ページトップへ戻る

Volume 02, No.6 Pages 17 - 21

3. 共用ビームライン/PUBLIC BEAMLINE

共用ビームラインのビームタイムを配分
The Beam Time Distribution at the Public Beamlines of SPring-8

(財)高輝度光科学研究センター 利用業務部 JASRI SPring-8 Users Office

pdfDownload PDF (55 KB)

 

 

 (財)高輝度光科学研究センターは、SPring-8の第1回共同利用期間(平成9年10月〜平成10年3月)に共用ビームラインで実施される利用研究課題に対するビームタイムの配分を決定し、平成9年8月末に各実験責任者に通知した。

 ビームタイムの配分は10本の共用ビームラインの整備状況及び昨年度末に行われた応募190件の利用研究課題についての審査結果に基づき128件(採択129件中122件、条件付き採択38件中4件、インド関係追加採択4件中2件)に対して行われた。

 今回の共同利用期間は、10本の共用ビームラインの性能評価に重点を置くため、ビームラインの試行期間と位置付けられ、本年初めに行われた利用研究課題の募集、選定においてもビームラインの性能評価に関連した課題が優先された。

 このため、今回のビームタイムの配分に際し、各ビームラインの建設に協力した研究チームが主となって行うビームラインの調整及び性能評価を行う研究課題の実験と、ビームラインの性能評価・確認に役立つ課題及び放射光利用の研究課題の実験のビームタイムを組み合わせて、試行期間の主要目的である共同利用の本格化に向けたビームラインの調整と性能評価試験を行うとともに、新しい装置の取扱に利用者が速やかに習熟できるように配慮された。

 本共同利用期間の加速器及びビームラインの運転は、新しいビームラインの設置のための12月後半から2月前半までの停止期間を除き、2週間(一部3週間)を1サイクルとして3月末までに8回行う予定である。

 

共用ビームラインの利用計画(平成9年10月〜平成10年3月)
No. ビームライン
番号
サイクルNo. 97-8 97-9 97-10 97-11 97-12 冬期
運転
停止
98-1 98-2 98-3
ビームライン名称 期間 H9.10.10

H9.10.17
H9.10.24

H9.10.31
H9.11.7

H9.11.14
H9.11.21

H9.11.28
H9.12.5

H9.12.19
H10.2.20

H10.2.27
H10.3.6

H10.3.13
H10.3.20

H10.3.27
1 BL01B1 XAFS(X線吸収微細構造) 3 3 3 3 5

調


3 3
2 BL02B1 結晶構造解析 4 5 5 5 5 6 5
3 BL04B1 高温構造物性 3 3 6 2 4 3 3
4 BL08W 高エネルギー非弾性散乱 3 3 3 3 3 試験調整
運転
4
5 BL09XU 核共鳴散乱 2 6 7 4 6 2 4
6 BL10XU 高圧構造物性 試験調整
運転
1 2 試験調整
運転
3 3 試験調整
運転
7 BL25SU 軟X線固体分光 機器据付、調整 挿入装置
据付
4 7
8 BL27SU 軟X線光化学 機器据付、調整 挿入装置
据付
2 2
9 BL39XU 生体分析 1 2 2 1 4 1 2
10 BL41XU 生体高分子結晶構造解析 2 2 3 5 9 6 7
11 BL45XU [理研]構造生物学 1 1 2 2 2 4 2

注1)数字はそのサイクルに割り当てられた課題数を示す。

注2)本期間では、共用ビームライン10本のビームタイムだけでは実施できない課題の一部について、理研ビームラインBL45XUの利用を計画している。

注3)1サイクルは2週間運転、サイクル97-12のみ3週間運転を予定。

 

 

1.XAFS(X線吸収微細構造)ビームライン(BL01B1)
サイクルNo. No. 実験責任者 所属機関 利用研究課題名
97
-8
97
-9
97
-10
97
-11
97
-12
98
-1
98
-2
98
-3


