い、放射光X線の利用が研究遂行に不可欠な要素となっている。近年も、自然界のタンパク質に匹敵するほどのサイズをもつ種々の中空錯体群の構造解析を構造生物学ビームラインの利用を通して進めており、機能創出に向けた取り組みと併せて報告する。
Pages 133 - 137pdfDownload PDF (3 MB)
SPring-8
その場X線ラマン散乱分光によるリチウムイオン電池黒鉛負極の電子状態解析
In situ X-ray Raman Scattering Spectroscopy of a Graphite Electrode for Lithium-Ion Batteries

野中 敬正 NONAKA Takamasa[1]、川浦 宏之 KAWAURA Hiroyuki[2]、牧村 嘉也 MAKIMURA Yoshinari[2]、西村 友作 NISHIMURA Yusaku[3]、堂前 和彦 DOHMAE Kazuhiko[1]

[1](株)豊田中央研究所 分析部 量子ビーム解析研究室 Quantum Beam Analysis Lab., Materials Analysis & Evaluation Dept., Toyota Central R&D Labs., Inc.、[2](株)豊田中央研究所 環境・エネルギー1部 電池材料・プロセス研究室 Battery Materials & Processing Lab., Environment & Energy Dept. I, Toyota Central R&D Labs., Inc.、[3](株)豊田中央研究所 機械1部 パワトレシステム研究室 Powertrain System Lab., Mechanical Engineering Dept. I, Toyota Central R&D Labs., Inc.

Abstract
 X線ラマン散乱分光(X-ray Raman scattering: XRS)は、透過能の高い硬X線をプローブとして軟X線吸収分光と同等の情報を得ることができる手法である。同手法の適用により、軟X線吸収分光では一般的に困難である軽元素の非破壊・その場解析を容易に実現できる。一方、黒鉛は、リチウムイオン電池の負極として最も広く利用されている材料であるが、電池充放電に伴う炭素の電子状態変化については未だ十分には解明されていない。本研究では、充放電可能なセルを用いた黒鉛負極のその場XRS測定手法を開発し、放電中に現れる3種の相(LiC6、LiC12、黒鉛)についてC K吸収端XRS測定を行った。観測された放電に伴うスペクトル変化は先行研究の結果と合致するものであり、開発したその場XRS測定手法が、電池動作中の黒鉛負極の電子状態評価に有用であることがわかった。
Pages 2 - 7pdfDownload PDF (880 KB)
SPring-8
オペランド時空間X線分光によるデバイス機能発現の定量可視化
Study for Quantitatively Visualizing Device Function by using Operando Spatiotemporal X-ray Spectroscopy

吹留 博一 FUKIDOME Hirokazu[1]、大美賀 圭一 OMIKA Keiichi[1]、河内 剛志 KOUCHI Tsuyoshi[2]、舘野 泰範 TATENO Yasunori[2]、保井 晃 YASUI Akira[3]、大沢 仁志 OSAWA Hitoshi[3]、大河内 拓雄 OHKOCHI Takuo[3]

[1]東北大学 電気通信研究所 Research Institute of Electrical Communication, Tohoku University、[2]住友電気工業(株) Sumitomo Electric Industries, Ltd.、[3](公財)高輝度光科学研究センター 放射光利用研究基盤センター 分光・イメージング推進室 Spectroscopy and Imaging Division, Center for Synchrotron Radiation Research, JASRI

Abstract
 Siエレクトロニクスが限界に達した今、新材料の物性を極限まで引き出し、Siデバイスを凌駕するデバイスを創出せねばならない。しかし、新材料を用いたデバイスの機能は、材料物性から予測される理論値を大きく下回っている。その原因を究明すべく、我々はデバイス動作下でナノ物性の時空間ダイナミクスを観測するオペランド高時空間能X線吸収分光のフルスペクトル計測を初めて実現し、さらに、GaN高電子移動度トランジスタの性能を決定する表面電子捕獲の時空間ダイナミクスの直接観測に成功した。現在、オペランド時空間X線分光で得られるダイナミクスを基に、デバイス動作機構を定量可視化する学理の創出に取り組んでいるところである。
Pages 8 - 15pdfDownload PDF (2 MB)
SPring-8
(JASRI理事長ファンド採択研究課題)
斜入射X線を用いた薄膜フォノンの研究 ~フォノン測定から見る熱特性~
Phonon Measurements of Thin Films using Glazing Incidence X-ray – Thermal Properties and Phonon Measurements –

