ページトップへ戻る

Volume 23(2018)

目次 / Table of Contents
理事長室から −科学技術の実践指針 “Think globally, act locally”−
Message from President – A Guideline on Social Applications of Advanced Technology “Think globally, act locally” –

土肥 義治 DOI Yoshiharu

(公財)高輝度光科学研究センター 理事長 President of JASRI

Page 201pdfDownload PDF (257 KB)
理事長室から -創造的科学研究における直観と暗黙知の役割-
Message from President – Role of Intuition and Tacit Knowledge for Scientific Research –

土肥 義治 DOI Yoshiharu

(公財)高輝度光科学研究センター 理事長 President of JASRI

Page 92pdfDownload PDF (173 KB)
理事長室から -学際研究にて知る日本人の起源と混成構造-
Message from President – Origin and Structure of the Japanese People and Language Elucidated by Interdisciplinary Research –

土肥 義治 DOI Yoshiharu

(公財)高輝度光科学研究センター 理事長 President of JASRI

Page 1pdfDownload PDF (262 KB)

1. 最近の研究から/FROM LATEST RESEARCH

長期利用課題報告1
ナノX線顕微分光法を利用した分子環境地球化学的アプローチによるサステナブル科学の推進
Development of Sustainable Science by Molecular Geochemistry Approach using Advanced Nano X-ray Spectroscopy

高橋 嘉夫 TAKAHASHI Yoshio

東京大学大学院 理学系研究科 Graduate School of Science, The University of Tokyo

Abstract
 SPring-8において利用可能な幅広いエネルギー範囲での大強度なX線光源を利用したX線分光法は、環境試料中の様々な元素の挙動とその影響の解明(環境化学)や有用元素の濃集過程の解明(資源化学)に寄与する。特にX線分光による原子・分子レベルの化学的素過程の解明は、個々の原子の性質に基づく物質循環の理解や、それに基づく環境影響の将来予測に大きく貢献する。ここでは、関連試料へのX線分光の利用の基盤技術(試料調製、X線分光の高度化、試料損傷低減への工夫など)を開発すると共に、サステナブル社会の実現に寄与する大気化学、資源化学、土壌化学などの分野での最新の研究にこれらを応用することで、応用上の実際的な問題を解決すると共に、この分野における放射光X線分光法の有用性を示した。
Pages 202 - 209pdfDownload PDF (2 MB)
SPring-8
長期利用課題報告2
ゲノム編集ツールCas9エンドヌクレアーゼのX線結晶構造
Crystallographic Analysis of CRISPR-Cas Genome Editor Nucleases

西増 弘志 NISHIMASU Hiroshi、濡木 理 NUREKI Osamu

東京大学大学院 理学系研究科 Graduate School of Science, The University of Tokyo

Abstract
 原核生物のもつCRISPR-Cas獲得免疫機構に関与するRNA依存性DNAヌクレアーゼCas9はガイドRNAと相補的な2本鎖DNAを選択的に切断する性質をもつ。近年、Cas9を利用したゲノム編集技術は基礎研究から臨床応用にいたる幅広い分野において急速に普及した。本長期利用課題では異なる細菌に由来する多様なCRISPR-Cas酵素の結晶構造を決定し、そのRNA依存性DNA切断機構を原子レベルで明らかにすることに成功した。さらに、構造情報を基にした新規のゲノム編集ツールの開発にも成功した。
Pages 210 - 214pdfDownload PDF (2 MB)
SPring-8
長期利用課題報告3
巨大球状金属錯体の自己集合と単結晶X線構造解析
Self-Assembly of Giant Molecular Complexes and Their Single Crystal X-ray Diffraction Analysis

藤田 大士 FUJITA Daishi、藤田 誠 FUJITA Makoto

東京大学大学院 工学系研究科 Graduate School of Engineering, The University of Tokyo

Abstract
 複数の分子が自律的に複合体を形成し、高次構造を構築する現象を「自己集合」と呼ぶ。自然界では、例えばウイルスのカプシド構造に代表されるように、数百成分のサブユニットが関わる高度な自己集合の例が多数存在する。しかし人工系における分子の自己集合は、未だその足元にすら及んでいない。我々は、自然界の自己集合系に少しでも迫るため、多成分系の自己集合の方法論や設計指針の確立を目指す研究を行ってきた。先長期利用課題[1][1] 課題番号:2015A0120~2017B0120(BL38B1)、2016A0129~2017B0129(BL41XU)においては、単結晶X線構造解析によって得られた予想外の自己集合構造から、数学的な規則性を見出すことにより、多成分系における分子自己集合の新たな設計指針を見出すことができた。
Pages 215 - 218pdfDownload PDF (2 MB)
SPring-8
Long-term Proposal Report 4
Magnetic Compton Scattering Studies of Electronic Structure and Spin and Orbital Moments in High Magnetic Fields