調


0007 丹羽  幹 鳥取大学 ゼオライト担持Pd触媒のXAFSによる構造解析
0008 丹羽  幹 鳥取大学 担持Mo、W酸化物触媒のXAFSによる微細構造解析
0037 渡辺  巌 大阪大学 全電子収量XAFS法による種々の金属板の局所構造解析
0038 渡辺  巌 大阪大学 ヨウ化物イオンの種々の溶媒中における溶媒和構造
0039 渡辺  巌 大阪大学 水溶液表面の全反射XAFS
0064 片山 芳則 日本原子力研究所 高温高圧下における液体テルル、ヨウ素のXAFS
0067 久保園芳博 岡山大学 金属内包のC60のXAFS
0071 田中 庸裕 京都大学 金属酸化物マトリックス中の微量Zr, Nb, Mo酸化物のXAFSによる構造解析
0087 江村 修一 大阪大学 XAFSビームラインの総合性能比較II―低、中エネルギー領域
0094 西畑 保雄 日本原子力研究所 XAFSビームラインの総合性能比較I―高エネルギー領域
0100 田中 庸裕 京都大学 金属イオンのXANESスペクトルによるビームライン分解能の評価
0110 村田 隆紀 京都教育大学 アルカリハライド薄膜単結晶の局所的格子構造のXAFSによる研究
0111 蔭山 博之 大阪工業技術研究所 シリカガラス中の極微量Cuイオンの構造と発光特性の関係
0118 高橋 昌男 大阪大学 BL01B1XAFSビームラインにおけるXAFS観測システムの調整
0119 高橋 昌男 大阪大学 電子収量XAFS法による新しい赤色蛍光体(La1-xEux)2O2CN2のEu周囲の局所構造
0160 山口 博隆 電子技術総合研究所 酸化物ガラス中のNdイオンのK-吸収端EXAFSによる局所構造の測定

注:●はビームタイムが配分されたサイクルを示す。

 

 

2.結晶構造解析ビームライン(BL02B1)
サイクルNo. No. 実験責任者 所属機関 利用研究課題名
97
-8
97
-9
97
-10
97
-11
97
-12
98
-1
98
-2
98
-3


調


0003 虎谷 秀穂 名古屋工業大学 粉末回折実験における結晶アナライザーおよび長尺水平平行スリットの分解能評価
0009 黒岩 芳弘 千葉大学 強弾性体の一次相転移前駆現象
0010 坂田  誠 名古屋大学 マキシマムエントロピー法によるフラーレン化合物の電子レベルでの構造研究
0014 大嶋 建一 筑波大学 3元合金の構造ゆらぎ
0026 野田 幸男 千葉大学 CePのスピン秩序化に伴う格子歪と電荷秩序化
0027 野田 幸男 千葉大学 六方晶チタン酸バリウムの相転移
0028 笠谷 祐史 静岡理工科大学 高エネルギーX線を用いたK3H(SO4)2結晶の精密結晶構造解析
0033 高橋  功 関西学院大学 シリコンウエハー表面における相転移現象の観察
0062 山中 高光 大阪大学 高圧低温単結晶構造解析のシステム開発
0073 田中 清明 名古屋工業大学 放射光と真空カメラによる遷移金属結晶中の電子密度分布の超精密測定
0084 赤浜 裕一 姫路工業大学 固体酸素ε高圧相の単結晶構造解析
0129 小澤 芳樹 姫路工業大学 IPを用いた時間分解強度測定による光励起単結晶構造解析法の開発
0141 阪上  潔 関西学院大学 エピタキシャル成長したBaTiO3超薄膜及びそれを含む超格子の構造評価と相転移
0142 竹中 康之 北海道教育大学 ホスト・ゲスト包接化合物有機微小結晶のX線構造解析
0143 小島 秀子 龍谷大学 異常分散効果を利用した有機化合物の絶対配置決定
0179 鳥海幸四郎 姫路工業大学 ハロゲン架橋一次元金属錯体の微小結晶構造解析および光誘起構造変化の研究
0181 阪上  潔 関西学院大学 高分解能X線回折による準周期超格子膜の構造評価

注:●はビームタイムが配分されたサイクルを示す。

 

 

3.高温構造物性ビームライン(BL04B1)
サイクルNo. No. 実験責任者 所属機関 利用研究課題名
97
-8
97
-9
97
-10
97
-11
97
-12
98
-1
98
-2
98
-3