内山 裕士 UCHIYAMA Hiroshi

(公財)高輝度光科学研究センター 放射光利用研究基盤センター 精密分光推進室 Precision Spectroscopy Division, Center for Synchrotron Radiation Research, JASRI

Abstract
 デバイスの小型化・高性能化に伴い、その熱制御が重要となっている。デバイス中の熱は主にフォノンによって伝搬されることから、熱特性の微視的な起源を調べる手段としてフォノン測定や計算が活発に行われている。SPring-8の非弾性X線散乱法は、対象に単結晶試料を用いた場合、そのフォノン分散を測定することができる。この手法を元に、斜入射条件ではX線の侵入長が短い特性を利用し、よりデバイスの環境に近い薄膜(>μm厚)において効率的なフォノン分散測定を可能とした。本稿ではその研究成果を紹介する。
Pages 16 - 21pdfDownload PDF (1 MB)
SPring-8
(JASRI理事長ファンド採択研究課題)
硬X線光電子分光法によるバンドギャップ光励起下の電子状態評価技術の開発
Study of Electronic Structure for Various Semiconductor Materials using Hard X-ray Photoelectron Spectroscopy with Band-Gap Excitation

安野 聡 YASUNO Satoshi

(公財)高輝度光科学研究センター 放射光利用研究基盤センター 産業利用・産学連携推進室 Industrial Application and Partnership Division, Center for Synchrotron Radiation Research, JASRI

Abstract
 半導体デバイスにおいて、バンドベンディングやバンドオフセットなどの電子状態を精密に評価して正確なバンド構造を把握することは電気特性の要因解析や特性改善の指標を得る上で重要である。本研究では多層膜構造など実際のデバイスに近い構造におけるバンド構造の定量的評価を可能とすることを目的として、BL46XUの硬X線光電子分光(HAXPES, Hard X-ray Photoelectron Spectroscopy)装置をベースにバンドギャップ光励起による表面光起電力(SPV, Surface photo-voltage)を応用した電子状態評価技術を開発した。本評価技術は半導体デバイスの他、材料の光化学的な反応や光による劣化の評価、太陽電池や光触媒における光照射下の電子状態評価など、様々な材料に応用することもできる。本稿では、本評価技術を用いた半導体デバイスのバンド構造評価や波長依存性を応用したバンドギャップ評価、酸化物半導体や太陽電池材料におけるバンドギャップ光照射下の電子状態、光劣化評価への応用事例を紹介する。
Pages 22 - 28pdfDownload PDF (3 MB)
SPring-8

2. ビームライン/BEAMLINES

XAFS標準試料データベース
XAFS Standard Sample Database

大渕 博宣 OFUCHI Hironori[1]、松本 崇博 MATSUMOTO Takahiro[2]

[1](公財)高輝度光科学研究センター 放射光利用研究基盤センター 産業利用・産学連携推進室 Industrial Application and Partnership Division, Center for Synchrotron Radiation Research, JASRI、[2](公財)高輝度光科学研究センター 情報処理推進室 Information-technology Promotion Division, JASRI