Jonathan Duffy[1], Daniel O’Neill[1], Stephen Dugdale[2], Sean Giblin[3], Jonathan Taylor[4]

[1]Department of Physics, University of Warwick, [2]H. H. Wills Physics Laboratory, University of Bristol, [3]School of Physics and Astronomy, Cardiff University, [4]DMSC - European Spallation Source

Abstract
 We report on our recent long term project at SPring-8 to perform magnetic Compton scattering studies exploiting our "Spectromag" cryomagnet on beamline BL08W. Magnetic Compton scattering probes the ground state spin density in magnetic materials, and via interpretation with electronic structure calculations can reveal details about the underlying physics. The cryomagnet enables a sample environment with magnetic fields up to 9 T and temperatures down to 1.5 K. Our project combined refinement of the experimental technique as we try to measure more difficult materials, such as small crystals or those with small magnetic moments. In this article, we will demonstrate the value of magnetic Compton scattering, with some examples of our recent long term project research performed using our magnet on BL08W, including studies of the magnetism in the quantum critical system Sr3Ru2O7 and in the iridate system Nd2Ir2O7.
Pages 219 - 222pdfDownload PDF (503 KB)
SPring-8
Long-term Proposal Report 5
Laryngeal Function: Supporting the Transition from a Fetus to Spontaneously Breathing Newborn using Phase Contrast X-ray Imaging

Erin V. McGillick[1,2], Jessica R. Crawshaw[1,2], Emily J. Phillips[1,2], Stuart B. Hooper[1,2], Marcus J. Kitchen[3]

[1]The Ritchie Centre, Hudson Institute of Medical Research, [2]Department of Obstetrics and Gynaecology, Monash University, [3]School of Physics and Astronomy, Monash University

Abstract
 Premature newborns commonly receive non-invasive respiratory support, such as continuous positive airway pressure (CPAP), delivered by a face mask in the delivery room. This requires the infant to breathe for itself, but if it does not, positive pressure ventilation (PPV) is applied. However, this approach has a high failure rate, necessitating premature newborns to be invasively intubated and mechanically ventilated. Importantly, CPAP has been implemented into clinical practice without any understanding for how it interacts with the changing physiology at birth.
 Before birth, the fetus closes its larynx when it is not making breathing movements (is apneic), which blocks anything from entering or leaving the lungs, and only opens the larynx when it makes breathing movements. We hypothesised, if the newborn is not breathing, it will close its larynx and prevent air from entering the lung. Using phase contrast X-ray imaging, we imaged the larynx of premature newborn rabbits to determine whether the fetal pattern of larynx closure persists after birth. We showed that immediately after birth the larynx is predominantly closed and only opens during a breath, preventing PPV from ventilating the lung. Once the newborn had aerated its lungs and established a stable breathing pattern, the larynx remained predominantly open, allowing PPV to ventilate the lung. These findings provided first understanding for why CPAP can fail in premature newborns in the delivery room.
 To understand why the larynx switches from mostly closed into a predominantly open state after birth, we investigated the role of oxygenation. We showed that hypoxia is a potent inhibitor of spontaneous breathing and causes the larynx to close, whereas oxygen stimulates breathing and opens the larynx. Our ongoing work is aimed at generating the evidence required to target interventions that improve the success of non-invasive respiratory support for premature newborns in the delivery room.
Pages 223 - 226pdfDownload PDF (2 MB)
SPring-8
放射光を用いた金属材料の凝固・相変態のその場観察
In-situ Observation for Solidification and Phase Transformation of Metallic Materials using Synchrotron Radiation

小溝 裕一 KOMIZO Yu-ichi

(公財)高輝度光科学研究センター 産業利用推進室 Industrial Application Division, JASRI

Abstract
 放射光の極めて高い輝度、指向性、単色性を利用することにより、回折データを高時間分解能で記録することが可能となり、溶接中の凝固、変態、析出挙動がその場で観察できる。また、高輝度X線を利用すると、金属内部の透過が可能であり、イメージング技術を用いて金属の溶融・凝固過程を直接観察することもできる。
 ここでは、放射光を用いた金属材料の凝固・相変態のその場観察に関する研究成果を紹介する。
Pages 93 - 99pdfDownload PDF (3 MB)
SPring-8
専用ビームラインの研究から ~BL33LEP(大阪大学核物理研究センター)~
φ中間子光生成反応
φ Photoproduction at SPring-8/LEPS