調


0020 八木 健彦 東京大学物性研究所 X線その場観察によるマントル構成岩石の構造と状態方程式の決定
0025 遠藤 裕久 福井工業大学 高温高圧下におけるヒ素カルコゲナイドの半導体-金属転移に伴う構造変化
0036 辻  和彦 慶応義塾大学 高温における液体テルルの構造
0049 入舩 徹男 愛媛大学 高温高圧X線その場観察による地球内部物質の相転移、融解、レオロジーの研究
0051 浦川  啓 岡山大学 高圧下におけるFe-FeS系融体の構造解析
0055 大高  理 大阪大学 AX2型化合物の高温高圧相転移
0099 桂  智男 岡山大学 Mg2SiO4-Fe2SiO4系の高圧相平衡関係の精密決定
0112 八尾  誠 京都大学 超臨界水の構造解析
0122 内海  渉 日本原子力研究所 融剤を用いた黒鉛-ダイヤモンド変換のその場観察
0130 武田 信一 九州大学 高温における液体IIIb-Te混合系の構造
0138 遠藤 将一 大阪大学 PbZrO3の圧力-温度相図の決定
0157 辻  和彦 慶応義塾大学 液体カルコゲンの構造の圧力変化
0163 乾  雅祝 広島大学 高温高圧下の超臨界流体セレンの構造
0164 田村剛三郎 広島大学 超臨界流体水銀の構造
0180 北村 直之 通産省工業技術院 高圧下におけるガラス転移点付近でのSiO2とGeO2の構造解析

注:●はビームタイムが配分されたサイクルを示す。

 

 

4.高エネルギー非弾性散乱ビームライン(BL08W)
サイクルNo. No. 実験責任者 所属機関 利用研究課題名
97
-8
97
-9
97
-10
97
-11
97
-12
98
-1
98
-2
98
-3
試験
調整
運転
0104 坂井 信彦 姫路工業大学 磁気コンプトン散乱の実験環境(検出器、低温、磁場)の性能評価
0105 坂井 信彦 姫路工業大学 高エネルギーX線の円偏光度の測定
0106 坂井 信彦 姫路工業大学 300-keVX線用モノクロメーターの性能評価
B. K. Sharma Univ. of Rajasthan Magnetic Compton Profiles of CeFe2 & CeRu2 based compounds Phase-I

注:●はビームタイムが配分されたサイクルを示す。

 

 

5.核共鳴散乱ビームライン(BL09XU)
サイクルNo. No. 実験責任者 所属機関 利用研究課題名
97
-8
97
-9
97
-10
97
-11
97
-12
98
-1
98
-2
98
-3


調


0005 三井 隆也 日本原子力研究所 摂動条件下での核共鳴散乱の研究
0006 原見 太幹 日本原子力研究所 ヘモグロビンのX線非弾性散乱
0069 伊藤 正時 慶応義塾大学 固液界面の動的構造解析
0076 瀬戸  誠 京都大学 核共鳴非弾性散乱法の開発研究
0077 瀬戸  誠 京都大学 核共鳴非弾性散乱によるHg系高温超伝導体における格子振動の研究
0078 瀬戸  誠 京都大学 低次元性物質における振動状態の核共鳴非弾性散乱による研究
0079 瀬戸  誠 京都大学 放射光核共鳴散乱によるカシミール効果の研究
0080 高橋 敏男 東京大学 X線CTR散乱における多波回折効果
0081 高橋 敏男 東京大学 X線回折散乱法による表面・界面構造研究
0089 那須 三郎 大阪大学 アモルファス強磁性体の核共鳴散乱
0090 那須 三郎 大阪大学 核共鳴放射光を用いた超高圧下57Feメスバウアー分光
0091 那須 三郎 大阪大学 核共鳴前方散乱の時間積分測定
0115 岸本 俊二 高エネルギー加速器研究機構 APD電子検出器による197Au核励起現象の観測
0117 小林 寿夫 東北大学 Tm化合物における高圧力下・低温でのメスバウアー分光
0120 岡野 達雄 東京大学 表面単原子層からの内部転換電子放射の測定
0170 菊田 惺志 東京大学 核共鳴散乱高性能核モノクロメータの開発
0171 菊田 惺志 東京大学 核共鳴散乱X線を利用した強度相関・干渉実験
0172 依田 芳卓 東京大学 高いエネルギー準位をもつ原子核による核共鳴散乱
0173 依田 芳卓 東京大学 核共鳴散乱X線の基礎過程
0174 張 小 威 高エネルギー加速器研究機構 14.4 keV核共鳴X線波長の絶対測定
0176 安藤 正海 高エネルギー加速器研究機構 ヘマタイト完全結晶における57Fe核共鳴ブラッグ散乱を用いたX線回折学の研究

注:●はビームタイムが配分されたサイクルを示す。

 

 

6.高圧構造物性ビームライン(BL10XU)
サイクルNo. No. 実験責任者 所属機関 利用研究課題名
97
-8
97
-9
97
-10
97
-11
97
-12
98
-1
98
-2
98
-3


