Volume 20, No.1

目次 / Table of Contents

February issue 2015

理事長室から -国内の放射光施設を訪ねて-
Message from President – An Overview of Synchrotron Radiation Facilities in Japan –

土肥 義治 DOI Yoshiharu

(公財)高輝度光科学研究センター 理事長 President of JASRI

Volume 20, No.1 Page 1pdfDownload PDF (597 KB)

1. 最近の研究から/FROM LATEST RESEARCH

貴金属を全く使わず液体燃料から発電する燃料電池自動車
Pt-free, Zero-emission Vehicle Powered by a Liquid-feed Fuel Cell

田中 裕久 TANAKA Hirohisa

ダイハツ工業株式会社 開発部 Research and Development Division, Daihatsu Motor Co., Ltd.

Abstract
 地球温暖化を抑制するために低炭素社会の実現が望まれている。二酸化炭素排出量の20%に相当する運輸部門においては、電気自動車(EV)や燃料電池車(FCV)などの普及により、二酸化炭素の排出を電力や燃料生産側に集中させることが有効な手段だと考えられる。ここでは我々が現在取り組んでいるFCV開発『CAFEプロジェクト』と、SPring-8のシンクロトロン放射光を活用した技術開発について紹介する。核となる技術は、貴金属を全く使わない電極触媒、新規アニオン交換膜、液体燃料・水加ヒドラジン(N2H4·H2O)から直接発電、の3つである。特に脱貴金属触媒の開発に対してはSPring-8のシンクロトロン放射光を用いたin-situ XAFSによる触媒の活性状態での微細結晶構造解析や、HAXPESを用いた触媒の化学状態解析を駆使して開発を加速してきた。この燃料電池は、貴金属を使わないことから低価格・省資源であり、液体燃料を用いるため扱いやすく、二酸化炭素を排出しない上にコンパクトで高出力であり、広く普及することが期待されている。特に水加ヒドラジンはポリエチレン容器で広く保管・流通しており、インフラの無い過疎地区でも使いやすい燃料電池車として、さらには生活電源や災害時の緊急発電用として一日も早く実現し、SPring-8の産業利用成果であるこの燃料電池が、人々の暮らしを支える技術として育っていくことを願う。
Volume 20, No.1 Pages 2 - 8pdfDownload PDF (3 MB)
SPring-8
(SPring-8萌芽的研究アワード受賞 研究報告)
放射光X線マイクロトモグラフィー法によるマントル物質の融解温度の決定
Low Core-mantle Boundary Temperature Inferred from the Solidus of Pyrolite

野村 龍一 NOMURA Ryuichi

東京工業大学 地球生命研究所 Earth-Life Science Institute, Tokyo Institute of Technology

Abstract
 本研究では、地球マントルの代表的な物質であるパイロライトに対し、レーザー加熱式ダイヤモンドアンビルセルを用いた高圧高温実験を行い、大気圧室温下に急冷させた回収試料中の溶融痕跡をX線マイクロトモグラフィー法を用いて撮像することにより、マントル最下部圧力(136 GPa)までの融け始めの温度(ソリダス温度)を決定することに成功した。地球のマントル最下部は全球的には融けていないことから、マントルのソリダス温度はマントル最下部、さらにはその下に存在する地球外核の温度構造に上限を与える。地球外核は液体であることから、鉄合金として融点を大きく下げる効果を持つ水素が外核に大量に存在している可能性が示唆される。
Volume 20, No.1 Pages 9 - 11pdfDownload PDF (1 MB)
SPring-8
長期利用課題報告 超伝導元素の極限環境における構造物性
Structural Study of Elemental Superconductor at Extreme Conditions

清水 克哉 SHIMIZU Katsuya

大阪大学 基礎工学研究科附属極限科学センター Center for Science and Technology under Extreme Conditions, Graduate School of Engineering Science, Osaka University

Abstract
 超伝導を示す元素の超高圧・極低温の極限条件下における構造を明らかにすることを目的とした。これは2010~2013年度にかけて実施した研究(以下、NEXT研究)(日本学術振興会(JSPS)最先端・次世代研究開発支援プロジェクト:全元素の超伝導化)の実施に伴ったものである。物質の基本となる元素において、その究極の姿(超伝導性・結晶構造)を探求することにより、超伝導をはじめとした現象の普遍性や未知の可能性を見出し、物質科学の新しい魅力によって将来の科学技術の発展につなげることを目指した。
Volume 20, No.1 Pages 12 - 15pdfDownload PDF (2 MB)
SPring-8
平成21年度指定パワーユーザー(全6件)の活動紹介
FY2009 Power User Activity Reports