Abstract
 XAFS標準試料データベースは、SPring-8 BL14B2にて測定した標準試料のXAFSスペクトルデータを測定条件、試料情報と共に系統的に整理して提供するデータベースである。XAFS標準試料データベース上のデータは一般公開されており、SPring-8所内外のパソコンのブラウザからダウンロードできる。データベースに登録されたXAFSスペクトルを活用することでXAFS測定やデータ解析の効率化が期待できる。現在までにXAFS標準試料データベースには、34元素、667試料のXAFSスペクトルデータを収録している(2021年3月26日現在)。XAFS標準試料データベースは、様々な実験データを実験条件などのメタデータを含めて管理蓄積できるSPring-8実験データ転送システムBENTENを利用している。
Pages 138 - 141pdfDownload PDF (1 MB)
SPring-8
機械学習手法の導入によるデータ解析高度化
Upgrade of Data Analysis Method by using Machine Learning Technique

水牧 仁一朗 MIZUMAKI Masaichiro

(公財)高輝度光科学研究センター 放射光利用研究基盤センター 分光推進室 Spectroscopy Division, Center for Synchrotron Radiation Research, JASRI

Abstract
 近年、機械学習の技術が急速に発展しており、その技術をサイエンス分野に適用する動きが活発化している。我々はこの技術を用いて、放射光計測データの解析法の高度化を精力的に行ってきた。本稿では、我々の成果である、1.ベイズ統合による異種計測X線分光のハミルトニアンパラメータ推定とその精度推定、2.ベイズ推定を用いた磁気コンプトン散乱測定における測定終了条件設定、の2例を紹介し、今後の展望を述べる。
Pages 142 - 147pdfDownload PDF (1 MB)
SPring-8
低真空~ヘリウム置換大気圧環境下での観察が可能な走査型軟X線分光顕微鏡の開発(軟X線ビームライン BL17SU)
Development of a Scanning Soft X-ray Spectromicroscope Capable of Observation under Conditions Ranging from Low-Vacuum to Helium Atmosphere (Soft X-ray Beamline BL17SU)

大浦 正樹 OURA Masaki、石原 知子 ISHIHARA Tomoko

(国)理化学研究所 放射光科学研究センター RIKEN SPring-8 Center

Abstract
 サブミクロンスケールに集光した軟X線ビームを用いる走査型軟X線分光顕微鏡を開発し理研ビームラインBL17SUに設置した。集光素子としてフレネルゾーンプレートを使用し、エネルギー範囲として400~756 eV(一次回折)をカバーし、300~500 nm程度のビーム径で各種試料の表面/界面の観察に利用している。低真空からヘリウム置換大気圧環境下での試料表面近傍の顕微分光観察を可能とするもので、2018年後半より理研ユーザーによる応用研究を進めてきた。装置の概要、可能な計測手法と幾つかの観察事例、そしてソフトウェアアプリケーションについて紹介する。
Pages 29 - 34pdfDownload PDF (1 MB)
SPring-8

3. 研究会等報告/WORKSHOP AND COMMITTEE REPORT

「マルチスケール3D画像取得解析セミナー」報告
Report of Web Seminar on Multiscale 3D Image Analysis

安武 正展 YASUTAKE Masahiro、上杉 健太朗 UESUGI Kentaro

(公財)高輝度光科学研究センター 放射光利用研究基盤センター 散乱・イメージング推進室 Scattering and Imaging Division, Center for Synchrotron Radiation Research, JASRI

Pages 148 - 151pdfDownload PDF (2 MB)
SPring-8
SPRUC第3回BLsアップグレード検討ワークショップ報告
Brief Report of SPRUC 3rd Workshop on BLs Upgrade

西堀 英治 NISHIBORI Eiji

SPring-8ユーザー協同体(SPRUC)行事幹事/筑波大学 数理物質系 エネルギー物質科学研究センター Faculty of Pure and Applied Sciences, University of Tsukuba

Pages 152 -158pdfDownload PDF (3 MB)
SPring-8SACLA
SACLA Users’ Meeting 2021
Report on SACLA Users’ Meeting 2021

大和田 成起 OWADA Shigeki

(公財)高輝度光科学研究センター XFEL利用研究推進室 XFEL Utilization Division, JASRI

Pages 159 - 161pdfDownload PDF (338 KB)
SACLA
LEEM PEEM 11.5(オンラインイベント)参加報告
Report of LEEM PEEM 11.5 (Online Event)

