Volume 22(2017)

目次 / Table of Contents
理事長室から -心の哲学と科学技術の連携-
Message from President – Cooperation of Science and Technology with Philosophy –

土肥 義治 DOI Yoshiharu

(公財)高輝度光科学研究センター 理事長 President of JASRI

Volume 22, No.4 Page 296pdfDownload PDF (165 KB)
理事長室から -理化学研究所の創立百周年にあたり-
Message from President – Celebrating RIKEN’s Hundredth Birthday and its History –

土肥 義治 DOI Yoshiharu

(公財)高輝度光科学研究センター 理事長 President of JASRI

Volume 22, No.3 Page 226pdfDownload PDF (195 KB)
理事長室から -脱炭素社会のための技術開発とエネルギー選択-
Message from President – Technology Development and Energy Choice for Zero-Emission Society –

土肥 義治 DOI Yoshiharu

(公財)高輝度光科学研究センター 理事長 President of JASRI

Volume 22, No.2 Page 90pdfDownload PDF (180 KB)
理事長室から -財団JASRIの事業再編成と社会的責任について-
Message from President – Restructuring and Social Responsibility of JASRI Nonprofit Corporation –

土肥 義治 DOI Yoshiharu

(公財)高輝度光科学研究センター 理事長 President of JASRI

Volume 22, No.1 Page 1pdfDownload PDF (588 KB)

1. 最近の研究から/FROM LATEST RESEARCH

From the Research of Contract Beamline ~BL12B2/12XU(NSRRC)~
Developed in-situ X-ray Spectroscopy to Investigate the Catalyst System toward Oxygen Evolution Reaction

Hao Ming Chen、Chia-Shuo Hsu

Department of Chemistry, National Taiwan University

Abstract
 Oxygen evolution reaction (OER) is a half reaction of water splitting. Toward this end, transition-metal oxides have been demonstrated to act as electrocatalysts for OER. Among various transition-metal oxides, 3d transition metals with spinel structures were widely used for being active electrocatalysts toward this reaction. Nevertheless, spinel is a complex structure, in which two oxidation state of metal ions as well as two different crystallographic sites are present in this structure. To investigate the behavior of spinel structure during OER, we have developed both in-situ X-ray absorption spectroscopy and in-situ grazing-angle X-ray diffraction manner, while various well-designed samples were prepared to figure out the dominated factors step by step. First, we have modified the electrocatalysts with surface reversibly adapting layer to improve the resulting stability. Second, we choose the spinel structure with bimetallic system of NiCo2O4 to reveal the active cite between these two metals. Furthermore, the non-active metals were employed to substitute for the divalent and trivalent metal ions in spinel to point out the active centers. The effects of crystallographic sites were verified by a model system of inverse spinel Fe3O4 with replacing by Co, Ni, and Zn divalent metal ions. As a result, we can clarify that the divalent metal ions are the active center for OER in the spinel structure, while a phase transformation to metal oxyhydroxide which act as the real active phase is needed to achieve a higher performance. From the result of understanding spinel behavior toward OER, we can realize that the in-situ X-ray spectroscopy is a useful technique, and believed that this technique can be used not only in spinel structure but other catalyst for other reactions.
Volume 22, No.4 Pages 297 - 305pdfDownload PDF (3 MB)
SPring-8
専用ビームラインの研究から ~BL11XU(量子科学技術研究開発機構)~
その場X線回折による窒化物半導体薄膜の結晶成長観察
Observation of Crystal Growth Dynamics in Nitride Semiconductors by in situ X-ray Diffraction

佐々木 拓生 SASAKI Takuo、高橋 正光 TAKAHASI Masamitu

(国)量子科学技術研究開発機構 放射光科学研究センター Synchrotron Radiation Research Center, National Institutes for Quantum and Radiological Science and Technology

Abstract
 窒化ガリウム(GaN)薄膜の成長初期にのみ発現する特異な格子変形現象を報告する。SPring-8、量研(QST)専用ビームラインBL11XUでは、結晶成長装置とX線回折計が一体化した独自のその場測定装置を有している。本研究は、GaN薄膜成長中のその場X線回折を原子層オーダーの膜厚分解能で測定し、GaNの面内および面内垂直方向の格子間隔の変化を詳細に調べた。その結果、膜厚数ナノメートルの成長初期にのみ、従来の弾性変形とは異なる特異な格子変形を見出した。この現象を理解するため、従来の弾性ひずみに加えて、点欠陥の混入による単位格子の膨張効果を取り入れた格子変形モデルを構築し、実験結果を良く再現することができた。このことから、GaN薄膜は基板との格子不整合によって生じる弾性ひずみがきっかけとなり、置換型の点欠陥(アンチサイト欠陥)が形成されやすいことを示唆した。これまで見過ごされていた成長初期の点欠陥の混入は、GaNベースの発光および電子デバイスの構造設計において重要な知見を与えるものと考える。
Volume 22, No.4 Pages 306 - 309pdfDownload PDF (3 MB)
SPring-8
専用ビームラインの研究から ~BL14B1(量子科学技術研究開発機構)~
高温高圧プレス装置による水素化物合成
Syntheses of Hydrides using High-Pressure and High-Temperature Press Apparatus

齋藤 寛之 SAITOH Hiroyuki[1]、高木 成幸 TAKAGI Shigeyuki[2]、佐藤 豊人 SATO Toyoto[2]、飯島 祐樹 IIJIMA Yuki[2]、折茂 慎一 ORIMO Shin-ichi[2,3]

[1](国)量子科学技術研究開発機構 量子ビーム科学研究部門 Quantum Beam Science Research Directorate, National Institutes for Quantum and Radiological Science and Technology、[2]東北大学 金属材料研究所 Institute for Materials Research, Tohoku University、[3]東北大学 材料科学高等研究所 WPI-Advanced Institute for Materials Research, Tohoku University

