ページトップへ戻る

Volume 05, No.1 Pages 19 - 20

2. SPring-8の現状/PRESENT STATUS OF SPring-8

SPring-8サイトの建屋の整備状況
Construction Status at SPring-8 Site

青木 正 AOKI Tadashi

日本原子力研究所 関西研究所 放射光利用研究部 Dept. of Synchrotron Radiation Facilities JAERI Kansai Research Establishment

pdfDownload PDF (153 KB)


 昨年のご報告から約1年経った去年の11月、また獅子座流星群がやってきました。今回は天気が悪く、ほとんど見えませんでしたが、そのかわりにSPring-8サイトの地上は少し明るくなりました。建屋の工事は順調に進んでいます。その主なものをご紹介します。

①放射光物性研究棟
鉄筋コンクリート造一部鉄骨造
4階建て一部5階建て  総床面積5,120m²

 播磨地区における原研の研究拠点となる建屋です。平成10年度から着工して、現在コンクリート工事が行われています。1、2階がオフライン実験機器を備えた実験室、3、4階が居室となります。本年度中に主要部分の内装工事がほぼ完成し、来年度の初期には竣工する予定です。

②物理科学研究棟
鉄筋コンクリート造
4階建て  総床面積4,400m²

 構造生物学研究棟とともに、播磨地区における理研の研究拠点となる建屋です。平成10年度から着工して、現在コンクリート工事が行われています。主に物理科学の研究を推進するため、試料の作成、実験機器の調整、データの解析等を行ないます。本年度中に主要部分の工事がほぼ終了し、来年度の初期には竣工する予定です。

③利用実験施設
鉄筋コンクリート造
3階建て  総床面積2,500m²

 SPring-8の共用ビームライン及び専用ビームラインを利用する研究者のための施設です。平成10年度から着工して、現在コンクリート工事が行われています。本年度中に竣工する予定で、来年度から、研究者はこの建屋の一室を使い、ビームラインで使用する試料の作成、実験機器の調整、データの解析等を行うことができるようになります。


SPring-8全景 (平成11年11月現在)

④長尺ビームライン実験施設
鉄骨造 2階建て  総床面積1,090m²

 1kmに長尺化された理研ビームラインの先端に設置する建屋です。現在、建築工事はほぼ完成し、本年中に竣工の予定です。来年度には、並行して建設が進められている長尺ビームラインの完成とともに、主に物理科学実験に使われます。

⑤実験動物維持施設
鉄骨造 2階建て  総床面積670m²

 主に中尺ビームラインを使用した医療分野での放射光利用研究を推進するため、実験動物を一時的に飼育する施設です。建屋は既に完成しており、これから内装機器を搬入し、来年度初頭から動物の飼育が可能となる予定です。

⑥放射光普及棟
鉄骨造 平屋建て  総床面積1,530m²

 SPring-8を始めとする放射光の普及活動を行うための施設です。現在、外装がほぼ完成し、本年度中に竣工の予定です。来年度初頭からは、JASRIの広報部がこの建屋に移駐するとともに、この建屋の展示ホール、会議室を使って見学者対応、会議等を行う予定です。

⑦基盤機器保管棟
鉄骨造 平屋一部2階建て  総床面積1,020m²

 SPring-8関係の装置、機器、図面類を保管する建屋です。現在、建屋の骨組みがほぼ完成し、本年度中に竣工の予定です。



Print ISSN 1341-9668
[ - Vol.15 No.4(2010)]
Online ISSN 2187-4794