ページトップへ戻る

Volume 16, No.4 Pages 321 - 323

5. SPring-8 通信/SPring-8 COMMUNICATIONS

2012A 長期利用課題の募集について
Call for 2012A Long-term Proposals

登録施設利用促進機関(財)高輝度光科学研究センター Registered Institution for Facilities Use Promotion, JASRI

pdfDownload PDF (202 KB)

 

 2012A期に募集する長期利用課題について、以下の要領でご応募ください。

 

[目 次]

  1. 長期利用課題について
  2. 利用期間、対象ビームライン
  3. 申請方法
  4. 応募締切 平成23年11月25日(金)
         午前10時JST(提出完了時刻)
  5. 申請受理通知
  6. 応募課題の審査について
  7. 審査結果の通知
  8. 報告書について
  9. 成果の公開について
  10. 中間および事後評価について
  11. 消耗品の実費負担
  12. 問い合わせ先

 

 

1.長期利用課題について

 長期利用課題は、3年間のビームタイムを長期的に確保することにより、計画的に共用ビームラインを利用する利用研究課題で、SPring-8を長期的かつ計画的に利用することによって、SPring-8の特長を活かし、科学技術分野において傑出した成果を生みだす研究、新しい研究領域および研究手法の開拓となる研究、産業基盤技術を著しく向上させる研究などの一層の展開を図ることを目的としています。課題の審査にあたっては、一般の利用研究課題と共通の審査項目の他、長期の研究目標および研究計画が明確に定められていることや、前述の成果等が期待できることを評価されます。採択された課題については、採択時に課題名、実験責任者、課題の概要などを公開するほか、実施1年半を経過した時点で中間評価を実施し、3年目の課題の継続・中止が決定されます。また、課題終了時には事後評価が実施されます。

 

 

2.利用期間、対象ビームライン等

(1)利用時期

2012A期より6期(3期目終了後に中間評価、6期目終了後に事後評価を実施)

 

(2)対象ビームライン

BL46XUを除く共用ビームライン25本が対象となります。ご応募の前にビームライン・ステーションの整備状況をSPring-8ホームページの「ビームライン一覧」(http://www.spring8.or.jp/ja/facilities/bl/list/)でご確認ください。なお、1課題あたり配分できる上限ビームタイムは各期の各ビームラインの総シフト数(8時間/シフト)の16%までです。

※2012A期のみBL46XUは募集対象外とします。

 

(3)セベラルバンチ運転モード

2012A期は、下記の運転モードを予定しています。運転モードの希望がある場合は、課題申請時に選択してください。また、第1希望と第2希望のフィリングでは、どの程度効率が異なるかを申請書「その他」欄に記述してください。

 Aモード:203 bunches

 Bモード:4 bunch train × 84

 Cモード:11 bunch train × 29

 Dモード:1/7-filling + 5 bunches

 Eモード:2/29-filling + 26 bunches

運転モードの詳細は、SPring-8ホームページの「セベラルバンチ運転モード対応表」(http://www.spring8.or.jp/ja/users/operation_status/schedule/bunch_ mode)でご確認ください。

*上記のDおよびEモードはA期(2012A、2013A、…)のみ運転します。B期(2012B、2013B、…)のDおよびEモードはそれぞれ1/14-filling + 12 bunches および4/58-filling + 53 bunchesの予定です。

 

 

3.申請方法

 Webサイトを利用した電子申請となりますが、長期利用課題申請のための設定が必要となりますので「12.問い合わせ先」まで連絡してください。

(1)課題申請

課題申請はWebサイトを利用した電子申請により行います。申請方法の詳細は、下記をご参照ください。また、下書きファイル(http://user.spring8.or.jp/?p=1499)をご用意しておりますので、ご利用ください。

 User Information Webサイト(UIサイト)http://user.spring8.or.jp/

 トップページ>ログイン>課題申請/利用計画書>新規作成

なお、課題申請時は、ログインユーザー名で実験責任者登録されるため、代理で課題申請書を作成する場合は、実験責任者のユーザーカード番号でログインし、作業する必要があります。その場合、実験責任者が責任を持ってアカウントやパスワードを管理してください。

 

(2)ユーザー登録(未登録の方のみ)

課題申請時にユーザーカード番号とパスワードが必要となるため、申請前にUIサイト(http://user.spring8.or.jp/)にてユーザー登録を行ってください。

注)申請者(実験責任者)だけでなく、課題申請時に共同実験者として登録される方もユーザー登録が必要です。ユーザー登録情報は、採否通知の送付等の各種ご連絡に使用しますので、既登録者の方も登録内容をご確認の上、情報の更新をお願いいたします。

 

(3)申請書作成上のお願い

詳しい入力方法については、「SPring-8利用研究課題オンライン入力要領」(http://user.spring8.or.jp/?p=475)をご参照ください。また申請書の記入要領については「SPring-8利用研究課題申請書記入要領」(http://www.spring8.or.jp/ja/users/proposals/call_for/inst_form_gene_09b)をご参照ください。

 

[申請シフトについて]

基本的に3シフト単位(1シフト=8時間)で配分が行われますが、実際の配分シフトは申請シフトと異なる場合があります。

シフト数の算出に関するご質問は、SPring-8ホームページに記載されているビームライン担当者までお問い合わせください。

[申請形式(新規/継続)について]

必ず“新規”課題として申請してください。

[実験責任者について]

実験の実施全体に対してSPring-8の現場で責任を持つことが出来る人が実験責任者となってください。

[本申請に関わるこれまでの成果について]

