Volume 18(2013)

目次 / Table of Contents
理事長室から -産学連携の研究基盤としてのSPring-8-
Message from President – Research Infrastructure SPring-8 for Collaboration between Industry and Academia –

土肥 義治 DOI Yoshiharu

(公財)高輝度光科学研究センター 理事長 President of JASRI

Volume 18, No.4 Page 281pdfDownload PDF (523 KB)
理事長就任の挨拶
Greetings from President of JASRI

土肥 義治 DOI Yoshiharu

(公財)高輝度光科学研究センター 理事長 President of JASRI

Volume 18, No.3 Page 202pdfDownload PDF (606 KB)
理事長室から −私の応援人生−
Message from President - Supporting Scientists and Engineers –

白川 哲久 SHIRAKAWA Tetsuhisa

(公財)高輝度光科学研究センター 理事長 President of JASRI

Volume 18, No.2 Page 64pdfDownload PDF (133 KB)
理事長室から − 産業利用の今後 −
Message from President - For Successful Continuation of Industrial Applications - 

白川 哲久 SHIRAKAWA Tetsuhisa

(公財)高輝度光科学研究センター 理事長 President of JASRI

Volume 18, No.1 Page 1pdfDownload PDF (161 KB)

1. 最近の研究から/FROM LATEST RESEARCH

Elucidation of Non-heme Iron Enzyme Intermediates Using Nuclear Resonance Vibrational Spectroscopy

Kiyoung Park[1], Shaun D. Wong[1], Martin Srnec[1], Yeonju Kwak[1], Lei V. Liu[1], Caleb B. Bell[1], Yoshitaka Yoda[2], Edward I. Solomon[1*]

[1]Department of Chemistry, Stanford University, [2]Research & Utilization Division, JASRI

Abstract
Mononuclear and binuclear non-heme iron enzymes are found in numerous aerobic organisms and perform an array of different chemistries, which are significant in the development of drugs and industrial catalysts. The goal of this research is to understand mechanisms by which the iron cofactors of these enzymes activate O2 to perform the diverse chemistries. Recently, the first structural elucidation of the key reactive Fe(IV)=O intermediate of a mononuclear non-heme iron enzyme SyrB2 has been achieved by utilizing nuclear resonance vibrational spectroscopy (NRVS), and it has been correlated to the function of the enzyme in combination with density functional theory (DFT) computations. For the similar achievement in elucidating binuclear non-heme iron enzyme intermediates, we also established bases for the NRVS analyses of peroxo-bridged biferric and mono- and di-oxo-bridged high-valent diiron complexes.
Volume 18, No.4 Pages 282 - 286pdfDownload PDF (3 MB)
長期利用課題報告1 放射光単結晶X線構造解析を用いた内包フラーレンの精密構造解析
Long-term Proposal Report 1: Accurate Structure Analysis of Endohedral Metallofullerenes Using Synchrotron X-ray Diffraction

北浦 良 KITAURA Ryo

名古屋大学 大学院理学研究科 Graduate School of Science, Nagoya University

Abstract
 放射光を用いたLi@C60塩の単結晶構造解析によって、C60ケージ内にLi原子が内包されていることを明らかにした。また、Li原子がLi+の状態を取っており、ケージ内におけるLiの位置はアニオンが作る静電場に支配されていることも明らかとした。このことは、外部電場印加によるLi位置のコントロールが可能であることを示唆しており、分子反転を伴わない新たな内包フラーレン分子スイッチとなりうることがわかった。
Volume 18, No.4 Pages 287 - 289pdfDownload PDF (2 MB)
長期利用課題報告2 次世代MISトランジスタ開発に向けた高輝度硬X 線光電子分光分析
Long-term Proposal Report 2: Hard X-ray Photoemission Study of Materials and Process Integration for Advanced MIS Transistors

宮崎 誠一 MIYAZAKI Seiichi

名古屋大学 大学院工学研究科 Graduate School of Engineering, Nagoya University

Abstract
 高度情報化社会を支える半導体集積回路の基本素子であるMISトランジスタの開発において、物理寸法の微細化スケーリングに代わる技術開発、具体的には、新材料・新デバイス構造の導入による高性能化に強い期待が向けられている。ゲルマニウム(Ge)は、従来のシリコン(Si)に比べ、電子・正孔ともにバルク移動度が高く、歪み印加による移動度向上率も高いことから、次世代高移動度チャネル材料として有望視されている。その導入に当たっては、電気的特性と密接に関連するゲート絶縁膜等の材料および界面物性の理解が必須であり、実デバイス内の様々な材料で構成されるナノメートルスケールの多層構造や埋もれた界面を高感度に非破壊で分析可能な硬X線光電子分光(HAXPES)は極めて強力な分析技術である。本研究では、ビームラインBL46XUでのHAXPES分析を通して、Geチャネルを有効活用する上で不可欠となる金属/high-k絶縁膜スタックやコンタクト形成等の要素技術において、化学反応や電子状態の理解を深め、界面反応の精密制御に繋がる知見を得ることに成功した。
Volume 18, No.4 Pages 290 - 295pdfDownload PDF (2 MB)
長期利用課題報告3 放射光X線回折法およびスペクトロスコピーを併用した地球中心部の総合的解明
Long-term Proposal Report 3: Study of the Earth Deep Interior by Using Synchrotron X-ray Diffraction and Spectroscopy

