Volume 19, No.1

目次 / Table of Contents

February issue 2014

理事長室から -SPring-8利用研究成果の論文分析-
Message from President – Bibliometrical Analysis of Research Papers Published by SPring-8 Users –

土肥 義治 DOI Yoshiharu

(公財)高輝度光科学研究センター 理事長 President of JASRI

Volume 19, No.1 Page 1[ダウンロードが見つかりません]

1. 最近の研究から/FROM LATEST RESEARCH

Anomalous Ground State of the Electrons in Nano-confined Water

Aniruddha Deb[1*], George F. Reiter[2], Yoshiharu Sakurai[3], Masayoshi Itou[3], Veena G. Krishnan[4], Stephen J. Paddison[4]

[1]Department of Chemistry, University of Michigan, [2]Physics Department, University of Houston, [3]Research & Utilization Division, JASRI, [4]Department of Chemical and Biomolecular Engineering, University of Tennessee

Abstract
Water under nano-confinement is known to exhibit different properties from that of bulk water. Recent neutron scattering investigations showed that the proton momentum distribution is qualitatively different from that of the bulk water for water confined on a scale of 20 Å. Since the confining potential for the protons is due to the electrons, the electronic ground state of nano-confined water should also be anomalous. X-ray Compton scattering, which probes the ground state of a system, was utilized to understand the ground state configuration of the valence electrons of a particular nano-confined water system, Nafion, a proton exchange membrane (PEM) used in fuel cells. The results showed, for the first time, that the electrons are in a different quantum state from that of bulk water. This difference cannot be explained by empirical models based on weakly interacting molecules. The separation of elements of biological cells is about 20 Å, therefore we would expect the functioning of the cells to be determined by the properties of this nano-confined state.
Volume 19, No.1 Pages 2 - 6pdfDownload PDF ()
長期利用課題報告1 ナノドット相変化材料のピコ秒レーザ誘起結晶化観察 -次世代光ストレージ開発を目指して-
Long-term Proposal Report 1: Picosecond Laser-Induced Crystallization of Nanodot Phase-Change Material – toward development of next generation optical storage –

山田 昇 YAMADA Noboru

京都大学 大学院工学研究科 Department of Materials, Science & Engineering, Kyoto University

Abstract
 「プラズモニック近接場光」を記録再生光源、「ナノドット相変化材料」をメモリ層とする次世代の高速・高密度光記録を目指して、相変化材料Ge10Sb90のナノドットアレイを作製し、そのレーザ誘起結晶化過程を観測した。ビームラインBL40XUのポンププローブ法による時分割X線回折(XRD)と反射率変化測定の結果、直径・高さ50 nmのGe10Sb90アモルファスナノドットは、300ピコ秒の近赤外レーザ照射に誘起されて結晶化し反射率増大を示すことが確認され、また、励起→結晶化の遅延時間は層構成の工夫により15~20 nsまで短縮された。これらの結果は、相変化ナノドットが、高密度・高速次世代光記録に適用可能なポテンシャルを有することを示す。
Volume 19, No.1 Pages 7 - 11pdfDownload PDF ()
Long-term Proposal Report 2: Nuclear Resonance Vibrational Spectroscopy (NRVS) of Iron-Based Enzymes for Hydrogen Metabolism, Nitrogen Fixation, Small Molecule Sensing, DNA Repair, Photosynthesis, and Iron Storage

Stephen P. Cramer[1,2], Hongxin Wang[1,2], Christie Dapper[3], William E. Newton[3], Hideaki Ogata[4], Wolfgang Lubitz[4], Jon M. Kuchenreuther[5], James R. Swartz[5], Nick LeBrun[6], Yoshitaka Yoda[7]

[1]Department of Chemistry, University of California - Davis, [2]Physical Biosciences Division, Lawrence Berkeley Laboratory, [3]Department of Biochemistry, Virginia Polytechnic Institute, [4]Max-Planck-Institut für Chemische Energiekonversion, [5]Department of Chemical Engineering, Stanford University, [6]School of Chemistry, University of East Anglia, [7]Research & Utilization Division, JASRI

Volume 19, No.1 Pages 12 - 17[ダウンロードが見つかりません]

2. SACLA通信/SACLA COMMUNICATIONS

SACLAにおける2色レーザー発振
Two-color XFEL Operation at SACLA

原 徹 HARA Toru

(独)理化学研究所 放射光科学総合研究センター XFEL研究開発部門 XFEL Research and Development Division, RIKEN

Abstract
 XFELは波長可変性と横方向のコヒーレンスに加え、フェムト秒の短パルス性、100 GWレベルの高ピークパワーを兼ね備えており、超高速現象や反応過程を動的に精度よく観察するには最適なX線光源である。2色XFELでは、シケインを挟んでアンジュレータを2つのセクションに分割し、各セクションで異なる波長でレーザーを発振させ、2つのX線パルスを生成する。各セクションのK値を調整することで2波長とも可変であり、2パルス間の時間差はシケインで電子ビームを遅延させることにより高精度で調整することができる。同じ電子ビームから2つのパルスを生成するため、2パルス間の時間ジッターはほとんどなく、X線ポンプX線プローブ実験など2色XFELを用いた新しい実験手法の開拓が期待される。
Volume 19, No.1 Pages 18 - 21[ダウンロードが見つかりません]
SACLAのイメージングデータ解析の現状
Current Status of Development of CDI and SFX at SACLA