水谷 圭吾 MIZUTANI Keigo[1]、平岩 聡彦 HIRAIWA Toshihiko[2]

[1]京都大学 大学院理学研究科 Graduate School of Science, Kyoto University、[2]大阪大学 核物理研究センター Research Center for Nuclear Physics, Osaka University

Abstract
 SPring-8/LEPSグループは、レーザー電子光ビーム(ガンマ線ビーム)を用いてφ中間子の光生成反応を系統的に研究している。φ中間子光生成機構を解明するためには高い偏極度を持つ直線偏光ガンマ線ビームを用いた崩壊角分布測定が有用であり、LEPSビームライン(BL33LEP)は高偏極測定が可能な世界的にユニークな研究施設である。本稿では最近解析が終了した入射ガンマ線エネルギーEγ = 1.5−2.9 GeVにおける陽子標的からのφ中間子光生成反応、およびEγ = 1.7−2.4 GeVにおけるヘリウム4標的からのコヒーレントφ中間子光生成反応を紹介する。
Pages 100 - 104pdfDownload PDF (1 MB)
SPring-8
2014年度指定パートナーユーザー活動報告
極細X線ビームを使った超高圧高温下の物性測定
Materials Property Measurements Under Ultrahigh Pressure and Temperature using Ultrafine X-ray Beam

廣瀬 敬 HIROSE Kei

東京工業大学 地球生命研究所 Earth-Life Science Institute, Tokyo Institute of Technology

Pages 105 - 109pdfDownload PDF (786 KB)
SPring-8
専用ビームラインの研究から ~BL16B2/16XU(産業用専用ビームライン建設利用共同体)~
IoT市場向け強誘電体メモリにおけるPLZT薄膜の結晶化メカニズム
Crystallization Mechanism of PLZT Thin Film in Ferroelectric Memory for IoT Market

野村 健二 NOMURA Kenji[1]、王 文生 WANG Wensheng[2]、山口 秀史 YAMAGUCHI Hideshi[1]、中村 亘 NAKAMURA Ko[2]、恵下 隆 ESHITA Takashi[2]、彦坂 幸信 HIKOSAKA Yukinobu[2]、片岡 祐治 KATAOKA Yuji[1]

[1](株)富士通研究所 デバイス&マテリアル研究所 Devices & Materials Laboratory, Fujitsu Laboratories Ltd.、[2]富士通セミコンダクター(株) システムメモリカンパニー System Memory Company, Fujitsu Semiconductor Ltd.

Abstract
 強誘電体La-doped Pb(Zr,Ti)O3薄膜を用いたIoTエッジデバイス用メモリ技術を確立することに成功した。その開発において、我々は、La-doped Pb(Zr,Ti)O3の結晶化アニール時に、Arに2%のO2を含ませた雰囲気とすることで、分極特性の向上を通じて強誘電体メモリの製造歩留りが大きく向上することを見出した。結晶構造解析を行った結果、最適なO2; 2%では膜表面のランダム配向結晶が消失していることが明らかになった。その消失理由を明らかにするために、Ar/O2濃度比による結晶成長過程の違いを調べた結果、準安定パイロクロア相から安定ペロブスカイト相への相転移速度が、Ar雰囲気では速くO2雰囲気では遅いことが明らかになった。最適なO2; 2%では、膜表面から供給されたO2により、膜厚方向にO2濃度分布が生じた結果、膜表面のランダム配向結晶の形成が抑制され、下部電極から成長する配向成分のみが優先的に形成されたと考えられる。
Pages 2 - 7pdfDownload PDF (1 MB)
SPring-8
(SPRUC 2017 Young Scientist Award受賞 研究報告)
放射光分光による電圧スピントロニクスデバイスの研究
Voltage Spintronics Devices Studied by Synchrotron X-ray Spectroscopy