調




調




調




調


0013 浜谷  望 お茶の水女子大学 四面体分子結晶の超高圧力下における結晶・アモルファス構造解析
0017 川村 春樹 姫路工業大学 分子性結晶の高圧下の構造相転移
0040 小野寺昭史 大阪大学 イオウの高圧高温相探索
0065 片山 芳則 日本原子力研究所 高温高圧下における液体テルル、ビスマスの密度
0083 赤松 裕一 姫路工業大学 固体酸素高圧相の結晶構造解析と分子解離の探索
0158 辻  和彦 姫路工業大学 III-V化合物の高圧相からのアモルファス化

注:●はビームタイムが配分されたサイクルを示す。

 

 

7.軟X線固体分光ビームライン(BL25SU)
サイクルNo. No. 実験責任者 所属機関 利用研究課題名
97
-8
97
-9
97
-10
97
-11
97
-12
98
-1
98
-2
98
-3
機器据付、
調整


調


0012 今田  真 大阪大学 強磁性及び半導体-金属転移の共存するペロブスカイト酸化物の磁気円二色性
0016 大門  寛 大阪大学 円偏光光電子回折
0042 菅  滋正 大阪大学 2次元光電子分光装置の整備とスピン偏極光電子回路
0043 菅  滋正 大阪大学 軟X線ビームラインの整備と強相関係Ce近藤物質の高エネルギー分解能高エネルギー共鳴光電子分光
0044 菅  滋正 大阪大学 高分解能高精度内殻吸収磁気円偏光2色性測定装置の整備とスピン偏極バンド測定
0045 Alok Banerjee IUC-DAEF* Magnetic Circular Dichroism (MCD) in Li doped NiO
0070 宮原 恒昱 東京都立大学 内殻励起磁気円二色性測定による希土類金属・3d遷移金属合金および多層膜の磁性の研究

*:Inter University Consortium for DAE Facilities

注:●はビームタイムが配分されたサイクルを示す。

 

 

8.軟X線光化学ビームライン(BL27SU)
サイクルNo. No. 実験責任者 所属機関 利用研究課題名
97
-8
97
-9
97
-10
97
-11
97
-12
98
-1
98
-2
98
-3
機器据付、
調整

0059 奥山 雅則 大阪大学 電子材料の薄膜作製、エッチングならびに微細加工
0162 鈴木  功 電子技術総合研究所 原子・分子の高分解能共鳴オージェ電子スペクトル

注:●はビームタイムが配分されたサイクルを示す。

 

 

9.生体分析ビームライン(BL39XU)
サイクルNo. No. 実験責任者 所属機関 利用研究課題名
97
-8
97
-9
97
-10
97
-11
97
-12
98
-1
98
-2
98
-3


調


0018 林  好一 京都大学 単結晶の蛍光X線ホログラフィー
0021 桜井 健次 金属材料技術研究所 超微量化学状態分析実験のための高分解能蛍光X線検出システムの開発
0022 桜井 健次 金属材料技術研究所 微小液滴中超微量金属の化学状態分析
0023 桜井 健次 金属材料技術研究所 全反射蛍光X線・散乱X線測定による薄膜界面の分析法に関する研究
0032 伊藤 正久 姫路工業大学 移相子を用いた単色X線磁気回折法の開発
0125 中井  泉 東京理科大学 臨床医学試料の全反射蛍光X線分析法の開発
0126 下條 信弘 筑波大学 細胞レベルでのSR-XRFイメージングとTUNEL染色とのコンビネーション分析法の開発とその応用
0131 早川慎二郎 東京大学 高分解能蛍光X線分光とスピン選択XAFS
0132 早川慎二郎 東京大学 走査型硬X線顕微鏡による微量元素の状態分析
0153 圓山  裕 岡山大学 BL39XU光学系の評価
0154 圓山  裕 岡山大学 磁気散乱・吸収測定装置の評価
0155 圓山  裕 岡山大学 MCDによる強磁性3d遷移金属化合物における多電子励起状態
0156 圓山  裕 岡山大学 偏光変調モードによるPtL2,3-吸収端X線磁気円二色性の測定

注:●はビームタイムが配分されたサイクルを示す。

 

 

10.生体高分子結晶構造解析ビームライン(BL41XU)
サイクルNo. No. 実験責任者 所属機関 利用研究課題名
97
-8
97
-9
97
-10
97
-11
97
-12
98
-1
98
-2
98
-3