城地 保昌 JOTI Yasumasa

(公財)高輝度光科学研究センター XFEL利用研究推進室 XFEL Utilization Division, JASRI

Abstract
 X線自由電子レーザーは、大強度のフェムト秒X線レーザーパルスを発生できる新しい高輝度光源である。X線自由電子レーザー施設SACLAでは、供用開始から約2年間、物理、化学、生物、材料科学など様々な分野で利用研究の開拓が進められてきた。本稿では、SACLAにおけるコヒーレント回折イメージング解析とシリアルフェムト秒結晶構造解析の現状を紹介する。併せて、これらのSACLA利用実験のデータ収集および解析の共通基盤システムの現状を紹介する。
Volume 19, No.1 Pages 22 - 26[ダウンロードが見つかりません]

3. 研究会等報告/WORKSHOP AND COMMITTEE REPORT

International Conference on Biology and Synchrotron Radiation(BSR2013)会議報告
Report on the International Conference on Biology and Synchrotron Radiation (BSR2013)

長谷川 和也 HASEGAWA Kazuya、星野 真人 HOSHINO Masato

(公財)高輝度光科学研究センター 利用研究促進部門 Research & Utilization Division, JASRI

Volume 19, No.1 Pages 27 - 32pdfDownload PDF ()
14th International Conference on Accelerator and Large Experimental Physics Control Systems(ICALEPCS2013)報告
Report on the 14th International Conference on Accelerator and Large Experimental Physics Control Systems

山下 明広 YAMASHITA Akihiro

(公財)高輝度光科学研究センター 制御・情報部門 Controls and Computing Division, JASRI

Volume 19, No.1 Pages 33 - 36pdfDownload PDF ()
第6回SPring-8萌芽的研究アワード/萌芽的研究支援ワークショップ報告
The 6th Workshop on the SPring-8 Budding Researchers Support Program / Winners of Budding Researchers Award

高田 昌樹 TAKATA Masaki

SPring-8萌芽的研究アワード審査委員会 委員長 Chair of The SPring-8 Budding Researchers Award Committee

Volume 19, No.1 Pages 37 - 39[ダウンロードが見つかりません]

4. SPring-8通信/SPring-8 COMMUNICATIONS

2012A期 採択長期利用課題の中間評価について
Interim Review Results of 2012A Long-term Proposals

(公財)高輝度光科学研究センター 利用業務部 User Administration Division, JASRI

Volume 19, No.1 Pages 40 - 41[ダウンロードが見つかりません]
2010A期 採択長期利用課題の事後評価について
Post-Project Review of Long-term Proposals Starting in 2010A

(公財)高輝度光科学研究センター 利用業務部 User Administration Division, JASRI

Volume 19, No.1 Pages 42 - 43pdfDownload PDF ()
2010B期 採択長期利用課題の事後評価について
Post-Project Review of Long-term Proposals Starting in 2010B

(公財)高輝度光科学研究センター 利用業務部 User Administration Division, JASRI

Volume 19, No.1 Pages 44 - 45pdfDownload PDF ()
SPring-8運転・利用状況
SPring-8 Operational Status

(公財)高輝度光科学研究センター 研究調整部 Research Coordination Division, JASRI

Volume 19, No.1 Pages 46 - 47pdfDownload PDF ()
論文発表の現状
Statistics on Publications Resulting from Work at SPring-8

(公財)高輝度光科学研究センター 利用業務部 User Administration Division, JASRI

Volume 19, No.1 Pages 48 - 51[ダウンロードが見つかりません]
最近SPring-8もしくはSACLAから発表された成果リスト
List of Recent Publications

(公財)高輝度光科学研究センター 利用業務部 User Administration Division, JASRI

Volume 19, No.1 Pages 52 - 73[ダウンロードが見つかりません]
SPring-8利用研究成果の論文分析2013 -年間論文数と論文被引用状況-
Statistical Analysis on Publications and Citations at SPring-8 2013

(公財)高輝度光科学研究センター 利用業務部 User Administration Division, JASRI

Volume 19, No.1 Pages 74 - 78[ダウンロードが見つかりません]

5. 談話室・ユーザー便り/USER LOUNGE・LETTERS FROM SPring-8 USERS

SPring-8ユーザー協同体(SPRUC)活動報告
SPRUC Activity Reports

西堀 英治 NISHIBORI Eiji

SPring-8ユーザー協同体(SPRUC)庶務幹事/(独)理化学研究所 放射光科学総合研究センター RIKEN SPring-8 Center, RIKEN

Volume 19, No.1 Page 79[ダウンロードが見つかりません]

6. 告知板/ANNOUNCEMENTS

「専用ビームライン 中間評価」について
Interim Review Results of Contract Beamlines

(公財)高輝度光科学研究センター 利用業務部 User Administration Division, JASRI

Volume 19, No.1 Pages 80 - 86pdfDownload PDF ()
第22回SPring-8施設公開のご案内
Announcement of SPring-8 Open House
第14回SPring-8夏の学校 開催のご案内 -最先端の放射光科学を学ぶ-
SPring-8 Summer School 2014

その他/MISC

編集委員会
Editorial Board
Volume 19, No.1 [ダウンロードが見つかりません]
目次
Table of Contents
Volume 19, No.1 [ダウンロードが見つかりません]
表紙
Cover
Volume 19, No.1 [ダウンロードが見つかりません]
裏表紙
Back Cover
Volume 19, No.1 [ダウンロードが見つかりません]

PDF一括ダウンロード

SPring-8/SACLA INFORMATION

ISSN 1341-9668 EISSN 2187-4794