ページトップへ戻る

Volume 08, No.5 Page 297

1. SPring-8の現状/PRESENT STATUS OF SPring-8

2004A トライアルユース課題の募集について
Call for the Beam Time Application for Trial Use Experiments

放射光利用研究促進機構 (財)高輝度光科学研究センター Organization for the Promotion of Synchrotron Radiation Research, JASRI

pdfDownload PDF (15 KB)


 産業界等が抱える研究開発分野、応用開発分野等の問題のうち、SPring-8の高輝度放射光を利用することにより技術的ブレイクスルーが期待されるものを対象に、産学官の放射光利用トライアルユースの実施を行い地域産業活性化のためのイノベーション、新産業の創出を支援します。当財団では2003Bからトライアルユース課題を重点産業利用領域に指定しています。下記の要領でご応募ください。


                     記



1.利用期間

 平成16年2月26日~平成16年7月中旬の予定


2.対象ビームラインとシフト数

 BL19B2 産業利用ビームライン 50シフト程度その他BL01B1、BL37XUおよびBL46XUで若干シフト提供する予定です。


3.トライアルユースの重点領域(年度ごとに指定)

 平成15年度はイメージングと応力解析、平成16年度は薄膜微量のXAFSと薄膜の構造解析です。


4.応募方法

 利用研究課題申請書に記入し、原本1部と副本(原本の縮小両面コピー)15部を利用業務部へ送付してください。利用研究課題申請書記入の際、1頁目の特記事項のトライアルユース(TU)応募のチェック欄にチェックしてください。なお、トライアルユース課題が不採択になった場合は一般課題として審査しますので、一般課題への二重申請は不要です。


5.応募締切

 平成15年11月4日(火)午前10時 利用業務部必着

 (国内からの応募は11月2日(日)の消印有効)


6.トライアルユースについて

(1)支援

 計画の立案から実施、まとめに至る相談、技術支援、試料作製から実験装置の費用、旅費など、広範な支援を実施します。

(2)審査

 提案された課題は、課題選定委員会の委嘱を受けたトライアルユース課題選定委員会で審査されます。

(3)報告書

 従来の報告書(Experiment Report)に加えて、別途トライアルユース課題実施報告書の提出を求めます。


7.技術的問い合わせ先

 利用研究促進部門I

 古宮 聰(komiya@spring8.or.jp)または梅咲則正(umesaki@spring8.or.jp)


8.申請書の送付および問い合わせ先

 〒679-5198 兵庫県佐用郡三日月町光都1-1-1

 (財)高輝度光科学研究センター 利用業務部

   平野志津/平野有紀

 TEL:0791-58-0961  FAX:0791-58-0965

 e-mail:sp8jasri@spring8.or.jp


9.BL19B2のトライアルユース留保ビームタイムについて

 BL19B2では50シフト程度を2004A期の後半に留保します。トライアルユース留保ビームタイムの課題募集は平成16年3月以降に行う予定です。



Print ISSN 1341-9668
[ - Vol.15 No.4(2010)]
Online ISSN 2187-4794