ページトップへ戻る

Volume 25, No.3 Pages 251 - 255

3. SPring-8/SACLA通信/SPring-8/SACLA COMMUNICATIONS

SPring-8/SACLA研究成果公表 論文サイテーション数調査 -2020-
Statistical Analysis on Publications and Citations at SPring-8/SACLA 2020

(公財)高輝度光科学研究センター 利用推進部 User Administration Division, JASRI

pdfDownload PDF (923 KB)
SPring-8 SACLA

 

1. SPring-8/SACLA利用研究者が発表した論文の総数と被引用数

●集計対象論文:SPring-8/SACLA成果登録DBに登録された成果中、サイテーション値の取得が可能な論文について集計した。

調査日:2020/04/01
SPring-8 1994-2020*2(総累積) 2009-2019(11年間累積) 2018(2年経過値)
累積
論文数
累積
被引用数
平均
被引用数
累積
論文数
累積
被引用数
平均
被引用数
年間
総論文数
累積
被引用数
平均
被引用数
全SPring-8[net]*1 13,743 343,990 25.0 9,002 175,251 19.5 793 3,747 4.7
共用BL*3*5 9,608 249,514 26.0 6,336 132,160 20.9 545 2,402 4.4
専用BL*3*4*6 3,208 67,825 21.1 2,344 36,828 15.7 241 1,158 4.8
理研BL*3*5 1,749 57,274 32.7 1,018 23,367 23.0 87 479 5.5
その他(技術開発等) 158 2,182 13.8 22 76 3.5 1 0 0.0
SACLA 2008-2020*2(総累積) 2009-2019(11年間累積) 2018(2年経過値)
累積
論文数
累積
被引用数
平均
被引用数
累積
論文数
累積
被引用数
平均
被引用数
年間
総論文数
累積
被引用数
平均
被引用数
全SACLA[net]*1 360 8,857 24.6 355 8,229 23.2 41 233 5.7
BL1,2,3 216 6,112 28.3 215 6,111 28.4 31 193 6.2
その他(技術開発等) 154 3,913 25.4 150 3,286 21.9 12 49 4.1

●集計対象BL*3
共用BL --- 計26本

BL01B1 BL02B1 BL02B2 BL04B1 BL04B2 BL08W BL09XU BL10XU BL13XU BL14B2 BL19B2 BL20XU BL20B2 BL25SU BL27SU BL28B2 BL35XU BL37XU BL38B1*5 BL39XU BL40XU BL40B2 BL41XU BL43IR BL46XU BL47XU

 

専用BL --- 計20本

BL03XU BL07LSU BL08B2 BL11XU BL12XU BL12B2 BL14B1 BL15XU BL16XU BL16B2 BL22XU BL23SU BL24XU BL28XU BL31LEP BL32B2*4 BL33XU BL33LEP BL36XU*6 BL44XU

 

理研BL --- 計11本

BL05XU BL17SU BL19LXU BL26B1 BL26B2 BL29XU BL32XU BL38B2 BL43LXU BL44B2 BL45XU*5

 

●備考

*1:成果登録DBに登録された原著論文/博士論文/査読付きプロシーディングで、Clarivate Analytics社 InCites Benchmarkingを用い、ドキュメントタイプArticleとReviewを集計対象論文とした。

*2:2020年は、2020年1月1日から2020年3月31日までに発行された論文を集計対象とした。それ以外は、各年1月1日から12月31日までに発行された論文を集計対象とした。

*3:複数のBLに関連する成果は、それぞれの集計値に重複して集計した。

*4:BL32B2(施設開発BM BL)は、専用BLに含めた(2012/03/29に専用BLの設置期間終了、2018/04/23に理研BLとして稼働)。

*5:BL38B1(理研 構造生物学I BL)は共用BLに、BL45XU(構造生物学III BL)は理研BLに含めた(2019/04/01に共用BLから理研BL(BL38B1)及び理研BLから共用BL(BL45XU)に変更)。

*6:BL36XU(理研 物質科学II BL)は専用BLに含めた(2020/04/01に専用BLから理研BLに変更)。

*7:調査時において供用開始/稼働開始から2年以内のBLは対象外とした。

 

 

