ページトップへ戻る

Volume 26, No.4

目次 / Table of Contents

Autumn issue 2021

理事長室から 人材育成の原点 -第6期科学技術イノベーション基本計画に期待する-
Message from President Essence of Human Resource Development – Expectation for 6th Science, Technology, and Innovation Basic Plan –

雨宮 慶幸 AMEMIYA Yoshiyuki

(公財)高輝度光科学研究センター 理事長 President of JASRI

Page 340pdfDownload PDF (234 KB)

1. 最近の研究から/FROM LATEST RESEARCH

天体衝突を記録する結晶の生成過程の超高速その場計測
Ultrafast in-situ Measurement of Crystal Structure Transformation during Hypervelocity Collisions of Asteroids

奥地 拓生 OKUCHI Takuo

京都大学 複合原子力科学研究所 Institute for Integrated Radiation and Nuclear Science, Kyoto University

Abstract
 今から46億年前に、誕生したばかりの太陽の周囲で小天体が衝突と合体を繰り返した結果として、地球型の惑星が形成された。これらの小天体では衝撃圧縮による鉱物の結晶構造の相転移が頻繁に起きていたと考えられ、その痕跡である高密度の構造が隕石に残されていた。我々はこの高密度構造の生成の過程を超高速のコマ送り動画の形で計測した。集光した高強度パルスレーザーの結晶への照射によって衝撃圧縮を引き起こし、その直後に同じ場所に集光したフェムト秒X線パルスによって結晶の原子配列の変化を計測した。この実験による衝撃圧縮の開始からわずか数ナノ秒の後に高密度構造が生成した。この速さは従来の見解を覆すものであった。小天体の衝突の際には短時間の圧縮は頻繁に起こるので、速い相転移の記録が隕石や小惑星サンプルリターン試料に残されている可能性は高い。それらを丁寧に探していけば、太陽系の衝突の歴史を具体的に描けるだろう。
Pages 341 - 348pdfDownload PDF (3 MB)
SACLA
(SPRUC 2021 Young Scientist Award受賞 研究報告)
コヒーレントX線を用いたレンズレス時空間階層イメージング法の開発
Development of Coherent X-ray Lens-Less Nanoimaging Method for Visualization of Spatiotemporally Hierarchical Structures in Materials and Devices

高山 裕貴 TAKAYAMA Yuki

兵庫県立大学 大学院理学研究科 Graduate School of Science, University of Hyogo

Abstract
 デバイスや材料のナノメートルからマイクロメートルに亘る空間階層構造と機能特性の相関解明を目指し、コヒーレント回折イメージング(CDI)と呼ばれるレンズレスイメージング法の開発を進めてきた。特にオペランド下や機能環境下でのその場観察に向けて、大気環境下で計測可能な硬X線CDI及びタイコグラフィシステムを兵庫県IDビームラインBL24XUに構築し、電子顕微鏡では観察が難しい湿潤ガスや酸化還元ガス雰囲気下でのミクロンサイズ機能性粒子の構造応答可視化や実用材料の三次元構造解析を産業界ユーザーと共同で進めてきた。更に、機能中の構造動態の可視化に向けて、時分割イメージング法であるマルチショットCDIを独自に開発し、10−100 fpsと従来より100倍以上高い時間分解能での動的ナノイメージングを実現した。
Pages 349 - 355pdfDownload PDF (3 MB)
SPring-8
(SPRUC 2021 Young Scientist Award受賞 研究報告)
GeV光子ビームを用いたハドロン質量起源の探索
Study of the Origin of Hadron Mass using GeV Photon Beam

冨田 夏希 TOMIDA Natsuki

大阪大学 核物理研究センター Research Center for Nuclear Physics, Osaka University

Abstract
 BL31LEP(LEPS2ビームライン)では、GeVエネルギー領域の光子ビームを用いた原子核ハドロン実験を行っている。GeV光子ビームはSPring-8蓄積リングにレーザー光を入射し、8 GeV電子との逆コンプトン散乱により生成している。LEPS2実験棟において2014年から開始したBGOegg実験では、η'中間子をプローブとしたハドロンの質量起源を探る実験が行われている。本報告では、BL31LEPビームラインの紹介、およびハドロンの質量生成機構を探る鍵となるη'中間子−原子核束縛状態探索実験の結果を報告する。
Pages 356 - 359pdfDownload PDF (3 MB)
SPring-8
2016年度指定パートナーユーザー活動報告
強相関電子系分子性物質の赤外顕微イメージング分光による電荷ダイナミクスの研究
Study of Charge Dynamics in Strongly Correlated Electron-Based Molecular Materials by Infrared Micro-Imaging Spectroscopy

