Volume 16, No.4

目次 / Table of Contents

November issue 2011

理事長室から -JASRI国際諮問委員会(JIAC 2011)-
Message from President - JASRI International Advisory Committee (JIAC 2011) –

白川 哲久 SHIRAKAWA Tetsuhisa

(財)高輝度光科学研究センター 理事長 President of JASRI

Volume 16, No.4 Page 249pdfDownload PDF (134 KB)

1. 最近の研究から/FROM LATEST RESEARCH

X線マイクロビームを用いた触媒粒子の顕微XAFS構造解析
µ-XAFS Analysis of a Single Catalyst Particle using X-ray µ-Beam

唯 美津木 TADA Mizuki

自然科学研究機構 分子科学研究所 Institute for Molecular Science, National Institutes of Natural Sciences

Abstract
 BL37XUビームラインにおいて、1000 nm × 800 nmのサイズのX線マイクロビームを用い、SiO2基板上に高分散させたNi担持Ce2Zr2Oy酸化物固溶体触媒(NiOx/Ce2Zr2Oy(x = 0-1, y = 7-8))触媒粒子1粒のXAFS測定を行った。2次元顕微蛍光X線分析法(XRF)とNi K吸収端顕微X線吸収微細構造法(XAFS)を組み合わせた解析によって、基板上の触媒粒に対し、触媒活性の異なるNiの2つの酸化状態を捉え、またその局所配位構造を決定することにも成功しました。
Volume 16, No.4 Pages 250 - 254pdfDownload PDF (595 KB)
軽量気泡コンクリート建材の材料評価法の開発 -水熱反応過程のin-situ計測-
Development of Material Characterization Method for Autoclaved Lightweight Aerated Concrete

松野 信也 MATSUNO Shinya

旭化成(株) 基盤技術研究所 Analysis and Simulation Center, Asahi Kasei Corporation

Abstract
 セメント・コンクリートの分野では各種性能を改善する目的で高温高圧の水蒸気を用いた養生が行われている。この反応過程を追跡する目的で、高温高圧XRDによるin-situ計測技術の開発が10数年前から行われてきたが、用いられてきたセルは、金属チューブやガラスキャピラリーをベースとしたものであり、金属チューブ由来の回折線の重なりや、ガラスキャピラリー内の温度・圧力の安定性、なにより反応の再現性が十分でなかった。今回、モノづくりの発想に基づいた独自のその場計測用セルを創作し、セメント・コンクリート系材料の水熱反応過程において、これまでにない高精度in-situ X線回折を実現した。放射光および半導体ピクセル検出器との組み合わせによりセルの性能は最大限に発揮され、従来の研究を大きく凌駕するデータが得られ、ブラックボックスであった結晶性珪酸カルシウム水和物であるトバモライトの詳細な生成メカニズムが明らかになった。
Volume 16, No.4 Pages 255 - 260pdfDownload PDF (2 MB)
ぺロブスカイトBiNiO3におけるサイト間電荷移動と巨大負の熱膨張
Intermetallic Charge Transfer in Perovskite BiNiO3 and Large Negative Thermal Expansion

東 正樹 AZUMA Masaki[1]、島川 祐一 SHIMAKAWA Yuichi[2]、水牧 仁一朗 MIZUMAKI Masaichiro[3]、綿貫 徹 WATANUKI Tetsu[4]

[1]東京工業大学 応用セラミックス研究所 Materials and Structures Laboratory, Tokyo Institute of Technology、 [2]京都大学 化学研究所 Institute for Chemical Research, Kyoto University、[3](財)高輝度光科学研究センター 利用研究促進部門 Research & Utilization Division, JASRI、[4](独)日本原子力研究開発機構 量子ビーム応用研究部門 Quantum Beam Science Directorate, JAEA

Abstract
 BiNiO3は、Bi3+0.5Bi5+0.5Ni2+O3という特徴的な価数状態を持つペロブスカイト酸化物である。圧力下の中性子粉末回折とX線吸収実験によって、加圧、または圧力下で昇温すると、ビスマスイオンとニッケルイオンの間で電荷移動を生じ、格子の収縮を伴った構造相転移を起こす事が明らかになった。ビスマスを一部ランタンで置換して高圧相を安定化したBi0.95La0.05NiO3は、常圧下の昇温によって体積と長さが減少する、負の熱膨張を示す。歪みゲージで測定した熱膨張係数は、αL = −82 × 10-6/Kと、既存の負の熱膨張材料の3倍以上である。
Volume 16, No.4 Pages 261 - 266pdfDownload PDF (865 KB)

