Volume 17, No.3

目次 / Table of Contents

August issue 2012

理事長室から − SANFRECCE(三本の矢)−
Message from President - SANFRECCE (Three Arrows) –

白川 哲久 SHIRAKAWA Tetsuhisa

(公財)高輝度光科学研究センター 理事長 President of JASRI

1. 最近の研究から/FROM LATEST RESEARCH

超高分解能核共鳴散乱分光法で調べるソフトマターのスローダイナミクス
Slow Dynamics of Soft Matter Studied by Ultrahigh Resolution Nuclear Resonant Scattering Spectroscopy

齋藤 真器名 SAITO Makina[1]、瀬戸 誠 SETO Makoto[2, 3]

[1]Sincrotrone Trieste、[2]京都大学 原子炉実験所 Kyoto University Research Reactor Institute、[3]日本原子力研究開発機構 量子ビーム応用研究部門 Quantum Beam Science Directorate, JAEA

Abstract
 核共鳴散乱X線を用いた時間領域干渉計法は、原子・分子サイズの空間相関における1 nsから10 μs程度の緩和を測定可能なユニークな準弾性散乱測定法である。この方法を用いて、層秩序構造を有するスメクティック相状態にある2種の液晶の運動性を調べた。その結果、典型的な液晶とフッ素鎖を導入した両親媒性液晶の分子間相関の緩和時間はその層内と層間でそれぞれほぼ同程度であることが分かり、それにより両親媒性液晶の微視的構造の知見を得ることが出来た。
Volume 17, No.3 Pages 216 - 221pdfDownload PDF ()
リチウムイオンを内包したC60フラーレンの岩塩型結晶
Rock-Salt-Type Crystal of C60 Fullerene with Encapsulated Lithium Cation

青柳 忍 AOYAGI Shinobu[1]、西堀 英治 NISHIBORI Eiji[2]、澤 博 SAWA Hiroshi[2]、佐道 祐貴 SADO Yuki[3]、北浦 良 KITAURA Ryo[3]、篠原 久典 SHINOHARA Hisanori[3]

[1]名古屋市立大学大学院 システム自然科学研究科 Department of Information and Biological Sciences, Nagoya City University、[2]名古屋大学大学院 工学研究科 Department of Applied Physics, Nagoya University、[3]名古屋大学大学院 理学研究科 Department of Chemistry, Nagoya University

Abstract
 リチウムイオンを1個内包したフラーレンLi+@C60は、正電荷を持った球形の分子であるために、分子それ自体が陽イオンに似た性質を示す。対となる陰イオンにPF6を用いた場合、Li+@C60とPF6が交互に配列した岩塩型構造を持つ結晶が得られる。Li+@C60はその結晶中で、高温においてほぼ自由に回転運動している。370 K付近の相転移を境にC60は回転運動を停止し、それより低温で特定の分子配向を持つ。一方、内包されたリチウムイオンは、100 K付近でもC60内部をかなり自由に運動している。100 K以下でリチウムイオンは、C60外部のPF6との間に働く静電的な引力により、特定の2つの位置に等確率に占有するように温度の低下に伴い徐々に局在していく。
Volume 17, No.3 Pages 222 - 226pdfDownload PDF ()
長期利用課題報告1 脳を切らずに神経を見る〜脳科学への放射光位相差CTの活用
Long-term Proposal Report 1: Neuroscience and Phase-contrast CT

小野寺 宏 ONODERA Hiroshi[1]、高島 健太 TAKASHIMA Kenta[2]

[1](独)国立病院機構西多賀病院 Research Center, NHO Nishitaga National Hospital、[2]東北大学大学院 医学系研究科 Graduate School of Medicine, Tohoku University

Abstract
 通常のX線CTやMRIでは脳内の神経細胞を見ることができない。しかし放射光を光源とする位相差撮像法は吸収CTの1000倍程度の測定感度をもち、脳微細構造の観察が可能である。我々は放射光位相差CTを用いて、脳を切らずに神経細胞を描出する方法を確立した。このことは脳卒中における血管構築と病巣範囲の相互関係、神経難病での病変分布を立体的・系統的に解析出来ることを意味する。本稿では、神経疾患や遺伝子改変動物の解析、再生医療用デバイス開発において放射光CTがいかに強力なツールであるかを紹介する。多くの形態学的情報が得られる放射光CTは、脳機能と脳疾患の研究において重要な位置を占めていくと考えられる。
Volume 17, No.3 Pages 227 - 231pdfDownload PDF ()
Long-term Proposal Report 2:
Phase Contrast X-ray Imaging of the Lung

S. B. Hooper[1], M. J. Kitchen[2], A. Fouras[3], N. Yagi[5], K. Uesugi[5], R. A. Lewis[4]

[1]The Ritchie Centre, Monash Institute for Medical Research, [2]School of Physics, Monash University, [3]Division of Biological Engineering, Monash University, [4]Department of Radiography and Medical Imaging, Monash University, [5]Research & Utilization Division, JASRI