2. SPring-8/SACLA利用の総論文数とそれら被引用状況(トップ10%、トップ1%論文割合)

●集計対象論文:SPring-8/SACLA成果登録DBに登録された成果中、サイテーション値の取得が可能な論文について集計した。

調査日:2020/04/01
SPring-8 1994-2020*2(総累積) 2009-2019(11年間累積) 2018(2年経過値)
論文数 TOP10%
論文割合
TOP1%
論文割合
論文数 TOP10%
論文割合
TOP1%
論文割合
論文数 TOP10%
論文割合
TOP1%
論文割合
全SPring-8[net]*1 13,743 11.0% 1.5% 9,002 11.4% 1.6% 793 8.7 0.5%
共用BL*3*5 9,608 11.8% 1.7% 6,336 12.1% 1.8% 545 7.9 0.6%
専用BL*3*4*6 3,208 8.8% 1.2% 2,344 8.8% 1.0% 241 7.9 0.4%
理研BL*3*5 1,749 13.0% 1.6% 1,018 14.5% 2.0% 87 13.8 0.0%
SACLA 2008-2020*2(総累積) 2009-2019(11年間累積) 2018(2年経過値)
論文数 TOP10%
論文割合
TOP1%
論文割合
論文数 TOP10%
論文割合
TOP1%
論文割合
論文数 TOP10%
論文割合
TOP1%
論文割合
全SACLA[net]*1 360 16.4% 3.3% 355 15.8% 2.8% 41 9.8% 0.0%
BL1,2,3 216 20.8% 4.2% 215 20.5% 4.2% 31 12.9% 0.0%

●集計対象BL*3
共用BL --- 計26本

BL01B1 BL02B1 BL02B2 BL04B1 BL04B2 BL08W BL09XU BL10XU BL13XU BL14B2 BL19B2 BL20XU BL20B2 BL25SU BL27SU BL28B2 BL35XU BL37XU BL38B1*5 BL39XU BL40XU BL40B2 BL41XU BL43IR BL46XU BL47XU

 

専用BL --- 計20本

BL03XU BL07LSU BL08B2 BL11XU BL12XU BL12B2 BL14B1 BL15XU BL16XU BL16B2 BL22XU BL23SU BL24XU BL28XU BL31LEP BL32B2*4 BL33XU BL33LEP BL36XU*6 BL44XU

 

理研BL --- 計11本

BL05XU BL17SU BL19LXU BL26B1 BL26B2 BL29XU BL32XU BL38B2 BL43LXU BL44B2 BL45XU*5

 

●備考

*1:成果登録DBに登録された原著論文/博士論文/査読付きプロシーディングで、Clarivate Analytics社 InCites Benchmarkingを用い、ドキュメントタイプArticleとReviewを集計対象論文とした。

*2:2020年は、2020年1月1日から2020年3月31日までに発行された論文を集計対象とした。それ以外は、各年1月1日から12月31日までに発行された論文を集計対象とした。

*3:複数のBLに関連する成果は、それぞれの集計値に重複して集計した。

*4:BL32B2(施設開発BM BL)は、専用BLに含めた(2012/03/29に専用BLの設置期間終了、2018/04/23に理研BLとして稼働)。

*5:BL38B1(理研 構造生物学I BL)は共用BLに、BL45XU(構造生物学III BL)は理研BLに含めた(2019/04/01に共用BLから理研BL(BL38B1)及び理研BLから共用BL(BL45XU)に変更)。

*6:BL36XU(理研 物質科学II BL)は専用BLに含めた(2020/04/01に専用BLから理研BLに変更)。

*7:調査時において供用開始/稼働開始から2年以内のBLは対象外とした。

 

 

3. SPring-8利用の年別発行総論文数と2020/4/1における平均被引用数(2009-2019)

調査日:2020/04/01
SPring-8 2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017 2018 2019
年別発行論文数*1 666 697 789 775 925 843 841 963 924 793 786
累積被引用数*2 24,622 21,450 26,156 23,242 20,549 17,424 15,149 13,420 8,372 3,747 1,120
平均被引用数
[累積被引用数/年別発行論文数]
37.0 30.8 33.2 30.0 22.2 20.7 18.0 13.9 9.1 4.7 1.4

 

●備考

*1:成果登録DBに登録された原著論文/博士論文/査読付きプロシーディングで、Clarivate Analytics社 InCites Benchmarkingを用い、ドキュメントタイプArticleとReviewを集計対象論文とした。

*2:被引用数確認は、Clarivate Analytics社 InCites Benchmarkingを用いた。

 

 

4. SACLA利用の年別発行総論文数と2020/4/1における平均被引用数(2009-2019)

調査日:2020/04/01
SACLA 2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017 2018 2019
年別発行論文数*1 14 13 19 14 39 24 48 53 47 41 43
累積被引用数*2 296 190 433 1,164 1,091 1,004 2,236 847 688 233 47
平均被引用数
[累積被引用数/年別発行論文数]
21.1 14.6 22.8 83.1 28.0 41.8 46.6 16.0 14.6 5.7 1.1

 

●備考

*1:成果登録DBに登録された原著論文/博士論文/査読付きプロシーディングで、Clarivate Analytics社 InCites Benchmarkingを用い、ドキュメントタイプArticleとReviewを集計対象論文とした。

*2:被引用数確認は、Clarivate Analytics社 InCites Benchmarkingを用いた。

 

 

5. SPring-8のBL別累積論文数と累積被引用数の比較(2009-2019)

 

