ページトップへ戻る

Volume 23, No.2 Pages 186 - 187

3. SPring-8/SACLA通信/SPring-8/SACLA COMMUNICATIONS

2017B期におけるSPring-8/SACLAユーザー要望等について
SPring-8/SACLA User Requests in 2017B

登録施設利用促進機関 (公財)高輝度光科学研究センター 利用推進部 Registered Institution for Facilities Use Promotion, User Administration Division, JASRI

pdfDownload PDF (745 KB)
SPring-8 SACLA

 

 SPring-8及びSACLAでは、各ビームタイム終了後に実験グループごとに「ビームタイム利用報告書」を提出いただいております。この報告書には、その実験の概要、次回の利用者へのアドバイスや施設に対する要望、提案等を記入いただいております。
 2017B期における要望等の状況は下記のとおりです。これら要望等と、それに対する施設側の回答(内容により、必ずしも全てではありません)につきましては、User Informationで公開されています。

 

 

1. 2017B期 要望等全体概要

2017B期 実施
課題数
利用実験数
(報告書数)
うち、要望等コメントがある*1報告書数
技術的要望等 施設他要望等 その他(お礼)
SPring-8共用BL 857 1,304 69 84 153
SACLA共用BL 50 52 17

*1「なし」「None」等のコメントを除く。

 

<SPring-8共用BL技術的要望等(計69件)の研究分野/手法*2別内訳>

手法\分野 生命科学 物質科学・
材料科学
化学 地球・
惑星科学
環境科学 産業利用
X線回折 26 4 4 1   7
X線散乱 1 2 1     1
X線・軟X線吸収分光   2 3   1 4
光電子分光   2       3
X線イメージング 1 1       3
特殊環境実験   1   1    

*2課題申請時の利用者申告ベース。

 

 

2. 2017B期 要望等の内容(一部抜粋)
(1)技術的要望等

○温度変更の操作は1シフトに数十~百回におよぶ。温度変更の操作位置が非常に低く、操作や確認がしづらいので、座って操作しやすい位置に位置を変更してもらえたら実験がやりやすくなる。
【生命科学/X線回折】

○ビームライン上での液体窒素による結晶の洗浄システムが、非常に有効に機能した。ただ、ある程度この洗浄装置を使用すると、液体窒素タンク中の気相の体積が大きくなるためか、液体窒素の噴出の勢いが低下し、洗浄効果が限定的になる現象が見られた。
【生命科学/X線回折】

○二次元検出器を利用して得られた試料の散乱パターンには、高次線による散乱パターンも含まれていた。今後、エネルギー分解能に優れた二次元検出器を導入・利用することにより、「時間分解測定」と「定量的な構造解析」を両立できる放射光X線全散乱測定が可能になると考えられる。
【物質科学・材料科学/X線散乱】

○結晶マウント、センタリングの時間がかかる。新しいシャッターレスCCDカメラにより迅速に測定をすることが可能になれば、より測定精度と実験効率があがると期待できる。
【化学/X線回折】

○入射X線エネルギーが10 keV以上のHAXPES測定を安定してできるようになるとありがたいです。また、試料毎に別ファイルとしてデータが保存される自動測定が可能になると大変助かります。
【産業利用/光電子分光】

 

(2)施設その他要望等

○宿泊施設が混雑している現状を踏まえて、ユーザー控え室、私物の仮置き場所などの確保が望まれる。バス停が近傍にあるが、実験終了時にはバッジの返却のため大きな荷物等を持って管理棟まで移動の上乗車する必要があり、効率的でないため、バッジ返却BOXを(SACLA)施設内に設けてもらうと助かる。

○北管理棟が遠過ぎます。オフィスの移動やリング棟への交通手段など、検討をお願いします。

○交流施設の予約が困難になったように感じた。今回、連続して部屋が確保できなかったため、夜のシフトを組むことが難しかった。ツインのシングル利用をもう少し早くから認めてほしい。

○日曜日でしたが、売店を昼間だけでも営業していただくか、もしくは軽食の自動販売機を複数箇所に置いていただくと助かります。

○朝食の営業時間をもう少し早くしてほしい。

 

(3)施設その他要望等への対応状況について
 施設等への要望について、2018A期より、以下の通り対応いたしましたので、お知らせいたします。

○SACLA実験研究棟1階に線量計バッジ返却BOXを設置いたしました。

○研究交流施設の予約において、C棟のツインルーム60室については、利用申込時点でシングルユースとして予約できるように変更しました。

○食堂の営業開始時間を朝8時から7時45分に変更しました。

○食堂棟にATMを設置しました。7時45分から20時10分までの間、ご利用いただけます。

○売店の営業時間をユーザータイム中の日曜祝日の営業を含め、次の通り拡充しました。
・平 日:10時から20時まで(通しで営業)
・土日祝:11時から14時まで(日祝も営業)

 

 

3. 要望等及び施設側回答の公開場所
  SPring-8/SACLA User Informationのいずれからも検索・閲覧ができます。

 

 

Print ISSN 1341-9668
[ - Vol.15 No.4(2010)]
Online ISSN 2187-4794