ページトップへ戻る

Volume 26, No.3

目次 / Table of Contents

Summer issue 2021

理事長室から 待った無しの「2050年カーボンニュートラル」 -IPCC報告書を読んで-
Message from President Urgent “Carbon Neutrality by 2050” – What IPCC Report Suggests –

雨宮 慶幸 AMEMIYA Yoshiyuki

(公財)高輝度光科学研究センター 理事長 President of JASRI

Page 250pdfDownload PDF (206 KB)

1. 最近の研究から/FROM LATEST RESEARCH

高運動エネルギーO2分子に対するグラフェンのガスバリア性
Gas Barrier Properties of Graphene Against O2 Molecules with High Kinetic Energy

小川 修一 OGAWA Shuichi[1]、Hisato Yamaguchi[2]、Edward F. Holby[2]、山田 貴壽 YAMADA Takatoshi[3]、吉越 章隆 YOSHIGOE Akitaka[4]、高桑 雄二 TAKAKUWA Yuji[5]

[1]東北大学 国際放射光イノベーション・スマート研究センター International Center for Synchrotron Radiation Innovation Smart, Tohoku University、[2]Sigma Division, Los Alamos National Labolatory、[3](国)産業技術総合研究所 ナノ材料研究部門 Nanomaterials Research Institute, National Institute of Advanced Industrial Science and Technology、[4](国)日本原子力研究開発機構 物質科学研究センター Materials Sciences Research Center, Japan Atomic Energy Agency、[5]東北大学 マイクロシステム融合研究開発センター Micro System Integration Center, Tohoku University

Abstract
 グラフェンは優れたガスバリア性能を持っており、この性質は科学的にも産業的にも大変興味深い。本研究では、Cu基板上にCVD成長させた単層グラフェンに対し、大きな並進運動エネルギーを持つO2分子は単層グラフェンを非破壊で透過するが、小さな並進運動エネルギーを持つO2分子は透過できないことをX線光電子分光法で実証した。分子動力学に基づくシミュレーションにより透過現象の物理的描像の解明を試みた。その結果、グラフェンの原子空孔欠陥にて高エネルギーO2分子の解離が発生し、解離したO原子が非破壊で単層グラフェンを透過することが示唆された。この解離はグラフェンに対して非破壊であり、低エネルギーO2分子に対しては引き続きガスバリア性能を維持していることも分かった。
Pages 251 - 255pdfDownload PDF (1 MB)
SPring-8
長期利用課題報告
ゼオライトの精密設計を目的とした非周期系原料及び結晶ゼオライトの原子・ナノスケールPDF解析
Time Resolved Analysis of Zeolite Formation Mechanism at Atomic and Nano Scales: Towards the Design of Novel Functional Zeolites

脇原 徹 WAKIHARA Toru[1]、陳 靖天 CHEN Ching-Tien[1]、山田 大貴 YAMADA Hiroki[2]

[1]東京大学 大学院工学系研究科 Department of Chemical System Engineering, The University of Tokyo、[2](公財)高輝度光科学研究センター 放射光利用研究基盤センター 回折・散乱推進室 Diffraction and Scattering Division, Center for Synchrotron Radiation Research, JASRI

Abstract
 工業的に重要な材料であるゼオライトはその生成メカニズムが未だ完全には明らかになっていない。本研究ではゼオライトの生成過程を原子・ナノスケールで調べることにより、構造規定剤や構成元素の役割を明確にすることを目指した。様々な系におけるゼオライト前駆体構造の形成過程を解明することに成功した。本稿では得られた最新の結果に関して報告する。
Pages 256 - 260pdfDownload PDF (1 MB)
SPring-8

2. ビームライン/BEAMLINES

回折・散乱に関わる共用ビームラインの再編に向けて
The Current Status of the Reorganization of the Public Beamlines Related to Diffraction and Scattering

坂田 修身 SAKATA Osami[1]、杉本 邦久 SUGIMOTO Kunihisa[1]、今井 康彦 IMAI Yasuhiko[1]、関口 博史 SEKIGUCHI Hiroshi[1]、佐藤 眞直 SATO Masugu[1]、木村 滋 KIMURA Shigeru[1]、矢橋 牧名 YABASHI Makina[2]

