ページトップへ戻る

Volume 15, No.3 Pages 202 -203

4. SPring-8 通信/SPring-8 COMMUNICATIONS

SPring-8運転・利用状況
SPring-8 Operational Status

(財)高輝度光科学研究センター 研究調整部 Research Coordination Division, JASRI

pdfDownload PDF (712 KB)

 

 

◎平成22年4~6月の運転・利用実績

 SPring-8は4月2日から4月28日までマルチバンチおよびセベラルバンチ運転で第1サイクルの運転を行い、5月11日から6月11日までセベラルバンチ運転で第2サイクルの運転を実施した。第1~2サイクルではRFのサーキュレータアーク等による停止があったが、全体としては順調な運転であった。総放射光利用運転時間(ユーザータイム)内での故障等による停止時間(down time)は、第1サイクルは約0.4%、第2サイクルは0.5%であった。

 放射光利用実績(いずれも暫定値)については、実施された共同利用研究の実験数は、第1サイクルは合計215件、利用研究者は951名で、専用施設利用研究の実験数は合計125件、利用研究者は581名であった。第2サイクルは合計274件、利用研究者は1,293名で、専用施設利用研究の実験数は合計154件、利用研究者は760名であった。

 

 

1.装置運転関係

(1)運転期間
第1サイクル(4/2(金)〜4/28(水))
第2サイクル(5/11(火)〜6/11(金))
(2)運転時間の内訳
第1サイクル
運転時間総計 約619時間
①装置の調整およびマシンスタディ等 約116時間
②放射光利用運転時間 約501時間
③故障等によるdown time 2時間
総放射光利用運転時間(ユーザータイム = ② + ③)に対するdown timeの割合 約0.4%
第2サイクル
運転時間総計 約742時間
①装置の調整およびマシンスタディ等 約119時間
②放射光利用運転時間 約621時間
③故障等によるdown time 約3時間
総放射光利用運転時間(ユーザータイム = ② + ③)に対するdown timeの割合 約0.5%
(3)運転スペック等
第1サイクル(マルチバンチおよびセベラルバンチ運転)
・160 bunch train × 12(マルチバンチ)
・203 bunches
・1/7 filling + 5 bunches
第2サイクル(セベラルバンチ運転)
・11 bunch train × 29
・203 bunches
・入射は電流値優先モード(2〜3分毎(マルチバンチ時)もしくは20〜40秒毎(セベラルバンチ時))のTop-Upモードで実施。
・蓄積電流 8 GeV、〜100 mA
(4)主なdown timeの原因
・RFのサーキュレータアークによる停止

 

2. 利用関係

(1)放射光利用実験期間
第1サイクル(4/5(月)〜4/26(月))
第2サイクル(5/13(木)〜6/11(金))
(2)ビームライン利用状況
稼働ビームライン
共用ビームライン 26本
専用ビームライン 17本
理研ビームライン 8本
加速器診断ビームライン 2本
第1サイクル(暫定値)
共同利用研究実験数 215件
共同利用研究者数 951名
専用施設利用研究実験数 125件
専用施設利用研究者数 581名
第2サイクル(暫定値)
共同利用研究実験数 274件
共同利用研究者数 1,293名
専用施設利用研究実験数 154件
専用施設利用研究者数 760名

 

 

◎平成22年6〜7月の運転・利用実績

 SPring-8は6月14日から7月9日までセベラルバンチ運転で第3サイクルの運転を行い、7月10日から7月11日の停止をはさみ、7月12日から7月30日までセベラルバンチ運転で第4サイクルの運転を実施している。第3~4サイクルの運転・利用実績については次号にて掲載する。

 

 

◎今後の予定

 7月31日から9月29日まで夏期点検調整期間とし、加速器やビームラインに係わる機器の改造・点検作業、電気・冷却設備等の機器の点検作業等を行う予定である。

 

 

◎平成22年度のSPring-8運転計画

 SPring-8では2010B期の運転を以下のように計画している。但し、本計画は、後の検討により修正される場合がある。

 正式に運転計画が決定され次第、SPring-8のWWW等で報告する。

(1)運転予定表

図1に平成22年度(2010年度)の運転計画を示す。

(2)運転計画の内訳

平成22年度は合計8サイクルの運転を予定している。

(3)運転スペック等

各サイクルの詳細な運転スペック(蓄積電流値やバンチ運転、フィリング等)については、利用者の要望等を踏まえ、検討・調整を行う。決定された運転スペックについては、すみやかにSPring-8のWWW等で報告する。

 

 

図1

 

 

Print ISSN 1341-9668
[ - Vol.15 No.4(2010)]
Online ISSN 2187-4794