ページトップへ戻る

Volume 17, No.4 Pages 393 - 396

4. SPring-8 通信/SPring-8 COMMUNICATIONS

第30回(2012B)SPring-8利用研究課題の採択について
The Proposals Approved for Beamtime in the 30th Research Term 2012B

登録施設利用促進機関(公財)高輝度光科学研究センター 利用業務部 Registered Institution for Facilities Use Promotion, User Administration Division, JASRI

pdfDownload PDF (1 MB)

 公益財団法人高輝度光科学研究センター(JASRI)では、SPring-8利用研究課題審査委員会(PRC)においてSPring-8の利用研究課題を審査した結果を受け、SPring-8選定委員会の意見を聴き、以下のように第30回共同利用期間(2012年10月2日〜2013年2月7日(放射光利用276シフト、1シフト=8時間))における利用研究課題を採択しました。ただし、産業利用Ⅰ、ⅡおよびⅢビームライン(BL14B2、BL19B2およびBL46XU)は2012Bを2期に分けて募集しており、これらのビームラインについては第1期の2012年10月2日〜12月8日(174シフト)における課題を採択しました。表1に利用研究課題公募履歴を示します。



1.募集、選定および採択の日程
[募集案内公開と応募締切]
平成24年5月8日 SPring-8ホームページで募集案内公開
         (利用者情報5月号に募集案内記事を掲載)
    6月13日 成果公開優先利用課題応募締切
    6月14日 長期利用課題応募締切
    6月28日 一般課題、萌芽的研究支援課題、重点産業化促進課題および重点グリーン/ライフ・
         イノベーション推進課題応募締切 [課題審査、選定、採択および通知]
平成24年8月2日午後−3日午前
         分科会による課題審査
         (一部 別日程)
    8月3日午後
         SPring-8利用研究課題審査委員会による課題審査選定
    8月10日 SPring-8選定委員会の意見を聴取
    8月17日 JASRIとして採択決定し応募者に審査結果を通知



2.応募および採択状況
 2012Bの応募課題数は820、採択課題数は631でした。表2に2012B期の利用研究課題の課題種別の応募課題数および採択課題数と採択率(%)を示します。2-1に重点課題として応募された課題で一般課題として採択された課題を、応募の課題種を一般課題として整理した統計を示します。2-2に本来の重点産業化促進課題および重点グリーン/ライフ・イノベーション推進課題の応募数と採択数を示します。成果非専有課題としての科学技術的妥当性の審査対象となる課題、すなわち、成果非専有一般課題、萌芽的研究支援課題、重点産業化促進課題、重点グリーン/ライフ・イノベーション推進課題および長期利用課題への応募754件について、ビームラインごとの応募課題数、採択課題数および採択率ならびに配分シフト数と、採択された課題の1課題あたりの平均配分シフト数を表3に示します。また表4に、全応募820課題について、申請者の所属機関分類と課題の研究分野分類の統計を示します。このうち、所属機関および研究分野について全体に対する割合をそれぞれ図1および図2に示します。



3.採択課題
 2012B期の採択課題の一覧は、SPring-8ホームページに掲載しています。以下をご覧ください。
 ホーム>利用案内>研究課題>採択・実施課題一覧
http://www.spring8.or.jp/ja/users/proposals/list/
 なお、2012B期に新規で採択された長期利用課題の紹介を本誌に掲載しています。



表1 SPring-8 利用研究課題 公募履歴
利用期 利用期間 ユーザー
利用シフト
応募締切日** 応募課題数 採択課題数
第1回:1997B 平成9年10月-平成10年3月 168 平成9年1月10日 198 134
第2回:1998A 平成10年4月-平成10年10月 204 平成10年1月6日 305 229
第3回:1999A 平成10年11月-平成11年6月 250 平成10年7月12日 392 258
第4回:1999B 平成11年9月-平成11年12月 140 平成11年6月19日 431 246
第5回:2000A 平成12年2月-平成12年6月 204 平成11年10月16日 424 326
第6回:2000B 平成12年10月-平成13年1月 156 平成12年6月17日 582 380
第7回:2001A 平成13年2月-平成13年6月 238 平成12年10月21日 502 409
第8回:2001B 平成13年9月-平成14年2月 190 平成13年5月26日 619 457
第9回:2002A 平成14年2月-平成14年7月 226 平成13年10月27日 643 520
第10回:2002B 平成14年9月-平成15年2月 190 平成14年6月3日 751 472
第11回:2003A 平成15年2月-平成15年7月 228 平成14年10月28日 733 563
第12回:2003B 平成15年9月-平成16年2月 202 平成15年6月16日 938 621
第13回:2004A 平成16年2月-平成16年7月 211 平成15年11月4日 772 595
第14回:2004B 平成16年9月-平成16年12月 203 平成16年6月9日 886 562
第15回:2005A 平成17年4月-平成17年8月 188 平成17年1月5日 878 547
第16回:2005B 平成17年9月-平成17年12月 182 平成17年6月7日 973 624
第17回:2006A 平成18年3月-平成18年7月 220 平成17年11月15日 916 699
第18回:2006B 平成18年9月-平成18年12月 159 平成18年5月25日 867 555
第19回:2007A 平成19年3月-平成19年7月 246 平成18年11月16日 1099 761
第20回:2007B 平成19年9月-平成20年2月 216 平成19年6月7日 1007 721
第21回:2008A 平成20年4月-平成20年7月 225 平成19年12月13日 1009 749
第22回:2008B 平成20年10月-平成21年3月 189 平成20年6月26日 1163 659
第23回:2009A 平成21年4月-平成21年7月 195 平成20年12月11日 979 654
第24回:2009B 平成21年10月-平成21年2月 210 平成21年6月25日 1076 709
第25回:2010A 平成22年4月-平成22年7月 201 平成21年12月17日 919 665
第26回:2010B 平成22年10月-平成23年2月 210 平成22年7月1日 1022 728
第27回:2011A 平成23年4月-平成23年7月 215 平成22年12月9日 1024 731
第28回:2011B 平成23年10月-平成24年2月 195 平成23年6月30日 1077 724
第29回:2012A 平成24年4月-平成24年7月 201 平成23年12月8日 816 621
第30回:2012B 平成24年10月-平成25年2月 222 平成24年6月28日 (820) (631)
 *ユーザ利用へ供出するシフト(1シフト=8時間)で全ビームタイムの80%
**一般課題の応募締め切り日
応募・採択課題数について:2006B以前は応募締め切り日**の値である。2007A以降は、期終了時の値(産業2期募集、生命科学等分科会留保課題、時期指定課題、緊急課題を含む)を示す。2011Aは被災量子ビーム施設ユーザー支援課題を受け 入れた(17シフト追加)。
2012Bは今後産業利用ビームライン利用第2期分、生命科学等分科会留保課題等の応募があるため現在の値は括弧内に示す。


