ページトップへ戻る

Volume 07, No.5 Page 328

5. 告知板/ANNOUNCEMENTS

第5回SRRTNetワークショップ 「理論・計算・実験間のインターフェース」開催のご案内
The 5th SRRTNet Workshop “Interface Between Theory, Computation and Experiments”

pdfDownload PDF (17 KB)


1.開 催 日: 2002年10月15日(火)~16日(水)


2.場   所: SPring-8 放射光普及棟


3.主   催: 日本原子力研究所、理化学研究所、高エネルギー物理学研究機構物質構造科学研究所、(財)高輝度光科学研究センター


4.趣   旨:

 SRRTNet(Synchrotron Radiation Research Theory Network)は、理論家主体のネットワークで、コンピューターコードの共有やデータベースの構築等を計っていますが、もう1つの大きな活動目標として実験家と理論家共に参加するワークショップ開催があります。これに従い、理論家と放射光を利用する実験家のより緊密な関係を構築し、効果的に共同研究を推進することも目的としてこのワークショップを開催します。この目的達成のためあまり大きな会議とはせず、講演は全て、Scientific Committee および組織委員会が選んだ招待講演とします。


5.組織委員会:

 小谷章雄(東大物性研/理研)、馬越健次(姫工大理/JASRI)、

 那須奎一郎(KEK・物構研)、斯波弘行(神戸大理)、

 五十嵐潤一(原研)、辛 埴(東大物性研/理研)、水木純一郎(原研)


6.Scientific Committee:

 Kotani A.(U Tokyo/Riken),Makoshi K.(HIT/JASRI),Igarashi J.(JAERI),Shiba H.(U Kobe),Mizuki J.(JAERI),Shin S.(U Tokyo/Riken),Nasu K.(KEK),Van Hove MA.(LBNL-ALS/UC Davis),Rehr J.(U Washington),Wander A.(Daresbury),Carra P.(ESRF),Natoli R.(Frascati),Altarelli M.(ICTP/SISSA)


7.招待講演予定者:

 Chatterji T.(ILL),de Groot F.(U Utrecht),Fujimori A.(U Tokyo/JAERI),Huang DJ.(SRRC),Igarashi J.(JAERI),Inami T.(JAERI),Jo T.(Hiroshima U),KamakuraN.(RIKEN),Kao C-C.(NSLS),Kevan SD.(U Oregon),Koizumi H.(Himeji IT),Kotani A.(U Tokyo/Riken),Krueger P.(ESRF),Nasu K.(KEK),Oh S-J.(SeoulNat.U),Okada K.(Okayama U),Parlebas J-C.(IPCMS),Shin S.(RIKEN/UTokyo),Shirley EL.NIST),Tanaka A.(Hiroshima U),Tsuneyuki S.(U Tokyo)


8.問い合わせ先:

 (財)高輝度光科学研究センター

 所長室 研究事務グループ 研究交流担当 當眞一裕

 TEL:0791-58-0987 FAX:0791-58-0988

 e-mail:tohma@spring8.or.jp

または

 馬越健次

 姫路工業大学大学院理学研究科

 TEL:0791-58-0151 FAX:0791-58-0570

 e-mail:sp8th@sci.himeji-tech.ac.jp


9.そ の 他:

 参加登録は無料としますので、奮ってご参加下さい。

 (ただし、バンケット参加は5,000円頂きます。)

 本ワークショップのホームページは

 http://www.sci.himeji-tech.ac.jp/material/theory1/SRRTNet/SRRTNet5.html

 です。



Print ISSN 1341-9668
[ - Vol.15 No.4(2010)]
Online ISSN 2187-4794