大谷 栄治 OHTANI Eiji

東北大学 大学院理学研究科 Graduate school of Science, Tohoku University

Abstract
 本研究(長期課題番号2009B0028)は、BL10XUにおいて、高温高圧発生技術の開発とともに、放射光メスバウア法を導入し、放射光粉末X線回折と放射光メスバウア法の同時測定を可能にした。現在、100 GPaを超える圧力のもとでルーチンの実験が可能になっている。また、移設可能なポータブルレーザー加熱測温システムを開発し、2000 Kを超える条件での長時間加熱・測温を可能にした。地球の内核を構成すると考えられる鉄、鉄ニッケル珪素合金、鉄ニッケル硫黄合金等の相平衡関係と状態方程式を決定し、内核が軽元素とニッケルを含むhcp構造の合金であることを示した。また、鉄軽元素系の溶融関係を核内部の圧力で決定し、内核境界および核マントル境界の温度を推定した。さらに、高圧で安定な含水鉱物δ相(δ-AlOOH)が、下部マントルの主要構成鉱物であるペロブスカイト相およびポストペロブスカイト相と共存することを示し、プレートの沈み込みにともなって、この鉱物が核マントル境界に水を運ぶことを明らかにした。
Volume 18, No.4 Pages 296 - 299pdfDownload PDF (2 MB)
分子の吸着状態を「記憶」し「消去」する、形状記憶ナノ細孔物質の創成:メゾスコピック領域における特異な現象を発見
Shape-memory Nanoporous Coordination Frameworks

古川 修平 FURUKAWA Shuhei、北川 進 KITAGAWA Susumu

京都大学 物質-細胞統合システム拠点 Institute for Integrated Cell-Material Sciences, Kyoto University

Abstract
 有機物と無機物からなる「多孔性金属錯体」というナノ細孔をもつ結晶性の多孔性材料を用いて、分子の動きに由来する「サイズ効果」を世界で初めて発見した。具体的には、ゲスト分子を取り込む際にナノ細孔の構造を変化させるフレキシブル多孔性金属錯体に注目した。この化合物群は、分子を吸着する前はナノ細孔が閉じており、分子を吸着するとナノ細孔が開く。分子を取り除くとまた閉じた構造に戻る。この化合物の結晶サイズを数十ナノメートル(メゾスコピック領域)まで小さくすると、分子を吸着したナノ細孔が開いた構造から分子を取り除いても閉じた構造に戻らず、開いた構造を「記憶」していることがわかった。また開いた構造を加熱により閉じた構造へ戻すことにも成功した。分子の吸着情報をナノ細孔の構造により「記憶」し「消去」できる形状記憶ナノ細孔を合成することが可能になった。
Volume 18, No.3 Pages 203 - 207pdfDownload PDF (3 MB)
S-SAD法による毒素原性大腸菌(ETEC)由来 線毛構成蛋白質CofAの立体構造決定
Structure of the CFA/III major pilin subunit CofA from human enterotoxigenic Escherichia coli determined at 0.90 Å resolution by sulfur-SAD phasing

河原 一樹 KAWAHARA Kazuki[1]、深草 俊輔 FUKAKUSA Shunsuke[1]、大久保 忠恭 OHKUBO Tadayasu[1]、中村 昇太 NAKAMURA Shota[2]

[1]大阪大学大学院 薬学研究科 Department of Pharmaceutical Sciences, Osaka University、[2]大阪大学 微生物病研究所 Research Institute for Microbial Diseases, Osaka University

Abstract
 毒素原性大腸菌(ETEC)はその病原性を発揮するために、菌体表面上に線毛などを形成し、腸管上皮に定着する必要がある。CofAは、ETECの腸管への定着に関わるCFA/IIIと呼ばれる定着因子の主要線毛構成蛋白質である。本研究において、我々はSPring-8のビームラインBL38B1を使用した放射光実験を行い、蛋白質に内在する硫黄原子の異常分散効果を利用したS-SAD法を適用することで、CofAの結晶構造を0.9 Åの高分解能で解明した。さらに、結晶構造解析で得られたCofAの立体構造情報を基に、分子動力学シミュレーション法を用いてCFA/III線毛モデルの構築を行い、その特徴的な表面構造を明らかにした[1][1] Fukakusa, S., Kawahara, K., Nakamura, S., Iwashita, T., Baba, S. et al.: Structure of the CFA/III major Pilin subunit CofA from human enterotoxigenic Escherichia coli determined at 0.90 rsolution by sulfur-SAD phasing. Acta Cryst. D68 (2012) 1418-1429.
Volume 18, No.3 Pages 208 - 213pdfDownload PDF (3 MB)
Long-term Proposal Report: XMCD Study of Capped ZnO Nanoparticles: The Quest of the Origin of Magnetism

J. Chaboy[1], C. Guglieri[1], M. A. Laguna-Marco[1], N. Carmona[2], E. Céspedes[3], A. Espinosa[3], M. García-Hernández[3], M. A. García[4]

[1]Instituto de Ciencia de Materiales de Aragón, CSIC-Un. Zaragoza, [2]Dpto. Física de Materiales, Un. Complutense de Madrid, [3]Instituto de Ciencia de Materiales de Madrid, CSIC, [4]Instituto de Cerámica y Vidrio, CSIC

Abstract
Discoveries of room-temperature ferromagnetism (RTFM) in diluted magnetic oxides and semiconductors hold great promise in future spintronics technologies. Unfortunately, this ferromagnetism remains poorly understood and the debate concerning the nature of ferromagnetism in semiconducting oxides is still open. Here, we demonstrate by using X-ray absorption (XAS) and X-ray magnetic circular dichroism (XMCD) the intrinsic occurrence of RTFM in these systems and point out that it is not related to the metallic cation but it relays on the conduction band of the semiconductor. We present here direct experimental evidence of the magnetic polarization of Zn atoms in ZnO nanoparticles capped with different organic molecules and on ZnS/ZnO heterostructures. The analysis of both XAS and XMCD spectra indicates the formation of a well defined interface between ZnO and the capping molecule in which the exotic magnetism resides. The occurrence of ferromagnetism does not critically depend on the details of the synthesis but on the formation of a pristine ZnS/ZnO interface. These results provide an avenue to explain the surprising results found in this field, sometimes seemingly irreconcilable, ending the longstanding controversy about the existence of intrinsic RTFM in ZnO-based systems. Moreover, they provide new insights to finally establish the mechanism that sets on the ferromagnetic order in these systems and bringing support to this new route for room-temperature semiconductor spintronics.
Volume 18, No.3 Pages 214 - 222pdfDownload PDF (2 MB)
作動中のリチウムイオン電池の電極/電解質ナノ界面を世界で初めて観察
First In situ Observation on Electrode / Electrolyte Nano-interface of Lithium-ion Batteries