佐々木 孝彦 SASAKI Takahiko

東北大学 金属材料研究所 Institute for Materials Research, Tohoku University

Pages 360 - 367pdfDownload PDF (4 MB)
SPring-8
長期利用課題報告1
メガバール超高圧物質科学の展開
Material Science at Mbar Pressure

清水 克哉 SHIMIZU Katsuya

大阪大学 基礎工学研究科附属極限科学センター 超高圧研究部門 KYOKUGEN, Graduate School of Engineering Science, Osaka University

Abstract
 本研究は、メガバール(=1 Mbarは、106気圧=100万気圧)を超える圧力領域の物質科学を新展開させると同時に、これまで為し得なかった物質創造に挑戦する、科学研究費補助金(特別推進研究)「超高圧力下の新物質科学:メガバールケミストリーの開拓」(H26~30)の研究推進に不可欠な超高圧力下の構造科学の推進を目的としている。これは、実験責任者がこれまで発展させてきた高圧力下の物質研究を強化して、超高圧の世界に隠されている新奇物性を解き明かし、新現象や新物質を創成し、革新的な材料開発につながる新しい固体物理の構築につなげることを目指したものである。
Pages 368 - 371pdfDownload PDF (1 MB)
SPring-8
Long-term Proposal Report 2
Identifying Mechanisms to Improve Newborn Respiratory Function using Phase Contrast X-ray Imaging

Stuart B. Hooper[1]、Kelly J. Crossley[1]、Marcus J. Kitchen[2]

[1]The Ritchie Centre, Hudson Institute of Medical Research / Department of Obstetrics and Gynaecology, Monash University、[2]School of Physics and Astronomy, Monash University

Abstract
 The clearance of airway liquid at birth represents a major challenge for newborn infants and must be accomplished within a few minutes of birth to allow the onset of pulmonary gas exchange. While the majority of infants perform this task with remarkable ease, up to 20% of infants require some sort of assistance to make this transition. Phase contrast X-ray imaging studies at SPring-8 have uncovered some of the mysteries behind this process, showing that liquid is cleared from the airways into lung tissue due to pressure gradients generated by inspiration or positive pressure inflations. While the newborn is well adapted to cope with the resulting lung oedema, its capacity to do so is limited. Thus, when airway liquid volumes are high at the onset of air breathing the infant can suffer respiratory distress after birth, which usually develops within 1-2 hours of birth and is 4 times more likely to occur in infants born by caesarean section at or near term. Subsequent studies at SPring-8 have now explained the pathophysiology associated with this form of respiratory distress and shown that it arises from the newborn having a larger than normal volume of liquid present within the airways at the onset of air-breathing. As a result, larger than normal volumes of liquid must be accommodated within lung tissue following lung aeration, which causes excessive pulmonary oedema; the larger the volume, the greater the oedema. This type of pathophysiology is very similar to the pulmonary pathophysiology suffered by patients with a severe COVID-19 infection. As such, improving our understanding of how newborns cope with moderate levels of pulmonary oedema and remove this liquid from lung tissue may improve our understanding of how to treat COVID-19 patients with severe respiratory distress.
Pages 372 - 376pdfDownload PDF (1 MB)
SPring-8

2. 研究会等報告/WORKSHOP AND COMMITTEE REPORT

第25回国際結晶学会議(IUCr2021)報告
Report of IUCr2021 (25th Congress and General Assembly of the International Union of Crystallography)

杉本 邦久 SUGIMOTO Kunihisa

(公財)高輝度光科学研究センター 放射光利用研究基盤センター 回折・散乱推進室 Diffraction and Scattering Division, Center for Synchrotron Radiation Research, JASRI