三輪 真嗣 MIWA Shinji

大阪大学 大学院基礎工学研究科 Graduate School of Engineering Science, Osaka University

Abstract
 ナノ磁性体を含有するスピントロニクスデバイスは磁化方向により電気抵抗を変える磁気抵抗効果を示す。この効果は既にハードディスクドライブの磁場センサーとして応用され、記録素子応用へ向けた研究開発も盛んに行われている。最近では、より省エネルギー化を目指した素子開発が行われており、電流を流さずに電圧をかけて磁性体表面を帯電させるだけで磁化反転を行う研究が行われている。本研究ではこの電圧効果の起源を解明するために、L10-FePt/MgOトンネル接合を用いてPt吸収端のX線磁気円二色性分光を行った。その結果、印加電圧に対応してPt原子のTz項(電気四極子並びに原子内部のスピン密度非対称性に由来する項)が変化することを見出した。理論解析からは誘起されたTz項がスピン反転励起を通じて、系の磁気異方性エネルギーを大きく変えることがわかった。本稿では強磁性金属薄膜における電圧誘起磁気異方性変化及びその微視的物理描像を紹介する。
Pages 8 - 13pdfDownload PDF (1 MB)
SPring-8
(SPRUC 2017 Young Scientist Award受賞 研究報告)
放射光X線で探る地球深部:地球の核組成の制約に向けて
Study for Earth’s Interior using Synchrotron X-ray : Constraints on Earth’s Inner Core Composition

坂巻 竜也 SAKAMAKI Tatsuya

東北大学 大学院理学研究科 Graduate School of Science, Tohoku University

Abstract
 地球の最中心に位置する内核の化学組成を推定することは、地球の形成・進化を解明する上で極めて重要である。本研究では、X線非弾性散乱のビームライン内にレーザー加熱システムを構築し、ダイヤモンドアンビル高圧発生装置と組み合わせることで、地球内部を再現した高温高圧条件下での地球核の主成分である鉄の音速測定に成功した。本実験結果と地球物理的観測を比較、また地球化学的見地を踏まえることで、地球内核中には水素・珪素・硫黄が含まれている可能性が高いことを明らかにした。
Pages 14 - 17pdfDownload PDF (3 MB)
SPring-8
長期利用課題報告1
次世代エンジン開発へのX線光学技法の適用:超高速燃料噴霧の形成メカニズム解明及び理論モデル構築
Application of X-ray Optical Techniques for Development of Next-Generation Engines: Unraveling the Spray Formation Mechanism and Development of Universal Spray Models

文 石洙 MOON Seoksu

(国)産業技術総合研究所 省エネルギー研究部門 Research Institute for Energy Conservation, National Institute of Advanced Industrial Science and Technology

Abstract
 SPring8のBL40XUで行われた本長期利用課題(2014B0111~2017A0111)において、地球温暖化の抑制に資するエンジン超高効率に貢献することを目指し、これまで光学技法では計測できなかった高圧燃料噴射ノズル内部および近傍流動の詳細解析を行った。3年の研究期間で、ノズル内部および近傍流動の定量解析を可能とする新たなX線計測技法を開発しつつ、燃料噴霧の形成を支配する様々な物理因子の影響に関する新たな知見と理論モデルを研究社会に提示してきた。本稿では、これまで構築してきた代表的なX線噴霧計測技法と、評価可能なノズル内部および近傍流動の計測項目について紹介する。また、X線噴霧計測技法から生み出された研究成果と産業技術開発への貢献について紹介する。
Pages 18 - 22pdfDownload PDF (1 MB)
SPring-8
長期利用課題報告2
メガバール超高圧物質科学の展開
Frontier Study of Material Science at Mbar Pressure

清水 克哉 SHIMIZU Katsuya

大阪大学 基礎工学研究科附属極限科学センター 超高圧研究部門 Center for Science and Technology under Extreme Conditions, Graduate School of Engineering Science, Osaka University

Abstract
 本研究は、メガバール(= 1 Mbarは、106気圧 = 100 GPa)を超える高圧力の領域における物質科学を新展開させ、それによりこれまで為し得なかった物質創造に挑戦することを目指したものである。メガバールの超高圧力は、物質内の原子間隔を単純に縮めることによる効果にとどまらず、電子軌道を変化させ、その結果ネットワークを組み替え、物性を大きく変化させる。このような操作はいわば、「超高圧化学」=「メガバールケミストリー」とよべる圧力の領域といえる。本研究は、このような超高圧力下における物質科学を、科学研究費補助金(特別推進研究)「超高圧力下の新物質科学:メガバールケミストリーの開拓」(H26~30)の援助を得て、長期利用課題(課題番号:2014B0112~2017A0112)を通じて展開したものである。
Pages 23 - 26pdfDownload PDF (1,003 KB)
SPring-8