大河内 拓雄 OHKOCHI Takuo

(公財)高輝度光科学研究センター 放射光利用研究基盤センター 分光・イメージング推進室 Spectroscopy and Imaging Division, Center for Synchrotron Radiation Research, JASRI

Pages 35 - 37pdfDownload PDF (3 MB)
SPring-8
Pacific Rim Meeting on Electrochemical and Solid State Science(PRiME 2020)報告
Report on the Pacific Rim Meeting on Electrochemical and Solid State Science (PRiME 2020)

渡辺 剛 WATANABE Takeshi

(公財)高輝度光科学研究センター 放射光利用研究基盤センター 産業利用・産学連携推進室 Industrial Application and Partnership Division, Center for Synchrotron Radiation Research, JASRI

Pages 38 - 41pdfDownload PDF (827 KB)
SPring-8
「MRM forum 2020」会議報告
Report on Materials Research Meeting (MRM) forum 2020

筒井 智嗣 TSUTSUI Satoshi

(公財)高輝度光科学研究センター 放射光利用研究基盤センター 回折・散乱推進室 Diffraction and Scattering Division, Center for Synchrotron Radiation Research, JASRI

Pages 42 - 43pdfDownload PDF (1 MB)
SPring-8
第4回SPring-8秋の学校を終えて
The 4th SPring-8 Autumn School

大和田 謙二 OHWADA Kenji

SPring-8ユーザー協同体(SPRUC)行事幹事(秋の学校担当)/(国)量子科学技術研究開発機構 量子ビーム科学部門 Quantum Beam Science Research Directorate, National Institutes for Quantum and Radiological Science and Technology

Pages 44 - 47pdfDownload PDF (3 MB)
SPring-8
フロンティアソフトマター開発専用ビームライン第10回研究発表会
The 10th Conference on Consortium of Advanced Softmaterial Beamline (FSBL)

松野 信也 MATSUNO Shinya、岩田 忠久 IWATA Tadahisa

フロンティアソフトマター開発専用ビームライン産学連合体 Advanced Softmaterial Beamline (FSBL)

Pages 48 - 50pdfDownload PDF (403 KB)
SPring-8

4. SPring-8/SACLA通信/SPring-8/SACLA COMMUNICATIONS

2021B期 SPring-8利用研究課題募集について
Call for 2021B SPring-8 Research Proposals

登録施設利用促進機関 (公財)高輝度光科学研究センター Registered Institution for Facilities Use Promotion, JASRI

Page 162pdfDownload PDF (194 KB)
SPring-8
2021B期 SACLA利用研究課題の募集について
Call for 2021B SACLA Research Proposals

登録施設利用促進機関 (公財)高輝度光科学研究センター Registered Institution for Facilities Use Promotion, JASRI

Page 163pdfDownload PDF (233 KB)
SACLA
2021B期 SACLA試験利用の募集について
Call for Proposals for 2021B SACLA Feasibility Study Program

登録施設利用促進機関 (公財)高輝度光科学研究センター Registered Institution for Facilities Use Promotion, JASRI

Page 164pdfDownload PDF (133 KB)
SACLA
SPring-8利用研究課題審査委員会を終えて
Report on the PRC (Proposal Review Committee) of SPring-8

藤原 明比古 FUJIWARA Akihiko

SPring-8利用研究課題審査委員会 委員長/関西学院大学 工学部 School of Engineering, Kwansei Gakuin University

Pages 165 - 166pdfDownload PDF (311 KB)
SPring-8
SPring-8利用研究課題審査委員会を終えて 分科会主査報告1 −生命科学分科会−
Proposal Review Committee (PRC) Report by Subcommittee Chair – Life Science –

井上 豪 INOUE Tsuyoshi

SPring-8利用研究課題審査委員会 生命科学分科会主査/大阪大学 大学院薬学研究科 Graduate School of Pharmaceutical Sciences, Osaka University

