Volume 22, No.3 Page 245

3. SPring-8/SACLA通信/SPring-8/SACLA COMMUNICATIONS

成果公開制度について

(公財)高輝度光科学研究センター 利用推進部 User Administration Division, JASRI

pdfDownload PDF (171 KB)
SPring-8 SACLA

 

 成果公開に関する制度が改定され、その運用が始まって7年、SPring-8/SACLA利用研究成果集が発刊されてから5年が経過しようとしています。この間、SPring-8/SACLA成果審査委員会では、いろいろな問題に対応しながら、成果の認定と制度の整備を行ってきています。

 

 ユーザーからは、この公開制度の改定により、チャレンジングな課題を提案しにくくなっているのではないか、という声も聞こえてきています。

 

 今回、SPring-8/SACLA成果審査委員会の坂田誠委員長、SPring-8/SACLA利用研究成果集の野田健治編集者に原稿を執筆していただき、ユーザーのチャレンジングな課題提案をencourageしていただくとともに、固まってきた制度の形を説明していただくことにしました。

 

 是非ご一読いただき、SPring-8/SACLAからの成果がますます出てくることを期待しております。

 

 

SPring-8/SACLA INFORMATION

ISSN 1341-9668 EISSN 2187-4794