2. 研究会等報告/WORKSHOP AND COMMITTEE REPORT

第17回APS-ESRF-SPring-8-DESY三極ワークショップ報告
Report on the 17th APS-ESRF-SPring-8-DESY Three-way Meeting

後藤 俊治 GOTO Shunji[1]、井上 伊知郎 INOUE Ichiro[2]、玉作 賢治 TAMASAKU Kenji[2]、矢橋 牧名 YABASHI Makina[3]

[1](公財)高輝度光科学研究センター 光源基盤部門 Light Source Division, JASRI、[2](国)理化学研究所 放射光科学研究センター XFEL研究開発部門 XFEL Research and Development Division, RIKEN SPring-8 Center、[3](公財)高輝度光科学研究センター XFEL利用研究推進室 XFEL Utilization Division, JASRI

Pages 227 - 232pdfDownload PDF (623 KB)
SPring-8
三極X線光学ワークショップ報告
Report on 3-way X-ray Optics Workshop (3WXOW) XI

大橋 治彦 OHASHI Haruhiko

(公財)高輝度光科学研究センター 光源基盤部門 Light Source Division, JASRI

Pages 233 - 237pdfDownload PDF (614 KB)
SPring-8
第13回放射光装置技術国際会議(SRI2018)報告
The 13th International Conference on Synchrotron Radiation Instrumentation (SRI2018) Report

仙波 泰徳 SENBA Yasunori[1]、安田 伸広 YASUDA Nobuhiro[2]、小谷 佳範 KOTANI Yoshinori[2]、馬場 清喜 BABA Seiki[3]、井上 伊知郎 INOUE Ichiro[4]、大坂 泰斗 OSAKA Taito[4]

[1](公財)高輝度光科学研究センター 光源基盤部門 Light Source Division, JASRI、[2](公財)高輝度光科学研究センター 利用研究促進部門 Research & Utilization Division, JASRI、[3](公財)高輝度光科学研究センター タンパク質結晶解析推進室 Protein Crystal Analysis Division, JASRI、[4](国)理化学研究所 放射光科学研究センター XFEL研究開発部門 XFEL Research and Development Division, RIKEN SPring-8 Center

Pages 238 - 245pdfDownload PDF (2 MB)
SPring-8
第18回SPring-8夏の学校を終えて
The 18th SPring-8 Summer School

八木 直人 YAGI Naoto

SPring-8夏の学校実行委員会 委員長 SPring-8 Summer School Executive Committee, Chair

Pages 246 - 249pdfDownload PDF (2 MB)
SPring-8
共用ビームラインにおける計測技術の高性能化の状況 -検出器の点から-
Performance Improvements of Measurement Techniques at Public Beamlines from the Viewpoint of X-ray Detectors

今井 康彦 IMAI Yasuhiko[1]、杉本 邦久 SUGIMOTO Kunihisa[1]、肥後 祐司 HIGO Yuji[1]、尾原 幸治 OHARA Koji[1]、安田 伸広 YASUDA Nobuhiro[1]、太田 昇 OHTA Noboru[1]、宇留賀 朋哉 URUGA Tomoya[1]、佐藤 眞直 SATO Masugu[2]

[1](公財)高輝度光科学研究センター 利用研究促進部門 Research & Utilization Division, JASRI、[2](公財)高輝度光科学研究センター 産業利用推進室 Industrial Application Division, JASRI

Abstract
 近年の放射光用半導体X線検出器の発展は著しく、正に十年一昔という言葉が相応しい。世界に目を向けると、大型施設だけでなく中規模・低エミッタンスの放射光施設においても、独自の検出器開発と平行して、コマーシャルベースの高性能検出器を導入し、一部ではSPring-8を上回るクオリティのデータが得られ始めている。供用開始から20年が経過したSPring-8では、その競争力を世界の最先端に保ち、利用成果を最大化していくために、検出器の点からも高性能化を図っていくことが求められている。平成29年度、国立研究開発法人理化学研究所からの幾つかの特別な予算によって、5本の共用ビームライン(BL02B1、BL04B1、BL04B2(BL08W)、BL40XU、BL40B2)に市販の高性能検出器を導入し、計測技術の高性能化を実現した。現在、2018A期からの利用実験へ提供すべく、立上げを進めている状況にある。本稿では、それぞれのビームラインで進めている高性能化の方向、導入した検出器によって実現される展開について紹介する。また、BL46XUにおいて老朽化していた大型検出器の更新も行ったので合わせて紹介している。利用者による新たな研究のキッカケとなれば幸いである。
Pages 110 - 120pdfDownload PDF (4 MB)
SPring-8
24th International Congress on X-ray Optics and Microanalysis(ICXOM24)報告
Conference Report on 24th International Congress on X-ray Optics and Microanalysis (ICXOM24)