Abstract
 機能性材料実現をめざして新規水素化物の探索研究を進めている。第一原理計算による理論予測をもとに、放射光その場観察技術を援用し、新規水素化物合成を行った結果を紹介する。高エネルギー密度の水素貯蔵を目的に、資源量豊富な鉄をベースとする水素化物合成を試みた。これまで報告例のなかった3d遷移金属の水素錯体とリチウムの組み合わせからなるLi4FeH6、および、Hイオンと水素錯体が共存するLi3AlFeH8の合成に成功した。また後者の合成条件探索の過程で別の新規水素化物LiAlFeH6の合成にも成功した。
Volume 22, No.4 Pages 310 - 315pdfDownload PDF (2 MB)
SPring-8
長期利用課題報告1
放射光メスバウア法とX線粉末回折による下部マントルおよび核構成物質の高温高圧物性の研究
High Pressure and Temperature Studies on the Lower Mantle and Core Materials by using Synchrotoron Mossbauer Spectroscopy and In situ X-ray Diffraction

大谷 栄治 OHTANI Eiji

東北大学大学院 理学研究科 Graduate School of Science, Tohoku University

Abstract
 本研究(長期利用課題2013B0104-2016A0104)では、BL10XUに導入したメスバウア分光システムと放射光粉末X線回折実験を用いて、高温高圧下において地球核を構成する鉄・軽元素合金の相関係と磁性を明らかにした。また、下部マントルと核マントル境界におけるマグマと揮発性物質を含む鉱物の相関係と物性を明らかにした。hcp構造のFe-Si合金において電子トポロジカル転移を示唆するアイソマシフトの不連続的な増加を見出した。この転移は、金星などの地球外の惑星核にも見出される可能性がある。下部マントルと核マントル境界における相関係と物性については、マグマを模擬した玄武岩質ガラスにおいて、下部マントル条件ではFe2+、Fe3+が高スピン状態であることを明らかにした。水素および炭素の地球深部での挙動を明らかにし、下部マントルと核マントル境界でのダイヤモンドの生成、水素の存在様式を明らかにした。
Volume 22, No.4 Pages 316 - 320pdfDownload PDF (3 MB)
SPring-8
長期利用課題報告2
グリーンナノエレクトロニクスのための材料・プロセスインテグレーション -超低消費電力次世代トランジスタ開発-
Materials and Process Integration for Advanced Low-Power-Consumption Transistors – Development of Advanced Low-Power-Consumption Transistors –

宮﨑 誠一 MIYAZAKI Seiichi

名古屋大学大学院 工学研究科 Graduate School of Engineering, Nagoya University

Abstract
 大規模集積回路の基本素子である金属−絶縁膜−半導体電界効果トランジスタの低消費電力化・高性能化の要となるIV族系半導体材料を中心に、次世代の材料プロセス技術の開発に指針を与える各種物性発現メカニズムの解明や評価技術の構築を目的とし、BL47XUに設置されている硬X線光電子分光(HAXPES: Hard X-ray Photoemission Spectroscopy)を活用し、薄膜多層構造や微細構造における化学結合および電子状態の精密評価を推進した。各材料の物性を最大限に引き出すためには、電気的特性と密接に関連する絶縁膜/半導体の界面物性などの理解は必須であり、実デバイス内の様々な材料で構成されるナノメートルスケールの多層構造や埋もれた界面を高感度に非破壊で分析可能なHAXPESは極めて強力な分析技術である。本稿では、長期利用課題を通して得られた成果の一部を紹介する。
Volume 22, No.4 Pages 321 - 326pdfDownload PDF (1 MB)
SPring-8
専用ビームラインの研究から ~BL15XU(物質・材料研究機構)~
直線偏光制御を用いた硬X線光電子分光による極性GaN結晶の電子状態研究
Investigating Crystalline-Polarity-Dependent Electronic Structures of GaN by Hard X-ray Photoemission using Linearly Polarized X-rays

大澤 健男 OHSAWA Takeo[1]、大橋 直樹 OHASHI Naoki[1]、上田 茂典 UEDA Shigenori[2]、鈴木 基寛 SUZUKI Motohiro[3]

[1](国)物質・材料研究機構 機能性材料研究拠点 Research Center for Functional Materials, National Institute for Materials Science、[2](国)物質・材料研究機構 先端材料解析研究拠点 Research Center for Advanced Measurement and Characterization, National Institute for Materials Science、[3](公財)高輝度光科学研究センター 利用研究促進部門 Research & Utilization Division, JASRI

Abstract
 省エネルギー社会の実現、高効率電子デバイスや発光デバイスの創成を目指し、基礎的な物性評価・良質な結晶成長・精緻な界面制御を協奏的に利用する研究開発が加速度的に進んでいる。特に、ワイドギャップ窒化物半導体である窒化ガリウム(GaN)を中心に、実用化への材料開発と基礎物性が評価されてきた。GaNは結晶由来の自発分極を有しており、その半導体特性への影響の重要性は認識されてきたが、自発分極に関連する詳細な電子状態は未解明であった。本研究では、GaNについて軌道分解した電子構造を解明するために、BL15XUにて測定した直線偏光制御硬X線光電子分光と密度汎関数法による解析を行った結果、光電子分光で観測されてきた極性に依存する価電子帯スペクトル形状の差異はpz軌道の電子の振る舞いに由来することを明らかにした。
Volume 22, No.3 Pages 227 - 232pdfDownload PDF (1 MB)
SPring-8
専用ビームラインの研究から ~BL44XU(大阪大学蛋白質研究所)~
植物光化学系I-集光性アンテナI超複合体におけるエネルギー伝達の構造基盤
Crystal Structure of the Plant Photosystem I and Light Harvesting Complex I Supercomplex at 2.8 Å Resolution

菅 倫寛 SUGA Michihiro、沈 建仁 SHEN Jian-Ren

岡山大学 異分野基礎科学研究所 Research Institute for Interdisciplinary Science, Okayama University

Abstract
 光化学系I複合体は光駆動による一連の電子伝達を行い、糖の合成に必要な還元力を供給している。植物の光化学系I複合体は反応中心コアと光捕集アンテナI複合体が光化学系I−光捕集アンテナI超複合体を形成し、光エネルギーをほぼ100%の効率で伝達および変換している。光合成における光エネルギーの高効率利用の基本原理を理解することを目的とし、筆者らは高等植物エンドウマメ由来の光化学系I−光捕集アンテナI超複合体の結晶構造を分解能2.8 Åで決定した。これにより、分子量が60万に及ぶ超複合体の詳細な構造、とりわけ、光捕集アンテナIを構成する4つのLhcaサブユニットにおいて秩序正しく配置されたクロロフィル、カロテノイド、脂質分子、水分子などの分子基盤を明らかにし、光エネルギーの捕集と伝達の経路、および、光阻害に対する防御機構を提唱した。
Volume 22, No.3 Pages 233 - 237pdfDownload PDF (4 MB)
SPring-8
neV分解能のガンマ線準弾性散乱法による原子・分子のナノ秒-マイクロ秒ダイナミクス
Atomic and Molecular Slow Dynamics Studied by Gamma-Rays Quasi-Elastic Scattering Method with neV-Energy Resolution

