ページトップへ戻る

Volume 24, No.3 Pages 342 - 346

4. SPring-8/SACLA通信/SPring-8/SACLA COMMUNICATIONS

SPring-8/SACLA研究成果公表 論文サイテーション数調査 -2019-
Statistical Analysis on Publications and Citations at SPring-8/SACLA 2019

(公財)高輝度光科学研究センター 利用推進部 User Administration Division, JASRI

pdfDownload PDF (1 MB)
SPring-8 SACLA

 

1. SPring-8/SACLA利用研究者が発表した論文の総数と被引用数

●集計対象論文:SPring-8/SACLA成果登録DBに登録された成果中、サイテーション値の取得が可能な論文について集計した。

調査日:2019/04/01
SPring-8 1994-2019*2(総累積) 2008-2018(11年間累積) 2017(2年経過値)
累積
論文数
累積
被引用数
平均
被引用数
累積
論文数
累積
被引用数
平均
被引用数
年間
総論文数
累積
被引用数
平均
被引用数
全SPring-8[net]*1 12,710 298,655 23.5 8,681 160,164 18.4 866 4,107 4.7
共用BL*3*5 8,915 216,655 24.3 6,147 120,985 19.7 584 2,975 5.1
専用BL*3*4 2,885 57,111 19.8 2,157 32,299 15.0 261 1,106 4.2
理研BL*3 1,659 51,466 31.0 1,024 21,631 21.1 92 720 7.8
その他(技術開発等) 154 2,091 13.6 25 92 3.7 2 0 0.0
SACLA 2008-2019*2(総累積) 2008-2018(11年間累積) 2017(2年経過値)
累積
論文数
累積
被引用数
平均
被引用数
累積
論文数
累積
被引用数
平均
被引用数
年間
総論文数
累積
被引用数
平均
被引用数
全SACLA[net]*1 311 6,838 22.0 308 6,838 22.2 46 348 7.6
BL3 163 4,497 27.6 162 4,497 27.8 30 270 9.0
その他(技術開発等) 145 3,301 22.8 144 3,301 22.9 15 78 5.2

●集計対象BL*3
共用BL --- 計26本

BL01B1 BL02B1 BL04B1 BL08W BL09XU BL10XU BL39XU BL41XU BL47XU BL25SU BL27SU BL02B2 BL04B2 BL20B2 BL28B2 BL40B2 BL40XU BL43IR BL38B1 BL46XU BL13XU BL20XU BL35XU BL19B2 BL37XU BL14B2

 

専用BL --- 計20本

BL14B1 BL23SU BL24XU BL11XU BL16XU BL16B2 BL44XU BL33LEP BL12B2 BL15XU BL32B2*4 BL12XU BL22XU BL08B2 BL33XU BL03XU BL07LSU BL28XU BL36XU BL31LEP

 

理研BL --- 計11本

BL05XU BL45XU BL44B2 BL29XU BL19LXU BL26B1 BL26B2 BL17SU BL32XU BL43LXU BL38B2

 

●備考

*1:成果登録DBに登録された原著論文/博士論文/査読付きプロシーディングで、Clarivate Analytics社 InCites Benchmarkingを用い、ドキュメントタイプArticleとReviewを集計対象論文とした。

*2:2019年は、2019年1月1日から2019年3月31日までに発行された論文を集計対象とした。それ以外は、各年1月1日から12月31日までに発行された論文を集計対象とした。

*3:複数のBLに関連する成果は、それぞれの集計値に重複して集計した。

*4:BL32B2(創薬産業BL)は、専用BLに含めた(2012/3/29に設置期間終了)。

*5:調査時における供用開始から2年以内のBLは対象外とした。

 

 