高松 大郊 TAKAMATSU Daiko

京都大学 産官学連携本部/(株)日立製作所 日立研究所 Office of Society-Academia Collaboration for Innovation, Kyoto University / Hitachi Research Laboratory, Hitachi, Ltd.

Abstract
 BL01B1ビームラインにおいて、リチウムイオン二次電池の電極最表面のX線吸収分光(XAS)測定を行いました。パルスレーザー堆積法で白金基板上に作製したLiCoO2薄膜電極に、Co-K吸収端の全反射蛍光XAS(TRF-XAS)を適用することで、電極最表面(3 nm深さ)のCoの化学状態を抽出計測することに成功しました。さらに、充放電制御させながらTRF-XAS測定が可能な実験系を構築し、電池作動環境下でのLiCoO2電極と電解質のナノ界面挙動のその場観察に世界で初めて成功しました。
Volume 18, No.2 Pages 65 - 68pdfDownload PDF (801 KB)
長期利用課題報告 膜輸送体作動機構の結晶学的解明
Long-term Proposal Report: Crystallographic study on the mechanism of membrane transporters

豊島 近 TOYOSHIMA Chikashi

東京大学 分子細胞生物学研究所 Institute of Molecular and Cellular Biosciences, The University of Tokyo

Volume 18, No.2 Pages 69 - 74pdfDownload PDF (3 MB)
二つの超伝導ドームを持つ電子ドープ型鉄系超伝導体LaFeAsO1−x Hx
Two-dome Structure in Electron-doped Iron Arsenide Superconductor LaFeAsO1−x Hx

飯村 壮史 IIMURA Soshi[1]、松石 聡 MATSUISHI Satoru[1]、佐藤 光 SATO Hikaru[1]、半那 拓 HANNA Taku[1]、村場 善行 MURABA Yoshinori[1]、 金 聖雄 KIM Sung Wng[2]、細野 秀雄 HOSONO Hideo[1]

[1]東京工業大学 応用セラミックス研究所 Materials and Structures Laboratory, Tokyo Institute of Technology、[2]Department of Energy Science, Sungkyunkwan University

Abstract
 LaFeAsO1−x Fxはホール面と電子面から構成される二次元フェルミ面を持っており、それらの形状がよく似ているため、これらのポケット間に働く強いネスティング;ある波数に対するフェルミ面の重なり具合、が母相の構造および磁気相転移を誘起する。O2−サイトをFに置換することにより電子ドーピングすると、これらの相転移が抑制され0.05 < x < 0.2において最高でTC = 26 Kの超伝導が発現する。しかし、フッ素の酸素サイトへの固溶量がLaOFの生成によって制限されるために、電子ドーピングによって超伝導が完全に消失する過剰ドーピング領域をこれまで観察できていなかった。そこで我々は新しい電子ドーパントとして水素を用い、この問題の解決を試みた。フッ素の代替として水素を用いることによりx〜0.5まで電子をドープすることに成功し、LaFeAsO1−x Fxに見られていた超伝導ドーム(0.05 < x < 0.20)に加えて0.2 < x < 0.5に最高でTC = 36 Kを示す二つ目のドームを見出した。電子構造計算によれば、xの増加に従いフェルミ面のネスティングは単調に弱くなるが、鉄の三つの3d軌道、dxydyzdzxから成るバンドがx = 0.36において縮退することが分かった。これらの結果から高いTCの発現にはバンド縮退が重要な寄与を果たしていると考えられる。
Volume 18, No.1 Pages 2 - 7pdfDownload PDF (2 MB)
セントロメアの形成に必須なCENP-T-W-S-Xの構造解析
Structural Analysis on CENP-T-W-S-X, Which is Required for Centromere Formation

西野 達哉 NISHINO Tatsuya、深川 竜郎 FUKAGAWA Tatsuo

国立遺伝学研究所 分子遺伝研究部門 Department of Molecular Genetics, National Institute of Genetics

Abstract
 細胞分裂の過程において、紡錘体微小管は染色体上の特殊領域に結合して染色体を娘細胞へと均等に分配する。紡錘体微小管が結合する染色体上の特殊構造はキネトコアと呼ばれ、キネトコアが形成される染色体領域はセントロメアと定義されている。通常、染色体上にセントロメア領域は一カ所だけであるが、その領域はDNA配列の特異性によって規定されていない。しかし、いったん決まったセントロメア領域は、次世代細胞においてもセントロメアとなるので、DNA配列以外のエピジェネティックな機構により、セントロメア領域は規定されていると考えられる。エピジェネティックマーカーとしては、セントロメアに特異的なヒストンであるCENP-Aが注目されている。筆者らは、CENP-Aに加えてセントロメアに特異的なクロマチン構造の構築には、CENP-T-W-S-Xと名付けた複合体が重要であると提唱している。最近、CENP-T-W-S-Xの構造解析に成功し、その構造からセントロメア形成に重要である特異的なクロマチン構造の実体が見えてきた。
Volume 18, No.1 Pages 8 - 13pdfDownload PDF (2 MB)