Pages 167 - 169pdfDownload PDF (370 KB)
SPring-8
SPring-8利用研究課題審査委員会を終えて 分科会主査報告2 −散乱・回折分科会−
Proposal Review Committee (PRC) Report by Subcommittee Chair – Diffraction and Scattering –

舟越 賢一 FUNAKOSHI Ken-ichi

SPring-8利用研究課題審査委員会 散乱・回折分科会主査/(一財)総合科学研究機構 中性子科学センター Neutron Science and Technology Center, CROSS

Pages 170 - 172pdfDownload PDF (383 KB)
SPring-8
SPring-8利用研究課題審査委員会を終えて 分科会主査報告3 −XAFS・蛍光分析分科会−
Proposal Review Committee (PRC) Report by Subcommittee Chair – XAFS and Fluorescence Analysis –

今井 英人 IMAI Hideto

SPring-8利用研究課題審査委員会 XAFS・蛍光分析分科会主査/(株)日産アーク 解析プラットフォーム開発部 Analysis Platform Department, NISSAN ARC LTD.

Page 173pdfDownload PDF (287 KB)
SPring-8
SPring-8利用研究課題審査委員会を終えて 分科会主査報告4 −分光分科会−
Proposal Review Committee (PRC) Report by Subcommittee Chair – Spectroscopy –

松田 巌 MATSUDA Iwao

SPring-8利用研究課題審査委員会 分光分科会主査/東京大学 物性研究所 Institute for Solid State Physics, University of Tokyo

Page 174pdfDownload PDF (210 KB)
SPring-8
SPring-8利用研究課題審査委員会を終えて 分科会主査報告5 −産業利用分科会−
Proposal Review Committee (PRC) Report by Subcommittee Chair – Industrial Application –

渡辺 義夫 WATANABE Yoshio

SPring-8利用研究課題審査委員会 産業利用分科会主査/(公財)科学技術交流財団 あいちシンクロトロン光センター Aichi Synchrotron Radiation Center, Aichi Science and Technology Foundation

Pages 175 - 176pdfDownload PDF (313 KB)
SPring-8
SPring-8利用研究課題審査委員会を終えて 分科会主査報告6 −人文・社会科学分科会−
Proposal Review Committee (PRC) Report by Subcommittee Chair – Humanities and Social Sciences –

谷一 尚 TANIICHI Takashi

SPring-8利用研究課題審査委員会 人文・社会科学分科会主査/山陽学園大学/林原美術館 Sanyo Gakuen University / Hayashibara Museum of Art

Page 177pdfDownload PDF (295 KB)
SPring-8
SPring-8利用研究課題審査委員会を終えて 分科会主査報告7 −先進技術産業応用分科会−
Proposal Review Committee (PRC) Report by Subcommittee Chair – Industrial Application using Advanced Technology –

野村 昌治 NOMURA Masaharu

SPring-8利用研究課題審査委員会 先進技術産業応用分科会主査/高エネルギー加速器研究機構 High Energy Accelerator Research Organization

Page 178pdfDownload PDF (221 KB)
SPring-8
SPring-8利用研究課題審査委員会を終えて 分科会主査報告8 −長期利用分科会−
Proposal Review Committee (PRC) Report by Subcommittee Chair – Long-term –

野村 昌治 NOMURA Masaharu

SPring-8利用研究課題審査委員会 長期利用分科会主査/高エネルギー加速器研究機構 High Energy Accelerator Research Organization

Pages 179 - 180pdfDownload PDF (289 KB)
SPring-8
第46回(2021A)SPring-8利用研究課題の採択について
The Proposals Approved for Beamtime in the 46th Research Term 2021A

登録施設利用促進機関 (公財)高輝度光科学研究センター 利用推進部 Registered Institution for Facilities Use Promotion, User Administration Division, JASRI

Pages 181 - 185pdfDownload PDF (1 MB)
SPring-8
第45回共同利用期間(2020A)において実施されたSPring-8利用研究課題
2020A Proposal and User Statistics

