ページトップへ戻る

Volume 21, No.3 Pages 216 - 219

3. SPring-8/SACLA通信/SPring-8/SACLA COMMUNICATIONS

SPring-8/SACLA研究成果公表 論文サイテーション数調査 -2016-
Statistical Analysis on Publications and Citations at SPring-8/SACLA 2016

(公財)高輝度光科学研究センター 利用推進部 User Administration Division, JASRI

pdfDownload PDF (4 MB)
SPring-8 SACLA

 

1. 概要
 SPring-8/SACLA利用研究者が発表した論文の総数と被引用数

●集計対象論文:SPring-8/SACLA成果登録DBに登録された成果中、サイテーション値の取得が可能な論文について集計した。

調査期間:2016/8月
SPring-8 1994-2016*2(総累積) 2005-2015(11年間累積) 2014(2年経過値)
累積
論文数
累積
被引用数
平均
被引用数
累積
論文数
累積
被引用数
平均
被引用数
年間
総論文数
累積
被引用数
平均
被引用数
全SPring-8[net]*1 9704 197937 20.4 7617 127161 16.7 758 4459 5.9
共用BL*3 6916 141912 20.5 5518 96207 17.4 559 3520 6.3
専用BL*3*4 2067 38058 18.4 1691 24284 14.4 209 949 4.5
理研BL*3 1215 35304 29.1 889 17142 19.3 79 693 8.8
その他(技術開発等) 151 1867 12.4 38 214 5.6 0 0 0.0
SACLA 2008-2016*2(総累積) 2014(2年経過値)
累積
論文数
累積
被引用数
平均
被引用数
年間
総論文数
累積
被引用数
平均
被引用数
全SACLA[net]*1 159 2758 17.4 23 355 15.4
BL3 75 1395 18.6 21 327 15.6
その他(技術開発等) 90 1885 20.9 2 28 14.0

●集計対象BL*5
共用BL --- 計26本

BL01B1 BL02B1 BL04B1 BL08W BL09XU BL10XU BL39XU BL41XU BL47XU BL25SU BL27SU BL02B2 BL04B2 BL20B2 BL28B2 BL40B2 BL40XU BL43IR BL38B1 BL46XU BL13XU BL20XU BL35XU BL19B2 BL37XU BL14B2

 

専用BL --- 計20本

BL14B1 BL23SU BL24XU BL11XU BL16XU BL16B2 BL44XU BL33LEP BL12B2 BL15XU BL32B2*4 BL12XU BL22XU BL08B2 BL33XU BL03XU BL07LSU BL28XU BL36XU BL31LEP

 

理研BL --- 計9本

BL45XU BL44B2 BL29XU BL19LXU BL26B1 BL26B2 BL17SU BL32XU BL43LXU

 

●備考

*1:成果登録DBに登録された原著論文/博士論文/査読付きプロシーディングで、Thomson Reuters社Web of Scienceのサイテーション値を確認出来る論文数。

*2:2016年は、2016年1月1日から2016年4月30日までに発行された論文を集計対象とした。それ以外は、各年1月1日から12月31日までに発行された論文を集計対象とした。

*3:複数のBLに関連する成果は、それぞれの集計値に重複して集計した。

*4:BL32B2(創薬産業BL)は、専用BLに含めた(2012/3/29に設置期間終了)。

*5:調査時における供用開始から2年以内のBLは対象外とした。

 

 

2. SPring-8/SACLAを用いた総論文数とそれらの被引用状況

【SPring-8】(被引用状況:トップ10%、トップ1%)

SPring-8 論文数 トップ10%
論文割合
トップ1%
論文割合
1994-2016(総累計数) 9704 11.7 1.5
2005-2015(11年間累積) 7617 12.0 1.4
2014(2年経過値) 758 11.4 2.6

 

【SACLA】(被引用状況:トップ10%、トップ1%)

SACLA 論文数 トップ10%
論文割合
トップ1%
論文割合
2008-2016(総累計数) 159 26.4 6.3
2014(2年経過値) 23 52.2 8.7

 

【SPring-8】BL種別論文数、トップ10%、トップ1%論文割合

2005-2015
(11年間累積)
論文数 トップ10%
論文割合
トップ1%
論文割合
SPring-8(全体) 7617 12.0 1.4
共用BL 5518 13.1 1.7
専用BL 1691 9.3 1.0
理研BL 889 12.6 1.5
その他(技術開発等) 38 2.6 0.0
東京大学(全体) 83637 13.0 1.6
日本国平均(全体) 850968 8.0 0.8
2014
(2年経過値)
論文数 トップ10%
論文割合
トップ1%
論文割合
SPring-8(全体) 758 11.4 2.6
共用BL 559 12.2 3.2
専用BL 209 8.1 1.9
理研BL 79 15.2 3.8
その他(技術開発等) 0 0.0 0.0
東京大学(全体) 8175 13.2 1.6
日本国平均(全体) 78352 7.8 0.9

 

【SACLA】発行年別論文数、トップ10%、トップ1%論文割合

SACLA 論文数 トップ10%
論文割合
トップ1%
論文割合
2012 15 20.0 6.7
2013 31 35.5 3.2
2014 23 52.2 8.7
2015 34 26.5 11.8