齋藤 真器名 SAITO Makina

京都大学原子炉実験所 Kyoto University Research Reactor Institute

Abstract
 パルス放射光を用い原子核を励起することによって得られるガンマ線を利用した時間領域干渉計によって、原子・分子スケールにおけるナノ秒~マイクロ秒の電子密度の緩和が測定可能な準弾性散乱実験を行うことができる。励起された原子核から時間的に遅れて放射されるガンマ線をプローブ、リファレンス光として用いる本手法には、放射光のパルス間隔が比較的広いセベラルバンチモードの利用が必要になる。これまで、この時間スケールでの過冷却液体やソフトマターのミクロなダイナミクスの測定に関しては、中性子スピン・エコー法が唯一の手法であったが、本手法により放射光を用いた測定も可能となってきた。近年、この手法を用い、液体やガラス、結晶、ソフトマターなどの様々な物質に関して、これまで得られなかった時間空間領域でのミクロなダイナミクスが調べられ始めている。本稿では、ガンマ線を用いた準弾性散乱法の基礎的原理およびその応用例を紹介する。
Volume 22, No.2 Pages 91 - 98pdfDownload PDF (2 MB)
SPring-8
超高引裂き強度を有するシリコーンゴムの開発
Developments of High Tear Silicone Erastomers

妹尾 政宣 SENOO Kazunobu

住友ベークライト株式会社 研究開発本部 R&D Department, Sumitomo Bakelite Co., Ltd.

Abstract
 我々は表面修飾されたシリカフィラー添加によるゴムの補強効果を利用して処方改善を行い、通常の5倍程度の引裂き強度を有するシリコーンゴムの開発に成功した。そこで、放射光を用いた延伸同時X線構造解析手法を用いて、シリコーンゴムの高引裂き強度の発現に影響を与える内包フィラーの凝集状態の延伸に伴う構造変化とその物性との相関について検討した。その結果、延伸同時USAXS測定から延伸に平行な方向において顕著なプロファイルの立ち上がりが観察された。さらに、延伸に伴う表面フラクタル次元を観察したところ、延伸に平行な方向のみ延伸に伴いフラクタル次元の増加が観察された。このことからマトリックスの延伸に伴い延伸に平行方向でシリコーンゴム内のシリカ凝集体の密度揺らぎが増加し、階層構造が変化していることが示唆された。その結果、更なる高機能素材開発に関する指針が得られ、各種製品でナノ構造制御技術に基づく劇的な物性改良(硬度、引裂き強度、延伸度の独立制御)に成功した。
Volume 22, No.2 Pages 99 - 103pdfDownload PDF (2 MB)
SPring-8
Long-term Proposal Report 1
Nuclear Resonant Vibrational Spectroscopy for Observation of Fe-H/D Bending Modes in Hydrogenases and Nitrogenases

Stephen P. Cramer[1], Cindy Pham[1], Hongxin Wang[1], Nakul Mishra[1], Leland Gee[1], Yoshitaka Yoda[2], Thomas B. Rauchfuss[3], Vladimir Pelmenschikov[4], Hideaki Ogata[5], Edward J. Reijerse[5], Wolfgang Lubitz[5], Nimesh Khadka[6], Lance Seefeldt[6]

[1]Department of Chemistry, University of California, [2]Research & Utilization Division, JASRI, [3]Department of Chemistry, University of Illinois, [4]Department of Chemistry, Technische Universität Berlin, [5]Max Plank Institute for Chemical Energy Conversion, [6]Department of Chemistry and Biochemistry, Utah State University

Abstract
 Using 57Fe nuclear resonant vibrational spectroscopy (NRVS), we have characterized several important 57Fe-labeled proteins such as [FeFe] hydrogenase ([FeFe] H2ase), [NiFe] hydrogenase ([NiFe] H2ase), and nitrogenase (N2ase). Following the successful observation of the Ni-H-Fe wag mode in Desulfovibrio vulgaris Miyazaki F [NiFe] H2ase (DvMF for abbreviation), we extended these studies to other enzymes, such as Chlamydomonas reinhardtii [FeFe] H2ase (Cr-HydA1) and Desulfovibrio desulfuricans [FeFe] H2ase (Dd-HydAB). Fe-hydride and Fe-deuteride related bending modes in [FeFe] H2ases were observed and interpreted by density functional theory (DFT) calculations. We also observed the interaction between the amine group (NH) in the azadithiolate (ADT) bridge and the Fe-H/D structure by comparing the wild type Dd-HydAB result with that from a variant with an oxodithiolate (ODT) bridge. With the advancement we have made for studying H2ase, we have also better characterized the catalytic intermediates in N2ase, such as the E4 state.
Volume 22, No.2 Pages 104 - 109pdfDownload PDF (916 KB)
SPring-8
Long-term Proposal Report 2
NRVS of Mononuclear and Binuclear Non-heme Iron Enzyme Intermediates and Related Model Complexes

Edward I. Solomon[1,2], Lars H. Boettger[1], Kyle D. Sutherlin[1], Ariel B. Jacobs[1], Jeffrey T. Babicz, Jr.[1], Kiyoung Park[3]

[1]Department of Chemistry, Stanford University, [2]SLAC National Accelerator Laboratory, [3]Korea Advanced Institute of Science and Technology (KAIST)

