Volume 21, No.1 Page 38

4. SPring-8/SACLA通信/SPring-8/SACLA COMMUNICATIONS

SPring-8セベラルバンチ運転モード「Hモード」の構造の一部変更について
The Structure Modification of the Several Bunch Mode “H”

(公財)高輝度光科学研究センター 研究調整部/利用推進部 Research Coordination Division / User Administration Division, JASRI

pdfDownload PDF (452 KB)
SPring-8

 

 2016A期(2016年4月~)より、SPring-8ビームラインにおいて時間分解実験等を行うシングルバンチユーザーのために提供しているセベラルバンチ運転モードの一つであるHモード(11/29−filling + 1 bunch)のうち「11/29」の部分に関し、これまでの連続バンチから6バケット間隔の構造に変更します。
 具体的には、Hモードの「11/29」の部分(924バンチ × 0.1 mA)の構造が、これまでの連続から406 × 11/29(154バンチ × 0.6 mA、11.8 nsec(6バケット)間隔の406バンチライクな構造)に変更となります。

 

モード名 Bunch Mode Bunch Interval Total Current Single Bunch Current Beam Injection Interval
Hモード 11/29−filling
+ 1 bunch
1486 nsec 100 mA 5 mA~ 40 seconds
Hモード 406 × 11/29−bunches
+ 1 bunch
11.8 nsec,
1486 nsec
100 mA 0.6 mA,
5 mA~
40 seconds

 

 変更によるメリットとしては、共用BL09XUの核共鳴実験ユーザーでAモードを選択されているユーザーの一部が、運転モードの第2希望でHモードを選択することができるようになります。これにより、バンチモード割り振り(利用日設定)の自由度が増すことになります。当該変更によるデメリットは、今のところ特に見当たりません。

 詳細は下記URL(SPring-8セベラルバンチ運転モード対応表)をご覧ください。
 http://www.spring8.or.jp/ja/users/operation_status/schedule/bunch_mode

 

以 上

 

 

SPring-8/SACLA INFORMATION

ISSN 1341-9668 EISSN 2187-4794