2. SPring-8/SACLA利用の総論文数とそれら被引用状況(トップ10%、トップ1%論文割合)

●集計対象論文:SPring-8/SACLA成果登録DBに登録された成果中、サイテーション値の取得が可能な論文について集計した。

調査日:2019/04/01
SPring-8 1994-2019*2(総累積) 2008-2018(11年間累積) 2017(2年経過値)
論文数 TOP10%
論文割合
TOP1%
論文割合
論文数 TOP10%
論文割合
TOP1%
論文割合
論文数 TOP10%
論文割合
TOP1%
論文割合
全SPring-8[net]*1 12,710 11.2 1.5 8,681 11.6 1.6 866 9.2 0.9
共用BL*3*5 8,915 12.0 1.7 6,147 12.6 1.8 584 9.8 1.2
専用BL*3*4 2,885 8.7 1.0 2,157 8.7 0.9 261 8.4 0.4
理研BL*3 1,659 13.1 1.6 1,024 14.1 1.8 92 16.3 3.3
SACLA 2008-2019*2(総累積) 2008-2018(11年間累積) 2017(2年経過値)
論文数 TOP10%
論文割合
TOP1%
論文割合
論文数 TOP10%
論文割合
TOP1%
論文割合
論文数 TOP10%
論文割合
TOP1%
論文割合
全SACLA[net]*1 311 17.7 3.5 308 17.9 3.6 46 10.9 4.3
BL3 163 23.9 4.9 162 24.1 4.9 30 13.3 6.7

●集計対象BL*3
共用BL --- 計26本

BL01B1 BL02B1 BL04B1 BL08W BL09XU BL10XU BL39XU BL41XU BL47XU BL25SU BL27SU BL02B2 BL04B2 BL20B2 BL28B2 BL40B2 BL40XU BL43IR BL38B1 BL46XU BL13XU BL20XU BL35XU BL19B2 BL37XU BL14B2

 

専用BL --- 計20本

BL14B1 BL23SU BL24XU BL11XU BL16XU BL16B2 BL44XU BL33LEP BL12B2 BL15XU BL32B2*4 BL12XU BL22XU BL08B2 BL33XU BL03XU BL07LSU BL28XU BL36XU BL31LEP

 

理研BL --- 計11本

BL05XU BL45XU BL44B2 BL29XU BL19LXU BL26B1 BL26B2 BL17SU BL32XU BL43LXU BL38B2

 

●備考

*1:成果登録DBに登録された原著論文/博士論文/査読付きプロシーディングで、Clarivate Analytics社 InCites Benchmarkingを用い、ドキュメントタイプArticleとReviewを集計対象論文とした。

*2:2019年は、2019年1月1日から2019年3月31日までに発行された論文を集計対象とした。それ以外は、各年1月1日から12月31日までに発行された論文を集計対象とした。

*3:複数のBLに関連する成果は、それぞれの集計値に重複して集計した。

*4:BL32B2(創薬産業BL)は、専用BLに含めた(2012/3/29に設置期間終了)。

*5:調査時における供用開始から2年以内のBLは対象外とした。

 

 

3. SPring-8利用の年別発行総論文数と2019/4/1における平均被引用数(2008-2018)

調査日:2019/04/01
SPring-8 2008 2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017 2018
年別発行論文数*1 707 667 696 790 773 918 838 830 943 866 653
累積被引用数*2 19,801 22,309 18,954 23,070 19,991 17,223 13,905 11,410 8,694 4,107 700
平均被引用数
[累積被引用数/年別発行論文数]
28.0 33.5 27.2 29.2 25.9 18.9 16.6 13.8 9.2 4.7 1.1

 

●備考

*1:成果登録DBに登録された原著論文/博士論文/査読付きプロシーディングで、Clarivate Analytics社 InCites Benchmarkingを用い、ドキュメントタイプArticleとReviewを集計対象論文とした。

*2:被引用数確認は、Clarivate Analytics社 InCites Benchmarkingを用いた。

 

 

4. SACLA利用の年別発行総論文数と2019/4/1における平均被引用数(2008-2018)

調査日:2019/04/01
SACLA 2008 2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017 2018
年別発行論文数*1 4 14 13 19 14 39 24 48 50 46 37
累積被引用数*2 580 282 178 381 975 942 843 1730 534 348 45
平均被引用数
[累積被引用数/年別発行論文数]
145.0 20.1 13.7 20.1 69.6 24.2 35.1 36.0 10.7 7.6 1.2

 

●備考

*1:成果登録DBに登録された原著論文/博士論文/査読付きプロシーディングで、Clarivate Analytics社 InCites Benchmarkingを用い、ドキュメントタイプArticleとReviewを集計対象論文とした。

*2:被引用数確認は、Clarivate Analytics社InCites Benchmarkingを用いた。

 

 