今井 康彦 IMAI Yasuhiko

(公財)高輝度光科学研究センター 利用研究促進部門 Research & Utilization Division, JASRI

Pages 27 - 31pdfDownload PDF (1 MB)
SPring-8
9th International Workshop on Infrared Microscopy and Spectroscopy using Accelerator-based Sources(WIRMS)2017報告
Report on WIRMS2017

池本 夕佳 IKEMOTO Yuka

(公財)高輝度光科学研究センター 利用研究促進部門 Research & Utilization Division, JASRI

Pages 32 - 34pdfDownload PDF (330 KB)
SPring-8
第16回加速器と大規模物理実験制御システムに関する国際会議(ICALEPCS2017)報告
Report on ICALEPCS2017 (The16th International Conference on Accelerator and Large Experimental Physics Control Systems)

増田 剛正 MASUDA Takemasa[1]、岡田 謙介 OKADA Kensuke[1]、松本 崇博 MATSUMOTO Takahiro[2]

[1](公財)高輝度光科学研究センター 光源基盤部門 Light Source Division, JASRI、[2](公財)高輝度光科学研究センター 情報処理推進室 Information-technology Promotion Division, JASRI

Pages 35 - 38pdfDownload PDF (712 KB)
SPring-8

3. SPring-8/SACLA通信/SPring-8/SACLA COMMUNICATIONS

2015A期 採択長期利用課題の事後評価について – 1 –
Post-Project Review of Long-term Proposals Starting in 2015A -1-

(公財)高輝度光科学研究センター 利用推進部 User Administration Division, JASRI

Pages 250 - 253pdfDownload PDF (357 KB)
SPring-8
2016A期 採択長期利用課題の事後評価について – 1 –
Post-Project Review of Long-term Proposals Starting in 2016A -1-

(公財)高輝度光科学研究センター 利用推進部 User Administration Division, JASRI

Pages 254 - 255pdfDownload PDF (229 KB)
SPring-8
SPring-8運転・利用状況
SPring-8 Operational Status

(国)理化学研究所 放射光科学研究センター RIKEN SPring-8 Center

Pages 256 - 257pdfDownload PDF (205 KB)
SPring-8
論文発表の現状
Statistics on Publications Resulting from Work at SPring-8

(公財)高輝度光科学研究センター 利用推進部 User Administration Division, JASRI

Pages 258 - 261pdfDownload PDF (363 KB)
SPring-8SACLA
最近SPring-8もしくはSACLAから発表された成果リスト
List of Recent Publications

(公財)高輝度光科学研究センター 利用推進部 User Administration Division, JASRI

Pages 262 - 284pdfDownload PDF (839 KB)
SPring-8SACLA
SPring-8/SACLA研究成果公表 論文サイテーション数調査 -2018-
Statistical Analysis on Publications and Citations at SPring-8/SACLA 2018

(公財)高輝度光科学研究センター 利用推進部 User Administration Division, JASRI

Pages 285 - 289pdfDownload PDF (723 KB)
SPring-8SACLA
SPring-8/SACLA有償利用料収入の実績 有償利用:成果専有と公開優先
The Revenue Results of the Fees for Beamline Use of SPring-8/SACLA / Fees for Beamline Use: Beamtime Fees for Proprietary Research & Program Fees for Non-Proprietary Grant Aided Proposal

(公財)高輝度光科学研究センター 利用推進部 User Administration Division, JASRI

Pages 290 - 292pdfDownload PDF (876 KB)
SPring-8SACLA
「専用ビームラインの再契約」について
Renewal of Contract Beamline Agreement

(公財)高輝度光科学研究センター 利用推進部 User Administration Division, JASRI

Pages 293 - 300pdfDownload PDF (466 KB)
SPring-8
2018B期 SPring-8利用研究課題募集について
Call for 2018B SPring-8 Research Proposals

登録施設利用促進機関 (公財)高輝度光科学研究センター Registered Institution for Facilities Use Promotion, JASRI

Page 121pdfDownload PDF (213 KB)
SPring-8
2018B期 SACLA利用研究課題の募集について
Call for 2018B SACLA Research Proposals