表2 2012B SPring-8 利用研究課題の課題種別応募および採択課題数と採択率
2-1
決定課題種 応募課題数 採択課題数 採択率(%)
一般課題(非専有) 627 482 76.9
一般課題(専有) 37 37 100.0
萌芽的研究支援課題 64 39 60.9
重点産業化促進課題 17 14 82.4
重点グリーン/ライフ・イノベーション推進課題 42 27 64.3
成果公開優先利用課題 29 29 100.0
長期利用課題 4 3 75.0
総   計 820 631 77.0
審査対象課題のみの合計 754 565 74.9
*科学技術的妥当性審査対象課題で、成果専有課題と優先利用課題を除いた課題

2-2
応募課題種 応募課題数 重点課題としての
採択課題数
一般課題としての
採択課題数
重点グリーン/ライフ・イノベーション課題 74 27 33
重点産業化促進課題 23 14 6


表3 2012B ビームラインごとの審査対象課題の採択状況
ビームライン 応  募
課題数計
採  択
課題数計
採択率
配  分
シフト数計
1課題あたり
平均配分**
BL01B1:XAFS 38 30 78.9 198 6.6
BL02B1:単結晶構造解析 14 12 85.7 138 11.5
BL02B2:粉末結晶構造解析 63 38 60.3 165 4.3
BL04B1:高温高圧 21 15 71.4 168 11.2
BL04B2:高エネルギーX線回折 25 24 96.0 219 9.1
BL08W:高エネルギー非弾性散乱 24 15 62.5 222 14.8
BL09XU:核共鳴散乱 20 7 35.0 126 18.0
BL10XU:高圧構造物性 20 15 75.0 120 8.0
BL13XU:表面界面構造解析 25 19 76.0 213 11.2
BL14B2:産業利用Ⅱ 28 21 75.0 117 5.6
BL17SU:理研 物理科学Ⅲ 7 6 85.7 36 6.0
BL19B2:産業利用Ⅰ 30 24 80.0 113 4.7
BL20B2:医学・イメージングⅠ 19 18 94.7 162 9.0
BL20XU:医学・イメージングⅡ 32 21 65.6 187 8.9
BL25SU:軟X線固体分光 23 21 91.3 210 10.0
BL26B1:理研構造ゲノムⅠ 3 3 100.0 21 7.0
BL27SU:軟X線光化学 31 25 80.6 198 7.9
BL28B2:白色X線回折 25 21 84.0 216 10.3
BL32XU: 理研 ターゲットタンパク 14 5 35.7 48 9.6
BL35XU:高分解能非弾性散乱 16 16 100.0 222 13.9
BL37XU:分光分析 26 24 92.3 207 8.6
BL38B1:構造生物学Ⅲ 30 26 86.7 186 7.2
BL39XU:磁性材料 16 12 75.0 174 14.5
BL40B2:構造生物学Ⅱ 58 38 65.5 212 5.6
BL40XU:高フラックス 17 17 100.0 156 9.2
BL41XU:構造生物学Ⅰ 46 34 73.9 172.5 5.1
BL43IR:赤外物性 21 18 85.7 168 9.3
BL45XU:理研 構造生物学Ⅰ 10 8 80.0 54 6.8
BL46XU:産業利用Ⅲ 25 20 80.0 133 6.7
BL47XU:光電子分光・マイクロCT 27 12 44.4 108 9.0
総       計 754 565 74.9 4669.5 8.3
 *成果非専有一般課題、萌芽的研究支援課題、重点グリーン/ライフ・イノベーション推進課題、
  重点産業化促進課題、長期利用課題
**1シフト=8時間
BL26B2(理研構造ゲノムⅡ)は応募なし
産業利用ビームラインの第2期募集含まず


表4 SPring-8 2012B 応募・採択結果の機関および研究分野分類

*ビームライン技術、素粒子・原子核、考古学
 本データに産業利用ビームラインの第2期募集は含まれない


図1 SPring-8 2012B
   応募・採択課題数の機関割合
図2 SPring-8 2012B
   応募・採択課題数の研究分野割合
Print ISSN 1341-9668
[ - Vol.15 No.4(2010)]
Online ISSN 2187-4794