ページトップへ戻る

Volume 26, No.1 Pages 53 - 54

4. SPring-8/SACLA通信/SPring-8/SACLA COMMUNICATIONS

SPring-8運転・利用状況
SPring-8 Operational Status

(国)理化学研究所 放射光科学研究センター RIKEN SPring-8 Center

pdfDownload PDF (278 KB)
SPring-8

 

◎2020年9~12月の運転実績
 SPring-8は9月25日から12月15日までセベラルバンチ運転で第4サイクルの運転を実施した。第4サイクルではビームライン安全インターロック発報によるビームアボートがあったが、全体としては順調な運転であった。総放射光利用運転時間(ユーザータイム)内での故障等による停止時間(down time)は、第4サイクルは約0.1%であった。

 

 

1. 装置運転関係

(1)運転期間
第4サイクル(9/25(金)~12/15(火))
 
(2)運転時間の内訳
第4サイクル
運転時間総計 約1,945時間
①装置の調整およびマシンスタディ等 約313時間
②放射光利用運転時間 約1,630時間
③故障等によるdown time 約1時間
④フィリング変更時間 約1時間
総放射光利用運転時間(ユーザータイム = ② + ③ + ④)に対するdown timeの割合(*1)
約0.1%
 
(3)運転スペック等
第4サイクル(セベラルバンチ運転)
・4 bunch train × 84(B)
・11/29 filling + 1 bunch(H)
・203 bunches(A)
・203 bunches(A)
・11/29 filling + 1 bunch(H)
・11 bunch train × 29(C)
・1/7 filling + 5 bunches(D)
・2/29 filling + 26 bunches(E)
・2/29 filling + 26 bunches(E)
 
・入射は電流値優先モード(2~3分毎(マルチバンチ時)もしくは20~40秒毎(セベラルバンチ時))のTop-Upモードで実施。
・蓄積電流 8 GeV、~100 mA
 
(4)主なdown timeの原因
・BL01B1安全インターロックによるアボート
 

 

2. 利用関係(JASRI利用推進部集計)

(1)放射光利用実験期間
第4サイクル(10/2(金)~12/14(月))
 
(2)ビームライン利用状況
稼働ビームライン
共用ビームライン 26本
専用ビームライン 18本
理研ビームライン 13本
 
第4サイクル(暫定値)
共同利用研究実験数 778件
共同利用研究者数 3,400名
専用施設利用研究実験数 508件
専用施設利用研究者数 1,738名

 

 

◎2020年12~2021年1月の運転実績(停止期間)

 SPring-8は12月16日から1月16日まで冬期点検調整期間とし、加速器やビームラインに係わる機器の改造・点検作業、電気・冷却設備等の機器の点検作業を行った。

 

(冬期点検調整期間中の主な作業(計画))
(1)入射器関係(Li、Sy、XSBT)
 ・XSBT真空調査
 ・XSBT電源、SSBT電磁石ドアインターロック変更
 ・定期点検等
(2)蓄積リング関係
 ・RFエージング
 ・運転前連続通電作業
 ・電磁石、電磁石電源等定期点検
 ・偏向電磁石絶縁ホース交換
 ・真空系及び冷却水関連作業、調整
 ・LLRF系調整、電力測定
 ・チューナーコントローラ交換
 ・アークセンサ回路構築
 ・モニタ関連ケーブル敷設
 ・MTCA.4ファームウェア更新
 ・ID作業及びメンテナンス、ID25関連作業
 ・FE作業及び冷却水配管工事、駆動系検査
 ・BL改造工事(BL20B2、BL35XU)
 ・BLインターロック工事、検査
(3)ユーティリティ関係
 ・電気設備保守点検
 ・冷却水設備保守定期点検
 ・空調用設備保守点検
 ・消防設備等点検
(4)安全管理関係
 ・放射線監視設備定期点検
 ・特例区域設置
 ・放射線モニタ更新工事
 ・その他作業及び点検
(5)その他
 ・蓄積リング棟他LED化更新
  (実験ホール、長尺BL実験施設)

 

 

◎2021年1~2月の運転予定

 SPring-8は1月17日から2月20日までセベラルバンチ運転で第5サイクルの運転を予定している。
 2月21日から3月30日まで年度末点検調整期間とし、加速器やビームラインに係わる機器の改造・点検作業、電気・冷却設備等の機器の点検作業を行う予定である。
 第5サイクルの運転実績については次号にて掲載する。

 

 

(*1)down timeの割合に④フィリング変更時間は含まない。

 

 

Print ISSN 1341-9668
[ - Vol.15 No.4(2010)]
Online ISSN 2187-4794