ページトップへ戻る

Volume 03, No.5 Page 11

2. SPring-8の現状/PRESENT STATUS OF SPring-8

SPring-8運転・利用状況
SPring-8 Operational News

(財)高輝度光科学研究センター 計画管理グループ JASRI Planning Management Section

pdfDownload PDF (15 KB)


平成10年6月~7月の運転・利用実績

 SPring-8は5月27日から第7サイクル、6月17日から第8サイクルの運転を、それぞれ3週間連続運転モードで実施した。機器の稼働は極めて順調で、放射光利用運転時間(ビームタイム)内での故障等による停止時間は2%以下である。

 SPring-8は7月4日から夏期停止期間として、ビームラインの増設と挿入装置の据え付け、各機器の点検・改修作業等を開始した。運転再開は9月上旬の予定である。

 第7、第8サイクルでの放射光利用実績は、実験された研究課題は合計112件、利用研究者数は452名にのぼった。


1.装置運転関係

(1)運転期間

 第7サイクル (5/27(水)~6/12(金))

 第8サイクル (6/17(水)~7/ 3(金))

(2)運転時間の内訳

 運転時間総計               約775時間

 装置の調整、およびマシンスタディー    約189時間

 放射光利用運転(ビームタイム)時間    約574時間

 ビームタイム内での故障等によるdown time  約12時間

 (総利用運転時間に対するdown timeの割合 約2%)

(3)運転スペック等

 21バンチ運転(全期間に亘り)

 蓄積電流   17~19mA

 (マシンスタディ時は一部~99mA)

 ビーム寿命(挿入光源のギャップを閉じた状態で) 約20時間

(4)トピックス

・前サイクルの終わりに蓄積リングビーム電流を100mAまで蓄積させたが、ユーザー利用はこれまでの予定どおり20mA、21バンチモードで運転を実施した。

・線型加速器の電子銃の改良を行い、これまで約30分必要であった21バンチモードでの入射時間が、約3分に大幅に短縮された。


2.利用関係

(1)放射光利用実験期間(第7、第8サイクル合計)

 第7サイクル (5/29(金)~6/10(水))

 第8サイクル (6/19(金)~7/ 1(水))

(2)ビームライン利用状況

 稼働ビームライン 共用ビームライン 9本

          R&Dビームライン 1本

          理研ビームライン 2本(1本は最終調整中)

          原研ビームライン 2本(1本は最終調整中)

 利用研究課題  112件

 利用研究者数  452名

(3)トピックス

・海外研究機関所属の実験責任者による実験が、第7サイクルで米国、第8サイクルでインドおよび英国のチームによってそれぞれ実施された。


今後の予定

(1)機器・装置は7月3日で運転を停止し、4日から夏期長期停止期間に入った。この間にビームラインの増設工事、挿入装置の据え付けを実施する。また各種機器の点検作業や、線型加速器と兵庫県放射光施設ニュースバルとの接続工事も行う。

(2)運転再開は9月上旬の予定。ただし、9月7日から予定されている第9サイクルは、夏期停止期間に設置したビームラインや挿入装置のコミッショニングと、機器の立ち上げ調整期間とし、ユーザーへの放射光提供は行わない。

(3)9月下旬(30日予定)の第10サイクルからユーザー利用を開始する。12月中旬まで、3週間連続運転モードで4サイクル(第10から第13サイクルまで)を行う予定である。



Print ISSN 1341-9668
[ - Vol.15 No.4(2010)]
Online ISSN 2187-4794