ページトップへ戻る

Volume 21, No.4 Pages 346 - 347

3. SPring-8/SACLA通信/SPring-8/SACLA COMMUNICATIONS

2016B期 SACLA利用研究課題の採択について
The SACLA Public Proposals Approved for Beamtime in 2016B Research Term

登録施設利用促進機関 (公財)高輝度光科学研究センター 利用推進部 Registered Institution for Facilities Use Promotion, User Administration Division, JASRI

pdfDownload PDF (189 KB)
SACLA

 

 高輝度光科学研究センター(JASRI)のSACLA利用研究課題審査委員会(SACLA PRC)において、SACLAの供用運転開始以降、第10期目に当たる2016B期(2016年9月~2017年3月)の利用研究課題応募85課題を審査しました。
 さらに、当該審査結果についてSACLA選定委員会の意見を聴き、JASRIとして42課題を採択しました。

 

 

1. 募集、審査及び採択等の日程
 2016B期の課題募集、審査及び採択は、以下のスケジュールを経て行われました。

 (2016年)
5月 9日 ホームページで募集案内公開
6月 10日 応募締切
 ~この間、審査基準に即した各課題の個別審査を実施~
7月 26日 第11回SACLA PRC(総合審査)
8月 5日 第13回SACLA選定委員会(審査結果の意見聴取)
8月 15日 JASRIとして採否決定、結果通知
9月 23日 2016B期利用開始

 

 

2. 応募、採択及びビームタイム配分状況
 募集課題は一般課題(成果非専有利用または成果専有利用)と重点戦略課題(成果専有利用のみ)の2種類あり、前述のとおり、応募課題数全85課題の内42課題を採択(全体の採択率は49%)しました。一般課題の成果専有利用は、当該期においては応募課題数全85課題のうち1課題が、また、採択課題数42課題のうち1課題が、それぞれ成果専有利用です。ビームライン別・申請者所属別の応募・採択課題数を表1に、課題種別・申請者所属機関別の応募・採択課題数を表2に、さらに、採択された課題の要求シフト数および配分シフト数を表3に示します。

 


申請者は当面日本国内に法人格を有する企業所属者に限る、実験の実施可能性・安全性・倫理性を審査(科学技術的妥当性・SACLAの必要性は審査対象外)、ビームタイム配分は2時間(0.166・・・ ≒ 0.17シフト)単位、当該利用に配分可能なビームタイムは共用に供するビームタイムの10%以内。

 

表1
(単位:課題数)
ビームライン 産業界 大学等
教育機関
国公立試験
研究機関等
海外機関 合 計 採択率
応募 採択 応募 採択 応募 採択 応募 採択 応募 採択  
BL1     4 3 4 4     8 7  
BL2/BL3 3 3 25 15 13 9 36 8 77 35  
合 計 3 3 29 18 17 13 36 8 85 42 49%

 

表2
(単位:課題数)
課 題 種 産業界 大学等
教育機関
国公立試験
研究機関等
海外
機関
合 計 採択率










一般課題(成果非専有) 2 2 9 6 10 8 23 4 44 20 45%
一般課題(成果専有) 1 1             1 1 100%













1. 生体分子の階層構造ダイナミクス     8 5 6 4 7 2 21 11 52%
  1-(1) 創薬ターゲット膜タンパク質のナノ結晶を用いた構造解析     2 0 3 2 1 0 6 2  
1-(2) 細胞全体及びその部分の生きた状態でのイメージング     2 1     1 0 3 1  
1-(3) 超分子複合体の一分子構造解析     1 1         1 1  
1-(4) 一分子X線回折実験とスパコン解析を融合させたダイナミクス研究                 0 0  
1-(5) ポンプ-プローブ法を適用した動的構造解析     3 3 3 2 5 2 11 7  
2. ピコ・フェムト秒ダイナミックイメージング     12 7 1 1 6 2 19 10 53%
  2-(1) 気相・液相・固相反応ダイナミクス     5 4 1 1 5 2 11 7  
2-(2) 界面反応の超高速過程                 0 0  
2-(3) 電荷発生・電荷移動ダイナミクス     2 1         2 1  
2-(4) 極端条件下の超高速過程     5 2     1 0 6 2  
2-(5) 動的X線分光科学                 0 0  
合 計 3 3 29 18 17 13 36 8 85 42 49%

 

表3
(単位:シフト数)
  A B C C/A C/B
課題種 応募課題
(85課題)の
全要求シフト数
採択課題
(42課題)の
全要求シフト数
採択課題
(42課題)の
全配分シフト数
配分率
(採択配分/
 応募要求)
配分率
(採択配分/
 採択要求)
一般課題
(成果非専有)
284 139 101 36% 73%
一般課題
(成果専有)
0.17 0.17 0.17 100% 100%
重点戦略課題
(成果非専有)
280 176 96 34% 55%
合 計 564.17 315.17 197.17 35% 63%

 

  採択42課題に対し、ビームタイムは計197.17シフト(1シフト=12時間。0.17シフト=2時間)が配分されました。配分シフト数を含む採択42課題の一覧は、以下のWebサイトに掲載しています。

◆SACLA User Information
 > SACLA利用案内 > 採択課題/実施課題 > 採択課題一覧 > 2016B

 http://sacla.xfel.jp/wp-content/uploads/sacla_approved_proposal_2016b_j.pdf

 なお、成果を公表しない成果専有課題のうち、定期的な募集の締切によらず、随時応募・受付される時期指定課題利用制度を2016B期より導入しました。当該課題は基本的に利用期中に申請・審査のうえ実施されることから、申請・実施があった場合は、利用期終了後に結果として応募課題数・採択課題数に追加されます。



公益財団法人
高輝度光科学研究センター 利用推進部
TEL:0791-58-0961
e-mail : sacla.jasri@spring8.or.jp

 

 

Print ISSN 1341-9668
[ - Vol.15 No.4(2010)]
Online ISSN 2187-4794