2. ビームライン/BEAMLINES

クライオアンジュレータの開発
Development and Installation of Cryogenic Permanent Magnet Undulator

備前 輝彦 BIZEN Teruhiko

(公財)高輝度光科学研究センター 光源・光学系部門 Light Source and Optics Division, JASRI

Abstract
  低温下で永久磁石の性質が向上することを利用したクライオアンジュレータのプロトタイプ機を製作し、蓄積リング34セルに設置して電子ビームを用いた熱的な評価試験を行った。その結果、実用上、問題はないことを確認した。本報告書では、クライオアンジュレータの特徴と開発のポイントおよび要素技術について述べる。
Volume 18, No.4 Pages 300 - 304pdfDownload PDF (2 MB)
SACLAの供用開始初年度の運転状況
SACLA Operation Overview in the First FY2012

田中 均 TANAKA Hitoshi

(独)理化学研究所 放射光科学総合研究センター XFEL 研究開発部門 XFEL Research and Development Division, RIKEN

Volume 18, No.3 Pages 223 - 225pdfDownload PDF (1 MB)
レーザー電子光ビームラインⅡ(BL31LEP)稼働
BL31LEP: Laser-Electron Photon Beamline Ⅱ (LEPS2)

村松 憲仁 MURAMATSU Norihito[1]、中野 貴志 NAKANO Takashi[2]、與曽井 優 YOSOI Masaru[2]、依田 哲彦 YORITA Tetsuhiko[2]、石川 貴嗣 ISHIKAWA Takatsugu[1]、宮部 学 MIYABE Manabu[1]

[1]東北大学 電子光理学研究センター Research Center for Electron Photon Science, Tohoku University、[2]大阪大学 核物理研究センター Research Center for Nuclear Physics, Osaka University

Abstract
 30m長直線部ビームラインBL31LEPに新レーザー電子光実験施設LEPS2が完成し、平成25年1月27日にレーザー電子光ビーム生成を初観測した。24 W出力紫外レーザー(波長355 nm)を蓄積リングに入射し、最大2.4 GeVまでのガンマ線ビームを2~5 MHzの強度で生成した。この際、レーザー電子光ビームのエネルギー・スペクトルの測定も行われ、コンプトン端を伴う分布形状が確認された。長直線部の電子ビーム発散角が水平方向で12 µradに抑えられているのに伴い、135 m下流のLEPS2実験棟においてビーム径が標準偏差で10 mm以下程度に絞られていることを確認した。今後、大立体角・高分解能の電磁カロリメーター系及び荷電スペクトロメーター系をLEPS2実験棟内に整備し、体系的に次世代のハドロン物理実験を推進する予定である。
Volume 18, No.2 Pages 75 - 79pdfDownload PDF (3 MB)
先端触媒構造反応リアルタイム計測ビームラインBL36XUの稼働状況
BL36XU: Catalytic Reaction Dynamics for Fuel Cells

宇留賀 朋哉 URUGA Tomoya[1]、関澤 央輝 SEKIZAWA Ouki[1]、唯 美津木 TADA Mizuki[2]、横山 利彦 YOKOYAMA Toshihiko[2]、岩澤 康裕 IWASAWA Yasuhiro[1]

[1]電気通信大学 燃料電池イノベーション研究センター Innovation Research Center for Fuel Cells, The University of Electro-Communications、[2]自然科学研究機構 分子科学研究所 Institute for Molecular Science, Department of Materials Molecular Science

Volume 18, No.1 Pages 14 - 17pdfDownload PDF (775 KB)
産業利用ⅢビームラインBL46XUにおける測定代行の実施について
Measurement Service at Engineering Science Research III Beamline (BL46XU)

本間 徹生 HONMA Tetsuo、陰地 宏 OJI Hiroshi、小金澤 智之 KOGANEZAWA Tomoyuki、佐藤 眞直 SATO Masugu

(公財)高輝度光科学研究センター 産業利用推進室 Industrial Application Division, JASRI

Volume 18, No.1 Pages 18 - 20pdfDownload PDF (612 KB)

3. SACLA通信/SACLA COMMUNICATIONS

2013B期 SACLA利用研究課題の採択について
The SACLA Public Proposals Approved for Beamtime in 2013B Research Term

登録施設利用促進機関 (公財)高輝度光科学研究センター 利用業務部 Registered Institution for Facilities Use Promotion, User Administration Division, JASRI

Volume 18, No.4 Pages 305 - 306pdfDownload PDF (163 KB)
2013A期において実施されたSACLA利用研究課題(共用課題)について
The SACLA Public Proposals and User Statistics in 2013A Research Term

登録施設利用促進機関 (公財)高輝度光科学研究センター 利用業務部 Registered Institution for Facilities Use Promotion, User Administration Division, JASRI

Volume 18, No.4 Page 307pdfDownload PDF (155 KB)
上海で開催された第4回世界加速器会議(IPAC’13)に参加して
Report of IPAC’13(The 4th International Particle Accelerator Conference)

満田 史織 MITSUDA Chikaori、高雄 勝 TAKAO Masaru、大熊 春夫 OHKUMA Haruo

(公財)高輝度光科学研究センター 加速器部門 Accelerator Division, JASRI

Volume 18, No.3 Pages 226 - 229pdfDownload PDF (2 MB)
第13回SPring-8夏の学校を終えて
The 13th SPring-8 Summer School

八木 直人 YAGI Naoto

SPring-8 夏の学校実行委員会 委員長/(公財)高輝度光科学研究センター 利用研究促進部門 Research & Utilization Division, JASRI