登録施設利用促進機関 (公財)高輝度光科学研究センター Registered Institution for Facilities Use Promotion, JASRI

Pages 122 - 123pdfDownload PDF (269 KB)
SACLA
第41回(2018A)SPring-8利用研究課題の採択について
The Proposals Approved for Beamtime in the 41th Research Term 2018A

登録施設利用促進機関 (公財)高輝度光科学研究センター 利用推進部 Registered Institution for Facilities Use Promotion, User Administration Division, JASRI

Pages 124 - 128pdfDownload PDF (868 KB)
SPring-8
2018年度に指定期間が延長されたパートナーユーザーの紹介
The Duration of the Designation Period of Partner Users Extended in FY2018

(公財)高輝度光科学研究センター 利用推進部 User Administration Division, JASRI

Pages 129 - 130pdfDownload PDF (268 KB)
SPring-8
2018A期 採択長期利用課題の紹介
Brief Description of Long-term Proposals Approved for 2018A

(公財)高輝度光科学研究センター 利用推進部 User Administration Division, JASRI

Pages 131 - 140pdfDownload PDF (531 KB)
SPring-8
第40回共同利用期間(2017B)において実施されたSPring-8利用研究課題
2017B Proposal and User Statistics

登録施設利用促進機関 (公財)高輝度光科学研究センター 利用推進部 Registered Institution for Facilities Use Promotion, User Administration Division, JASRI

Pages 141 - 146pdfDownload PDF (1 MB)
SPring-8
2014年度指定パートナーユーザー事後評価報告
Post-Project Review of Partner Users Designated in FY2014

(公財)高輝度光科学研究センター 利用推進部 User Administration Division, JASRI

Page 147pdfDownload PDF (239 KB)
SPring-8
2018A期 SACLA利用研究課題の採択について
The SACLA Public Proposals Approved for Beamtime in 2018A Research Term

登録施設利用促進機関 (公財)高輝度光科学研究センター 利用推進部 Registered Institution for Facilities Use Promotion, User Administration Division, JASRI

Pages 148 - 149pdfDownload PDF (241 KB)
SACLA
2017B期において実施されたSACLA利用研究課題(共用課題)について
The SACLA Public Proposals and User Statistics in 2017B Research Term

登録施設利用促進機関 (公財)高輝度光科学研究センター 利用推進部 Registered Institution for Facilities Use Promotion, User Administration Division, JASRI

Page 150pdfDownload PDF (153 KB)
SACLA
SPring-8運転・利用状況
SPring-8 Operational Status

(国)理化学研究所 放射光科学研究センター RIKEN SPring-8 Center

Pages 151 - 152pdfDownload PDF (209 KB)
SPring-8
論文発表の現状
Statistics on Publications Resulting from Work at SPring-8

(公財)高輝度光科学研究センター 利用推進部 User Administration Division, JASRI

Pages 153 - 156pdfDownload PDF (361 KB)
SPring-8SACLA
最近SPring-8もしくはSACLAから発表された成果リスト
List of Recent Publications

(公財)高輝度光科学研究センター 利用推進部 User Administration Division, JASRI

Pages 157 - 185pdfDownload PDF (966 KB)
SPring-8SACLA
2017B期におけるSPring-8/SACLAユーザー要望等について
SPring-8/SACLA User Requests in 2017B

登録施設利用促進機関 (公財)高輝度光科学研究センター 利用推進部 Registered Institution for Facilities Use Promotion, User Administration Division, JASRI

Pages 186 - 187pdfDownload PDF (745 KB)
SPring-8SACLA
2014B期 採択長期利用課題の事後評価について – 1 –
Post-Project Review of Long-term Proposals Starting in 2014B -1-

(公財)高輝度光科学研究センター 利用推進部 User Administration Division, JASRI

Pages 43 - 44pdfDownload PDF (310 KB)
SPring-8
SPring-8運転・利用状況
SPring-8 Operational Status

(国)理化学研究所 放射光科学総合研究センター RIKEN SPring-8 Center

Pages 45 - 46pdfDownload PDF (203 KB)
SPring-8
論文発表の現状
Statistics on Publications Resulting from Work at SPring-8

(公財)高輝度光科学研究センター 利用推進部 User Administration Division, JASRI

Pages 47 - 50pdfDownload PDF (364 KB)
SPring-8SACLA
最近SPring-8もしくはSACLAから発表された成果リスト
List of Recent Publications

