ページトップへ戻る

Volume 06, No.4 Pages 273 - 274

1. SPring-8の現状/PRESENT STATUS OF SPring-8

平成13年度SPring-8運転計画
SPring-8 Operation Schedule

(財)高輝度光科学研究センター 所長室 計画調整グループ JASRI Planning and Coordination Section, Director's Office

pdfDownload PDF (160 KB)


◎平成13年度のSPring-8運転計画

 SPring-8では平成13年度(平成13年4月~平成14年3月)の運転計画の検討を行い、以下のように変更を行った。但し、本計画は現在のところ確定されたものではなく、今後の検討により修正される可能性がある。

 正式に運転計画が決定(修正)され次第、SPring-8ホームページや利用者情報誌等でお知らせする。

(1)運転予定表

 図1に平成13年度(2001年度)の運転計画を示す。

(2)運転計画の内訳

 ①サイクル数

 平成13年度は合計10サイクル(平成13年;第4~第10、平成14年;第1~第3)の運転を予定している。

 ②1サイクル当たりの期間

 1サイクル当たりの期間は、原則4週間連続運転モードで行う予定である。

 ③マシンスタディ、BLスタディ第7サイクルより、各サイクルにビームラインスタディの枠を新たに設ける。

 ④運転停止期間

 サイクル間の運転停止以外の主な長期運転停止期間、マシン及びビームライン調整期間は、以下の通りである。

 ・中間点検 4月28日~5月9日

 ・夏期停止 6月30日~8月19日

 ・マシン及びビームライン調整期間 8月20日~9月7日

 ・冬期停止 12月15日~平成14年1月14日

(3)運転スペック等

 各サイクルの詳細な運転スペック(蓄積電流値やバンチ運転、フィリング等)については、利用者の要望等を踏まえ、各サイクル開始前に開催される「スケジュール調整会議」で、検討・調整をする。

 会議で決定された運転スペックについては、すみやかにSPring-8ホームページ等でお知らせする。

(4)注意事項

 中間点検期間・長期停止期間については、今後の検討により変更される可能性がある。また、停止期間中に設置、増設されるビームラインや挿入装置についても変更される可能性がある。



Print ISSN 1341-9668
[ - Vol.15 No.4(2010)]
Online ISSN 2187-4794