ページトップへ戻る

Volume 02, No.1 Page 53

6. 告知板/ANNOUNCEMENTS

放射光産業利用技術懇談会講演会(第6回)
Symposium by Synchrotron Radiation Application Consortium

pdfDownload PDF (15 KB)

 

 

日 時:平成9年1月24日(金) 13:30〜17:00
場 所:立命館大学びわこ・くさつキャンパスコアステーション2階大会議室
    滋賀県草津市野路町1916:JR南草津駅下車 直通バス(10分)
後 援:(財)高輝度光科学研究センター、大阪府、京都府、滋賀県、(財)大阪科学技術センター、
    (社)大阪ニュークリアサイエンス協会、滋賀工業会、(株)京都リサーチパーク
ご参加にあたっては氏名、所属を1月22日までにFAXにて事務局までご送付下さい。
参加料は無料です。
放射光産業利用技術懇談会事務局 立命館大学SRセンター内
TEL:0775-61-2806 FAX:0775-61-2859(担当:米倉)

 

シンポジウムテーマ

「放射光の産業・社会・文化に及ぼすインパクトについて」

13:30〜13:40
  開会挨拶 放射光産業利用懇談会会長  濱口 俊一
13:40〜14:10
  特別講演 司会  岩崎  博
  「放射光(SR)利用研究の黎明期―フォトンファクトリ誕生のころ」
(財)高輝度光科学研究センター諮問委員会委員長  高良 和武
14:10〜15:50
  シンポジウム
   1.プレゼンテーション(話題提供) 司会  西勝 英雄
    大型SR施設“ SPring-8 ”の研究と展望
原研・理研共同チーム研究開発グループリーダー  大野 英雄
    小型SR施設による構造解析・分析の現状と展望
立命館大学教授/SRセンター長  岩崎  博
    小型SR施設のプロセス産業利用の現状と展望
立命館大学特別研究員  松原 健夫
    中型SR施設“ニュースバル” の研究計画と将来展望
姫路工業大学教授  寺沢 倫孝
    まとめ SR利用研究の産学協同について
東京大学名誉教授  佐々木泰三
ーーーーーーーー 休 憩 ーーーーーーーー
16:00〜17:00
   2.総合討論 司会  池田 重良
    「放射光の産業・社会・文化に及ぼすインパクトについて」
(財)高輝度光科学研究センター諮問委員会委員長   高良 和武
滋賀県工業技術センター所長(及びプレゼンテーター)  大槻 眞一
17:20〜19:00
  懇談会:コアステーション 3階 ラウンジ
  施設見学会:(随時)立命館大学SR施設/マイクロプロセス施設

 

         

 

Print ISSN 1341-9668
[ - Vol.15 No.4(2010)]
Online ISSN 2187-4794