ページトップへ戻る

Volume 23, No.3 Pages 285 - 289

3. SPring-8/SACLA通信/SPring-8/SACLA COMMUNICATIONS

SPring-8/SACLA研究成果公表 論文サイテーション数調査 -2018-
Statistical Analysis on Publications and Citations at SPring-8/SACLA 2018

(公財)高輝度光科学研究センター 利用推進部 User Administration Division, JASRI

pdfDownload PDF (723 KB)
SPring-8 SACLA

 

1. SPring-8/SACLA利用研究者が発表した論文の総数と被引用数

●集計対象論文:SPring-8/SACLA成果登録DBに登録された成果中、サイテーション値の取得が可能な論文について集計した。

調査日:2018/04/01
SPring-8 1994-2018*2(総累積) 2007-2017(11年間累積) 2016(2年経過値)
累積
論文数
累積
被引用数
平均
被引用数
累積
論文数
累積
被引用数
平均
被引用数
年間
総論文数
累積
被引用数
平均
被引用数
全SPring-8[net]*1 11835 259101 21.9 8545 145628 17.0 910 4087 4.5
共用BL*3*5 8325 187193 22.5 6080 109978 18.1 626 3038 4.9
専用BL*3*4 2643 50029 18.9 2059 28537 13.9 245 897 3.7
理研BL*3 1528 44788 29.3 1006 19811 19.7 116 426 3.7
その他(技術開発等) 152 1989 13.1 24 85 3.5 2 1 0.5
SACLA 2008-2018*2(総累積) 2016(2年経過値)
累積
論文数
累積
被引用数
平均
被引用数
年間
総論文数
累積
被引用数
平均
被引用数
全SACLA[net]*1 273 5366 19.7 49 335 6.8
BL3 144 3406 23.7 38 305 8.0
その他(技術開発等) 132 2783 21.1 10 28 2.8

●集計対象BL*3
共用BL --- 計26本

BL01B1 BL02B1 BL04B1 BL08W BL09XU BL10XU BL39XU BL41XU BL47XU BL25SU BL27SU BL02B2 BL04B2 BL20B2 BL28B2 BL40B2 BL40XU BL43IR BL38B1 BL46XU BL13XU BL20XU BL35XU BL19B2 BL37XU BL14B2

 

専用BL --- 計20本

BL14B1 BL23SU BL24XU BL11XU BL16XU BL16B2 BL44XU BL33LEP BL12B2 BL15XU BL32B2*4 BL12XU BL22XU BL08B2 BL33XU BL03XU BL07LSU BL28XU BL36XU BL31LEP

 

理研BL --- 計10本

BL05XU*6 BL45XU BL44B2 BL29XU BL19LXU BL26B1 BL26B2 BL17SU BL32XU BL43LXU

 

●備考

*1:成果登録DBに登録された原著論文/博士論文/査読付きプロシーディングで、Clarivate Analytics社 InCites Benchmarkingを用い、ドキュメントタイプArticleとReviewを集計対象論文とした。

*2:2018年は、2018年1月1日から2018年3月31日までに発行された論文を集計対象とした。それ以外は、各年1月1日から12月31日までに発行された論文を集計対象とした。

*3:複数のBLに関連する成果は、それぞれの集計値に重複して集計した。

*4:BL32B2(創薬産業BL)は、専用BLに含めた(2012/3/29に設置期間終了)。

*5:調査時における供用開始から2年以内のBLは対象外とした。

*6:BL05SSとして登録されている論文を対象とした。

 

 