登録施設利用促進機関 (公財)高輝度光科学研究センター 利用推進部 Registered Institution for Facilities Use Promotion, User Administration Division, JASRI

Pages 186 - 191pdfDownload PDF (2 MB)
SPring-8
2017B期 採択「新分野創成利用」における研究グループの事後評価について
Post-Project Review of Epoch-Making Initiatives Projects Starting in 2017B

(公財)高輝度光科学研究センター 利用推進部 User Administration Division, JASRI

Pages 192 - 194pdfDownload PDF (384 KB)
SPring-8
2018A期 採択長期利用課題の事後評価について – 1 –
Post-Project Review of Long-term Proposals Starting in 2018A -1-

(公財)高輝度光科学研究センター 利用推進部 User Administration Division, JASRI

Pages 195 - 198pdfDownload PDF (481 KB)
SPring-8
SACLA利用研究課題審査委員会を終えて
Report on the PRC (Proposal Review Committee) of SACLA

中川 敦史 NAKAGAWA Atsushi

SACLA利用研究課題審査委員会 委員長/大阪大学 蛋白質研究所 Institute for Protein Research, Osaka University

Pages 199 - 201pdfDownload PDF (355 KB)
SACLA
2020A期において実施されたSACLA利用研究課題(共用課題)について
The SACLA Public Proposals and User Statistics in 2020A Research Term

登録施設利用促進機関 (公財)高輝度光科学研究センター 利用推進部

Registered Institution for Facilities Use Promotion, User Administration Division, JASRI

Page 202pdfDownload PDF (226 KB)
SACLA
SPring-8/SACLA利用者選定に係る2019-2020年度委員会の委員名簿の公表
List of SPring-8/SACLA User Selection-Related Committee/Subcommittee Members for FY2019-2020 Term

登録施設利用促進機関 (公財)高輝度光科学研究センター 利用推進部 Registered Institution for Facilities Use Promotion, User Administration Division, JASRI

Pages 203 - 207pdfDownload PDF (471 KB)
SPring-8SACLA
SPring-8運転・利用状況
SPring-8 Operational Status

(国)理化学研究所 放射光科学研究センター RIKEN SPring-8 Center

Pages 208 - 209pdfDownload PDF (298 KB)
SPring-8
論文発表の現状
Statistics on Publications Resulting from Work at SPring-8/SACLA

(公財)高輝度光科学研究センター 利用推進部 User Administration Division, JASRI

Pages 210 - 213pdfDownload PDF (545 KB)
SPring-8SACLA
最近SPring-8もしくはSACLAから発表された成果リスト
List of Recent Publications

(公財)高輝度光科学研究センター 利用推進部 User Administration Division, JASRI

Pages 214 - 239pdfDownload PDF (1 MB)
SPring-8SACLA
2020A期におけるSPring-8/SACLAユーザー要望等について
SPring-8/SACLA User Requests in 2020A

登録施設利用促進機関 (公財)高輝度光科学研究センター 利用推進部 Registered Institution for Facilities Use Promotion, User Administration Division, JASRI

Pages 240 - 241pdfDownload PDF (2 MB)
SPring-8SACLA
利用系グループ活動報告
情報処理推進室 情報処理推進グループ
Activity Reports – Information-technology Promotion Group, Information-technology Promotion Division

佐治 超爾 SAJI Choji

(公財)高輝度光科学研究センター 情報処理推進室 Information-technology Promotion Division, JASRI

Pages 242 - 245pdfDownload PDF (1 MB)
SPring-8
2021A期 SACLA利用研究課題の採択について
The SACLA Public Proposals Approved for Beamtime in 2021A Research Term

登録施設利用促進機関 (公財)高輝度光科学研究センター 利用推進部 Registered Institution for Facilities Use Promotion, User Administration Division, JASRI

Pages 51 - 52pdfDownload PDF (302 KB)
SACLA
SPring-8運転・利用状況
SPring-8 Operational Status

