ページトップへ戻る

Volume 27, No.3

目次 / Table of Contents

Summer issue 2022

理事長室から SPring-8, be sustainable for SDGs!
Message from President SPring-8, be sustainable for SDGs!

雨宮 慶幸 AMEMIYA Yoshiyuki

(公財)高輝度光科学研究センター 理事長 President of JASRI

Page 186pdfDownload PDF (204 KB)

1. 最近の研究から/FROM LATEST RESEARCH

メスバウアー時間領域干渉計法と中性子スピンエコー法による二次元膜粘性の起源の解明
Elucidation of the origin of two-dimensional membrane viscosity by Mössbauer time domain interferometry and neutron spin echo

長尾 道弘 NAGAO Michihiro

Department of Materials Science and Engineering, University of Maryland

Abstract
 細胞膜の基本構造である脂質二重膜の運動性は様々な生物学的機能の発現に重要である。多様な膜の運動性のうち膜内での輸送係数は脂質やタンパク質などの膜構成成分の再配置に直接関係する。これら輸送係数のうち運動量輸送に関わる粘性係数の研究はまだあまり多くない。脂質二重膜は僅か二分子が形成する5 nm程度の厚みを有する二次元膜であり、膜の粘性係数を測定することはそれ自体が本質的に難しい。本研究では放射光によって誘起された共鳴ガンマ線を利用したメスバウアー時間領域干渉計法と中性子スピンエコー法を相補利用することにより脂質分子の構造緩和運動を観測し、その緩和時間と膜の粘性係数を実験的に直接関連づけた。
Pages 187 - 192pdfDownload PDF (1 MB)
SPring-8
長期利用課題報告1
ゲノム編集ツールCRISPR-Casヌクレアーゼの構造解析
Structural analysis of CRISPR-Cas nucleases

濡木 理 NUREKI Osamu

東京大学大学院 理学系研究科 Graduate School of Science, The University of Tokyo

Abstract
 原核生物のもつCRISPR-Cas機構に由来する様々なCasタンパク質は、ガイドRNAと相補的な核酸を特異的に切断する。この性質を利用したものとしてCas9の2本鎖DNA切断によるゲノム編集が挙げられるが、近年ではCas13によるコロナウイルスの高感度・高速検出技術が開発されるなど[1][1] H. Shinoda et al.: Commun. Biol. 4 (2021) 476.、その応用範囲を拡大している。本長期課題では応用的に重要視されているCRISPR-Cas酵素の結晶構造を決定し、そのRNA依存性核酸切断機構を明らかにすることに成功した。
Pages 193 - 196pdfDownload PDF (2 MB)
SPring-8
長期利用課題報告2
はやぶさ2サンプルのX線CTを用いた初期分析:技術開発、分析手法評価と分析
Initial analysis of Hayabusa2 samples using X-ray tomography; development and evaluation of the analytical method and actual analysis

𡈽山 明 TSUCHIYAMA Akira[1]、松野 淳也 MATSUNO Junya[1]、上椙 真之 UESUGI Masayuki[2]、上杉 健太朗 UESUGI Kentaro[2]、松本 恵 MATSUMOTO Megumi[3]

[1]立命館大学 総合科学技術研究機構 Research Organization of Science and Technology, Ritsumeikan University、[2](公財)高輝度光科学研究センター 放射光利用研究基盤センター 散乱・イメージング推進室 Scattering and Imaging Division, Center for Synchrotron Radiation Research, JASRI、[3]東北大学 高度教養教育・学生支援機構 Institute for Excellence in Higher Education, Tohoku University

Abstract
 本課題では、非破壊分析である複数のX線CT手法を、サンプルサイズを考慮して効率的に用いることにより、はやぶさ2サンプル粒子の初期分析とそれに先立つ準備を行い、当初想定した成果をあげることができた。これにより、小惑星リュウグウの物質は、観測から予想されていた炭素質コンドライトの中でもCIグループあるいはその類似物質であることが明らかとなった。また、水(正確にはCO2–H2O流体)が小惑星に存在することを初めて示すとともに、リュウグウ母天体の形成領域(太陽系外側の低温領域)を特定し、このような流体による水質変成プロセスの具体的なモデルを作業仮説として提唱した。さらに、最も重要な物理量のひとつである密度を、X線CTを用いて正確に求めることができた。本分析は、破壊分析に先駆けて実施され、その後の様々な分析が効率的に行われた。
Pages 197 - 206pdfDownload PDF (4 MB)
SPring-8