調


0024 難波 啓一 松下電器産業㈱ 細菌べん毛フィラメントのX線繊維回折法による構造解析
0041 森本 幸生 姫路工業大学 ビタミンB12と結合する酵素ジオールデヒドラーゼの構造研究
0050 甲斐  泰 大阪大学 トキイロヒラタケ由来色素タンパク質のX線構造解析
0054 福山 恵一 大阪大学 タバコネクロシスウィルス、ベルオキシダーゼおよびアミラーゼインヒビターのX線結晶解析
0056 田中 信夫 東京工業大学 構造からみた酵素の耐熱化機構
0068 濡木  理 東京大学 アミノアシルtRNA合成酵素とtRNAの複合体のX線結晶構造解析
0075 藤井  敏 大阪大学 機能性核酸分子の構造基盤の解明
0088 宮野 雅司 日本たばこ産業㈱ PGDSの結晶構造解析
0097 山根  隆 名古屋大学 Bacillus由来アミラーゼの結晶構造と機能の解析
0102 神谷 信夫 理化学研究所 タンパク質結晶解析(MIR-OAS)共用ビームラインにおけるルーチン解析の実証
0103 神谷 信夫 理化学研究所 タンパク質結晶解析(MIR-OAS)共用ビームラインの立ち上げ
0116 中川 敦史 北海道大学 多波長異常分散法によるリボソームタンパク質S7のX線結晶構造解析
0140 三木 邦夫 京都大学 高分解能結晶構造精密化に基づく生体高分子結晶構造解析ビームラインの性能評価
0149 山口  宏 大阪大学 銅アミン酸化酵素のトーパキノン生成機構の極低温条件下での時間分割解析
0159 山懸ゆり子 大阪大学 大腸菌とマウス由来突然変異原ヌクレオチド(8-oxo-dGTP)分解酵素の構造
0178 酒井 宏明 大阪大学蛋白質研究所 チトクロムc酸化酵素の高分解能X線結晶構造解析
0183 吉川 信也 姫路工業大学 結晶構造に基づくチトクロム酸化酵素の水素イオン能動輸送機構の研究
0187 前田雄一郎 松下電器産業㈱ Native Thin FilamentおよびF-actin配向ゾルのX線繊維回折
0188 Dmitry G. Vassylyev 松下電器産業㈱ Crystal structure analysis of Phe -tRNA-synthetase from T. ther- mophilus complexed with 1) tRNA ; 2) tRNA and phenyladenylate ; and 3) tRNA and Phe ; 4) Phe and ATP 5) ApA4 ; 6) tRNA and ApA4
0189 前田雄一郎 松下電器産業㈱ トロポミオシンの単体および他の蛋白質との複合体の結晶構造解析
0190 前田雄一郎 松下電器産業㈱ トロポニン複合体の結晶構造解析
M. V. Hosur Bhabha Atomic Research Center X-ray structure analysis of drug-resistant HIV-1 protease, protease inhibitor complexes, and rHCAI and substrate/inhibitor complexes.

注:●はビームタイムが配分されたサイクルを示す。

 

 

11.その他

 今回の利用期間の利用研究課題のうち、共用ビームラインで実施できない以下の5件については、理研ビームラインのビームタイムの一部を利用することを計画している。

[理研]構造生物学ビームライン(BL45XU)
サイクルNo. No. 実験責任者 所属機関 利用研究課題名
97
-8
97
-9
97
-10
97
-11
97
-12
98
-1
98
-2
98
-3


調


0015 八木 直人 (財)高輝度光科学
研究センター
小角散乱ビームラインの骨格筋X線回折実験への応用のテスト
0048 猪子 洋二 大阪大学 アンジュレータ光を用いた高分解能小角散乱装置による生体超分子の溶液散乱測定
0146 徳永 史生 大阪大学 時分割X線回折測定による光駆動プロトンポンプ(バクテリオロドプシン)の機能発現過程で生じる構造変化の実時間測定
0147 徳永 史生 大阪大学 Photoactive Yellow Proteinの変異体を用いた溶液構造の安定性と光による構造変化
0148 片岡 幹雄 大阪大学 温度ジャンプによる蛋白質折り畳み過程の時分割X線溶液散乱測定

注:●はビームタイムが配分されたサイクルを示す。

 

 

Print ISSN 1341-9668
[ - Vol.15 No.4(2010)]
Online ISSN 2187-4794