Abstract
 Mononuclear and binuclear non-heme iron enzymes catalyze a broad range of reactions that are relevant in fields from health to bioremediation. In many classes, O2 intermediates have been trapped, and knowing the structure of these intermediates is essential to understanding reactivity. We have developed a combined NRVS/DFT methodology for structural definition of these important intermediates. We present an overview of our recent work at SPring-8 applying this NRVS/DFT methodology to mononuclear FeIV-oxo and FeIII-(hydro)peroxo intermediates, and to a binuclear FeIII-peroxy P' intermediate. This has allowed us to define the structures of these intermediates and has given new insight into their reactivities.
Volume 22, No.2 Pages 110 - 115pdfDownload PDF (2 MB)
SPring-8
[特集]SPRUC Young Scientist Award受賞研究報告について
Volume 22, No.1 Page 2pdfDownload PDF (476 KB)
SPring-8
(SPRUC 2016 Young Scientist Award受賞 研究報告)
オプトジェネティクスツールである光駆動性イオン輸送体の構造機能解析
Structural and Functional Analysis of Ion-Translocating Rhodopsins

加藤 英明 KATO Hideaki

スタンフォード大学 医学部 分子細胞生理学科 School of Medicine, Stanford University

Abstract
 ヒトをはじめとする殆どあらゆる生物は光情報を利用して行動しているが、この光情報の受容は、多くの場合ロドプシンファミリータンパク質によって担われる。この中でも近年特に、イオン輸送体として働くロドプシンが、光によって細胞の膜電位を操作できるツールとして注目を集めている(オプトジェネティクス)。我々は、オプトジェネティクスツールとして最も広く利用されている光駆動性陽イオンチャネル、チャネルロドプシン(ChR)について、その立体構造を明らかにし分子機構の一端を解明した。また、得られた結晶構造を元に、異なる吸収波長特性を持つ変異型イオン輸送ロドプシンを創製する合理的設計法を提唱、実証した。更に、2013年に発見されたばかりの光駆動性Na+ポンプであるKrokinobacter rhodopsin 2(KR2)についてもその立体構造を明らかにし、光依存的Na+輸送の分子機構を解明するとともに、自然界からは発見されていない光駆動性K+ポンプを創製することに成功した。
Volume 22, No.1 Pages 3 - 7pdfDownload PDF (3 MB)
SPring-8
(SPRUC 2016 Young Scientist Award受賞 研究報告)
走査型3DXRD顕微鏡法の開発
Development of Scanning Three-Dimensional X-ray Diffraction Microscopy

林 雄二郎 HAYASHI Yujiro、広瀬 美治 HIROSE Yoshiharu、妹尾 与志木 SENO Yoshiki、吉田 友幸 YOSHIDA Tomoyuki

株式会社豊田中央研究所 分析部 Materials Analysis & Evaluation Division, TOYOTA Central R&D Labs., Inc.

Abstract
 実用金属材料内部の結晶方位及び応力の非破壊3次元観察を行うため、細いビームを使って試料を3次元走査する3DXRD法(走査型3DXRD法)を開発した。再構成シミュレーションにより入射ビーム幅の2倍程度の空間分解能で結晶方位マッピングが可能であると推定した。最初の実験として、ビーム幅20 µmの入射ビーム及び粗大粒化純鉄試料を使って、再構成シミュレーションと矛盾しない結果が得られた。高エネルギー1 µmマイクロビームを使うことで実用冷間圧延鋼板材の結晶方位マッピングに初めて成功した。
Volume 22, No.1 Pages 8 - 13pdfDownload PDF (2 MB)
SPring-8
(SPRUC 2015 Young Scientist Award受賞 研究報告)
Imaging the Airway Surface to Test Cystic Fibrosis Treatments

Kaye Morgan[1,2]、Martin Donnelley[3]、David Parsons[3]、Karen Siu[1]

[1]School of Physics, Monash University、[2]Institute of Advanced Studies & Chair of Biomedical Physics, Technische Universitat Munchen、[3]Women's and Children's Hospital, North Adelaide & Robinson Institute, University of Adelaide

Volume 22, No.1 Pages 14 - 16pdfDownload PDF (1 MB)
SPring-8
(SPRUC 2015 Young Scientist Award受賞 研究報告)
高分解能かつ色収差のない結像型X線顕微鏡の開発
Development of High-Resolution and Achromatic Full-Field X-ray Microscope

松山 智至 MATSUYAMA Satoshi

大阪大学大学院 工学研究科 Graduate School of Engineering, Osaka University

Abstract
 これまで開発されてきた高空間分解能な結像型X線顕微鏡は強い色収差を持っていた。顕微分光などの高度なアプリケーションを遂行するためには、この色収差の問題を解決することが必要不可欠である。本研究では、全反射ミラーに基づいたAdvanced Kirkpatrick-Baezミラー光学系を開発することで、高分解能かつ色収差のない結像型X線顕微鏡を構築した。超高精度ミラーを作製し、また、これを高精度にアライメントすることで、色収差がない条件下では世界で初めて50 nmの空間分解能を達成した。
Volume 22, No.1 Pages 17 - 21pdfDownload PDF (1 MB)
SPring-8
(SPRUC 2014 Young Scientist Award受賞 研究報告)
高圧高温その場X線ラミノグラフィーで切り拓く新しい超高圧地球科学
High-Pressure Earth Science Explored by X-ray Laminography

野村 龍一 NOMURA Ryuichi

愛媛大学 地球深部ダイナミクス研究センター Geodynamics Research Center, Ehime University

Abstract
 地球内部の構造やダイナミクス、さらにはどのようにして地球が現在の姿になったのかを理解するためには、地球を構成する物質(ケイ酸塩や鉄合金)を地球深部に対応する超高圧高温環境におき、その物理的・化学的性質を調べることが必要である。ダイアモンドアンビル高圧発生装置によって地球中心までの超高圧高温極限環境を静的圧縮下で実験室に再現できるようになった今、高圧試料から「何の」情報を引き出せるかといった測定の新しいアイデア・技術進化が地球科学に新たな知見を与えてくれる。本稿ではそのような一例として我々が現在開発を行っている、超高圧その場でのX線ラミノグラフィーを用いた化学的3Dイメージング法について進展を紹介する。
Volume 22, No.1 Pages 22 - 25pdfDownload PDF (2 MB)
SPring-8
(SPRUC 2014 Young Scientist Award受賞 研究報告)
CRISPR-Casヌクレアーゼの結晶構造
Crystal Structures of CRISPR-Cas Nucleases

