Volume 19, No.2

目次 / Table of Contents

May issue 2014

理事長室から -SPring-8の中間評価を受けて-
Message from President – 5-Year Review Leading SPring-8 to Global Pre-eminence –

土肥 義治 DOI Yoshiharu

(公財)高輝度光科学研究センター 理事長 President of JASRI

Volume 19, No.2 Page 90pdfDownload PDF (536 KB)

1. 最近の研究から/FROM LATEST RESEARCH

スピン・軌道別磁化曲線測定手法の開発
Direct Measurement of Spin and Orbital Magnetization Curve

伊藤 真義 ITOU Masayoshi[1]、櫻井 吉晴 SAKURAI Yoshiharu[1]、小泉 昭久 KOIZUMI Akihisa[2]

[1](公財)高輝度光科学研究センター 利用研究促進部門 Research & Utilization Division, JASRI、[2]兵庫県立大学大学院 物質理学研究科 Graduate School of Material Science, University of Hyogo

Abstract
 X線磁気コンプトン散乱強度がスピンモーメントに依存するという特徴を利用して、スピン磁気モーメントのみの磁気ヒステリシス直接測定法を確立した。通常の全磁化曲線を参照することにより軌道モーメントのみのヒステリシス曲線の取得も可能である。測定例として、SmAl2のスピン・軌道別の磁気ヒステリシス曲線、温度依存スピン磁化曲線を取得した。従来の磁気コンプトン散乱において必要であった反転した磁場下での散乱強度の差分ではなく、各点の散乱強度から直接スピン磁気モーメント値を取得しているため、初磁化曲線や、交換磁気異方性などにより磁気ヒステリシスが非対称となる磁化過程も測定が可能となった[1][1] M. Itou, A. Koizumi and Y. Sakurai: Appl. Phys. Lett. 102 (2013) 082403.
Volume 19, No.2 Pages 91 - 95pdfDownload PDF (1 MB)
リチウムイオン電池正極材料の非平衡な相変化挙動を世界で初めて観察
Direct Observation of Nonequilibrium Phase Transition of Lithium Ion Battery Cathode

折笠 有基 ORIKASA Yuki

京都大学大学院 人間・環境学研究科 Graduate School of Human and Environmental Studies, Kyoto University

Abstract
 結晶構造・電子構造変化をリアルタイムで観測可能な「時間分解X線吸収分光法」「時間分解X線回折法」をリチウムイオン電池動作環境で適用させ、高速充放電時における電極材料の相変化挙動解明を試みた。SPring-8の高輝度放射光は、充放電反応中の構造情報を連続的に取得することを可能にした。高速充放電可能な正極材料であるLiFePO4は、充放電反応中には熱力学的に安定な二つの相の間で反応することが知られている。高速充放電中の結晶構造を「時間分解X線回折法」により解析した結果、安定な二相に加え、中間の格子定数を有する中間相LixFePO4相が生成していることを初めて発見した。LixFePO4相の出現量は反応速度に比例し、定常状態では消滅することから、準安定な相であることが判明した。準安定なLixFePO4相は、高速反応時に生成し、二相の歪みを緩和することで、LiFePO4の高速充放電特性を発現していると考えられる。
Volume 19, No.2 Pages 96 - 101pdfDownload PDF (3 MB)

2. ビームライン/BEAMLINES

元素戦略に基づく材料開発のための軟X線ナノビームラインBL25SU基盤整備
Infrastructure Development of the Soft X-ray Nano-beam Line at BL25SU for Materials Science Promoted by Elements Strategy Initiative Project

中村 哲也 NAKAMURA Tetsuya[1]、小谷 佳範 KOTANI Yoshinori[1]、高田 昌樹 TAKATA Masaki[1]、仙波 泰徳 SENBA Yasunori[2]、大橋 治彦 OHASHI Haruhiko[2]、後藤 俊治 GOTO Shunji[2]

[1](公財)高輝度光科学研究センター 利用研究促進部門 Research & Utilization Division, JASRI、[2](公財)高輝度光科学研究センター 光源・光学系部門 Light Source and Optics Division, JASRI