Volume 18, No.3 Pages 230 - 232pdfDownload PDF (3 MB)
SACLA利用研究課題審査委員会を終えて
Report on the PRC (Proposal Review Committee) of SACLA

雨宮 慶幸 AMEMIYA Yoshiyuki

SACLA利用研究課題審査委員会 委員長/東京大学大学院 新領域創成科学研究科 Graduate School of Frontier Sciences, The University of Tokyo

Volume 18, No.2 Pages 80 - 81pdfDownload PDF (335 KB)
2013A期 SACLA利用研究課題の採択について
The SACLA Public Proposals Approved for Beamtime in 2013A Research Term

登録施設利用促進機関 (公財)高輝度光科学研究センター 利用業務部 Registered Institution for Facilities Use Promotion, User Administration Division, JASRI

Volume 18, No.2 Pages 82 - 83pdfDownload PDF (169 KB)
2012B期において実施されたSACLA利用研究課題(共用課題)について
The SACLA Public Proposals and User Statistics in 2012B Research Term

登録施設利用促進機関(公財)高輝度光科学研究センター 利用業務部 Registered Institution for Facilities Use Promotion, User Administration Division, JASRI

Volume 18, No.2 Page 84pdfDownload PDF (128 KB)
Multiport CCD検出器の開発
Development of Multiport Charge-Coupled Device Detector

初井 宇記 HATSUI Takaki[1]、亀島 敬 KAMESHIMA Takashi[2]

[1](独)理化学研究所 放射光科学総合研究センター XFEL研究開発部門 XFEL Research and Development Division, RIKEN SPring-8 Center、[2](公財)高輝度光科学研究センター XFEL研究推進室 XFEL Division, JASRI

Abstract
 X線自由電子レーザー施設SACLAでは、大強度のフェムト秒X線レーザーが生成される。SACLAの利用実験では試料をパルス毎に取り換えながら実験を行うこと・X線レーザーのSASEに由来するパルス特性の揺らぎを考慮した実験データ解析を行うことを目的とし、パルスと同期して実験データを取得できるX線2次元検出器システムを開発した。このシステムは現在SACLAの利用実験で供用中であり、最大で4 Mpixelのイメージ領域を持つ検出器が利用可能である。
Volume 18, No.1 Pages 21 - 24pdfDownload PDF (827 KB)

4. 研究会等報告/WORKSHOP AND COMMITTEE REPORT

第14回APS-ESRF-SPring-8三極ミーティング報告
Report on the 14th APS-ESRF-SPring-8 Three-way Meeting

香村 芳樹 KOHMURA Yoshiki[1]、早乙女 光一 SOUTOME Kouichi[2]、大端 通 OHATA Toru[3]、藤原 明比古 FUJIWARA Akihiko[4]

[1](独)理化学研究所 放射光科学総合研究センター ビームライン基盤研究部 Beamline infrastructure Group, Institute of Physical and Chemical Research (RIKEN/SPring-8)、[2](公財)高輝度光科学研究センター 加速器部門 Accelerator Division, JASRI、[3](公財)高輝度光科学研究センター 制御・情報部門 Controls and Computing Division, JASRI、[4](公財)高輝度光科学研究センター 利用研究促進部門 Research & Utilization Division, JASRI

Volume 18, No.4 Pages 308 - 314pdfDownload PDF (815 KB)
第8回三極X線光学ワークショップ
3-way X-ray Optics Workshop VIII

後藤 俊治 GOTO Shunji

(公財)高輝度光科学研究センター 光源・光学系部門 Light Source and Optics Division, JASRI

Volume 18, No.4 Pages 315 - 317pdfDownload PDF (1 MB)
3極ワークショップ:検出器ワークショップ
Three-way Meeting Report: Detector Workshop

初井 宇記 HATSUI Takaki

(独)理化学研究所 放射光科学総合研究センター XFEL Research and Development Division, RIKEN

Volume 18, No.4 Pages 318 - 320pdfDownload PDF (652 KB)
APS-ESRF-SPring-8三極ミーティング2013 User Servicesワークショップ報告
Report on the APS-ESRF-SPring-8 Meeting (3WM2013) User Services Workshop

神辺 圭一 SHINBE Keiichi

(公財)高輝度光科学研究センター 利用業務部 User Administration Division, JASRI

Volume 18, No.4 Pages 321 - 323pdfDownload PDF (726 KB)
第8回非弾性X線散乱国際会議(IXS2013)報告
Conference Report: 8th Conference on Inelastic X-ray Scattering (IXS2013)

平岡 望 HIRAOKA Nozomu

SPring-8 Taiwan beamline office, National Synchrotron Radiation Research Center, Taiwan

Volume 18, No.4 Pages 324 - 325pdfDownload PDF (1 MB)
第10回SPring-8産業利用報告会
The 10th Joint Conference on Industrial Applications of SPring-8

佐野 則道 SANO Norimichi

(公財)高輝度光科学研究センター 産業利用推進室 Industrial Application Division, JASRI

Volume 18, No.4 Pages 326 - 328pdfDownload PDF (2 MB)
SPring-8シンポジウム2013報告
SPring-8 Symposium 2013 Report

久保田 佳基 KUBOTA Yoshiki

SPring-8ユーザー協同体(SPRUC)行事幹事/大阪府立大学大学院 理学系研究科 Graduate School of Science, Osaka Prefecture University

Volume 18, No.4 Pages 329 - 335pdfDownload PDF (3 MB)
2013B第2期(平成25年12月)産業利用ビームラインI、IIおよびIII(BL19B2、 BL14B2およびBL46XU)における利用研究課題の募集について
Second Call for 2013B Proposals for BL19B2, BL14B2 and BL46XU December 2013

登録施設利用促進機関 (公財)高輝度光科学研究センター Registered Institution for Facilities Use Promotion, JASRI