2. ビームライン/BEAMLINES

BL33XU 豊田ビームラインの現状
Status of the TOYOTA Beamline: BL33XU

堂前 和彦 DOHMAE Kazuhiko[1]、広瀬 美治 HIROSE Yoshiharu[1]、荒木 暢 ARAKI Tohru[1]、野中 敬正 NONAKA Takamasa[1]、 野崎 洋 NOZAKI Hiroshi[1]、山口 聡 YAMAGUCHI Satoshi[1]、林 雄二郎 HAYASHI Yujiro[1]、妹尾 与志木 SENO Yoshiki[1]、長井 康貴 NAGAI Yasutaka[2]、森 康郎 MORI Yasuro[3]

[1](株)豊田中央研究所 分析研究部 Materials Analysis & Evaluation Division, Toyota Central R&D Labs., Inc.、[2](株)豊田中央研究所 無機材料研究部 Inorganic Materials Division, Toyota Central R&D Labs., Inc.、[3](株)豊田中央研究所 総務部 General Affairs Division, Toyota Central R&D Labs., Inc.

Abstract
 豊田ビームライン(BL33XU)は、2009年4月にコミッショニングを行い、2009B期から利用を開始した。 本ビームラインは実用材料の解析を目的とし、高速XAFS測定を主機能とするビームラインとなっている。 ビームライン建設にあたり、テーパ付アンジュレータやコンパクト分光器等の新しい技術も導入した。本報告では、これらの機能の説明を中心に、豊田ビームラインの現状を報告する。
Volume 16, No.4 Pages 267 - 271pdfDownload PDF (1 MB)

3. 研究会等報告/WORKSHOP AND COMMITTEE REPORT

第2回世界加速器会議(IPAC’11)報告
Report of IPAC ’11 (The 2nd International Particle Accelerator Conference)

満田 史織 MITSUDA Chikaori[1]、大熊 春夫 OHKUMA Haruo[1]、松原 伸一 MATSUBARA Shinichi[2]、田中 均 TANAKA Hitoshi[3]

[1](財)高輝度光科学研究センター 加速器部門 Accelerator Division, JASRI、[2](財)高輝度光科学研究センター XFEL研究推進室 XFEL Division, JASRI、[3](独)理化学研究所 播磨研究所 XFEL研究開発部門 XFEL Research and Development Division, RIKEN

Volume 16, No.4 Pages 272 - 276pdfDownload PDF (453 KB)
第22回国際結晶学会議(IUCr2011)報告
XXII Congress and General Assembly of International Union of Crystallography (IUCr2011)

櫻井 吉晴 SAKURAI Yoshiharu、長谷川 和也 HASEGAWA Kazuya

(財)高輝度光科学研究センター 利用研究促進部門 Research & Utilization Division, JASRI

Volume 16, No.4 Pages 277 - 281pdfDownload PDF (401 KB)
第8回産業利用報告会
The 8th User Report Meeting on SPring-8 Industrial Applications

廣沢 一郎 HIROSAWA Ichiro

(財)高輝度光科学研究センター 産業利用推進室 Industrial Application Division, JASRI

Volume 16, No.4 Pages 282 - 284pdfDownload PDF (264 KB)

4. 利用者懇談会研究会報告/RESEARCH GROUP REPORT (SPring-8 USERS SOCIETY)

文化財研究会第1回講演会
The First Activity Report of Cultural Property Research Group

竹村 モモ子 TAKEMURA Momoko

(財)高輝度光科学研究センター(利用者懇談会 文化財研究会 幹事) Industrial Application Division, JASRI

Volume 16, No.4 Pages 285 - 287pdfDownload PDF (380 KB)

5. SPring-8通信/SPring-8 COMMUNICATIONS

第28回(2011B)利用研究課題の採択について
The Proposals Approved for Beamtime in the 28th Research Term 2011B

登録施設利用促進機関(財)高輝度光科学研究センター Registered Institution for Facilities Use Promotion, JASRI

Volume 16, No.4 Pages 288 - 291pdfDownload PDF (654 KB)
2012A SPring-8利用研究課題募集要項
Call for 2012A SPring-8 Research Proposals – Overview –