Abstract
 BL25SUは、ツインヘリカルアンジュレーターを光源とする共用の円偏光軟X線ビームラインである。これまで固体物性分野を中心に成果を挙げてきた。今回、文部科学省・元素戦略プロジェクト(研究拠点形成型)<磁性材料研究拠点>において、軟X線ナノビームによる磁気解析が必須の利用とされたことをはじめ、より先端的な利用研究ニーズに応えるため、ナノビーム、および、マイクロビームの利用基盤を整備したので紹介する。改造後のビームラインは、ビーム径φ100 nm以下の集光ビームを利用するナノビームブランチと、ビーム径数μ~数100 μmを利用するマイクロビームブランチで構成される。各ブランチの利用は、前置鏡の切り替えによる排他選択方式となる。マイクロビームブランチは、光電子分光実験に対応するために旧ビームラインの分光特性(高いエネルギー分解能:E / ΔE > 10,000、エネルギー範囲、フラックス)を維持する。また、ナノビームブランチでは、明るいナノビームの利用を目的として、フラックスを重視した光学設計とした。2014B期以降は、従来の実験装置について総合的なパフォーマンスを向上させた形で継続するほか、パートナーユーザー(PU)等と協同で新設装置の開発を進めていく。
Volume 19, No.2 Pages 102 - 105pdfDownload PDF (2 MB)

3. SACLA通信/SACLA COMMUNICATIONS

SACLAでのX線非線形光学実験
Report on X-ray Nonlinear Optics Experiments at SACLA

玉作 賢治 TAMASAKU Kenji

(独)理化学研究所 放射光科学総合研究センター ビームライン基盤研究部 Beamline Infrastructure Group, RIKEN SPring-8 Center

Abstract
 X線非線形光学の研究の一環として、SACLAにてクリプトンの内殻2重イオン化とゲルマニウムでの2光子吸収の観測に成功した。これらの研究で得た経験と実際にSACLAを利用した体験について報告する。特に、集光システムを使った実験と光子計数のやり方について詳しく述べる。
Volume 19, No.2 Pages 106 - 109pdfDownload PDF (862 KB)
2014A期 SACLA利用研究課題の採択について
The SACLA Public Proposals Approved for Beamtime in 2014A Research Term

登録施設利用促進機関 (公財)高輝度光科学研究センター 利用推進部 Registered Institution for Facilities Use Promotion, User Administration Division, JASRI

Volume 19, No.2 Pages 110 - 111pdfDownload PDF (165 KB)
2013B期において実施されたSACLA利用研究課題(共用課題)について
The SACLA Public Proposals and User Statistics in 2013B Research Term

登録施設利用促進機関 (公財)高輝度光科学研究センター 利用推進部 Registered Institution for Facilities Use Promotion, User Administration Division, JASRI

Volume 19, No.2 Page 112pdfDownload PDF (124 KB)

4. 研究会等報告/WORKSHOP AND COMMITTEE REPORT

SPring-8コンファレンス2014 ~最先端光サイエンスの世界~
The SPring-8 Conference 2014

藤原 明比古 FUJIWARA Akihiko

(公財)高輝度光科学研究センター 利用研究促進部門(SPring-8コンファレンス2014実行委員長) Research & Utilization Division, JASRI

Volume 19, No.2 Pages 113 - 117pdfDownload PDF (3 MB)
SPRUC拡大研究会・SPring-8利用ワークショップ報告 -SPring-8とユーザーのさらなる連携を目指して-
Joint Workshops of SPRUC Extended Research Group & SPring-8 Utilization – Toward Further Collaboration between Users and Facility –

中川 敦史 NAKAGAWA Atsushi[1]、熊坂 崇 KUMASAKA Takashi[2]

[1]SPRUC拡大研究会・SPring-8利用ワークショップ 実行委員長/大阪大学 蛋白質研究所 Institute for Protein Research, Osaka University、[2]SPRUC拡大研究会・SPring-8利用ワークショップ 実行副委員長/(公財)高輝度光科学研究センター 利用研究促進部門 Research & Utilization Division, JASRI

Volume 19, No.2 Pages 118 - 128pdfDownload PDF (3 MB)

5. SPring-8通信/SPring-8 COMMUNICATIONS

2014B SPring-8利用研究課題募集要項
Call for 2014B SPring-8 Research Proposals – Overview –

登録施設利用促進機関 (公財)高輝度光科学研究センター Registered Institution for Facilities Use Promotion, JASRI

Volume 19, No.2 Pages 129 - 139pdfDownload PDF (528 KB)
2014B SPring-8共用ビームライン利用研究課題(一般課題)の募集について
Call for 2014B General Proposals (excl. industrial application)

登録施設利用促進機関 (公財)高輝度光科学研究センター Registered Institution for Facilities Use Promotion, JASRI

Volume 19, No.2 Pages 140 - 143pdfDownload PDF (344 KB)
2014B 一般課題(産業利用分野)の募集について
Call for 2014B General Proposals for Industrial Application

登録施設利用促進機関 (公財)高輝度光科学研究センター Registered Institution for Facilities Use Promotion, JASRI