2016年8月調査

●備考

*1:論文数は、Thomson Reuters社InCites Benchmarkingを用いてサイテーション値を確認できるドキュメントタイプArticleとReviewを集計対象とした。

*2:論文被引用回数トップ10%割合、及びトップ1%割合は、Thomson Reuters社InCites Benchmarkingより集計した。

 

 

3. SPring-8における総論文数と被引用回数トップ10%論文割合

 

21-3-2016_p216_fig1

●備考

*1:被引用数確認は、Thomson Reuters社InCites Benchmarkingを用い、ドキュメントタイプArticleとReviewを集計対象とした。

*2:被引用回数トップ10%割合は、Thomson Reuters社InCites Benchmarkingより集計した。

*3:2013年発行分から、SPring-8/SACLA利用研究成果集を集計に加えた。

 

 

4. SPring-8利用の年別発行総論文数と平均被引用数(2005-2015)

調査期間:2016/8月
SPring-8   2005 2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015
年別発行論文数 被引用数確認 637 588 666 690 647 645 745 745 863 758 633
被引用数未確認*1 50 81 121 92 119 160 140 118 219 217 255
累積被引用数 15123 15582 14455 15108 16069 12265 13956 11031 7890 4459 1223
平均被引用数
[累積被引用数/年別発行論文数.被引用数確認]
23.7 26.5 21.7 21.9 24.8 19.0 18.7 14.8 9.1 5.9 1.9

 

21-3-2016_p216_fig2

*1:検索DB(Thomson Reuters Web of Science)未登録のため、被引用数が確認出来ない論文は「被引用数未確認」に計上する。
2013年発行分から、SPring-8/SACLA利用研究成果集を集計に加えた。

 

 

5. SPring-8のBL別累積論文数と累積被引用数の比較(2005-2015)

 

21-3-2016_p216_fig3

*1:検索DB(Thomson Reuters Web of Science)未登録のため、被引用数が確認出来ない論文は「被引用数未確認」に計上する。
2013年発行分から、SPring-8/SACLA利用研究成果集を集計に加えた。

*2:一つの論文が異なる複数のBLに関わる共通の成果とみなせる場合、各BLそれぞれに計上する。

 

 

6. SPring-8のBL別年間総論文数と総被引用数の比較(2014年の発表論文)

 

21-3-2016_p216_fig4

*1:検索DB(Thomson Reuters Web of Science)未登録のため、被引用数が確認出来ない論文は「被引用数未確認」に計上する。
2013年発行分から、SPring-8/SACLA利用研究成果集を集計に加えた。

*2:一つの論文が異なる複数のBLに関わる共通の成果とみなせる場合、各BLそれぞれに計上する。

 

 

7. 2014年発行論文の被引用数ベスト10
 SPring-8/SACLA利用関連論文の被引用数ベスト10(2014)

  回数 BL 実験責任者 タイトル 主著者 所属 投稿先
ジャーナル名
1 161 BL41XU
BL32XU
Nishimasu, Hiroshi Crystal Structure of Cas9 in Complex with Guide RNA and Target DNA Nishimasu, Hiroshi The University of Tokyo Cell
2 81 BL41XU Okumura, Hideo Crystal Structure of a Heterotetrameric NMDA Receptor ion Channel Karakas, Erkan Cold Spring Harbor Laboratory Science
3 76 BL19B2 Osaka, Itaru Thiophene-Thiazolothiazole Copolymers: Significant Impact of Side Chain Composition on Backbone Orientation and Solar Cell Performances Osaka, Itaru Hiroshima University, RIKEN Advanced Materials
4 73 BL44B2 - Self-Accelerating CO Sorption in a Soft Nanoporous Crystal Sato, Hiroshi Kyoto University, SPring-8/RIKEN Science
5 52 BL41XU Wu, Beili Agonist-bound Structure of the Human P2Y12 Receptor Zhang, Jin Chinese Academy of Sciences Nature
6 50 BL01B1 Tanaka, Tsunehiro A Series of NiM (M = Ru, Rh, and Pd) Bimetallic Caralysts for Effective Lignin Hydrogenolysis in Water Zhang, Jiaguang National University of Singapore ACS Catalysis
7 48 BL02B2 Higuchi, Masakazu High CO2/N2/O2/CO Separation in a Chemically Robust Porous Coordination Polymer with Low Binding Energy Duan, Jingui Kyoto University Chemical Science
8 47 BL41XU
BL44XU
BL32XU
BL3
Ago, Hideo Determination of Damage-Free Crystal Structure of an X-ray Sensitive Protein using an XFEL Hirata, Kunio SPring-8/RIKEN Nature Methods
9 44 BL02B2 Kobayashi, Hirokazu Hydrogen Storage in Pd Nanocrystals Covered with a Metal-Organic Framework Li, Guangqin Kyoto University Nature Materials
10 41 BL3 Nishino, Yoshinori Imaging Live Cell in Micro-Liquid Enclosure by X-ray Laser Diffraction Kimura, Takashi Hokkaido University Nature Communications

 

 

Print ISSN 1341-9668
[ - Vol.15 No.4(2010)]
Online ISSN 2187-4794