(公財)高輝度光科学研究センター 利用推進部 User Administration Division, JASRI

Volume 20, No.1 Page 16pdfDownload PDF (444 KB)
SPring-8
平成21年度指定パワーユーザー活動報告(1)
単結晶高分解能電子密度分布解析による精密構造物性研究
Study of Precision Structural Material Physics by a High-resolution Electron Density Distribution Analysis using a Single Crystal

澤 博 SAWA Hiroshi

名古屋大学大学院 工学研究科 Graduate School of Engineering, Nagoya University

Volume 20, No.1 Pages 17 - 25pdfDownload PDF (2 MB)
SPring-8
平成21年度指定パワーユーザー活動報告(2)
構造物性研究の基盤としての粉末回折法の開発
Development of Powder Diffraction Method for the Basis of Structural Materials Science

久保田 佳基 KUBOTA Yoshiki

大阪府立大学大学院 理学系研究科 Graduate School of Science, Osaka Prefecture University

Volume 20, No.1 Pages 26 - 38pdfDownload PDF (4 MB)
SPring-8
平成21年度指定パワーユーザー活動報告(3)
放射光核共鳴散乱分光法の確立およびその物質科学研究への展開
Upgrading and Establishing of Nuclear Resonant Scattering Spectroscopy for Materials Science

瀬戸 誠 SETO Makoto

京都大学 原子炉実験所 Kyoto University Research Reactor Institute

Volume 20, No.1 Pages 39 - 45pdfDownload PDF (4 MB)
SPring-8
平成21年度指定パワーユーザー活動報告(4)
超高圧高温下における地球惑星深部物質の構造決定と複合同時測定による物性研究
Combined Analyses of Crystal Structures and Physical Properties of Deep Earth and Planetary Materials at Ultra-high Pressure and Temperature

廣瀬 敬 HIROSE Kei

東京工業大学 地球生命研究所 Earth-Life Science Institute, Tokyo Institute of Technology

Volume 20, No.1 Pages 46 - 51pdfDownload PDF (1 MB)
SPring-8
平成21年度指定パワーユーザー活動報告(5)
X線天文学新展開のための次世代X線望遠鏡システム評価技術の開発
Development of a System for Characterization of Next-generation X-ray Telescopes for Future X-ray Astrophysics

松本 浩典 MATSUMOTO Hironori[1]、國枝 秀世 KUNIEDA Hideyo[2]

[1]名古屋大学 現象解析研究センター Center for Experimental Studies, Nagoya University、[2]名古屋大学大学院 理学研究科 Graduate School of Science, Nagoya University

Volume 20, No.1 Pages 52 - 58pdfDownload PDF (3 MB)
SPring-8

2. 研究会等報告/WORKSHOP AND COMMITTEE REPORT

The 8th Asia-Oceania Forum for Synchrotron Radiation Research (AOFSRR) Cheiron School 2014

原田 慈久 HARADA Yoshihisa

東京大学 物性研究所 The Institute for Solid State Physics, The University of Tokyo

Volume 20, No.1 Pages 66 - 68pdfDownload PDF (2 MB)
SPring-8SACLA
XRM2014およびBig Data Satellite Workshop会議報告
12th International Conference on X-Ray Microscopy 2014 (XRM2014) and Big Data Satellite Workshop

竹内 晃久 TAKEUCHI Akihisa、上杉 健太朗 UESUGI Kentaro

(公財)高輝度光科学研究センター 利用研究促進部門 Research & Utilization Division, JASRI

Volume 20, No.1 Pages 69 - 73pdfDownload PDF (3 MB)
SPring-8
IEEE Nuclear Science Symposium 2014報告
Report on IEEE Nuclear Science Symposium 2014

佐治 超爾 SAJI Choji

(公財)高輝度光科学研究センター 制御・情報部門 Controls and Computing Division, JASRI

Volume 20, No.1 Pages 74 - 77pdfDownload PDF (2 MB)
SPring-8
SPring-8/SACLAコンファレンス2014 ~進化する光が拓く科学技術~
The SPring-8/SACLA Conference 2014

藤原 明比古 FUJIWARA Akihiko

(公財)高輝度光科学研究センター 利用研究促進部門(SPring-8/SACLA コンファレンス2014 実行委員長) Research & Utilization Division, JASRI

Volume 20, No.1 Pages 78 - 82pdfDownload PDF (2 MB)
SPring-8SACLA
第7回SPring-8萌芽的研究アワード/萌芽的研究支援ワークショップ報告
The 7th Workshop on the SPring-8 Budding Researchers Support Program / Winners of Budding Researchers Award

鈴木 謙爾 SUZUKI Kenji

SPring-8萌芽的研究アワード審査委員会 委員長 Chair of The SPring-8 Budding Researchers Award Committee

