ページトップへ戻る

Volume 14, No.2 Pages 127 - 128

1. SPring-8の現状/PRESENT STATUS OF SPring-8

SPring-8運転・利用状況
SPring-8 Operational Status

(財)高輝度光科学研究センター 研究調整部
pdfDownload PDF (14 KB)

 

◎平成21年2~3月の運転・利用実績

 SPring-8は2月3日から3月16日までマルチバンチ及びセベラルバンチ運転で第6サイクルの運転を実施した。第6サイクルでは大きなトラブルも無く順調な運転であった。総放射光利用運転時間(ユーザータイム)内での故障等による停止時間(down time)は約0.7%であった。

 放射光利用実績については、実施された共同利用研究の実験数は合計364件、利用研究者は1,715名で、専用施設利用研究の実験数は合計170件、利用研究者は719名であった。

 

 

1. 装置運転関係

(1)運転期間
第6サイクル(2/3(火)〜3/16(月))
(2)運転時間の内訳
運転時間総計 約980時間
①装置の調整およびマシンスタディ等 約213時間
②放射光利用運転時間 約762時間
③故障等によるdown time 約5時間
総放射光利用運転時間(ユーザータイム = ② + ③)に対するdown timeの割合 約0.7%
(3)運転スペック等
①第6サイクル(マルチバンチ及びセベラルバンチ運転)
・1/14 filling + 12bunches
・11 bunch train × 29
・160 bunch train × 12(マルチバンチ)
・203 bunches
・入射は電流値優先モード(2~3分毎(マルチバンチ時)もしくは20~40秒毎(セベラルバンチ時))のTop-Upモードで実施。
・蓄積電流 8 GeV、〜100 mA
(4)主なdown timeの原因
①RFキャビティの反射によるアボート
②ビームラインのMBS異常によるアボート
③ハッチドアの誤信号によるアボート

 

2. 利用関係

(1)放射光利用実験期間
第6サイクル(2/6(金)〜3/12(木))
(2)ビームライン利用状況
稼働ビームライン
共用ビームライン 26本
専用ビームライン 14本
理研ビームライン 7本
加速器診断ビームライン 2本
共同利用研究実験数 364件
共同利用研究者数 1,715名
専用施設利用研究実験数 170件
専用施設利用研究者数 719名

 

◎平成21年3月~4月の実績

 SPring-8は3月17日から4月1日まで年度末運転停止期間とし加速器やビームラインに係わる機器の改造・点検作業、電気・冷却設備等の機器の点検作業等を行った。

 

 

1. 年度末運転停止期間中の主な作業

(1)線型加速器関係

①RFエージング

②電磁石電源点検

③その他作業及び定期点検

 

(2)シンクロトロン関係

①Syステアリング電磁石電源交換

②Sy冷却設備2次冷却水精密温調化

③その他作業及び定期点検

 

(3)蓄積リング関係

①既設電磁石改造・保守点検

②新規ID/FE建設・保守点検

③新規BL建設(BL03XU、BL07LSU、BL32XU、BL33XU)

④RF点検作業

⑤その他作業及び点検

 

(4)ユーティリティ関係

①電気設備保守点検作業

②冷却水設備保守定期点検

③空調用設備保守点検作業

④防災設備保守点検作業

⑤入館管理システム更新

⑥無線LAN等ネットワーク整備

⑦その他作業及び点検

 

(5)安全管理関係

①放射線監視設備定期点検

②特例区域設置

③その他作業及び点検

 

 

◎平成21年4月の運転・利用実績

 SPring-8は4月2日から4月23日までマルチバンチ及びセベラルバンチ運転で第1サイクルの運転を実施した。第1サイクルでは大きなトラブルも無く順調な運転であった。総放射光利用運転時間(ユーザータイム)内での故障等による停止時間(down time)は約0.5%であった。

 放射光利用実績については、実施された共同利用研究の実験数は合計188件、利用研究者は820名で、専用施設利用研究の実験数は合計86件、利用研究者は345名であった。

 

 

1. 装置運転関係

(1)運転期間
第1サイクル(4/2(木)〜4/23(木))
(2)運転時間の内訳
運転時間総計 約502時間
①装置の調整およびマシンスタディ等 約71時間
②放射光利用運転時間 約429時間
③故障等によるdown time 約2時間
総放射光利用運転時間(ユーザータイム = ② + ③)に対するdown timeの割合 約0.5%
(3)運転スペック等
①第1サイクル(セベラルバンチ運転)
・11 bunch train × 29
・1/7 filling + 5 bunches
・2/29 filling + 26 bunches
・入射は20~40秒毎のTop-Upモードで実施。
・蓄積電流 8 GeV、〜100 mA
(4)主なdown timeの原因
①ハッチドアの誤信号によるアボート
②RF冷却水流量低によるアボート

 

2. 利用関係

(1)放射光利用実験期間
第1サイクル(4/5(日)〜4/23(木))
(2)ビームライン利用状況
稼働ビームライン
共用ビームライン 26本
専用ビームライン 14本
理研ビームライン 7本
加速器診断ビームライン 2本
共同利用研究実験数 188件
共同利用研究者数 820名
専用施設利用研究実験数 86件
専用施設利用研究者数 345名

 

 

◎今後の予定

(1)4月24日から5月11日まで春の中間点検期間とし、加速器やビームラインに係わる機器の改造・点検作業、電気・冷却設備等の機器の点検作業等を実施している。

(2)中間点検期間後の運転再開は5月12日からの予定で6月17日まで第2サイクルの運転を行う。但し、5月12日から5月15日まではマシン及びBL立ち上げ調整期間としユーザーへの放射光の提供は行わない予定である。詳細な運転条件については決定しだいユーザーにSPring-8のWWW等で報告する。

 

 

◎訂正(利用者情報2009年2月号Vol.14, No.1)

p.20

2. (2)ビームライン利用状況

 2008年第5サイクル(08/11/12~12/12)の実験数と研究者数にあやまりがありました。以下のとおり訂正します。

共同利用研究実験数 318件
共同利用研究者数 1,606名
専用施設利用研究実験数 131件
専用施設利用研究者数 554名

 

 

Print ISSN 1341-9668
[ - Vol.15 No.4(2010)]
Online ISSN 2187-4794