ページトップへ戻る

Volume 02, No.4 Pages 57 - 58

6. 告知板/ANNOUNCEMENTS

第2回SR産業利用関連技術国際会議
The 2nd International Conference on Industrial Applications of Synchrotron Radiation

pdfDownload PDF (20 KB)

 

 

日 時:平成9年8月9日(土)〜11日(月)

 

場 所:9、10日 研究成果発表会:放射光医学利用国際ワークショップ(波賀'97)(宍粟郡波賀町 高砂の家)

11日 講演会(県立先端科学枝術支援センター 大ホール)

 

主 催:第2回SR産業利用関連技術国際会議開催委員会

兵庫県、(財)播磨テクノポリス財団、(財)ひょうご科学技術創造協会、(財)高輝度光科学研究センター、SPring-8利用推進協議会

 

(8月11日)講演会

趣 旨:兵庫県ではがんの粒子線治療施設を建設、「診断は放射光」という計画です。X線診断では、X線発見以来100年間吸収像-X線の影絵のイメージングが続いてきましたが、昨年、X線の屈折で像を形成する新しい原理が見出されました。本会議は、海外からは放射光の医学応用の研究をされている物理系の研究者、国内から医学の専門家を招き、最先端の研究を展望し、理工学と医学を接合して新しい展開を目指すものです。

 

参加費:5,000円(昼食、資料代含みます)

(8月11日プログラム)
10:30~10:50 開会式
10:50~11:00 イントロダクション
千川 純一(県立先端科学技術支援センター)
11:00~11:50 講演 1
講演者: 加藤 治文(東京医科大学)、土`田 敬明(東京医科大学)
テーマ: 光線力学的治療および診断
Photodynamic Therapy and Diagnosis
座 長: 松井 純爾(姫路工業大学理学部)
講演 2
講演者: 松崎 靖司(筑波大学臨床医学系)
テーマ: がんの陽子線治療の現状と展望 -消化器を中心に-
The Usefulness of Proton Irradiation for Cancer
- The Present Status and Future Prospects for Gatstrointestina1 and Hepatobi1iary Cancer -
座 長: 舘野 之男(放射線医学総合研究所)
11:50~12:40 昼 食
12:40~13:40 講演 3
13:40~14:30 講演者: Stephen Wi1kins(オーストラリアCSIRO)
テーマ: 位相コントラスによる新しいX線撮像法
New Methods for X-ray Imaging Based on Phase-Contrast
座 長: 千川 純一(県立先端科学技術支援センター)
14:30~15:20 講演 4
講演者: Wi1liam Thom1inson(アメリカ ブルックヘブン国立研究所)
テーマ: 米国ブルックヘブン国立研究所における放射光の医学応用
Medical App1ications of Synchrotron Radiation at Brookhaven Nationa1 Laboratory
座 長: 山崎 克人(神戸大学医学部)
15:20~15:40 コーヒーブレイク
15:40~16:30 講演5
講演者: 杉下 靖郎(筑波大学臨床医学系)
テーマ: 放射光による新しい心臓病診断法
A New Diagnostic Method for Heart Disease by Using Synchrotron Radiation
座 長: 安藤 正海(高エネルギー加速器研究機構)

   公用語 日本語、英語(同時通訳)

   ※11日はJR姫路駅南口バスロータリーから送迎バスを運行します。

 

間い合わせ先:第2回SR産業利用関連技術国際会議開催委員会事務局

       〒650 神戸市中央区下山手通5-10-1

       兵庫県商工部新産業創造課技術政策係内(担当:中島)

       TEL:078-362-3333、FAX:078-362-4273

 

 

Print ISSN 1341-9668
[ - Vol.15 No.4(2010)]
Online ISSN 2187-4794