西増 弘志 NISHIMASU Hiroshi

東京大学大学院 理学系研究科 Graduate School of Science, The University of Tokyo

Abstract
 原核生物のもつCRISPR-Cas系は外来核酸に対する獲得免疫機構としてはたらく。CRISPR-Cas系にかかわるRNA依存性ヌクレアーゼであるCas9やCpf1はガイドRNAと相補的な二本鎖DNAを特異的に切断する。近年、この性質を応用したゲノム編集技術の登場により、様々な生物のゲノム情報(生命の設計図)を「書き換える」ことが可能になってきた。これまでに我々はCas9およびCpf1の結晶構造を決定し、そのRNA依存的なDNA切断機構を解明してきた。また、Cas9とCpf1の構造比較から、CRISPR-Casヌクレアーゼの作動機構の共通性および多様性が明らかになった。さらに、これらの構造情報は新規のゲノム改変ツールの開発にも大きく貢献してきた。
Volume 22, No.1 Pages 26 - 29pdfDownload PDF (1 MB)
SPring-8

2. 研究会等報告/WORKSHOP AND COMMITTEE REPORT

38th International Free Electron Laser Conference会議報告
Report on FEL’17 (38th International Free Electron Laser Conference)

金城 良太 KINJO Ryota

(国)理化学研究所 先端光源開発研究部門 Innovative Light Sources Division, RIKEN SPring-8 Center

Volume 22, No.4 Pages 327 - 330pdfDownload PDF (399 KB)
SPring-8SACLA
第15回SPring-8先端利用技術ワークショップ
「生体システムを利用した新しい機能性材料とその起源」報告
The 15th Workshop on Advanced Techniques and Application at SPring-8 / Investigation and Utilization of Bio-Based Technology for New Functional Materials

関口 博史 SEKIGUCHI Hiroshi

(公財)高輝度光科学研究センター 利用研究促進部門 Research & Utilization Division, JASRI

Volume 22, No.4 Pages 331 - 333pdfDownload PDF (653 KB)
SPring-8
大阪大学蛋白質研究所セミナー/第17回SPring-8先端利用技術ワークショップ
「SPring-8における蛋白質構造生物学研究の現状と将来」開催報告
Report on the Joint IPR-SPring-8 Seminar on Present Status and Prospects of Proten Structural Biology in SPring-8

中川 敦史 NAKAGAWA Atsushi[1]、熊坂 崇 KUMASAKA Takashi[2]

[1]大阪大学 蛋白質研究所 Institute for Protein Research, Osaka University、[2](公財)高輝度光科学研究センター タンパク質結晶解析推進室 Protein Crystal Analysis Division, JASRI

Volume 22, No.4 Pages 334 - 335pdfDownload PDF (2 MB)
SPring-8
第14回SPring-8産業利用報告会
The 14th Joint Conference on Industrial Applications of SPring-8

佐藤 眞直 SATO Masugu

(公財)高輝度光科学研究センター 産業利用推進室 Industrial Application Division, JASRI

Volume 22, No.4 Pages 336 - 339pdfDownload PDF (13 MB)
SPring-8
SPring-8シンポジウム2017報告
SPring-8 Symposium 2017 Report

木村 昭夫 KIMURA Akio[1]、西堀 麻衣子 NISHIBORI Maiko[2]

[1]SPring-8ユーザー協同体(SPRUC)行事幹事/広島大学大学院 理学研究科 Graduate School of Sciences, Hiroshima University、[2]九州大学大学院 総合理工学研究院 Faculty of Engineering Sciences, Kyusyu University

Volume 22, No.4 Pages 340 - 348pdfDownload PDF (6 MB)
SPring-8
4th Conference on X-ray and Neutron Phase Imaging with Grating(XNPIG2017)会議報告
Conference Report on 4th Conference on X-ray and Neutron Phase Imaging with Grating

星野 真人 HOSHINO Masato

(公財)高輝度光科学研究センター 利用研究促進部門 Research & Utilization Division, JASRI

Volume 22, No.4 Pages 349 - 353pdfDownload PDF (1 MB)
SPring-8
第1回SPring-8秋の学校を終えて
The 1st SPring-8 Autumn School

西堀 英治 NISHIBORI Eiji

SPring-8ユーザー協同体(SPRUC)企画委員長/筑波大学 数理物質系 SPring-8 Users Community, Project Supervisor / Faculty of Pure and Applied Sciences, University of Tsukuba

Volume 22, No.4 Pages 354 - 356pdfDownload PDF (4 MB)
SPring-8
第8回国際粒子加速器会議(IPAC’17)報告
Report on IPAC’17 (The 8th International Particle Accelerator Conference)

早乙女 光一 SOUTOME Kouichi、大島 隆 OHSHIMA Takashi、近藤 力 KONDO Chikara

(公財)高輝度光科学研究センター 光源基盤部門 Light Source Division, JASRI

Volume 22, No.3 Pages 238 - 240pdfDownload PDF (1 MB)
SPring-8
第17回SPring-8夏の学校を終えて
The 17th SPring-8 Summer School

八木 直人 YAGI Naoto

SPring-8夏の学校実行委員会 委員長 SPring-8 Summer School Executive Committee, Chair

Volume 22, No.3 Pages 241 - 244pdfDownload PDF (13 MB)
SPring-8
第5回JASRIワークショップ「地球惑星科学検討ワークショップ:大容量高圧プレス・ビームラインの将来」報告
5th JASRI Workshop on Science Discussion for Earth and Planetary Science using Large Volume Press: Report

肥後 祐司 HIGO Yuji

(公財)高輝度光科学研究センター 利用研究促進部門 Research & Utilization Division, JASRI

Volume 22, No.2 Pages 116 - 119pdfDownload PDF (1 MB)
SPring-8
第8回SPring-8先端利用技術ワークショップ「オープンサイエンスに向けたオープン解析プラットフォーム」参加報告
Report of the Workshop on Open Data Analysis Platform towards Open Science

杉本 宏 SUGIMOTO Hiroshi

(国)理化学研究所 放射光科学総合研究センター RIKEN SPring-8 Center

Volume 22, No.2 Pages 120 - 122pdfDownload PDF (2 MB)
SPring-8
第14回SPring-8先端利用技術ワークショップ/第3回放射光・中性子の相補利活用セミナー「量子ビームで観る物質の内部構造」会議報告
The 14th Workshop on Advanced Techniques and Application at SPring-8/The 3rd Joint Seminar on Complementary Use of Synchrotron X-ray and Neutron