成果発表リストとその概要は必ずご記入ください。最近のものから順にスペースの範囲に書き込める内容をご記入ください。

 

 

4.応募締切

  平成23年11月25日(金)
   午前10時JST(提出完了時刻)

 電子申請システムの動作確認はしておりますが、予期せぬ動作不良等の発生も考えられます。申請書の作成(入力)は時間的余裕をもって行っていただきますようお願いいたします。

 Web入力に問題がある場合は「12.問い合わせ先」へ連絡してください。応募締切時刻までに連絡を受けた場合のみ別途送信方法のご相談に応じます。

 

 

5.申請受理通知

 申請が完了すれば、受理通知と申請者控え用の誓約事項のPDFファイルがメールで送られます。メールが届かない場合は申請が受理されていない可能性がありますので、下記の通り確認してください。

1)申請課題が UIサイトhttp://user.spring8.or.jp/(トップページ>ログイン>課題申請/利用計画書)の「提出済」に表示されていない場合

→受理されていません。もう一度申請課題の「提出」操作を行ってください。

2)申請課題が UIサイトhttp://user.spring8.or.jp/(トップページ>ログイン>課題申請/利用計画書)の「提出済」に表示されている場合

→受理されています。ユーザー登録内容が正しいにもかかわらずメールが不着となっている場合は、利用業務部にお問い合わせください。

 

 

6.応募課題の審査について

 申請書の審査は、書類審査と面接審査の2段階で行われます。審査の基準は一般課題の審査基準に加えて

(1)長期の研究目標、研究計画が明確に定められていること

(2)SPring-8を長期的、計画的に利用することによって

   1)科学技術分野において傑出した成果が期待できること

   2)新しい研究領域および研究手法の開拓が期待できること

   3)産業基盤技術の著しい向上が期待できること

を考慮して行われます。

 書類審査を通過した課題については、SPring-8にて実施する面接審査を受けていただきます。面接審査は平成23年12月19日(月)を予定しています(プレゼンテーション30分、質疑応答30分の時間配分を予定しています)。書類審査に合格された課題の申請者には面接時間を連絡いたしますので、あらかじめプレゼンテーションの用意をお願いします。

※応募件数により、面接審査予定日より数日程度、前後する可能性があります。

 

 

7.審査結果の通知

  書類審査結果通知(面接時間通知)

   平成23年12月上旬

  採否通知

   平成24年2月中旬

 

 

8.報告書について

 各期の利用研究課題終了後60日以内に、所定の利用課題実験報告書をJASRIに提出していただきます。JASRIでは、2012A期終了後60日目から2週間後に当該報告書をWeb公開します。利用課題実験報告書の詳細につきましては、UIサイトの「利用課題実験報告書/Experiment Summary Report(2011B期より)」(http://user.spring8.or.jp/?p=750#ch05)をご参照ください。

 

 

9.成果の公開について

[各期終了後]

3年以内に、課題番号が明記されている査読付き論文(査読付きプロシーディングスを含む)を発表し、JASRIに登録してください。論文発表に至らなかった場合は、「SPring-8利用研究成果集」で公表してください。

※長期利用課題は、利用期毎に1課題の扱いとなり、1課題に対し1論文を各期終了後3年以内に、原則登録していただくことになりますが、複数課題分をまとめて1本の論文とすることが必要と判断される場合は、その限りではありません。またこの場合、課題番号が一番古い期の終了後3年以内に登録していただくことになります。

[毎年]

SPring-8コンファレンスでのポスター発表(予定)

[随時]

発表された論文等の登録

[課題終了後]

・「利用者情報」に課題報告を掲載

・SPring-8コンファレンスでの口頭発表(予定)

 

 論文登録先:UIサイト http://user.spring8.or.jp/

       (トップページ>マイページにログイン>申請/報告>論文発表等登録)

 詳細につきましては、UIサイトの「成果公表(論文、特許)」(http://user.spring8.or.jp/?p=748)をご参照ください。

 

 

10.中間および事後評価について

[中間評価]

3期目終了後、長期利用課題中間報告書を提出していただき、利用研究課題審査委員会が書類および面接による評価を非公開で行い、課題遂行に関する助言や、必要な場合課題の中止を勧告します。

[事後評価]

課題終了後、長期利用課題終了報告書を提出していただき、利用研究課題審査委員会が書類および面接による評価を非公開で行います。

 

 

11.消耗品の実費負担

 利用実験において実験ハッチにて使用する消耗品の実費(定額分と従量分に分類)について、共用ビームタイムを利用する全ての利用者にご負担いただいています。

  定額分:10,300円/1シフト(利用者別に分割できない損耗品費相当)税込

  従量分:使用に応じて算定(液体ヘリウム、ヘリウムガスおよびストックルームで提供するパーツ類等)

 消耗品の実費負担についての詳細は、「SPring-8における消耗品の実費負担に対応する利用方法の詳細について」(http://www.spring8.or.jp/ja/users/announcements/100323rev/)をご覧ください。

 

 

12.問い合わせ先

〒679-5198 兵庫県佐用郡佐用町光都1-1-1

財団法人 高輝度光科学研究センター 利用業務部

「長期利用課題募集係」

TEL:0791-58-0961 FAX:0791-58-0965

e-mail:sp8jasri@spring8.or.jp

 

 

Print ISSN 1341-9668
[ - Vol.15 No.4(2010)]
Online ISSN 2187-4794