Abstract
Lung diseases have a major impact on human health at every stage of life. In newborn infants, respiratory failure is the greatest cause of death and disease, whereas in children, asthma and related airway diseases are a major cause of illness. Similarly, asthma, emphysema and pulmonary fibrosis are major causes of death in adults, but the diagnostic capabilities of current lung imaging modalities are limited by relatively poor spatial and temporal resolutions. Phase contrast (PC) X-ray imaging can image the lung with greatly increased temporal and spatial resolutions, compared with many other modalities. We have applied this technique to investigate factors that promote lung aeration following very premature birth and to measure alterations in lung motion caused by disease. We have demonstrated that lung aeration predominantly results from pressure gradients generated during inspiration, which has overturned almost 40 years of accepted wisdom. Because of this new understanding, we have developed new approaches for facilitating lung aeration in very premature newborns. Specifically we have shown that application of an end-expiratory pressure facilitates lung aeration by preventing liquid from re-entering the airways during expiration. We have also shown that a sustained inflation greatly promotes uniform lung aeration before tidal breathing begins and that expired CO2 levels accurately indicate the degree of lung aeration immediately after birth. By combining PC X-ray imaging with particle image velocimetry, we have also been able to identify how lung diseases affect the speed and direction of lung motion. This technique has the capability of measuring regional lung function with a spatial resolution that is unparalleled by any other current technology.
Volume 17, No.3 Pages 232 - 237[ダウンロードが見つかりません]

2. SACLA通信/SACLA COMMUNICATIONS

SACLA実験ステーションの現状
Current Status of SACLA Experimental Stations

登野 健介 TONO Kensuke­

(公財)高輝度光科学研究センター XFEL研究推進室 XFEL Division, JASRI

Abstract
 2012年3月より供用を開始したX線自由電子レーザー施設SACLAの実験ステーションの現状を報告する。SACLAの2012A期の運転では、コヒーレント回折イメージング(CDI)、時間分解X線散乱・回折計測、X線非線形光学、微結晶構造解析などの利用実験が硬X線ビームラインBL3において実施された。また、ビームライン光学系や共用実験装置のための調整実験も行われ、実験ステーションの高度化が進められている。本稿では特にBL3の5個の実験ステーションに注目し、実験ハッチ内の機器構成、ビーム特性、実験制御・データ取得(DAQ)システムなどを紹介する。
Volume 17, No.3 Pages 238 - 243pdfDownload PDF ()

3. 研究会等報告/WORKSHOP AND COMMITTEE REPORT

第3回SPring-8-Diamond放射光産業利用ワークショップ
3rd SPring-8-Diamond Joint Workshop for Industrial Applications of Synchrotron Radiation

廣沢 一郎 HIROSAWA Ichiro

(公財)高輝度光科学研究センター 産業利用推進室 Industrial Application Division, JASRI

Volume 17, No.3 Pages 244 - 246pdfDownload PDF ()
第3回世界加速器会議(IPAC’12)報告
Report of IPAC’12 (The 3rd International Particle Accelerator Conference)

高雄 勝 TAKAO Masaru、下崎 義人 SHIMOSAKI Yoshito、大熊 春夫 OHKUMA Haruo

(公財)高輝度光科学研究センター 加速器部門 Accelerator Division, JASRI

Volume 17, No.3 Pages 247 - 249pdfDownload PDF ()

4. SPring-8通信/SPring-8 COMMUNICATIONS

2012B第2期(平成24年12月中旬〜平成25年2月)産業利用ビームラインI、IIおよびIII
(BL19B2、BL14B2およびBL46XU)における利用研究課題の募集について
Second Call for 2012B Proposals for BL19B2, BL14B2 and BL46XU December 2012-February 2013

登録施設利用促進機関(公財)高輝度光科学研究センター Registered Institution for Facilities Use Promotion, JASRI

Volume 17, No.3 Pages 250 - 257pdfDownload PDF ()
平成25年度 SPring-8パワーユーザー募集について
Call for Power User Applications FY 2013

登録施設利用促進機関(公財)高輝度光科学研究センター Registered Institution for Facilities Use Promotion, JASRI

Volume 17, No.3 Pages 258 - 260pdfDownload PDF ()
2010B期 採択長期利用課題の中間評価について
Interim Review Results of 2010B Long-term Proposals

(公財)高輝度光科学研究センター 利用業務部 User Administration Division, JASRI

2009A期 採択長期利用課題の事後評価について
Post-Project Review of Long-term Proposals Starting in 2009A

(公財)高輝度光科学研究センター 利用業務部 User Administration Division, JASRI

Volume 17, No.3 Pages 262 - 263pdfDownload PDF ()
SPring-8運転・利用状況
SPring-8 Operational Status

(公財)高輝度光科学研究センター 研究調整部 Research Coordination Division, JASRI

Volume 17, No.3 Pages 264 - 265[ダウンロードが見つかりません]
論文発表の現状
Statistics on Publications Resulting from Work at SPring-8

(公財)高輝度光科学研究センター 利用業務部 User Administration Division, JASRI

Volume 17, No.3 Pages 266 - 267pdfDownload PDF ()
最近SPring-8から発表された成果リスト
List of Recent Publications

(公財)高輝度光科学研究センター 利用業務部 User Administration Division, JASRI

Volume 17, No.3 Pages 268 - 287pdfDownload PDF ()

5. 談話室・ユーザー便り/USER LOUNGE・LETTERS FROM SPring-8 USERS

SPring-8ユーザー協同体(SPRUC)会長に就任して
Inauguration Address from the President of SPRUC

雨宮 慶幸 AMEMIYA Yoshiyuki

SPring-8ユーザー協同体(SPRUC) 会長/東京大学大学院 新領域創成科学研究科 Graduate School of Frontier Sciences, The University of Tokyo

6. 告知板/ANNOUNCEMENTS

読者の皆さまへ 〜ご投稿について〜
Welcome a Contributed Article from Users

その他/MISC

編集委員会
Editorial Board
目次
Table of Contents
表紙
Cover
裏表紙
Back Cover
Volume 17, No.3 [ダウンロードが見つかりません]

PDF一括ダウンロード

SPring-8/SACLA INFORMATION

ISSN 1341-9668 EISSN 2187-4794