2. SPring-8/SACLA利用の総論文数とそれら被引用状況(トップ10%、トップ1%論文割合)

●集計対象論文:SPring-8/SACLA成果登録DBに登録された成果中、サイテーション値の取得が可能な論文について集計した。

調査日:2018/04/01
SPring-8 1994-2018*2(総累積) 2007-2017(11年間累積) 2016(2年経過値)
論文数 TOP10%
論文割合
TOP1%
論文割合
論文数 TOP10%
論文割合
TOP1%
論文割合
論文数 TOP10%
論文割合
TOP1%
論文割合
全SPring-8[net]*1 11835 11.1 1.5 8545 11.3 1.6 910 9.5 1.9
共用BL*3*5 8325 12.0 1.7 6080 12.3 1.8 626 10.1 2.2
専用BL*3*4 2643 8.6 1.3 2059 8.4 1.1 245 6.9 1.2
理研BL*3 1528 12.4 1.9 1006 12.6 1.7 116 8.6 0.9
SACLA 2008-2018*2(総累積) 2016(2年経過値)
論文数 TOP10%
論文割合
TOP1%
論文割合
論文数 TOP10%
論文割合
TOP1%
論文割合
全SACLA[net]*1 273 22.7 4.8 49 24.5 4.1
BL3 144 33.3 6.9 38 29.0 5.3

●集計対象BL*3
共用BL --- 計26本

BL01B1 BL02B1 BL04B1 BL08W BL09XU BL10XU BL39XU BL41XU BL47XU BL25SU BL27SU BL02B2 BL04B2 BL20B2 BL28B2 BL40B2 BL40XU BL43IR BL38B1 BL46XU BL13XU BL20XU BL35XU BL19B2 BL37XU BL14B2

 

専用BL --- 計20本

BL14B1 BL23SU BL24XU BL11XU BL16XU BL16B2 BL44XU BL33LEP BL12B2 BL15XU BL32B2*4 BL12XU BL22XU BL08B2 BL33XU BL03XU BL07LSU BL28XU BL36XU BL31LEP

 

理研BL --- 計10本

BL05XU*6 BL45XU BL44B2 BL29XU BL19LXU BL26B1 BL26B2 BL17SU BL32XU BL43LXU

 

●備考

*1:成果登録DBに登録された原著論文/博士論文/査読付きプロシーディングで、Clarivate Analytics社 InCites Benchmarkingを用い、ドキュメントタイプArticleとReviewを集計対象論文とした。

*2:2018年は、2018年1月1日から2018年3月31日までに発行された論文を集計対象とした。それ以外は、各年1月1日から12月31日までに発行された論文を集計対象とした。

*3:複数のBLに関連する成果は、それぞれの集計値に重複して集計した。

*4:BL32B2(創薬産業BL)は、専用BLに含めた(2012/3/29に設置期間終了)。

*5:調査時における供用開始から2年以内のBLは対象外とした。

*6:BL05SSとして登録されている論文を対象とした。

 

 

3. SPring-8利用の年別発行総論文数と2018/4/1における平均被引用数(2007-2017)

調査日:2018/04/01
SPring-8 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017
年別発行論文数*1 696 706 666 696 789 771 913 831 819 910 748
累積被引用数*2 17432 18176 20133 16819 19865 16750 13855 10325 7519 4087 667
平均被引用数
[累積被引用数/年別発行論文数]
25.0 25.7 30.2 24.2 25.2 21.7 15.2 12.4 9.2 4.5 0.9

 

●備考

*1:成果登録DBに登録された原著論文/博士論文/査読付きプロシーディングで、Clarivate Analytics社 InCites Benchmarkingを用い、ドキュメントタイプArticleとReviewを集計対象論文とした。

*2:被引用数確認は、Clarivate Analytics社 InCites Benchmarkingを用いた。

 

 

4. SACLA利用の年別発行総論文数と2018/4/1における平均被引用数(2008-2017)

調査日:2018/04/01
SACLA 2008 2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017
年別発行論文数*1 4 14 13 18 14 39 24 48 49 44
累積被引用数*2 540 272 166 332 840 815 708 1268 335 90
平均被引用数
[累積被引用数/年別発行論文数]
135 19.4 12.8 18.4 60 20.9 29.5 26.4 6.8 2.0

 

●備考

*1:成果登録DBに登録された原著論文/博士論文/査読付きプロシーディングで、Clarivate Analytics社 InCites Benchmarkingを用い、ドキュメントタイプArticleとReviewを集計対象論文とした。

*2:被引用数確認は、Clarivate Analytics社InCites Benchmarkingを用いた。

 

 

5. SPring-8のBL別累積論文数と累積被引用数の比較(2007-2017)

 