星野 真人 HOSHINO Masato

(公財)高輝度光科学研究センター 利用研究促進部門 Research & Utilization Division, JASRI

Volume 22, No.2 Pages 123 - 127pdfDownload PDF (4 MB)
SPring-8
第4回SPring-8文化財分析技術ワークショップ2017報告
SPring-8 Workshop on Analytical Techniques for Cultural Heritage : Report

鈴木 謙爾 SUZUKI Kenji

(公財)特殊無機材料研究所 Advanced Institute of Materials Science

Volume 22, No.2 Pages 128 - 130pdfDownload PDF (7 MB)
SPring-8
BL24XU実験ハッチの改造と雰囲気制御型硬X線光電子分光装置の整備
Construction of an Experimental Hutch and Near-Ambient-Pressure Hard X-ray Photoelectron Spectroscopy System at BL24XU

横山 和司 YOKOYAMA Kazushi[1]、松井 純爾 MATSUI Junji[1]、住田 弘祐 SUMIDA Hirosuke[2]、梶野 雄太 KAJINO Yuta[3]、渡邊 健夫 WATANABE Takeo[3]、野瀬 惣市 NOSE Souichi[4]、首藤 大器 SUDOU Motoki[4]、竹内 和基 TAKEUCHI Kazuki[4]、篭島 靖 KAGOSHIMA Yasushi[1,5]、津坂 佳幸 TSUSAKA Yoshiyuki[1,5]、高山 裕貴 TAKAYAMA Yuki[1,5]

[1]兵庫県立大学 放射光ナノテクセンター Institute for Research Promotion and Collaboration Synchrotron Radiation Nanotechnology Center, University of Hyogo、[2]マツダ株式会社 技術研究所 Technical Research Center, Mazda Motor Corporation、[3]兵庫県立大学 高度産業科学技術研究所 Laboratory of Advanced Science and Technology for Industry, University of Hyogo、[4]スプリングエイトサービス株式会社 技術部 Technical Beamline Group, SPring-8 Service Co., Ltd.、[5]兵庫県立大学大学院 物質理学研究科 Graduate School of Material Science, University of Hyogo

Abstract
 兵庫県立大学が管理運営するビームラインBL24XUは、様々な産業分野に対して放射光の高精度分析技術を提供してきた。また同大学の理学部エックス線光学講座が中心となって放射光利用技術の基礎研究に取り組み、その成果を産業界が求める材料評価の手法へと応用してきた。
 BL24XUにおける放射光産業利用の新たな取り組みとして、兵庫県立大学とマツダ株式会社は、次世代自動車材料開発に向けた放射光分析、解析技術の活用研究を開始した。効率良い材料開発のため、元素レベルでのモデル化を目的とした最初の取り組みとして、BL24XUに専用実験装置である雰囲気制御型硬X線光電子分光装置を整備した。複合材料の界面を評価し、材料因子を精密に取得することで構造モデルの精密化と特性発現のメカニズム解明を目指している。
 本報告では上記取り組みの中で、2016年度に実施したBL24XUの装置改造ならびに整備状況、今後の研究計画について報告する。
Volume 22, No.1 Pages 30 - 35pdfDownload PDF (2 MB)
SPring-8

3. SPring-8/SACLA通信/SPring-8/SACLA COMMUNICATIONS

2018A期 SPring-8利用研究課題募集について
Call for 2018A SPring-8 Research Proposals

登録施設利用促進機関 (公財)高輝度光科学研究センター Registered Institution for Facilities Use Promotion, JASRI

Volume 22, No.4 Page 357pdfDownload PDF (223 KB)
SPring-8
2018A期 SACLA利用研究課題の募集について
Call for 2018A SACLA Research Proposals

登録施設利用促進機関 (公財)高輝度光科学研究センター Registered Institution for Facilities Use Promotion, JASRI

Volume 22, No.4 Page 358pdfDownload PDF (157 KB)
SACLA
第40回(2017B)SPring-8利用研究課題の採択について
The Proposals Approved for Beamtime in the 40th Research Term 2017B

登録施設利用促進機関 (公財)高輝度光科学研究センター 利用推進部 Registered Institution for Facilities Use Promotion, User Administration Division, JASRI

Volume 22, No.4 Pages 359 - 363pdfDownload PDF (864 KB)
SPring-8
2017B期 採択「新分野創成利用」研究グループの紹介
2017B Newly Approved Research Groups for SPring-8 Epoch-Making Initiatives Projects

(公財)高輝度光科学研究センター 利用推進部 User Administration Division, JASRI

Volume 22, No.4 Pages 364 - 365pdfDownload PDF (485 KB)
SPring-8
第39回共同利用期間(2017A)において実施されたSPring-8利用研究課題
2017A Proposal and User Statistics

登録施設利用促進機関 (公財)高輝度光科学研究センター 利用推進部 Registered Institution for Facilities Use Promotion, User Administration Division, JASRI

Volume 22, No.4 Pages 366 - 370pdfDownload PDF (1 MB)
SPring-8
2013B期 採択長期利用課題の事後評価について – 2 –
Post-Project Review of Long-term Proposals Starting in 2013B -2-

(公財)高輝度光科学研究センター 利用推進部 User Administration Division, JASRI

Volume 22, No.4 Pages 371 - 372pdfDownload PDF (300 KB)
SPring-8
2014A期 採択長期利用課題の事後評価について
Post-Project Review of Long-term Proposals Starting in 2014A

(公財)高輝度光科学研究センター 利用推進部 User Administration Division, JASRI

Volume 22, No.4 Pages 373 - 374pdfDownload PDF (314 KB)
SPring-8
2017B期 SACLA利用研究課題の採択について
The SACLA Public Proposals Approved for Beamtime in 2017B Research Term

登録施設利用促進機関 (公財)高輝度光科学研究センター 利用推進部 Registered Institution for Facilities Use Promotion, User Administration Division, JASRI

Volume 22, No.4 Pages 375 - 376pdfDownload PDF (245 KB)
SACLA
2017A期において実施されたSACLA利用研究課題(共用課題)について
The SACLA Public Proposals and User Statistics in 2017A Research Term