Volume 18, No.3 Pages 233 - 240pdfDownload PDF (874 KB)
2011B期 採択長期利用課題の中間評価について
Interim Review Results of 2011B Long-term Proposals

(公財)高輝度光科学研究センター 利用業務部  User Administration Division, JASRI

Volume 18, No.3 Pages 241 - 242pdfDownload PDF (598 KB)
2009B期 採択長期利用課題の事後評価について -2-
Post-Project Review of Long-term Proposals Starting in 2009B -2-

(公財)高輝度光科学研究センター 利用業務部 User Administration Division, JASRI

Volume 18, No.3 Pages 243 - 244pdfDownload PDF (571 KB)
SPring-8運転・利用状況
SPring-8 Operational Status

(公財)高輝度光科学研究センター 研究調整部 Research Coordination Division, JASRI

Volume 18, No.3 Pages 245 - 246pdfDownload PDF (507 KB)
論文発表の現状
Statistics on Publications Resulting from Work at SPring-8

(公財)高輝度光科学研究センター 利用業務部 User Administration Division, JASRI

Volume 18, No.3 Pages 247 - 250pdfDownload PDF (553 KB)
最近SPring-8もしくはSACLAから発表された成果リスト
List of Recent Publications

(公財)高輝度光科学研究センター 利用業務部 User Administration Division, JASRI

Volume 18, No.3 Pages 251 - 276pdfDownload PDF (939 KB)
SPring-8利用研究成果集WEBサイトの紹介
Introduction of SPring-8 Research Report Web-site

(公財)高輝度光科学研究センター 利用業務部 User Administration Division, JASRI

Volume 18, No.3 Pages 277 - 278pdfDownload PDF (1 MB)
SPring-8ワークショップ「無容器環境が切り拓く新しいガラスサイエンス」機能性材料ナノスケール原子相関研究会報告
SPring-8 Workshop on Nano-scale Atomic-correlation in Functional Materials

紅野 安彦 BENINO Yasuhiko

岡山大学大学院 環境生命科学研究科 Graduate School of Environmental and Life Science, Okayama University

Volume 18, No.2 Pages 85 - 86pdfDownload PDF (999 KB)
第5回SPring-8萌芽的研究アワード/萌芽的研究支援ワークショップ報告
The 5th Workshop on the SPring-8 Budding Researchers Support Program / Winners of Budding Researchers Award

高田 昌樹 TAKATA Masaki

SPring‐8 萌芽的研究アワード審査委員会 委員長 Chair of The SPring-8 Budding Researchers Award Committee

Volume 18, No.1 Pages 25 - 27pdfDownload PDF (408 KB)
AsCA12/CRYSTAL28およびBragg Centennial Symposium報告
Report on “AsCA2012/CRYSTAL28 and the Bragg Symposium”

藤原 明比古 FUJIWARA Akihiko

(公財)高輝度光科学研究センター 利用研究促進部門 Research & Utilization Division, JASRI

Volume 18, No.1 Pages 28 - 31pdfDownload PDF (1 MB)
フロンティアソフトマター開発専用ビームライン産学連合体第2回研究発表会報告
The Report of the 2nd Symposium of Advanced Softmaterial BL Consortium (FSBL 03XU)

山本 勝宏 YAMAMOTO Katsuhiro

フロンティアソフトマター開発専用ビームライン産学連合体 研究連絡協議会世話役/名古屋工業大学大学院 工学研究科 Facilitator of FSBL User Group, Advanced Softmaterial Beamline Consortium / Graduate School of Engineering, Nagoya Insititute of Technology

Volume 18, No.1 Pages 32 - 34pdfDownload PDF (474 KB)

5. SPring-8通信/SPring-8 COMMUNICATIONS

2014A SPring-8利用研究課題募集要項
Call for 2014A SPring-8 Research Proposals – Overview –

登録施設利用促進機関 (公財)高輝度光科学研究センター Registered Institution for Facilities Use Promotion, JASRI

Volume 18, No.4 Pages 336 - 347pdfDownload PDF (538 KB)
2014A SPring-8共用ビームライン利用研究課題(一般課題)の募集について
Call for 2014A General Proposals (excl. industrial application)

登録施設利用促進機関 (公財)高輝度光科学研究センター Registered Institution for Facilities Use Promotion, JASRI

Volume 18, No.4 Pages 348 - 351pdfDownload PDF (331 KB)
2014A 一般課題(産業利用分野)の募集について
Call for 2014A General Proposals for Industrial Application

登録施設利用促進機関 (公財)高輝度光科学研究センター Registered Institution for Facilities Use Promotion, JASRI

Volume 18, No.4 Pages 352 - 356pdfDownload PDF (370 KB)
2014A 産業新分野支援課題の募集について
Call for 2014A New Industrial Area Proposals

登録施設利用促進機関 (公財)高輝度光科学研究センター Registered Institution for Facilities Use Promotion, JASRI

Volume 18, No.4 Pages 357 - 361pdfDownload PDF (360 KB)
2014A スマート放射光活用イノベーション戦略推進課題の募集について
Call for 2014A SR Smart Innovation Proposals

登録施設利用促進機関 (公財)高輝度光科学研究センター Registered Institution for Facilities Use Promotion, JASRI

Volume 18, No.4 Pages 362 - 366pdfDownload PDF (398 KB)
2014A SPring-8における「J-PARC/MLFおよび「京」と連携した利用を行う課題」の募集について
Call for 2014A SPring-8 Research Proposals in Complementary use with J-PARC/MLF and/or the K computer

登録施設利用促進機関 (公財)高輝度光科学研究センター Registered Institution for Facilities Use Promotion, JASRI