Volume 20, No.1 Pages 83 - 85pdfDownload PDF (1 MB)
SPring-8

3. SPring-8/SACLA通信/SPring-8/SACLA COMMUNICATIONS

2013A期 採択長期利用課題の中間評価について
Interim Review Results of 2013A Long-term Proposals

(公財)高輝度光科学研究センター 利用推進部 User Administration Division, JASRI

Volume 20, No.1 Pages 86 - 87pdfDownload PDF (623 KB)
SPring-8
2011B期 採択長期利用課題の事後評価について – 1 –
Post-Project Review of Long-term Proposals Starting in 2011B -1-

(公財)高輝度光科学研究センター 利用推進部 User Administration Division, JASRI

Volume 20, No.1 Pages 88 - 89pdfDownload PDF (588 KB)
SPring-8
SPring-8運転・利用状況
SPring-8 Operational Status

(公財)高輝度光科学研究センター 研究調整部 Research Coordination Division, JASRI

Volume 20, No.1 Pages 90 - 91pdfDownload PDF (504 KB)
SPring-8
論文発表の現状
Statistics on Publications Resulting from Work at SPring-8

(公財)高輝度光科学研究センター 利用推進部 User Administration Division, JASRI

Volume 20, No.1 Pages 92 - 95pdfDownload PDF (141 KB)
SPring-8SACLA
最近SPring-8もしくはSACLAから発表された成果リスト
List of Recent Publications

(公財)高輝度光科学研究センター 利用推進部 User Administration Division, JASRI

Volume 20, No.1 Pages 96 - 115pdfDownload PDF (873 KB)
SPring-8SACLA
分散制御フレームワークMADOCA IIをLabVIEWで
LabVIEW Components for Control Framework “MADOCA II”

松下 智裕 MATSUSHITA Tomohiro、古川 行人 FURUKAWA Yukito、松本 崇博 MATSUMOTO Takahiro

(公財)高輝度光科学研究センター 制御・情報部門 Controls and Computing Division, JASRI

Abstract
 前号(Vol.19 No.4)にて、次世代SPring-8制御フレームワークMADOCA II(Message And Database Oriented Control Architecture II)について解説を行った。2014年にこのフレームワークを加速器制御に導入し、利用を開始した。複数のコンピューターを同期制御し、柔軟で堅牢な制御系を構築することができる。さらに、様々なOSや言語で動くように細心を払ってコーディングされており、Windowsもサポートする。これによりSPring-8ユーザー実験でも利用できる下地が整った。ユーザー実験ではLabVIEWによる計測プログラムが多く使用されている。そこで、LabVIEWからMADOCA IIを容易に利用できるように、VIライブラリの開発を行った。LabVIEWでSPring-8の光源制御システムや複数の実験制御コンピューターを連動させた高度な実験プログラムが開発できるようになる。
Volume 20, No.1 Pages 116 - 119pdfDownload PDF (2 MB)
SPring-8

4. 談話室・ユーザー便り/USER LOUNGE・LETTERS FROM USERS

SPring-8ユーザー協同体(SPRUC)活動報告
SPRUC Activity Reports

原田 慈久 HARADA Yoshihisa

SPring-8ユーザー協同体(SPRUC)庶務幹事/東京大学 物性研究所 The Institute for Solid State Physics, The University of Tokyo

Volume 20, No.1 Page 120pdfDownload PDF (170 KB)
SPring-8

5. 告知板/ANNOUNCEMENTS

第23回SPring-8施設公開のご案内
Announcement of SPring-8 Open House
Volume 20, No.1 Page 121pdfDownload PDF (1 MB)
SPring-8SACLA
第15回SPring-8夏の学校 開催のご案内 -最先端の放射光科学を学ぶ-
SPring-8 Summer School 2015
Volume 20, No.1 Page 122pdfDownload PDF (479 KB)
SPring-8
平成26年度実施の水質汚濁防止法改正に伴う構造対応化工事について
Update Construction of the Drainage Pipe for the Scientific Research

(独)理化学研究所 放射光科学総合研究センター エンジニアリングチーム/播磨事業所 研究支援部 総務課 Engineering Team for RIKEN SPring-8 Center / General Affairs Section of Harima Administrative Division, RIKEN

Volume 20, No.1 Pages 123 - 124pdfDownload PDF (1,016 KB)
SPring-8

その他/MISC

編集委員会
Editorial Board
目次
Table of Contents
表紙
Cover
裏表紙
Back Cover

PDF一括ダウンロード

SPring-8/SACLA INFORMATION

ISSN 1341-9668 EISSN 2187-4794