(国)理化学研究所 放射光科学研究センター RIKEN SPring-8 Center

Pages 53 - 54pdfDownload PDF (278 KB)
SPring-8
論文発表の現状
Statistics on Publications Resulting from Work at SPring-8/SACLA

(公財)高輝度光科学研究センター 利用推進部 User Administration Division, JASRI

Pages 55 - 58pdfDownload PDF (547 KB)
SPring-8SACLA
最近SPring-8もしくはSACLAから発表された成果リスト
List of Recent Publications

(公財)高輝度光科学研究センター 利用推進部 User Administration Division, JASRI

Pages 59 - 78pdfDownload PDF (963 KB)
SPring-8SACLA
専用ビームラインにおける評価・審査の結果について
Review Results of Contract Beamlines

(公財)高輝度光科学研究センター 利用推進部 User Administration Division, JASRI

Pages 79 - 83pdfDownload PDF (419 KB)
SPring-8
利用系グループ活動報告
XFEL利用研究推進室 先端計測・解析技術グループ
Activity Reports – Advanced Measurement and Analysis Group, XFEL Utilization Division

城地 保昌 JOTI Yasumasa、初井 宇記 HATSUI Takaki

(公財)高輝度光科学研究センター XFEL利用研究推進室/(国研)理化学研究所 放射光科学研究センター XFEL Utilization Division, JASRI / RIKEN SPring-8 Center

Pages 84 - 87pdfDownload PDF (756 KB)
SPring-8SACLA

5. 談話室・ユーザー便り/USER LOUNGE・LETTERS FROM USERS

SPring-8ユーザー協同体(SPRUC)四季報
SPRUC Communications

木村 昭夫 KIMURA Akio

SPring-8ユーザー協同体(SPRUC)会長/広島大学 大学院先進理工系科学研究科 Graduate School of Advanced Science and Engineering, Hiroshima University

Page 246pdfDownload PDF (208 KB)
SPring-8
SPring-8ユーザー協同体(SPRUC)四季報
SPRUC Communications

木村 昭夫 KIMURA Akio

SPring-8ユーザー協同体(SPRUC)会長/広島大学 大学院先進理工系科学研究科 Graduate School of Advanced Science and Engineering, Hiroshima University

Page 88pdfDownload PDF (217 KB)
SPring-8

6. 告知板/ANNOUNCEMENTS

「SPRUC 2021 Young Scientist Award」の実施について
SPRUC 2021 Young Scientist Award – Call for Nominations –
Page 247pdfDownload PDF (238 KB)
SPring-8SACLA
SPring-8シンポジウム2021
SPring-8 Symposium 2021
Page 248pdfDownload PDF (118 KB)
SPring-8SACLA
第5回SPring-8秋の学校 開催のご案内
SPring-8 Autumn School 2021
Page 249pdfDownload PDF (238 KB)
SPring-8
SPRUC第3回BLsアップグレード検討ワークショップ開催のご案内
SPRUC 3rd Workshop on BLs Upgrade
Page 89pdfDownload PDF (210 KB)
SPring-8SACLA
第29回SPring-8/SACLA施設公開のご案内
Announcement of SPring-8 & SACLA Open House
Page 90pdfDownload PDF (3 MB)
SPring-8SACLA

その他/MISC

編集委員会
Editorial Board
pdfDownload PDF (684 KB)
目次
Table of Contents
pdfDownload PDF (696 KB)
表紙
Cover
pdfDownload PDF (4 MB)
裏表紙
Back Cover
pdfDownload PDF (8 MB)
編集委員会
Editorial Board
pdfDownload PDF (684 KB)
目次
Table of Contents
pdfDownload PDF (644 KB)
表紙
Cover
pdfDownload PDF (4 MB)
裏表紙
Back Cover
pdfDownload PDF (14 MB)

Print ISSN 1341-9668
[ - Vol.15 No.4(2010)]
Online ISSN 2187-4794