ページトップへ戻る

Volume 27, No.2 Pages 175 - 176

4. SPring-8/SACLA通信/SPring-8/SACLA COMMUNICATIONS

2021B期におけるSPring-8/SACLAユーザー要望等について
SPring-8/SACLA User Requests in 2021B

登録施設利用促進機関 (公財)高輝度光科学研究センター 利用推進部 Registered Institution for Facilities Use Promotion, User Administration Division, JASRI

pdfDownload PDF (2 MB)
SPring-8 SACLA

 

 SPring-8およびSACLAでは、各ビームタイム終了後に実験グループごとに「ビームタイム終了届」を提出いただいております。ビームタイム終了届には、次回の利用者へのアドバイスや施設に対する要望、提案等を記入いただいております。
 2021B期における要望等の状況は下記のとおりです。これら要望等と、それに対する施設側の回答(内容により、必ずしも全てではありません)につきましては、User Informationで公開されています。

 

 

1. 2021B期 要望等全体概要

2021B期 実施
課題数
利用実験数
(報告書数)
うち、要望等コメントがある*1報告書数
技術的要望等 施設他要望等 その他(お礼)
SPring-8共用BL 807 1,249 21 24 159
SACLA共用BL 46 50 8

*1「なし」「None」等のコメントを除く。

 

<SPring-8共用BL技術的要望等(計21件)の研究分野/手法*2別内訳>

手法\分野 生命科学
医学応用
物質科学
材料科学
化学 地球・
惑星科学
環境科学 産業利用
X線回折 4 1 3 1   1
X線散乱   1        
X線非弾性散乱   2        
X線・軟X線吸収分光         1 1
光電子分光   1        
X線イメージング 2   1 1    
その他           1

*2課題申請時の利用者申告ベース。

 

 

2. 2021B期 要望等の内容(一部抜粋)
(1)技術的要望等

○お陰様で計画通り全ての試料の測定を行うことができました。測定時間計算(予測)プログラムは重宝しています。もしもできるのであれば、SSDの高エネルギー領域での高感度化、SSDの数を増やした高角度領域までの同時測定が望まれます。
 【物質科学・材料科学/光電子分光】

○なんとか、高温測定(~200°Cくらい)ができるようになりませんでしょうか。
 【化学/X線回折】

○今回の測定とは直接関係がありませんが、今回の結果を踏まえた先の実験としてSEC-SAXSの測定が行いたいと考えていて、その際に多状態が混合した状態を測定する必要があります。多状態の成分分析をするためにSEC-SAXSで吸収スペクトル(単波長での吸光度測定ではなく)が測定できるとSEC-SAXSの有効性が上がると思います。ご検討頂ければ幸いです。
 【生命科学/X線散乱】

○高分解能コンプトン散乱に関する有益な測定ができた。現状では全く問題はなかったが、ビームライン担当者より今後検出器等の老朽化による故障の可能性も示唆されたので、継続的に課題申請が可能なように設備更新を望む。
 【物質科学・材料科学/X線非弾性散乱】

 

(2)施設その他要望等

○ファミリーマートが施設内にあるのは嬉しいが、営業時間をもう少し長くしてほしい。午前中が10:30からなので、ビームタイム開始10:00に間に合う9:00からだと嬉しい。公共の交通期間で来るので、空港のような大きい台車・カートを警備室付近で借りれたら、バス下車後から宿舎まで、宿舎からビームラインまでの移動が楽である。郵送する手段もあるが、実験器具や装置はギリギリまで大学で使用するので郵送は難しく、いつもキャリーバックに詰めて大荷物で来ている。

○液体窒素置き場から小分けして使用するための容器の断熱が悪いものが多い気がします。

○携帯電話の電波がビームラインで使えず、エリアの拡張をお願いしてきているところですが、今回、24時頃の夜の時間帯、BL26B1ビームラインの外側でも電波が届かず、かなり不便でした。周辺ビームラインのユーザーの利便性のためにも改善をお願いします。携帯電話が使えない共同利用施設があるなどとは、大学や研究関連者が思うはずもなく、ちゃんと説明すればするほど、SPring-8の実験のイメージダウンにつながっています。

○ディスカッション用のホワイトボードがあった方が、実験をよりスムーズに遂行することができますのでご検討宜しくお願い致します。

 

 

3. 要望等及び施設側回答の公開場所
 SPring-8/SACLA User Informationのいずれからも検索・閲覧ができます。
[検索・閲覧手順]
① 「ビームタイム終了届(ビームタイム利用報告書)(要望・回答)検索」
② 利用期、ビームライン番号等を入力
③ 「検索」

 

 

Print ISSN 1341-9668
[ - Vol.15 No.4(2010)]
Online ISSN 2187-4794