調査日:2020/04/01

*1:成果登録DBに登録された原著論文/博士論文/査読付きプロシーディングおよび、SPring-8/SACLA利用研究成果集を対象とし、累積被引用数はClarivate Analytics社 InCites Benchmarkingを用いて集計した。

*2:検索DB(Clarivate Analytics Web of Science)未登録のため、被引用数が確認出来ない論文は「被引用数未確認」に計上する。

*3:一つの論文が異なる複数のBLに関わる共通の成果とみなせる場合、各BLそれぞれに計上する。

 

 

6. SPring-8のBL別年間総論文数と総被引用数の比較(2018年の発表論文)

 

調査日:2020/04/01

*1:成果登録DBに登録された原著論文/博士論文/査読付きプロシーディングおよび、SPring-8/SACLA利用研究成果集を対象とし、累積被引用数はClarivate Analytics社 InCites Benchmarkingを用いて集計した。

*2:検索DB(Clarivate Analytics Web of Science)未登録のため、被引用数が確認出来ない論文は「被引用数未確認」に計上する。

*3:一つの論文が異なる複数のBLに関わる共通の成果とみなせる場合、各BLそれぞれに計上する。

 

 

7. 2018年発行論文の被引用数トップ10

SPring-8/SACLA利用関連論文の被引用数トップ10(2018) 調査日:2020/04/01
  回数 BL 実験責任者 タイトル 主著者 所属 投稿先
ジャーナル名
1 232 BL12B2 Hao-Ming Chen Atomically Dispersed Ni(I) as the Active Site for Electrochemical CO2 Reduction Hong Bin Yang Nanyang Technological University, Suzhou University of Science and Technology Nature Energy
2 56 BL40XU Takuji Hatakeyama 他 One-Shot Multiple Borylation toward BN-Doped Nanographenes Kohei Matsui Kwansei Gakuin University Journal of the American Chemical Society
3 51 BL41XU Zhi-Jie Liu 5-HT2C Receptor Structures Reveal the Structural Basis of GPCR Polypharmacology Yao Peng ShanghaiTech University, Kunming Medical University Cell
4 38 BL19B2 他 Shinichi Komaba Electrochemistry and Solid-State Chemistry of NaMeO2 (Me=3d Transition Metals) Kei Kubota Tokyo University of Science, Kyoto University Advanced Energy Materials
4 38 BL40XU Takashi Hashimoto Comparison of the Magnetic Anisotropy and Spin Relaxation Phenomenon of Dinuclear Terbium(III) Phthalocyaninato Single-Molecule Magnets Using the Geometric Spin Arrangement Takaumi Morita Tohoku University Journal of the American Chemical Society
6 32 BL45XU Hidetoshi Matsumoto High-Performance n-Channel Organic Transistors Using High-Molecular-Weight Electron-Deficient Copolymers and Amine-Tailed Self-Assembled Monolayers Yang Wang Tokyo Institute of Technology Advanced Materials
6 32 BL02B2 Hong-Tao Sun Cs4PbBr6/CsPbBr3 Perovskite Composites with Near-Unity Luminescence Quantum Yield: Large-Scale Synthesis, Luminescence and Formation Mechanism, and White Light-Emitting Diode Application Ya-Meng Chen Soochow University ACS Applied Materials & Interfaces
6 32 BL12XU Hao-Ming Chen A Universal Method to Engineer Metal Oxide-Metal-Carbon Interface for Highly Efficient Oxygen Reduction Lin Lv Huazhong University of Science and Technology ACS Nano
9 31 BL12B2 Nae-Lih Wu High-performance Carbon-coated ZnMn2O4 Nanocrystallite Supercapacitors with Tailored Microstructures Enabled by a Novel Solution Combustion Method Mozaffar Abdollahifar National Taiwan University Journal of Power Sources
9 31 BL19B2 他 Daiki Kuzuhara 他 All-Polymer Solar Cells with 9.4% Efficiency from Naphthalene Diimide-Biselenophene Copolymer Acceptor Nagesh B. Kolhe University of Washingyon Chemistry of Materials
9 31 BL01B1 Kohsuke Mori 他 PdAg Nanoparticles Supported on Functionalized Mesoporous Carbon: Promotional Effect of Surface Amine Groups in Reversible Hydrogen Delivery/Storage Mediated by Formic Acid/CO2 Shinya Masuda Osaka University ACS Catalysis

●備考

*1:成果登録DBに登録された原著論文/博士論文/査読付きプロシーディングで、Clarivate Analytics社 InCites Benchmarkingを用い、ドキュメントタイプArticleとReviewを集計対象論文とした。

*2:被引用数確認は、Clarivate Analytics社InCites Benchmarkingを用いた。

 

 

Print ISSN 1341-9668
[ - Vol.15 No.4(2010)]
Online ISSN 2187-4794