5. SPring-8のBL別累積論文数と累積被引用数の比較(2008-2018)

 

調査日:2019/04/01

*1:成果登録DBに登録された原著論文/博士論文/査読付きプロシーディングおよび、SPring-8/SACLA利用研究成果集を対象とし、累積被引用数はClarivate Analytics社 InCites Benchmarkingを用いて集計した。

*2:検索DB(Clarivate Analytics Web of Science)未登録のため、被引用数が確認出来ない論文は「被引用数未確認」に計上する。

*3:一つの論文が異なる複数のBLに関わる共通の成果とみなせる場合、各BLそれぞれに計上する。

 

 

6. SPring-8のBL別年間総論文数と総被引用数の比較(2017年の発表論文)

 

調査日:2019/04/01

*1:成果登録DBに登録された原著論文/博士論文/査読付きプロシーディングおよび、SPring-8/SACLA利用研究成果集を対象とし、累積被引用数はClarivate Analytics社 InCites Benchmarkingを用いて集計した。

*2:検索DB(Clarivate Analytics Web of Science)未登録のため、被引用数が確認出来ない論文は「被引用数未確認」に計上する。

*3:一つの論文が異なる複数のBLに関わる共通の成果とみなせる場合、各BLそれぞれに計上する。

 

 

7. 2017年発行論文の被引用数ベスト10

SPring-8/SACLA利用関連論文の被引用数ベスト10(2017) 調査日:2019/04/01
  回数 BL 実験責任者 タイトル 主著者 所属 投稿先
ジャーナル名
1 124 BL41XU Jian-Ren Shen Light-Induced Structural Changes and the Site of O=O Bond Formation in PSII Caught by XFEL Michihiro Suga Okayama University Nature
2 76 BL45XU - Crystalline Graphdiyne Nanosheets Produced at a Gas/Liquid or Liquid/Liquid Interface Ryota Matsuoka The University of Tokyo Journal of the American Chemical Society
3 51 BL41XU Belli Wu Structure of the Full-Length Glucagon Class B G-protein-coupled Receptor Haonan Zhang Chinese Academy of Sciences, China University of Chinese Academy of Sciences Nature
4 49 BL09XU Cramer Stephen Direct Observation of an Iron-Bound Terminal Hydride in [FeFe]-Hydrogenase by Nuclear Resonance Vibrational Spectroscopy Edward J. Reijerse Max-Planck-Institut für Chemische Energiekonversion Journal of the American Chemical Society
5 45 BL41XU Yanli Wang Two Distant Catalytic Sites Are Responsible for C2c2 RNase Activities Liang Liu Chinese Academy of Sciences Cell
6 42 BL01B1 Kohsuke Mori Plasmonic Au@Pd Nanoparticles Supported on a Basic Metal-Organic Framework: Synergic Boosting of H2 Production from Formic Acid Meicheng Wen Osaka University ACS Energy Letters
7 39 BL41XU Reymond Stevens Human GLP-1 Receptor Transmembrane Domain Structure in Complex with Allosteric Modulators Gaojie Song ShanghaiTech University Nature
8 35 BL01B1 Yasutaka Kuwahara Catalytic Transfer Hydrogenation of Biomass-derived Levulinic Acid and Its Esters to γ-valerolactone over Sulfonic Acid-functionalized UiO-66 Yasutaka Kuwahara Osaka University, Kyoto University ACS Sustainable Chemistry & Engineering
8 35 BL3
(SACLA)
Harshad Pathak Maxima in the Thermodynamic Response and Correlation Functions of Deeply Supercooled Water KyungHwan Kim Stockholm University Science
10 31 BL02B2 Shogo Kawaguchi High-Throughput Powder Diffraction Measurement System Consisting of Multiple MYTHEN Detectors at Beamline BL02B2 of SPring-8 Shogo Kawaguchi JASRI Review of Scientific Instruments

●備考

*1:成果登録DBに登録された原著論文/博士論文/査読付きプロシーディングで、Clarivate Analytics社 InCites Benchmarkingを用い、ドキュメントタイプArticleとReviewを集計対象論文とした。

*2:被引用数確認は、Clarivate Analytics社InCites Benchmarkingを用いた。

 

 

Print ISSN 1341-9668
[ - Vol.15 No.4(2010)]
Online ISSN 2187-4794