[1](公財)高輝度光科学研究センター 放射光利用研究基盤センター Center for Synchrotron Radiation Research, JASRI、[2](国)理化学研究所 放射光科学研究センター RIKEN SPring-8 Center

Abstract
 2022年度からの供用が予定されている回折・散乱を中心とした共用ビームラインの再編の現状を報告する。基盤的な分析を行うProduction装置群について、最新技術による計測の高性能化に加え、試料準備から解析に至る自動化や遠隔利用に取り組んでいる。既存および将来の潜在的な利用者の研究や開発のアクティビティの向上や産業利用・学術利用の融合を進めた産学連携の促進も目指している。また、ex-situ構造解析の重要性を認識した上で、材料・製品開発というアウトプットにつながる、オペランド構造解析のニーズへの対応を進めている。新規整備、またはBLの移設を伴う大幅な高性能化を実施する装置について概要を紹介する。
Pages 261 - 264pdfDownload PDF (1 MB)
SPring-8
SPring-8構造生物ビームラインにおける新しい遠隔測定システム
New Remote Measurement System in SPring-8 MX Beamlines

水野 伸宏 MIZUNO Nobuhiro、熊坂 崇 KUMASAKA Takashi

(公財)高輝度光科学研究センター 放射光利用研究基盤センター タンパク質結晶解析推進室 Protein Crystal Analysis Division, Center for Synchrotron Radiation Research, JASRI

Abstract
 SPring-8構造生物ビームラインの遠隔測定システムを更新し、運用を開始した。ビームラインの機器やその制御系の高性能化が進む中で、更新が難しくなっていた従来の専用ソフトに代わり、リモートデスクトップを用いて、来所時と同等の測定環境が利用できるように開発を行った。本システムは、従来通り放射線安全、一般労働安全、第3者による不正アクセスの防止を担保した安全性を重視しており、ユーザーに対しインターネットを介した安全な測定環境を提供する。本稿ではその内容を紹介する。
Pages 265 - 267pdfDownload PDF (1 MB)
SPring-8

3. 研究会等報告/WORKSHOP AND COMMITTEE REPORT

第21回SPring-8夏の学校を終えて
The 21th SPring-8 Summer School

八木 直人 YAGI Naoto

SPring-8夏の学校実行委員会 委員長 SPring-8 Summer School Executive Committee, Chair

Pages 268 - 271pdfDownload PDF (5 MB)
SPring-8

4. SPring-8/SACLA通信/SPring-8/SACLA COMMUNICATIONS

SPring-8利用制度の変更について
The New Type of Proposals in SPring-8 Public Beamlines

(公財)高輝度光科学研究センター 利用推進部 User Administration Division, JASRI

Pages 272 - 273pdfDownload PDF (282 KB)
SPring-8
SPring-8分科会の再編について
Reorganization of SPring-8 Subcommittees

(公財)高輝度光科学研究センター 利用推進部 User Administration Division, JASRI

Page 274pdfDownload PDF (530 KB)
SPring-8
User Informationマイページの全面刷新
Renewal of User Information MY PAGE

(公財)高輝度光科学研究センター 利用推進部/情報処理推進室 Information-technology Promotion Division / User Administration Division, JASRI

Pages 275 - 276pdfDownload PDF (562 KB)
SPring-8
2022A期 SACLA利用研究課題の募集について
Call for 2022A SACLA Research Proposals

登録施設利用促進機関 (公財)高輝度光科学研究センター Registered Institution for Facilities Use Promotion, JASRI

Page 277pdfDownload PDF (215 KB)
SACLA
2022A期 SACLA試験利用の募集について
Call for Proposals for 2022A SACLA Feasibility Study Program

登録施設利用促進機関 (公財)高輝度光科学研究センター Registered Institution for Facilities Use Promotion, JASRI

Page 278pdfDownload PDF (131 KB)
SACLA
2021B期 SACLA利用研究課題の採択について
The SACLA Public Proposals Approved for Beamtime in 2021B Research Term

登録施設利用促進機関 (公財)高輝度光科学研究センター 利用推進部 Registered Institution for Facilities Use Promotion, User Administration Division, JASRI