2. 研究会等報告/WORKSHOP AND COMMITTEE REPORT

The 9th International Conference on Hard X-ray Photoelectron Spectroscopy(HAXPES 2022)会議報告
Report on the 9th International Conference on Hard X-ray Photoelectron Spectroscopy (HAXPES 2022)

安野 聡 YASUNO Satoshi[1]、高木 康多 TAKAGI Yasumasa[2]

[1](公財)高輝度光科学研究センター 放射光利用研究基盤センター 産業利用・産学連携推進室 Industrial Application and Partnership Division, Center for Synchrotron Radiation Research, JASRI、[2](公財)高輝度光科学研究センター 放射光利用研究基盤センター 分光推進室 Spectroscopy Division, Center for Synchrotron Radiation Research, JASRI

Pages 207 - 212pdfDownload PDF (1 MB)
SPring-8
第15回X線顕微鏡国際会議(XRM2022)報告
The 15th International Conference on X-ray Microscope (XRM2022) Report

竹内 晃久 TAKEUCHI Akihisa

(公財)高輝度光科学研究センター 放射光利用研究基盤センター 散乱・イメージング推進室 Scattering and Imaging Division, Center for Synchrotron Radiation Research, JASRI

Pages 213 - 217pdfDownload PDF (1 MB)
SPring-8
第22回SPring-8夏の学校を終えて
The 22nd SPring-8 Summer School

八木 直人 YAGI Naoto

SPring-8夏の学校実行委員会 委員長 SPring-8 Summer School Executive Committee, Chair

Pages 218 - 221pdfDownload PDF (5 MB)
SPring-8

3. SPring-8/SACLA通信/SPring-8/SACLA COMMUNICATIONS

2023A期 SACLA利用研究課題の募集について
Call for 2023A SACLA Research Proposals

登録施設利用促進機関 (公財)高輝度光科学研究センター Registered Institution for Facilities Use Promotion, JASRI

Page 222pdfDownload PDF (148 KB)
SACLA
2023A期 SACLA試験利用の募集について
Call for Proposals for 2023A SACLA Feasibility Study Program

登録施設利用促進機関 (公財)高輝度光科学研究センター Registered Institution for Facilities Use Promotion, JASRI

Page 223pdfDownload PDF (204 KB)
SACLA
2022B期 SACLA利用研究課題の採択について
The SACLA Public Proposals Approved for Beamtime in 2022B Research Term

登録施設利用促進機関 (公財)高輝度光科学研究センター 利用推進部 Registered Institution for Facilities Use Promotion, User Administration Division, JASRI

Pages 224 - 225pdfDownload PDF (298 KB)
SACLA
2018A期 採択長期利用課題の事後評価について – 4 –
Post-Project Review of Long-term Proposals Starting in 2018A -4-

(公財)高輝度光科学研究センター 利用推進部 User Administration Division, JASRI

Page 226pdfDownload PDF (233 KB)
SPring-8
2019A期 採択長期利用課題の事後評価について – 2 –
Post-Project Review of Long-term Proposals Starting in 2019A -2-

(公財)高輝度光科学研究センター 利用推進部 User Administration Division, JASRI

Pages 227 - 228pdfDownload PDF (318 KB)
SPring-8
SPring-8運転・利用状況
SPring-8 Operational Status

(国)理化学研究所 放射光科学研究センター RIKEN SPring-8 Center

Pages 229 - 230pdfDownload PDF (259 KB)
SPring-8
論文発表の現状
Statistics on Publications Resulting from Work at SPring-8/SACLA

(公財)高輝度光科学研究センター 利用推進部 User Administration Division, JASRI

Pages 231 - 234pdfDownload PDF (551 KB)
SPring-8SACLA
最近SPring-8もしくはSACLAから発表された成果リスト
List of Recent Publications

(公財)高輝度光科学研究センター 利用推進部 User Administration Division, JASRI

Pages 235 - 259pdfDownload PDF (1 MB)
SPring-8SACLA
SPring-8/SACLA研究成果公表 論文サイテーション数調査 -2022-
Statistical Analysis on Publications and Citations at SPring-8/SACLA 2022

(公財)高輝度光科学研究センター 利用推進部 User Administration Division, JASRI

Pages 260 - 264pdfDownload PDF (981 KB)
SPring-8SACLA
SPring-8/SACLA有償利用料収入の実績 有償利用:成果専有と公開優先
The Revenue Results of the Fees for Beamline Use of SPring-8/SACLA / Fees for Beamline Use: Beamtime Fees for Proprietary Research & Program Fees for Non-Proprietary Grant Aided Proposal