Volume 18, No.4 Pages 367 - 370pdfDownload PDF (317 KB)
2014A 萌芽的研究支援課題の募集について
Call for 2014A Budding Researchers Support Proposals

登録施設利用促進機関 (公財)高輝度光科学研究センター Registered Institution for Facilities Use Promotion, JASRI

Volume 18, No.4 Pages 371 - 375pdfDownload PDF (371 KB)
2014A 長期利用課題の募集について
Call for 2014A Long-term Proposals

登録施設利用促進機関 (公財)高輝度光科学研究センター Registered Institution for Facilities Use Promotion, JASRI

Volume 18, No.4 Pages 376 - 379pdfDownload PDF (325 KB)
2014A 成果公開優先利用課題の募集について
Call for 2014A Non-Proprietary Grant-Aided Proposals

登録施設利用促進機関 (公財)高輝度光科学研究センター Registered Institution for Facilities Use Promotion, JASRI

Volume 18, No.4 Pages 380 - 384pdfDownload PDF (371 KB)
第32回(2013B)SPring-8利用研究課題の採択について
The Proposals Approved for Beamtime in the 32nd Research Term 2013B

登録施設利用促進機関 (公財)高輝度光科学研究センター 利用業務部 Registered Institution for Facilities Use Promotion, User Administration Division, JASRI

Volume 18, No.4 Pages 385 - 388pdfDownload PDF (957 KB)
2013B期 採択長期利用課題の紹介
Brief Description of Long-term Proposals Approved for 2013B

(公財)高輝度光科学研究センター 利用業務部 User Administration Division, JASRI

Volume 18, No.4 Pages 389 - 392pdfDownload PDF (637 KB)
第31回共同利用期間(2013A)において実施されたSPring-8利用研究課題
2013A Proposal and User Statistics

登録施設利用促進機関 (公財)高輝度光科学研究センター 利用業務部 Registered Institution for Facilities Use Promotion, User Administration Division, JASRI

Volume 18, No.4 Pages 393 - 397pdfDownload PDF (7 MB)
SPring-8運転・利用状況
SPring-8 Operational Status

(公財)高輝度光科学研究センター 研究調整部 Research Coordination Division, JASRI

Volume 18, No.4 Pages 398 - 399pdfDownload PDF (495 KB)
論文発表の現状
Statistics on Publications Resulting from Work at SPring-8

(公財)高輝度光科学研究センター 利用業務部 User Administration Division, JASRI

Volume 18, No.4 Pages 400 - 403pdfDownload PDF (516 KB)
最近SPring-8もしくはSACLAから発表された成果リスト
List of Recent Publications

(公財)高輝度光科学研究センター 利用業務部 User Administration Division, JASRI

Volume 18, No.4 Pages 404 - 421pdfDownload PDF (872 KB)
SPring-8ユーザー協同体 企画委員会作業部会 「放射光科学将来ビジョン」の活動について
Activity of Synchrotron-science Future Vision Working Group at SPRUC

雨宮 慶幸 AMEMIYA Yoshiyuki[1]、西堀 英治 NISHIBORI Eiji[2]

[1]SPring-8 ユーザー協同体(SPRUC) 会長/東京大学大学院 新領域創成科学研究科 Graduate School of Frontier Sciences, The University of Tokyo、[2]SPRUC 庶務幹事・放射光科学将来ビジョン作業部会担当幹事/(独)理化学研究所 放射光科学総合研究センター RIKEN SPring-8 Center

Volume 18, No.3 Pages 279 - 280pdfDownload PDF (535 KB)
2013B SPring-8利用研究課題募集要項
Call for 2013B SPring-8 Research Proposals - Overview –

登録施設利用促進機関 (公財)高輝度光科学研究センター Registered Institution for Facilities Use Promotion, JASRI

Volume 18, No.2 Pages 87 - 96pdfDownload PDF (541 KB)
2013B SPring-8共用ビームライン利用研究課題(一般課題)の募集について
Call for 2013B General Proposals (excl. industrial application)

登録施設利用促進機関 (公財)高輝度光科学研究センター Registered Institution for Facilities Use Promotion, JASRI

Volume 18, No.2 Pages 97 - 100pdfDownload PDF (352 KB)
2013B SPring-8一般課題(産業利用分野)の募集について
Call for 2013B General Proposals for Industrial Application

登録施設利用促進機関 (公財)高輝度光科学研究センター Registered Institution for Facilities Use Promotion, JASRI

Volume 18, No.2 Pages 101 - 105pdfDownload PDF (378 KB)
2013B 重点産業化促進課題の募集について
Call for 2013B Industry Creation Proposals

登録施設利用促進機関 (公財)高輝度光科学研究センター Registered Institution for Facilities Use Promotion, JASRI

Volume 18, No.2 Pages 106 - 109pdfDownload PDF (395 KB)
2013B 重点グリーン/ライフ・イノベーション推進課題の募集について
Call for 2013B Green/Life Innovation Proposals

登録施設利用促進機関 (公財)高輝度光科学研究センター Registered Institution for Facilities Use Promotion, JASRI

Volume 18, No.2 Pages 110 - 112pdfDownload PDF (373 KB)
2013B SPring-8およびJ-PARC/MLF の相補利用を行う課題の募集について(試行)
Call for 2013B Proposals to be Carried Out Through the Complementary Use of SPring-8 and J-PARC/MLF

登録施設利用促進機関 (公財)高輝度光科学研究センター Registered Institution for Facilities Use Promotion, JASRI

Volume 18, No.2 Pages 113 - 115pdfDownload PDF (323 KB)
2013B 萌芽的研究支援課題の募集について
Call for 2013B Budding Researchers Support Proposals

登録施設利用促進機関 (公財)高輝度光科学研究センター Registered Institution for Facilities Use Promotion, JASRI

