Volume 12, No.1

目次 / Table of Contents

January issue 2007

新年ご挨拶
New Year’s Greeting

川上 哲郎 KAWAKAMI Tetsurou

財団法人高輝度光科学研究センター 会長 Chairman of JASRI

1. SPring-8の現状/PRESENT STATUS OF SPring-8

JASRI国際諮問委員会(JIAC 2006)報告
JASRI International Advisory Council 2006

(財)高輝度光科学研究センター 研究調整部 Research Coordination Division, JASRI

Volume 12, No.1 Pages 2 - 8pdfDownload PDF ()
第17回共同利用期間(2006A)において実施された利用研究課題
The Experiments in the 17th Research Period (2006A) at the Public Beamlines of SPring-8

(財)高輝度光科学研究センター 利用業務部 User Administration Division, JASRI

Volume 12, No.1 Pages 9 - 25pdfDownload PDF ()
2003Bおよび2004A採択長期利用課題中間評価について
Interim Review of 2003B and 2004A Long-term Proposals

(財)高輝度光科学研究センター 利用業務部 User Administration Division, JASRI

Volume 12, No.1 Pages 26 - 28pdfDownload PDF ()
「2003A期、2003B期実施開始の長期利用課題の事後評価」について
Post-Project Review of 2003A and 2003B Long-term Proposals

(財)高輝度光科学研究センター 利用業務部 User Administration Division, JASRI

Volume 12, No.1 Pages 29 - 32pdfDownload PDF ()
SPring-8運転・利用状況
SPring-8 Operational Status

(財)高輝度光科学研究センター 研究調整部 Research Coordination Division, JASRI

Volume 12, No.1 Pages 33 - 34pdfDownload PDF ()
論文発表の現状
Statistics on Publications Resulting from Work at SPring-8

(財)高輝度光科学研究センター 利用業務部 User Administration Division, JASRI

Volume 12, No.1 Pages 35 - 36pdfDownload PDF ()
最近SPring-8から発表された成果リスト
List of Recent Publications

(財)高輝度光科学研究センター 利用業務部 User Administration Division, JASRI

Volume 12, No.1 Pages 37 - 44pdfDownload PDF ()

2. 最近の研究から/FROM LATEST RESEARCH

「単元素バルク金属ガラス」はまぼろしだった 〜Zr、Ti の高温高圧下における非晶質化の検証
〜 Phantom of the Elemental Bulk Metallic Glass ~ Verification of High-Pressure Formation of Amorphous Zr and Ti ~

服部 高典 HATTORI Takanori[1]、齋藤 寛之 SAITOH Hiroyuki[1]、内海 渉 UTSUMI Wataru[1]、青木 勝敏  AOKI Katsutoshi[1]、金子 洋 KANEKO Hiroshi[2]、岡島 由佳 OKAJIMA Yuka[2]

[1](独)日本原子力研究開発機構 量子ビーム応用研究部門 Quantum Beam Science Directorate, JAEA、[2]スプリングエイトサービス(株)  SPring-8 Service Co., Ltd.

Volume 12, No.1 Pages 45 - 50pdfDownload PDF ()

3. 研究会等報告/WORKSHOP AND COMMITTEE REPORT

ソフト界面科学研究会の現状報告
Activity of the Research Group for Soft Interface Science by SR

荒殿 誠 ARATONO Makoto[1]、飯村 兼一 IIMURA Ken-ichi[2]

[1]九州大学大学院 理学研究院化学部門 Department of Chemistry, Faculty of Science, Kyushu University、[2]宇都宮大学 工学部 Graduate School of Engineering, Utsunomiya University

Volume 12, No.1 Pages 51 -55pdfDownload PDF ()
高分子科学研究会の活動
Activity Report of Polymer Science Research Group

田代 孝二 TASHIRO Kohji[1]、山口 登 YAMAGUCHI Noboru[2]

[1]豊田工業大学大学院 工学研究科 Graduate School of Engineering, Toyota Technological Institute、[2]住友化学(株) 石油化学品研究所 Petrochemicals Research Laboratory, Sumitomo Chemical Co., Ltd.

Volume 12, No.1 Pages 56 - 62pdfDownload PDF ()
第10回SPring-8シンポジウム報告
Report of The 10th SPring-8 Symposium

舟越 賢一 FUNAKOSHI Kenichi

(財)高輝度光科学研究センター 利用研究促進部門 Research & Utilization Division, JASRI

Volume 12, No.1 Pages63 - 65pdfDownload PDF ()

4. 告知板/ANNOUNCEMENTS

2006年におけるSPring-8関係功績の主な受賞
Award-winning Achievements on SPring-8 in 2006
Volume 12, No.1 Pages 67 - 73pdfDownload PDF ()
2006年の刊行物の発行について
SPring-8 Publication in 2006
「SPring-8利用者情報Vol.11(2006年発行)」バックナンバーの紹介
Back Numbers “SPring-8 Information Vol.11”
Volume 12, No.1 Pages 75 - 77pdfDownload PDF ()
「SPring-8利用者情報」送付先登録票
“SPring-8 Information” Subscription Request Form

その他/MISC

目次
Table of Contents
編集委員会
Editorial Board
表紙
Cover
裏表紙
Back Cover
PDF一括ダウンロード

SPring-8/SACLA INFORMATION

ISSN 1341-9668 EISSN 2187-4794