(公財)高輝度光科学研究センター 利用推進部 User Administration Division, JASRI

Pages 51 - 75pdfDownload PDF (826 KB)
SPring-8SACLA
「専用ビームライン 中間評価と再契約等」について
Interim Review Results of Contract Beamlines and Renewal of Agreements

(公財)高輝度光科学研究センター 利用推進部 User Administration Division, JASRI

Pages 76 - 80pdfDownload PDF (407 KB)
SPring-8
SACLAステータスレポートについて
Status of SACLA

(公財)高輝度光科学研究センター 利用推進部 User Administration Division, JASRI

Page 81pdfDownload PDF (136 KB)
SACLA

4. 告知板/ANNOUNCEMENTS

SPring-8シンポジウム2018 動き出した「将来への取り組み」
SPring-8 Symposium 2018
Page 301pdfDownload PDF (1 MB)
SPring-8SACLA
第2回SPring-8秋の学校 開催のご案内
SPring-8 Autumn School 2018
Page 302pdfDownload PDF (135 KB)
SPring-8
CCP4 School and Workshop 2018 at SPring-8
Page 303pdfDownload PDF (195 KB)
SPring-8SACLA
JASRI-NSRRC交換研修プログラム参加報告
Report on JASRI-NSRRC Staff Interchange Program

大河内 拓雄 OHKOCHI Takuo

(公財)高輝度光科学研究センター 利用研究促進部門 Research & Utilization Division, JASRI

Pages 188 - 192pdfDownload PDF (3 MB)
SPring-8
Diamond Light Sourceにおける放射光実験を通じて
My Experiments in Diamond Light Source

稲葉 理美 INABA Satomi

(公財)高輝度光科学研究センター 利用研究促進部門 Research & Utilization Division, JASRI

Pages 193 - 196pdfDownload PDF (3 MB)
SPring-8
SPring-8ユーザー協同体(SPRUC)会長に就任して
Inauguration Address from the President of SPRUC

水木 純一郎 MIZUKI Jun'ichiro

SPring-8ユーザー協同体(SPRUC)会長/関西学院大学 理工学部 School of Science and Technology, Kwansei Gakuin University

Pages 197 - 198pdfDownload PDF (699 KB)
SPring-8
SPring-8ユーザー協同体(SPRUC)活動報告
SPRUC Activity Reports

杉本 宏 SUGIMOTO Hiroshi

SPring-8ユーザー協同体(SPRUC)庶務幹事/(国)理化学研究所 放射光科学総合研究センター RIKEN SPring-8 Center

Pages 82 - 83pdfDownload PDF (318 KB)
SPring-8
ヨーロッパ高輝度放射光施設訪問
Visiting Report on High Brilliant Synchrotron Radiation Facilities in Europe

木下 豊彦 KINOSHITA Toyohiko

(公財)高輝度光科学研究センター 利用推進部(兼)利用研究促進部門 User Administration / Research & Utilization Division, JASRI

Pages 84 - 90pdfDownload PDF (4 MB)
SPring-8

5. 告知板/ANNOUNCEMENTS

「SPRUC 2018 Young Scientist Award」の実施について
SPRUC 2018 Young Scientist Award – Call for Nominations –
Page 199pdfDownload PDF (212 KB)
SPring-8
SPring-8シンポジウム2018 動き出した「将来への取り組み」
SPring-8 Symposium 2018
Page 200pdfDownload PDF (1 MB)
SPring-8
第26回SPring-8/SACLA施設公開のご案内
Announcement of SPring-8 & SACLA Open House
Page 91pdfDownload PDF (595 KB)
SPring-8SACLA

その他/MISC

編集委員会
Editorial Board
pdfDownload PDF (693 KB)
目次
Table of Contents
pdfDownload PDF (594 KB)
表紙
Cover
pdfDownload PDF (4 MB)
裏表紙
Back Cover
pdfDownload PDF (14 MB)
編集委員会
Editorial Board
pdfDownload PDF (694 KB)
目次
Table of Contents
pdfDownload PDF (591 KB)
表紙
Cover
pdfDownload PDF (4 MB)
裏表紙
Back Cover
pdfDownload PDF (8 MB)
編集委員会
Editorial Board
pdfDownload PDF (789 KB)
目次
Table of Contents
pdfDownload PDF (607 KB)
表紙
Cover
pdfDownload PDF (4 MB)
裏表紙
Back Cover
pdfDownload PDF (8 MB)

Print ISSN 1341-9668
[ - Vol.15 No.4(2010)]
Online ISSN 2187-4794