Volume 18, No.2 Pages 116 - 119pdfDownload PDF (380 KB)
2013B 長期利用課題の募集について
Call for 2013B Long-term Proposals

登録施設利用促進機関 (公財)高輝度光科学研究センター Registered Institution for Facilities Use Promotion, JASRI

Volume 18, No.2 Pages 120 - 123pdfDownload PDF (337 KB)
2013B 成果公開優先利用課題の募集について
Call for 2013B Non-Proprietary Grant-Aided Proposals

登録施設利用促進機関 (公財)高輝度光科学研究センター Registered Institution for Facilities Use Promotion, JASRI

Volume 18, No.2 Pages 124 - 128pdfDownload PDF (397 KB)
SPring-8利用研究課題審査委員会を終えて
Report on the PRC (Proposal Review Committee) of SPring-8

雨宮 慶幸 AMEMIYA Yoshiyuki

SPring-8利用研究課題審査委員会 委員長/東京大学大学院 新領域創成科学研究科 Graduate School of Frontier Sciences, The University of Tokyo

Volume 18, No.2 Pages 129 - 130pdfDownload PDF (328 KB)
SPring-8利用研究課題審査委員会を終えて 分科会主査報告1 −生命科学分科会−
Proposal Review Committee (PRC) Report by Subcommittee Chair - Life Science –

佐藤 衛 SATO Mamoru

SPring-8利用研究課題審査委員会 生命科学分科会主査/横浜市立大学大学院 生命医科学研究科 Graduate School of Medical Life Science, Yokohama City University

Volume 18, No.2 Pages 131 - 133pdfDownload PDF (338 KB)
SPring-8利用研究課題審査委員会を終えて 分科会主査報告2 −散乱・回折分科会−
Proposal Review Committee (PRC) Report by Subcommittee Chair - Diffraction and Scattering –

佐々木 聡 SASAKI Satoshi

SPring-8利用研究課題審査委員会 散乱・回折分科会主査/東京工業大学 応用セラミックス研究所 Materials and Structures Laboratory, Tokyo Institute of Technology

Volume 18, No.2 Pages 134 - 136pdfDownload PDF (258 KB)
SPring-8利用研究課題審査委員会を終えて 分科会主査報告3 −XAFS・蛍光分析分科会−
Proposal Review Committee (PRC) Report by Subcommittee Chair - XAFS and Fluorescence Analysis –

村松 康司 MURAMATSU Yasuji

SPring-8利用研究課題審査委員会 XAFS・蛍光分析分科会主査/兵庫県立大学大学院 工学研究科 Graduate School of Engineering, University of Hyogo

Volume 18, No.2 Pages 137 - 138pdfDownload PDF (216 KB)
SPring-8利用研究課題審査委員会を終えて 分科会主査報告4 −分光分科会−
Proposal Review Committee (PRC) Report by Subcommittee Chair - Spectroscopy –

吉信 淳 YOSHINOBU Jun

SPring-8利用研究課題審査委員会 分光分科会主査/東京大学 物性研究所 The Institute for Solid State Physics, The University of Tokyo

Volume 18, No.2 Pages 139 - 140pdfDownload PDF (177 KB)

6. 談話室・ユーザー便り/USER LOUNGE・LETTERS FROM SPring-8 USERS

SPring-8シンポジウム2013 パネルディスカッション「SPring-8研究会活動の活性化に向けた研究領域の将来ビジョン」
Digest of Panel Discussion in SPring-8 Symposium 2013 – Future Vision of Research Area for Activation of the SPRUC Research Groups –

中川 敦史 NAKAGAWA Atsushi

SPring-8ユーザー協同体(SPRUC)利用委員会委員長/大阪大学 蛋白質研究所 Institute for Protein Research, Osaka University

Volume 18, No.4 Pages 422 - 423pdfDownload PDF (815 KB)
企画委員会の設置 −ワークするSPRUC を目指して−
Inauguration of Planning Committee in SPRUC - aiming for self-organized SPRUC –

雨宮 慶幸 AMEMIYA Yoshiyuki

SPring-8ユーザー協同体(SPRUC) 会長/東京大学大学院 新領域創成科学研究科 Graduate School of Frontier Sciences, The University of Tokyo

Volume 18, No.2 Page 201pdfDownload PDF (274 KB)
最近のSPring-8関係功績の受賞
SPring-8 Related Achievements
Volume 18, No.1 Pages 59 - 60pdfDownload PDF (190 KB)
「専用ビームライン 中間評価」について
Interim Review Results of Contract Beamlines

(公財)高輝度光科学研究センター 利用業務部 User Administration Division, JASRI

Volume 18, No.1 Page 61pdfDownload PDF (83 KB)
第13回SPring-8夏の学校開催のご案内 -最先端の放射光科学を学ぶ-
SPring-8 Summer School 2013
Volume 18, No.1 Page 62pdfDownload PDF (104 KB)
第21回SPring-8施設公開 -光が導く科学の未来 さくらとエイト!-
Announcement of SPring-8 Open House
Volume 18, No.1 Page 63pdfDownload PDF (273 KB)

その他/MISC

編集委員会
Editorial Board
目次
Table of Contents
表紙
Cover
裏表紙
Back Cover
編集委員会
Editorial Board
目次
Table of Contents
表紙
Cover
裏表紙
Back Cover

その他/MISC

編集委員会
Editorial Board
目次
Table of Contents
表紙
Cover
裏表紙
Back Cover
編集委員会
Editorial Board
目次
Table of Contents
表紙
Cover
裏表紙
Back Cover

PDF一括ダウンロード

SPring-8/SACLA INFORMATION

ISSN 1341-9668 EISSN 2187-4794