Pages 377 - 378pdfDownload PDF (347 KB)
SPring-8
第18回SPring-8産業利用報告会
The 18th Joint Conference on Industrial Applications of SPring-8

堂前 和彦 DOHMAE Kazuhiko

(公財)高輝度光科学研究センター 放射光利用研究基盤センター 産業利用基盤開発推進室 Industrial Platform Development Division, Center for Synchrotron Radiation Research, JASRI

Pages 379 - 382pdfDownload PDF (1 MB)
SPring-8
「meV-Resolved Inelastic X-Ray Scattering」会議報告
Report of Workshop on meV-Resolved Inelastic X-ray Scattering

石川 大介 ISHIKAWA Daisuke、内山 裕士 UCHIYAMA Hiroshi、バロン アルフレッド BARON Alfred

(公財)高輝度光科学研究センター 放射光利用研究基盤センター 精密分光推進室 Precision Spectroscopy Division, Center for Synchrotron Radiation Research, JASRI

Pages 383 - 385pdfDownload PDF (384 KB)
SPring-8
「第7回大型実験施設とスーパーコンピュータの連携利用シンポジウム」報告
Report on the 7th Symposium for Cooperative Use of Quantum Beam Facilities and Super Computer

筒井 智嗣 TSUTSUI Satoshi

(公財)高輝度光科学研究センター 放射光利用研究基盤センター 回折・散乱推進室 Diffraction and Scattering Division, Center for Synchrotron Radiation Research, JASRI

Pages 386 - 387pdfDownload PDF (344 KB)
SPring-8
SPring-8シンポジウム2021報告
SPring-8 Symposium 2021 Report

西堀 英治 NISHIBORI Eiji[1]、横谷 尚睦 YOKOYA Takayoshi[2]

[1]SPring-8ユーザー協同体(SPRUC)行事幹事/筑波大学 数理物質系 Faculty of Pure and Applied Sciences, University of Tsukuba、[2]岡山大学 異分野基礎科学研究所 Research Institute for Interdisciplinary Science, Okayama University

Pages 388 - 396pdfDownload PDF (6 MB)
SPring-8SACLA

3. SPring-8/SACLA通信/SPring-8/SACLA COMMUNICATIONS

2022A期 SPring-8利用研究課題募集について
Call for 2022A SPring-8 Research Proposals

登録施設利用促進機関 (公財)高輝度光科学研究センター Registered Institution for Facilities Use Promotion, JASRI

Page 397pdfDownload PDF (278 KB)
SPring-8
第47回(2021B)SPring-8利用研究課題の採択について
The Proposals Approved for Beamtime in the 47th Research Term 2021B

登録施設利用促進機関 (公財)高輝度光科学研究センター 利用推進部 Registered Institution for Facilities Use Promotion, User Administration Division, JASRI

Pages 398 - 402pdfDownload PDF (1 MB)
SPring-8
2021B期 採択長期利用課題の紹介
Brief Description of Long-term Proposals Approved for 2021B

(公財)高輝度光科学研究センター 利用推進部 User Administration Division, JASRI

Pages 403 - 405pdfDownload PDF (403 KB)
SPring-8
第46回共同利用期間(2021A)において実施されたSPring-8利用研究課題
2021A Proposal and User Statistics

登録施設利用促進機関 (公財)高輝度光科学研究センター 利用推進部 Registered Institution for Facilities Use Promotion, User Administration Division, JASRI

Pages 406 - 410pdfDownload PDF (2 MB)
SPring-8
2016年度指定パートナーユーザー事後評価報告
Post-Project Review of Partner Users Designated in FY2016

(公財)高輝度光科学研究センター 利用推進部 User Administration Division, JASRI

Page 411pdfDownload PDF (266 KB)
SPring-8
2018A期 採択長期利用課題の事後評価について – 3 –
Post-Project Review of Long-term Proposals Starting in 2018A -3-

(公財)高輝度光科学研究センター 利用推進部 User Administration Division, JASRI

Pages 412 - 413pdfDownload PDF (337 KB)
SPring-8
2021A期において実施されたSACLA利用研究課題(共用課題)について
The SACLA Public Proposals and User Statistics in 2021A Research Term