登録施設利用促進機関 (公財)高輝度光科学研究センター 利用推進部 Registered Institution for Facilities Use Promotion, User Administration Division, JASRI

Volume 22, No.4 Page 377pdfDownload PDF (222 KB)
SACLA
SPring-8運転・利用状況
SPring-8 Operational Status

(国)理化学研究所 放射光科学総合研究センター RIKEN SPring-8 Center

Volume 22, No.4 Pages 378 - 379pdfDownload PDF (208 KB)
SPring-8
論文発表の現状
Statistics on Publications Resulting from Work at SPring-8

(公財)高輝度光科学研究センター 利用推進部 User Administration Division, JASRI

Volume 22, No.4 Pages 380 - 383pdfDownload PDF (357 KB)
SPring-8SACLA
最近SPring-8もしくはSACLAから発表された成果リスト
List of Recent Publications

(公財)高輝度光科学研究センター 利用推進部 User Administration Division, JASRI

Volume 22, No.4 Pages 384 - 408pdfDownload PDF (887 KB)
SPring-8SACLA
2017A期におけるSPring-8/SACLAユーザー要望等について
SPring-8/SACLA User Requests in 2017A

登録施設利用促進機関 (公財)高輝度光科学研究センター 利用推進部 Registered Institution for Facilities Use Promotion, User Administration Division, JASRI

Volume 22, No.4 Pages 409 - 410pdfDownload PDF (3 MB)
SPring-8SACLA
SPring-8/SACLA有償利用料収入の実績 有償利用:成果専有と公開優先
The Revenue Results of the Fees for Beamline Use of SPring-8/SACLA / Fees for Beamline Use : Beamtime Fees for Proprietary Research & Program Fees for Non-Proprietary Grant Aided Proposal

(公財)高輝度光科学研究センター 利用推進部 User Administration Division, JASRI

Volume 22, No.4 Pages 411 - 413pdfDownload PDF (3 MB)
SPring-8SACLA
成果公開制度について

(公財)高輝度光科学研究センター 利用推進部 User Administration Division, JASRI

Volume 22, No.3 Page 245pdfDownload PDF (171 KB)
SPring-8SACLA
SPring-8/SACLA成果審査委員会委員長より「放射光科学はBig Science!」
Comments from the Chair of SPring-8/SACLA Research Results Review Committee “Synchrotron Radiation Science is Big Science!”

坂田 誠 SAKATA Makoto

SPring-8/SACLA成果審査委員会 委員長 SPring-8/SACLA Research Results Review Committee, Chair

Volume 22, No.3 Pages 246 - 248pdfDownload PDF (297 KB)
SPring-8SACLA
SPring-8およびSACLAにおける成果公開と公開期限延期制度について
System for Publication of Research Results and Deadline Extension at SPring-8 and SACLA

野田 健治 NODA Kenji

SPring-8/SACLA成果審査委員会 委員兼編集者 SPring-8/SACLA Research Results Review Committee, Editor

Volume 22, No.3 Pages 249 - 250pdfDownload PDF (280 KB)
SPring-8SACLA
SPring-8運転・利用状況
SPring-8 Operational Status

(国)理化学研究所 放射光科学総合研究センター RIKEN SPring-8 Center

Volume 22, No.3 Pages 251 - 252pdfDownload PDF (209 KB)
SPring-8
論文発表の現状
Statistics on Publications Resulting from Work at SPring-8

(公財)高輝度光科学研究センター 利用推進部 User Administration Division, JASRI

Volume 22, No.3 Pages 253 - 256pdfDownload PDF (359 KB)
SPring-8SACLA
SPring-8/SACLA研究成果公表 論文サイテーション数調査 -2017-
Statistical Analysis on Publications and Citations at SPring-8/SACLA 2017

(公財)高輝度光科学研究センター 利用推進部 User Administration Division, JASRI

Volume 22, No.3 Pages 257 - 261pdfDownload PDF (833 KB)
SPring-8SACLA
最近SPring-8もしくはSACLAから発表された成果リスト
List of Recent Publications

(公財)高輝度光科学研究センター 利用推進部 User Administration Division, JASRI

Volume 22, No.3 Pages 262 - 290pdfDownload PDF (1,011 KB)
SPring-8SACLA
「専用ビームラインの再契約」について
Renewal of Contract Beamline Agreement

(公財)高輝度光科学研究センター 利用推進部 User Administration Division, JASRI

Volume 22, No.3 Pages 291 - 293pdfDownload PDF (342 KB)
SPring-8
2017B期 SPring-8利用研究課題募集について
Call for 2017B SPring-8 Research Proposals

登録施設利用促進機関 (公財)高輝度光科学研究センター Registered Institution for Facilities Use Promotion, JASRI

Volume 22, No.2 Page 131pdfDownload PDF (245 KB)
SPring-8
2017B期 SACLA利用研究課題の募集について
Call for 2017B SACLA Research Proposals

登録施設利用促進機関 (公財)高輝度光科学研究センター Registered Institution for Facilities Use Promotion, JASRI

Volume 22, No.2 Pages 132 - 133pdfDownload PDF (250 KB)
SACLA
SPring-8利用研究課題審査委員会を終えて
Report on the PRC (Proposal Review Committee) of SPring-8

中川 敦史 NAKAGAWA Atsushi

SPring-8利用研究課題審査委員会 委員長/大阪大学 蛋白質研究所 Institute for Protein Research, Osaka University

Volume 22, No.2 Pages 134 - 135pdfDownload PDF (280 KB)
SPring-8
SPring-8利用研究課題審査委員会を終えて 分科会主査報告1 −生命科学分科会−
Proposal Review Committee (PRC) Report by Subcommittee Chair – Life Science –

杉本 宏 SUGIMOTO Hiroshi

SPring-8利用研究課題審査委員会 生命科学分科会主査/(国)理化学研究所 放射光科学総合研究センター RIKEN SPring-8 Center

Volume 22, No.2 Pages 136 - 139pdfDownload PDF (392 KB)
SPring-8
SPring-8利用研究課題審査委員会を終えて 分科会主査報告2 −散乱回折分科会−
Proposal Review Committee (PRC) Report by Subcommittee Chair – Diffraction and Scattering –