(公財)高輝度光科学研究センター 利用推進部 User Administration Division, JASRI

Pages 265 - 267pdfDownload PDF (465 KB)
SPring-8SACLA
専用ビームラインにおける評価・審査の結果について
Review Results of Contract Beamlines

(公財)高輝度光科学研究センター 利用推進部 User Administration Division, JASRI

Pages 268 - 273pdfDownload PDF (427 KB)
SPring-8
回折・散乱IビームラインBL13XUの現状
Current status of X-ray Diffraction and Scattering I beamline BL13XU

隅谷 和嗣 SUMITANI Kazushi[1]、河口 彰吾 KAWAGUCHI Shogo[1]、山田 大貴 YAMADA Hiroki[1]、小林 慎太郎 KOBAYASHI Shintaro[1]、小金澤 智之 KOGANEZAWA Tomoyuki[2]、ロシャンタ クマーラ Rosantha KUMARA[2]

[1](公財)高輝度光科学研究センター 放射光利用研究基盤センター 回折・散乱推進室 Diffraction and Scattering Division, Center for Synchrotron Radiation Research, JASRI、[2](公財)高輝度光科学研究センター 放射光利用研究基盤センター 産業利用・産学連携推進室 Industrial Application and Partnership Division, Center for Synchrotron Radiation Research, JASRI

Pages 274 - 279pdfDownload PDF (4 MB)
SPring-8
BL40B2への液体試料交換用アーム駆動機構の導入
Articulated Arm for Liquid Sample Replacement at BL40B2

太田 昇 OHTA Noboru

(公財)高輝度光科学研究センター 放射光利用研究基盤センター 散乱・イメージング推進室 Scattering and Imaging Division, Center for Synchrotron Radiation Research, JASRI

Pages 280 - 281pdfDownload PDF (1 MB)
SPring-8
SACLAにおけるリモート実験システムの開発
System Development for Remote Experiments at SACLA

宮西 宏併 MIYANISHI Kohei[1]、本村 幸治 MOTOMURA Koji[1]、籔内 俊毅 YABUUCHI Toshinori[2]、城地 保昌 JOTI Yasumasa[2]

[1](国)理化学研究所 放射光科学研究センター RIKEN SPring-8 Center、[2](公財)高輝度光科学研究センター XFEL利用研究推進室/(国)理化学研究所 放射光科学研究センター XFEL Utilization Division, JASRI / RIKEN SPring-8 Center

Pages 282 - 285pdfDownload PDF (813 KB)
SACLA
利用系活動報告
放射光利用研究基盤センター 構造生物学推進室 相関構造解析チーム
Activity Reports – Integrated Structural Analysis Team, Structural Biology Division

熊坂 崇 KUMASAKA Takashi

(公財)高輝度光科学研究センター 放射光利用研究基盤センター 構造生物学推進室 Structural Biology Division, Center for Synchrotron Radiation Research, JASRI

Pages 286 - 289pdfDownload PDF (1 MB)
SPring-8

4. 談話室・ユーザー便り/USER LOUNGE・LETTERS FROM USERS

SPring-8ユーザー協同体(SPRUC)四季報
SPRUC Communications

西堀 英治 NISHIBORI Eiji

SPring-8ユーザー協同体(SPRUC)会長/筑波大学 数理物質系物理学域 エネルギー物質科学研究センター Faculty of Pure and Applied Sciences, University of Tsukuba

Page 290pdfDownload PDF (215 KB)
SPring-8

5. 告知板/ANNOUNCEMENTS

第19回SPring-8産業利用報告会
The 19th Joint Conference on Industrial Applications of SPring-8
Page 291pdfDownload PDF (230 KB)
SPring-8
SPring-8シンポジウム2022 ~SPring-8がつむぐ学術と社会のリンケージ~
SPring-8 Symposium 2022
Page 292pdfDownload PDF (805 KB)
SPring-8SACLA

その他/MISC

編集委員会
Editorial Board
pdfDownload PDF (399 KB)
目次
Table of Contents
pdfDownload PDF (651 KB)
表紙
Cover
pdfDownload PDF (4 MB)
裏表紙
Back Cover
pdfDownload PDF (45 MB)

Print ISSN 1341-9668
[ - Vol.15 No.4(2010)]
Online ISSN 2187-4794
PDF一括ダウンロード