登録施設利用促進機関 (公財)高輝度光科学研究センター 利用推進部 Registered Institution for Facilities Use Promotion, User Administration Division, JASRI

Page 414pdfDownload PDF (217 KB)
SACLA
SPring-8運転・利用状況
SPring-8 Operational Status

(国)理化学研究所 放射光科学研究センター RIKEN SPring-8 Center

Pages 415 - 417pdfDownload PDF (311 KB)
SPring-8
論文発表の現状
Statistics on Publications Resulting from Work at SPring-8/SACLA

(公財)高輝度光科学研究センター 利用推進部 User Administration Division, JASRI

Pages 418 - 421pdfDownload PDF (538 KB)
SPring-8SACLA
最近SPring-8もしくはSACLAから発表された成果リスト
List of Recent Publications

(公財)高輝度光科学研究センター 利用推進部 User Administration Division, JASRI

Pages 422 - 442pdfDownload PDF (995 KB)
SPring-8SACLA
2021A期におけるSPring-8/SACLAユーザー要望等について
SPring-8/SACLA User Requests in 2021A

登録施設利用促進機関 (公財)高輝度光科学研究センター 利用推進部 Registered Institution for Facilities Use Promotion, User Administration Division, JASRI

Pages 443 - 444pdfDownload PDF (2 MB)
SPring-8SACLA
HAXPESビームラインBL09XUの性能
Present Status of HAXPES Beamline BL09XU

保井 晃 YASUI Akira、髙木 康多 TAKAGI Yasumasa

(公財)高輝度光科学研究センター 放射光利用研究基盤センター 分光推進室 Spectroscopy Division, Center for Synchrotron Radiation Research, JASRI

Pages 445 - 447pdfDownload PDF (758 KB)
SPring-8
BL20B2への多層膜分光器の導入
Installing a Multilayer Monochromator at BL20B2

上杉 健太朗 UESUGI Kentaro、星野 真人 HOSHINO Masato

(公財)高輝度光科学研究センター 放射光利用研究基盤センター 散乱・イメージング推進室 Scattering and Imaging Division, Center for Synchrotron Radiation Research, JASRI

Pages 448 - 449pdfDownload PDF (837 KB)
SPring-8
核共鳴散乱を利用した実験のBL35XU移転によるアップグレードとコミッショニング
Upgrade of Nuclear Resonant Scattering by the Move to BL35XU and its Commissioning

依田 芳卓 YODA Yoshitaka、永澤 延元 NAGASAWA Nobumoto、バロン アルフレッド BARON Alfred

(公財)高輝度光科学研究センター 放射光利用研究基盤センター 精密分光推進室 Precision Spectroscopy Division, Center for Synchrotron Radiation Research, JASRI

Pages 450 - 451pdfDownload PDF (599 KB)
SPring-8
利用系活動報告
放射光利用研究基盤センター タンパク質結晶解析推進室 測定技術開発チーム
Activity Reports – Experimental Instrumentation Team, Protein Crystal Analysis Division

長谷川 和也 HASEGAWA Kazuya

(公財)高輝度光科学研究センター 放射光利用研究基盤センター タンパク質結晶解析推進室 Protein Crystal Analysis Division, Center for Synchrotron Radiation Research, JASRI

Pages 452 - 455pdfDownload PDF (2 MB)
SPring-8

4. 談話室・ユーザー便り/USER LOUNGE・LETTERS FROM USERS

SPring-8ユーザー協同体(SPRUC)四季報
SPRUC Communications

木村 昭夫 KIMURA Akio

SPring-8ユーザー協同体(SPRUC)会長/広島大学 大学院先進理工系科学研究科 Graduate School of Advanced Science and Engineering, Hiroshima University

Pages 456 - 457pdfDownload PDF (316 KB)
SPring-8

その他/MISC

編集委員会
Editorial Board
pdfDownload PDF (405 KB)
目次
Table of Contents
pdfDownload PDF (667 KB)
表紙
Cover
pdfDownload PDF (4 MB)
裏表紙
Back Cover
pdfDownload PDF (26 MB)

Print ISSN 1341-9668
[ - Vol.15 No.4(2010)]
Online ISSN 2187-4794
PDF一括ダウンロード