調査日:2018/04/01

*1:成果登録DBに登録された原著論文/博士論文/査読付きプロシーディングおよび、SPring-8/SACLA利用研究成果集を対象とし、累積被引用数はClarivate Analytics社 InCites Benchmarkingを用いて集計した。

*2:検索DB(Clarivate Analytics Web of Science)未登録のため、被引用数が確認出来ない論文は「被引用数未確認」に計上する。

*3:一つの論文が異なる複数のBLに関わる共通の成果とみなせる場合、各BLそれぞれに計上する。

 

 

6. SPring-8のBL別年間総論文数と総被引用数の比較(2016年の発表論文)

 

調査日:2018/04/01

*1:成果登録DBに登録された原著論文/博士論文/査読付きプロシーディングおよび、SPring-8/SACLA利用研究成果集を対象とし、累積被引用数はClarivate Analytics社 InCites Benchmarkingを用いて集計した。

*2:検索DB(Clarivate Analytics Web of Science)未登録のため、被引用数が確認出来ない論文は「被引用数未確認」に計上する。

*3:一つの論文が異なる複数のBLに関わる共通の成果とみなせる場合、各BLそれぞれに計上する。

 

 

7. 2016年発行論文の被引用数ベスト10

SPring-8/SACLA利用関連論文の被引用数ベスト10(2016) 調査日:2018/04/01
  回数 BL 実験責任者 タイトル 主著者 所属 投稿先
ジャーナル名
1 150 BL02B2 Ryoji Kanno High-Power All-Solid-State Batteries using Sulfide Superionic Conductors Yuki Kato Toyota Motor Corporation, Tokyo Institute of Technology Nature Energy
2 79 BL12B2 Chen Hao-Ming In Operando Identification of Geometrical-Site-Dependent Water Oxidation Activity of Spinel Co3O4 Wang Hsin-Yi Nanyang Technological University Journal of the American Chemical Society
3 68 BL40XU Takuji Hatakeyama Ultrapure Blue Thermally Activated Delayed Fluorescence Molecules: Efficient HOMO–LUMO Separation by the Multiple Resonance Effect Takuji Hatakeyama Kwansei Gakuin University Advanced Materials
4 64 BL46XU Itaru Osaka Implication of Fluorine Atom on Electronic Properties, Ordering Structures, and Photovoltaic Performance in Naphthobisthiadiazole-Based Semiconducting Polymers Kazuaki Kawashima Hiroshima University, RIKEN Journal of the American Chemical Society
5 56 BL41XU Osamu Nureki Structure and Engineering of Francisella novicida Cas9 Hisato Hirano The University of Tokyo Cell
6 50 BL01B1 Kohsuke Mori Ru and Ru-Ni Nanoparticles on TiO2 Support as Extremely Active Catalysts for Hydrogen Production from Ammonia-Borane Kohsuke Mori Osaka University, Kyoto University ACS Catalysis
7 49 BL10XU Katsuya Shimizu Crystal Structure of the Superconducting Phase of Sulfur Hydride Mari Einaga Osaka University Nature Physics
8 45 BL41XU Liu Zhi-Jie Crystal Structure of the Human Cannabinoid Receptor CB1 Hua Tian ShanghaiTech University, Chinese Academy of Sciences Cell
9 40 BL01B1 Hiroyuki Asakura Stabilizing a Platinum1 Single-Atom Catalyst on Supported Phosphomolybdic Acid without Compromising Hydrogenation Activity Zhang Bin National University of Singapore Angewandte Chemie International Edition
9 40 BL3(SACLA) Eriko Nango A Three-Dimensional Movie of Structural Changes in Bacteriorhodopsin Eriko Nango SPring-8/RIKEN, Kyoto University Science

●備考

*1:成果登録DBに登録された原著論文/博士論文/査読付きプロシーディングで、Clarivate Analytics社 InCites Benchmarkingを用い、ドキュメントタイプArticleとReviewを集計対象論文とした。

*2:被引用数確認は、Clarivate Analytics社 InCites Benchmarkingを用いた。

 

 

Print ISSN 1341-9668
[ - Vol.15 No.4(2010)]
Online ISSN 2187-4794