Volume 19, No.2 Pages 144 - 148pdfDownload PDF (379 KB)
2014B 産業新分野支援課題の募集について
Call for 2014B New Industrial Area Proposals

登録施設利用促進機関 (公財)高輝度光科学研究センター Registered Institution for Facilities Use Promotion, JASRI

Volume 19, No.2 Pages 149 - 153pdfDownload PDF (367 KB)
2014B スマート放射光活用イノベーション戦略推進課題の募集について
Call for 2014B SR Smart Innovation Proposals

登録施設利用促進機関 (公財)高輝度光科学研究センター Registered Institution for Facilities Use Promotion, JASRI

Volume 19, No.2 Pages 154 - 158pdfDownload PDF (404 KB)
2014B SPring-8における “J-PARC MLF および/または「京」と連携した利用を行う課題” の募集について
Call for 2014B SPring-8 Research Proposals in Complementary use with J-PARC MLF and/or the K computer

登録施設利用促進機関 (公財)高輝度光科学研究センター Registered Institution for Facilities Use Promotion, JASRI

Volume 19, No.2 Pages 159 - 162pdfDownload PDF (323 KB)
2014B 萌芽的研究支援課題の募集について
Call for 2014B Budding Researchers Support Proposals

登録施設利用促進機関 (公財)高輝度光科学研究センター Registered Institution for Facilities Use Promotion, JASRI

Volume 19, No.2 Pages 163 - 167pdfDownload PDF (382 KB)
2014B 長期利用課題の募集について
Call for 2014B Long-term Proposals

登録施設利用促進機関 (公財)高輝度光科学研究センター Registered Institution for Facilities Use Promotion, JASRI

Volume 19, No.2 Pages 168 - 171pdfDownload PDF (330 KB)
2014B 成果公開優先利用課題の募集について
Call for 2014B Non-Proprietary Grant-Aided Proposals

登録施設利用促進機関 (公財)高輝度光科学研究センター Registered Institution for Facilities Use Promotion, JASRI

Volume 19, No.2 Pages 172 - 176pdfDownload PDF (375 KB)
第33回(2014A)SPring-8利用研究課題の採択について
The Proposals Approved for Beamtime in the 33rd Research Term 2014A

登録施設利用促進機関 (公財)高輝度光科学研究センター Registered Institution for Facilities Use Promotion, JASRI

Volume 19, No.2 Pages 177 - 181pdfDownload PDF (671 KB)
2014A期 採択長期利用課題の紹介
Brief Description of Long-term Proposals Approved for 2014A

(公財)高輝度光科学研究センター 利用推進部 User Administration Division, JASRI

Volume 19, No.2 Pages 182 - 183pdfDownload PDF (581 KB)
平成26年度に指定されたパートナーユーザーの紹介
Newly Designated Partner Users FY 2014

(公財)高輝度光科学研究センター 利用推進部 User Administration Division, JASRI

Volume 19, No.2 Pages 184 - 186pdfDownload PDF (638 KB)
第32回共同利用期間(2013B)において実施されたSPring-8利用研究課題
2013B Proposal and User Statistics

登録施設利用促進機関 (公財)高輝度光科学研究センター Registered Institution for Facilities Use Promotion, JASRI

Volume 19, No.2 Pages 187 - 192pdfDownload PDF (7 MB)
登録機関利用研究活動評価の実施について
Review of Research Activities as Registered Institution for Facilities Use Promotion

(公財)高輝度光科学研究センター 研究調整部/登録機関利用研究活動評価委員会事務局 Research Coordination Division, JASRI

Volume 19, No.2 Pages 193 - 194pdfDownload PDF (224 KB)
SPring-8運転・利用状況
SPring-8 Operational Status

(公財)高輝度光科学研究センター 研究調整部 Research Coordination Division, JASRI

Volume 19, No.2 Page 195pdfDownload PDF (486 KB)
論文発表の現状
Statistics on Publications Resulting from Work at SPring-8

(公財)高輝度光科学研究センター 利用推進部 User Administration Division, JASRI

Volume 19, No.2 Pages 196 - 199pdfDownload PDF (141 KB)
最近SPring-8もしくはSACLAから発表された成果リスト
List of Recent Publications

(公財)高輝度光科学研究センター 利用推進部 User Administration Division, JASRI

Volume 19, No.2 Pages 200 - 218pdfDownload PDF (948 KB)

その他/MISC

編集委員会
Editorial Board
目次
Table of Contents
表紙
Cover
裏表紙
Back Cover

PDF一括ダウンロード

SPring-8/SACLA INFORMATION

ISSN 1341-9668 EISSN 2187-4794