ページトップへ戻る

Volume 04, No.4 Pages 5 - 6

2. SPring-8の現状/PRESENT STATUS OF SPring-8

SPring-8運転・利用状況
SPring-8 Operational News

(財)高輝度光科学研究センター 計画管理グループ JASRI Planning Management Section

pdfDownload PDF (15 KB)


◎平成11年4~5月の運転・利用実績

 SPring-8は3月31日から第4サイクル(3週間連続運転モード)、4月21日から第5サイクル(2週間連続運転モード)、5月初旬の中間点検作業による運転停止期間を挟んで、5月12日から第6サイクル(3週間連続運転モード)の運転を実施した。

 第4~第6サイクルではRFの反射異常や冷却水の流量の低下による停止、また地震の影響による停止等があったが、順調な運転であった。

 放射光利用運転時間(ビームタイム)内での故障等による停止時間(down time)は約1%であった。放射光利用実績については、実験された共同研究課題は合計110件、利用研究者数は413名にのぼった。


1.装置運転関係
(1)運転期間

 第4サイクル(3/31(水)~ 4/16(金))

 第5サイクル(4/21(水)~ 4/30(金))

 第6サイクル(5/12(水)~ 5/28(金))

(2)運転時間の内訳

 運転時間総計               約991時間

 ①装置の調整、およびマシンスタディ    約178時間

 ②放射光利用運転(ビームタイム)時間   約803時間

 ③ビームタイム内の故障等によるdown time  約10時間

 総利用運転時間(②+③)に対するdown timeの割合 約1%

(3)運転スペック等

 ①マルチバンチ運転

  ◎第6サイクル

   ・2/3フィリング運転

   ・蓄積電流 1~70mA

 ②セベラルバンチ運転

  ◎第4サイクル

   ・2 bunch×116

   ・14 bunch train×20+single bunch

   ・蓄積電流 1~70mA

  ◎第5サイクル

   ・14 bunch train×21

   ・蓄積電流 1~70mA

  ◎第6サイクル

   ・等間隔116 bunch

   ・蓄積電流 1~70mA

(4)主なdown timeの原因

 ①蓄積リングRFの反射異常によるInter lock

 ②電磁石電源の故障によるInter lock

 ③BL39XUの冷却(冷凍機)系の作業に伴うビーム廃棄

 ④地震によるビーム軌道変動(rf-BPM)によるInter lock


2.利用関係
(1)放射光利用実験期間

 第4サイクル(4/ 1(木)~ 4/14(水))

 第5サイクル(4/22(木)~ 4/30(金))

 第6サイクル(5/13(木)~ 5/26(水))

(2)ビームライン利用状況

 稼動ビームライン 共用ビームライン 10本

          R&Dビームライン 1本

          理研ビームライン 2本

          原研ビームライン 3本

          専用ビームライン 1本

 利用研究課題 110件

 利用研究者数 413名

(3)トピックス

①第4、第5サイクルのビームタイムのビーム入射は15時の1回/1日の入射とした。第6サイクルについては、セベラルバンチ運転時は8時と20時の2回/1日の入射、マルチバンチ運転時は15時の1回/1日の入射とした。

②5月の中間点検期間中にBL47XUの挿入光源の真空部品の交換を行い、第6サイクルからギャップを操作しての利用が可能となった。

③第6サイクルでは運転スペックとユーザーの調整を行い、サイクル前半(5月13日(木)15時~17日(月)15時まで)をセベラルバンチ運転、後半(5月17日(月)15時~26日(水)15時まで)をマルチバンチ運転で行なった。第6サイクルの前半にて1999A共同利用期間のセベラルバンチでの実験は終了した。


3.ニュースバル関係

 第4サイクルは昼間はコミッショニング、夜間は焼き出し運転を継続して行い、入射効率は80%、最大蓄積電流は12mAを確認した。

 第5、第6サイクルでは第4サイクルと同様に、昼間はコミッショニング、ビームライン調整、夜間は焼き出し運転を継続して行い、第6サイクルの終了時での最大蓄積電流は14mAを確認した。また、ビームラインでの放射光を確認した。


◎今後の予定
(1)6月2日から7月2日まで第7サイクル(3週間連続運転モード)と第8サイクル(2週間連続運転モード)の運転をマルチバンチ運転、蓄積電流100mAで行う予定。
(2)7月3日から9月5日までマシンの夏期長期運転停止期間とし、ビームラインの増設や各設備及び機器の点検作業等を実施する予定。
(3)夏期長期運転停止期間後の運転再開は9月6日からの予定。但し9月24日まではマシン及びビームラインの調整期間とし、ユーザーへの放射光の提供は行わない。


Print ISSN 1341-9668
[ - Vol.15 No.4(2010)]
Online ISSN 2187-4794