ページトップへ戻る

Volume 12, No.3 Page 242

1. SPring-8の現状/PRESENT STATUS OF SPring-8

放射光に関わる加速器、ビームライン機器、計測機器等の研究の募集について(萌芽的研究支援2)
Call for Budding Research Support Proposals 2 (Accelerator, Beamlines, Detectors)

登録施設利用促進機関(財)高輝度光科学研究センター A Registered Institution for Promoting Synchrotron Radiation Research, JASRI

pdfDownload PDF (9 KB)


 萌芽的研究支援は、将来の放射光研究を担う人材の育成を図ることを目的として、萌芽的・独創的な放射光科学研究を創出する可能性のある大学院生を支援するものです。平成19年度に行う加速器、ビームライン機器、計測機器等の研究を以下の要領により募集します。なお、放射光を利用する研究については本誌240ページの「2007B 萌芽的研究支援 利用研究課題の募集について」で募集しています。


募集領域

 加速器、ビームライン機器、計測機器等の研究


応募資格

 課題実行時に大学院博士後期課程に在学する(見込を含む)方でSPring-8における研究に対して主体的に責任を持って実行できる方。

 なお、指導教員が申請を許諾し、SPring-8での研究に対し責任を負える方に限ります。


支援内容

 SPring-8までの旅費(滞在費込み)と若干の消耗品費を支援します。


支援期間

 平成20年3月31日まで


応募方法

(1)申請書 1部

(2)誓約書 1部[申請者と指導教員の署名が必要]

 を、下記提出先へ郵送してください。

 各書類は、以下のURLからダウンロードしてください。

https://user.spring8.or.jp/files/budding_researchers/form01_13_2n_ja.doc

https://user.spring8.or.jp/files/budding_researchers/form07_13_2n_ja.pdf


応募締切

 平成19年6月7日(木)午前10時JST

 (誓約書の郵送期限 平成19年6月14日必着)


審査について

 JASRIの審査委員会で審査されます。


審査結果の通知

 平成19年7月下旬の予定


報告書について

 本支援を受けたときは、課題終了後、支援対象研究に関する論文、あるいは研究報告書(A4和文5枚程度)を利用業務部へ提出してください。


消耗品の実費負担

 2007B期における本課題は、国費による消耗品費(従量分)の支援を受けています。従って、利用者が消耗品費を支払う必要はありません。


提出先・問い合わせ先

 〒679-5198 兵庫県佐用郡佐用町光都1-1-1

 (財)高輝度光科学研究センター 利用業務部

  楠本久美、平野志津

 TEL:0791-58-0961 FAX:0791-58-0965

 e-mail:sp8jasri@spring8.or.jp



Print ISSN 1341-9668
[ - Vol.15 No.4(2010)]
Online ISSN 2187-4794