登録施設利用促進機関(財)高輝度光科学研究センター Registered Institution for Facilities Use Promotion, JASRI

Volume 16, No.4 Pages 292 - 301pdfDownload PDF (565 KB)
2012A SPring-8共用ビームライン利用研究課題(一般課題)の募集について
Call for 2012A General Proposals (excl. industrial application)

登録施設利用促進機関(財)高輝度光科学研究センター Registered Institution for Facilities Use Promotion, JASRI

Volume 16, No.4 Pages 302 - 305pdfDownload PDF (331 KB)
2012A 一般課題(産業利用分野)の募集について
Call for 2012A General Proposals for Industrial Application

登録施設利用促進機関(財)高輝度光科学研究センター Registered Institution for Facilities Use Promotion, JASRI

Volume 16, No.4 Pages 306 - 309pdfDownload PDF (369 KB)
2012A 重点産業化促進課題の募集について
Call for 2012A Industry Creation Proposals

登録施設利用促進機関(財)高輝度光科学研究センター Registered Institution for Facilities Use Promotion, JASRI

Volume 16, No.4 Pages 310 - 313pdfDownload PDF (328 KB)
2012A 重点グリーン/ライフ・イノベーション推進課題の募集について
Call for 2012A Green/Life Innovation Proposals

登録施設利用促進機関(財)高輝度光科学研究センター Registered Institution for Facilities Use Promotion, JASRI

Volume 16, No.4 Pages 314 - 316pdfDownload PDF (385 KB)
2012A 萌芽的研究支援課題の募集について
Call for 2012A Budding Researchers Support Proposals

登録施設利用促進機関(財)高輝度光科学研究センター Registered Institution for Facilities Use Promotion, JASRI

Volume 16, No.4 Pages 317 - 320pdfDownload PDF (339 KB)
2012A 長期利用課題の募集について
Call for 2012A Long-term Proposals

登録施設利用促進機関(財)高輝度光科学研究センター Registered Institution for Facilities Use Promotion, JASRI

Volume 16, No.4 Pages 321 - 323pdfDownload PDF (202 KB)
2012A 成果公開優先利用課題の募集について
Call for 2012A Non-Proprietary Grant-Aided Proposals

登録施設利用促進機関(財)高輝度光科学研究センター Registered Institution for Facilities Use Promotion, JASRI

Volume 16, No.4 Pages 324 - 327pdfDownload PDF (308 KB)
2011B期 採択長期利用課題の紹介
Brief Description of Long-term Proposals Approved for 2011B

(財)高輝度光科学研究センター 利用業務部 User Administration Division, JASRI

Volume 16, No.4 Pages 328 - 331pdfDownload PDF (325 KB)
SPring-8運転・利用状況
SPring-8 Operational Status

(財)高輝度光科学研究センター 研究調整部 Research Coordination Division, JASRI

Volume 16, No.4 Pages 332 - 333pdfDownload PDF (341 KB)
論文発表の現状
Statistics on Publications Resulting from Work at SPring-8

(財)高輝度光科学研究センター 利用業務部 User Administration Division, JASRI

Volume 16, No.4 Pages 334 - 335pdfDownload PDF (234 KB)
最近SPring-8から発表された成果リスト
List of Recent Publications

(財)高輝度光科学研究センター 利用業務部 User Administration Division, JASRI

Volume 16, No.4 Pages 336 - 352pdfDownload PDF (216 KB)

6. 談話室・ユーザー便り/USER LOUNGE・LETTERS FROM SPring-8 USERS

SPring-8利用者懇談会の改編について
Report on Ongoing Discussion of Reorganization of the SPring-8 Users Community

雨宮 慶幸 AMEMIYA Yoshiyuki

東京大学大学院 新領域創成科学研究科 Graduate School of Frontier Sciences, The University of Tokyo

Volume 16, No.4 Page 353pdfDownload PDF (104 KB)

7. 告知板/ANNOUNCEMENTS

最近のSPring-8関係功績の受賞
SPring-8 Related Achievements
Volume 16, No.4 Pages 354 - 355pdfDownload PDF (201 KB)

その他/MISC

編集委員会
Editorial Board
目次
Table of Contents
表紙
Cover
裏表紙
Back Cover

PDF一括ダウンロード

SPring-8/SACLA INFORMATION

ISSN 1341-9668 EISSN 2187-4794