Pages 279 - 280pdfDownload PDF (303 KB)
SACLA
2018A期 採択長期利用課題の事後評価について – 2 –
Post-Project Review of Long-term Proposals Starting in 2018A -2-

(公財)高輝度光科学研究センター 利用推進部 User Administration Division, JASRI

Pages 281 - 282pdfDownload PDF (331 KB)
SPring-8
SPring-8運転・利用状況
SPring-8 Operational Status

(国)理化学研究所 放射光科学研究センター RIKEN SPring-8 Center

Pages 283 - 284pdfDownload PDF (261 KB)
SPring-8
論文発表の現状
Statistics on Publications Resulting from Work at SPring-8/SACLA

(公財)高輝度光科学研究センター 利用推進部 User Administration Division, JASRI

Pages 285 - 288pdfDownload PDF (538 KB)
SPring-8SACLA
最近SPring-8もしくはSACLAから発表された成果リスト
List of Recent Publications

(公財)高輝度光科学研究センター 利用推進部 User Administration Division, JASRI

Pages 289 - 315pdfDownload PDF (1 MB)
SPring-8SACLA
SPring-8/SACLA研究成果公表 論文サイテーション数調査 -2021-
Statistical Analysis on Publications and Citations at SPring-8/SACLA 2021

(公財)高輝度光科学研究センター 利用推進部 User Administration Division, JASRI

Pages 316 - 320pdfDownload PDF (799 KB)
SPring-8SACLA
SPring-8/SACLA有償利用料収入の実績 有償利用:成果専有と公開優先
The Revenue Results of the Fees for Beamline Use of SPring-8/SACLA / Fees for Beamline Use: Beamtime Fees for Proprietary Research & Program Fees for Non-Proprietary Grant Aided Proposal

(公財)高輝度光科学研究センター 利用推進部 User Administration Division, JASRI

Pages 321 - 323pdfDownload PDF (2 MB)
SPring-8SACLA
専用ビームラインにおける評価・審査の結果について
Review Results of Contract Beamlines

(公財)高輝度光科学研究センター 利用推進部 User Administration Division, JASRI

Pages 324 - 328pdfDownload PDF (419 KB)
SPring-8
利用系グループ活動報告
放射光利用研究基盤センター 精密分光推進室
Activity Reports – Precision Spectroscopy Division

依田 芳卓 YODA Yoshitaka、内山 裕士 UCHIYAMA Hiroshi、石川 大介 ISHIKAWA Daisuke、永澤 延元 NAGASAWA Nobumoto、バロン アルフレッド BARON Alfred

(公財)高輝度光科学研究センター 放射光利用研究基盤センター 精密分光推進室 Precision Spectroscopy Division, Center for Synchrotron Radiation Research, JASRI

Pages 329 - 334pdfDownload PDF (1 MB)
SPring-8

5. 談話室・ユーザー便り/USER LOUNGE・LETTERS FROM USERS

SPring-8ユーザー協同体(SPRUC)四季報
SPRUC Communications

木村 昭夫 KIMURA Akio

SPring-8ユーザー協同体(SPRUC)会長/広島大学 大学院先進理工系科学研究科 Graduate School of Advanced Science and Engineering, Hiroshima University

Pages 335 - 336pdfDownload PDF (366 KB)
SPring-8

6. 告知板/ANNOUNCEMENTS

第18回SPring-8産業利用報告会
The 18th Joint Conference on Industrial Applications of SPring-8
Page 337pdfDownload PDF (226 KB)
SPring-8
SPring-8シンポジウム2021 ~SPring-8将来像からのバックキャスティング~
SPring-8 Symposium 2021
Page 338pdfDownload PDF (609 KB)
SPring-8SACLA
第5回SPring-8秋の学校 延期のお知らせ
SPring-8 Autumn School 2021
Page 339pdfDownload PDF (209 KB)
SPring-8

その他/MISC

編集委員会
Editorial Board
pdfDownload PDF (406 KB)
目次
Table of Contents
pdfDownload PDF (662 KB)
表紙
Cover
pdfDownload PDF (4 MB)
裏表紙
Back Cover
pdfDownload PDF (3 MB)

Print ISSN 1341-9668
[ - Vol.15 No.4(2010)]
Online ISSN 2187-4794
PDF一括ダウンロード