藤原 明比古 FUJIWARA Akihiko

SPring-8利用研究課題審査委員会 散乱回折分科会主査/関西学院大学 理工学部 School of Science and Technology, Kwansei Gakuin University

Volume 22, No.2 Pages 140 - 142pdfDownload PDF (355 KB)
SPring-8
SPring-8利用研究課題審査委員会を終えて 分科会主査報告3 −XAFS・蛍光分析分科会−
Proposal Review Committee (PRC) Report by Subcommittee Chair – XAFS and Fluorescence Analysis –

宍戸 哲也 SHISHIDO Tetsuya

SPring-8利用研究課題審査委員会 XAFS・蛍光分析分科会主査/首都大学東京大学院 都市環境科学研究科 Graduate School of Urban Environmental Sciences, Tokyo Metropolitan University

Volume 22, No.2 Pages 143 - 144pdfDownload PDF (269 KB)
SPring-8
SPring-8利用研究課題審査委員会を終えて 分科会主査報告4 −分光分科会−
Proposal Review Committee (PRC) Report by Subcommittee Chair – Spectroscopy –

木村 昭夫 KIMURA Akio

SPring-8利用研究課題審査委員会 分光分科会主査/広島大学大学院 理学研究科 Graduate School of Science, Hiroshima University

Volume 22, No.2 Page 145pdfDownload PDF (239 KB)
SPring-8
SPring-8利用研究課題審査委員会を終えて 分科会主査報告5 −産業利用分科会−
Proposal Review Committee (PRC) Report by Subcommittee Chair – Industrial Application –

平井 康晴 HIRAI Yasuharu

SPring-8利用研究課題審査委員会 産業利用分科会主査/(公財)佐賀県地域産業支援センター 九州シンクロトロン光研究センター Saga Prefectural Regional Industry Support Center, Kyushu Synchrotron Light Research Center

Volume 22, No.2 Pages 146 - 147pdfDownload PDF (277 KB)
SPring-8

4. 談話室・ユーザー便り/USER LOUNGE・LETTERS FROM USERS

ヨーロッパの放射光タンパク質結晶解析ビームラインを視察して
Report on Visiting Protein Crystallography Beamlines at European Synchrotron Facilities

長谷川 和也 HASEGAWA Kazuya

(公財)高輝度光科学研究センター タンパク質結晶解析推進室 Protein Crystal Analysis Division, JASRI

Volume 22, No.4 Pages 414 - 417pdfDownload PDF (2 MB)
SPring-8
SPring-8シンポジウム2017 SPring-8の目指す将来
SPring-8 Symposium 2017
Volume 22, No.3 Page 294pdfDownload PDF (3 MB)
SPring-8
第1回SPring-8秋の学校 開催のご案内
SPring-8 Autumn School 2017
Volume 22, No.3 Page 295pdfDownload PDF (205 KB)
SPring-8
「SPRUC 2017 Young Scientist Award」の実施について
SPRUC 2017 Young Scientist Award – Call for Nominations –
Volume 22, No.2 Page 224pdfDownload PDF (144 KB)
SPring-8
SPring-8シンポジウム2017 高性能化で目指すSPring-8の将来
SPring-8 Symposium 2017
Volume 22, No.2 Page 225pdfDownload PDF (872 KB)
SPring-8
2015A期 採択長期利用課題の中間評価について
Interim Review Results of 2015A Long-term Proposals

(公財)高輝度光科学研究センター 利用推進部 User Administration Division, JASRI

Volume 22, No.1 Pages 45 - 50pdfDownload PDF (808 KB)
SPring-8
SPring-8運転・利用状況
SPring-8 Operational Status

(公財)高輝度光科学研究センター 企画調整部 Planning and Coordination Division, JASRI

Volume 22, No.1 Pages 51 - 52pdfDownload PDF (521 KB)
SPring-8
論文発表の現状
Statistics on Publications Resulting from Work at SPring-8

(公財)高輝度光科学研究センター 利用推進部 User Administration Division, JASRI

Volume 22, No.1 Pages 53 - 56pdfDownload PDF (360 KB)
SPring-8SACLA
最近SPring-8もしくはSACLAから発表された成果リスト
List of Recent Publications

(公財)高輝度光科学研究センター 利用推進部 User Administration Division, JASRI

Volume 22, No.1 Pages 57 - 83pdfDownload PDF (1,002 KB)
SPring-8SACLA
SACLA BL1共用開始について
Soft X-ray FEL Beamline at SACLA

大和田 成起 OWADA Shigeki

(国)理化学研究所 放射光科学総合研究センター XFEL研究開発部門 XFEL Research and Development Division, RIKEN SPring-8 Center

Volume 22, No.1 Pages 84 - 85pdfDownload PDF (470 KB)
SACLA

5. 談話室・ユーザー便り/USER LOUNGE・LETTERS FROM USERS

SPring-8ユーザー協同体(SPRUC)活動報告
SPRUC Activity Reports

杉本 宏 SUGIMOTO Hiroshi

SPring-8ユーザー協同体(SPRUC)庶務幹事/(国)理化学研究所 放射光科学総合研究センター RIKEN SPring-8 Center

Volume 22, No.1 Pages 86 - 87pdfDownload PDF (214 KB)
SPring-8

6. 告知板/ANNOUNCEMENTS

第25回SPring-8施設公開のご案内
Announcement of SPring-8 Open House
Volume 22, No.1 Page 88pdfDownload PDF (2 MB)
SPring-8SACLA
第17回SPring-8夏の学校 開催のご案内 -最先端の放射光科学を学ぶ-
SPring-8 Summer School 2017
Volume 22, No.1 Page 89pdfDownload PDF (508 KB)
SPring-8

その他/MISC

編集委員会
Editorial Board
目次
Table of Contents
表紙
Cover
裏表紙
Back Cover
編集委員会
Editorial Board
目次
Table of Contents
表紙
Cover
裏表紙
Back Cover
編集委員会
Editorial Board
目次
Table of Contents
表紙
Cover
裏表紙
Back Cover
編集委員会
Editorial Board
目次
Table of Contents
表紙
Cover
裏表紙
Back Cover

SPring-8/SACLA INFORMATION

ISSN 1341-9668 EISSN 2187-4794