ページトップへ戻る

Volume 13, No.4 Page 304

1. SPring-8の現状/PRESENT STATUS OF SPring-8

平成21年度SPring-8パワーユーザー募集について
Call for Power User Applications FY 2009

登録施設利用促進機関(財)高輝度光科学研究センター A Registered Institution for Promoting Synchrotron Radiation Research, JASRI

pdfDownload PDF (57 KB)


 平成15年度より導入したパワーユーザー制度について、平成20年度より全てのユーザーに対しパワーユーザーになり得る機会を設ける公募制に変更することとしました。公募は年1回で、平成21年度の募集は今回のみです。
 以下に記載の「1.パワーユーザーについて」を十分ご理解いただいたうえで、「2.募集要項」に従い、ご応募ください。なお、詳細な募集要項は次のURLをご参照ください。
http://www.spring8.or.jp/ja/users/proposals/call_for/power_user_09



1.パワーユーザーについて
 共用ビームラインおよび測定技術を熟知し、放射光科学・技術の学術分野の開拓が期待できる研究者で、
(1)先導的な放射光利用研究分野において優れた研究成果創出を目指すと共に
(2)ビームライン実験ステーション設備の開発および高度化に協力し
(3)利用研究の拡大・推進および利用者支援を行う方をパワーユーザー(以下「PU」という)といいます。

 PUは、先導的な放射光利用研究分野において優れた研究成果創出のために、当該ビームラインにおいて最大20%のビームタイムの配分を受け、PU課題として実施していただきます。PUは、来所に係る旅費および実験支援用消耗品費の支給を受けることができます。PU審査は年1回とし、PUは年度で追加されます。指定期間は5年としますが、中間評価の結果、3年で中止となる場合もあります。
 利用報告書は、各期課題終了後60日以内に提出していただきます。
 関連の深い研究分野の他のユーザー課題については、測定技術やデータ解析などの助言等の支援を行っていただきます。各期課題終了後に、一般課題支援内容およびビームラインの開発・高度化の作業内容を、JASRIに提出していただきます。



2.募集要項
(1)指定期間
  平成21年度(平成21年4月)から5年度
(2)応募方法
 応募を希望される場合は「3.問い合わせ先」へご連絡ください。電子申請していただけるよう設定変更します。
 User Information Site(https://user.spring8.or.jp/)から電子申請してください。応募にあたってはホームページの記入要領をよくお読みください。申請書の項目名とは異なっている内容についても記入していただきますので、ご注意ください。



(3)応募締切
平成20年11月5日(水)午前10時JST(提出完了時刻)
 電子申請システムの動作確認はしておりますが、予期せぬ動作不良等の発生も考えられます。申請書の作成(入力)は時間的余裕をもって行って頂きますようお願いいたします。
 Web入力に問題がある場合は「3.問い合わせ先」へ連絡してください。応募締切時刻までに連絡を受けた場合のみ、別途送信方法の相談を受けます。
(4)審査について
 書類審査と面接審査の2段階審査とし、書類審査に合格された方について、面接審査に進んでいただきます。面接審査は平成20年11月12日(水)です。
 面接時間は1時間で、プレゼンテーション30分間、質疑応答30分を予定しています。書類審査に合格された申請者には、面接時間を連絡いたしますので、PU課題、ビームラインの高度化、利用者支援計画についてのプレゼンテーションのご準備をお願いいたします。



3.問い合わせ先
 〒679-5198 兵庫県佐用郡佐用町光都1-1-1
 (財)高輝度光科学研究センター 利用業務部
   平野志津
 TEL:0791-58-0961 FAX:0791-58-0965
 e-mail:sp8jasri@spring8.or.jp

4.審査結果の通知
書類審査結果通知(面接時間通知)
 平成20年11月7日(金)頃
採否通知
 平成20年11月末



Print ISSN 1341-9668
[ - Vol.15 No.4(2010)]
Online ISSN 2187-4794