ページトップへ戻る

Volume 20, No.2 Page 198

3. SPring-8/SACLA通信/SPring-8/SACLA COMMUNICATIONS

2014B期において実施されたSACLA利用研究課題(共用課題)について
The SACLA Public Proposals and User Statistics in 2014B Research Term

登録施設利用促進機関 (公財)高輝度光科学研究センター Registered Institution for Facilities Use Promotion, JASRI

pdfDownload PDF (101 KB)
SACLA

 

 2012年3月より供用運転が開始されたSACLAでは、第6回目の利用期である2014B期の利用研究課題(共用課題)が、2014年10月15日から2015年3月6日にかけて実施されました。この期間において、ビームラインBL3にて計29の利用研究課題が実施され、ビームタイムは計140シフト(1シフト=12時間)が利用されました。
 実施課題は、一般課題と重点戦略課題の2種類(いずれも成果非専有課題のみ)あり、それぞれ表1のとおり国内外・産学官に所属するユーザーにより実施されました。

 

表1 2014B期SACLA利用研究実施課題
課題種 産業界 大学等
教育機関
国公立
試験研究機関等
海外機関 合 計
実 施
課題数
実 施
シフト数
実 施
課題数
実 施
シフト数
実 施
課題数
実 施
シフト数
実 施
課題数
実 施
シフト数
実 施
課題数
実 施
シフト数
一般課題 1 2 2 9 7 31 2 11 12 53
重点戦略
課題
    9 45 5 27 3 15 17 87
合 計 1 2 11 54 12 58 5 26 29 140

*実施課題を実験責任者の所属(産学官 海外)で区分。
*延べ来所者数は計430人。

 

 

 また、これらのほか、同ビームラインにおいてJASRIスタッフによるインハウス課題が計4課題実施され、ビームタイムは計9シフトが利用されました。

 実施課題の課題名は、以下のWebサイトに掲載しています。

◆SACLA User Information
 > SACLA利用案内 > 採択課題/実施課題 > 実施課題一覧 > 2014B

 http://sacla.xfel.jp/wp-content/uploads/sacla_performed_proposal_2014b_j.pdf

 また、利用課題実験報告書(Experiment Summary Report)は、以下のWebサイトに掲載しています。

◆SACLA User Information
 > 成果等検索 > 利用課題実験報告書検索

 https://user.spring8.or.jp/uisearch/expreport/ja
※2014B期の報告書は、2015年5月19日に公開。

 成果は、課題実施期終了後3年以内に、査読付き原著論文等で公開されます。


公益財団法人
高輝度光科学研究センター 利用推進部
TEL:0791-58-0961
e-mail : sacla.jasri@spring8.or.jp

 

 

Print ISSN 1341-9668
[ - Vol.15 No.4(2010)]
Online ISSN 2187-4794