ページトップへ戻る

Volume 13, No.5 Page 393

4. 告知板/ANNOUNCEMENTS

最近のSPring-8関係功績の受賞
Award-winning Achievements on SPring-8

pdfDownload PDF (13 KB)


「第6回ひょうごSPring-8賞」を花王株式会社伊藤隆司副主席研究員、プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン株式会社 佐野則道シニアサイエンティストが受賞


 ひょうごSPring-8賞とは、社会全体に対してSPring-8への認識と知名度を高めることを目的とし、SPring-8を利用して、産業への応用等社会全般の発展に寄与する研究成果をあげられた方を表彰する、平成15年度より兵庫県が設置した賞である。


受賞者紹介(同一テーマで2名を個別表彰)

 伊藤 隆司  花王株式会社 ビューティケア研究センター

          メイクアップビューティ研究所 副主席研究員

 佐野 則道  プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン株式会社 研究開発本部

          分析部門 シニアサイエンティスト


功績名:新しいヘアケア製品の開発に貢献した毛髪のミクロ構造の解析


 毛髪は、男女を問わず人間にとっては、大きな関心ごとの一つである。毛髪は一見単純な一本の繊維のように見えるが、キューティクル、コルテックス、メデュラという内部構造を持つ複雑な階層構造をしている。ヘアケア製品の開発には、単一の毛髪の微小部分の内部構造を調べることは、大変重要な役割を果たすことができる。

 伊藤隆司氏(花王)は、くせ毛に着目し、その内部構造をX線小角散乱計測によって調べることにより、くせ毛がどのような内部構造によるのかを解明した。さらに、加齢により、くせ毛のようにうねった毛髪が増え、そのような毛髪がくせ毛と同様の内部構造を有することを見出した。それらの結果より、エイジング毛を対象としたヘアケア製品(セグレタ)の開発に貢献した。

 佐野則道氏(P&G)は、屈折コントラストイメージング法と呼ばれる方法で、種々の条件下での単一の毛髪の内部構造を直接イメージにより観察した。その手法を用いて、どのような毛髪処理をすることが、有効なのかを調べ、ヘアケア製品(パンテーンクリニケア)の開発に貢献した。これらの功績が高く評価され、今回の受賞となった。

 授賞式は11月27日に兵庫県公館において行われる予定である。

(一部兵庫県の記者発表資料より転載)



Print ISSN 1341-9668
[ - Vol.15 No.4(2010)]
Online ISSN 2187-4794