ページトップへ戻る

Volume 02, No.1 Pages 2 - 5

2. SPring-8の現状/PRESENT STATUS OF SPring-8

SPring-8の現状(写真による建設状況の紹介)
Present Status of SPring-8 with Pictures under Construction

pdfDownload PDF (380 KB)

 

 

SPring-8の周辺 南方(上部)に瀬戸内海を望む(H8.11)

 

 

SPring-8の全景 左:線型加速器・シンクロトロン、中央:蓄積リング、右端:研究交流施設、右前:正門

 

 

SPring-8正門付近(H8.10)

左:正門、右:給水施設、奥は蓄積リング棟。

 

 

食堂建設風景(H8.10)

左奥はH8.10に一部運用開始になった研究交流施設。

 

 

中央管理棟建設風景(H8.12)

手前:食堂、中央:中央管理棟、左:線型加速器棟、右奥:蓄積リング棟

 

 

線型加速器加速管室内部(H8.8)

長さ3 mの加速管が一直線上に配置されており、電子ビームは1 GeVまで加速される。

朱色のものは電子ビームを集束させるための4極電磁石。

 

 

シンクロトロン入射・加速部(H8.8)

電子ビームは真空ダクト(右側銀色管)より高周波加速空洞(銅色円筒)に送り込まれ加速される。

 

 

シンクロトロン出射部(H8.8)

電子ビームは、偏向電磁石(青色)、4極電磁石(朱色)、6極電磁石(黄色)によって作られる軌道を周回しながら8 GeVまで加速される。8 GeVの電子ビームは左奥より蓄積リングに送られる。

 

 

蓄積リング棟マシン収納部(H8.8)

8 GeVに加速された電子ビームから、真空封止アンジュレータ(左側緑色)等により放射光を取り出す。

放射光は蓄積リング棟の実験ホールに導びかれる。

 

 

蓄積リング棟実験ホール内実験ステーションの建設風景(BL47XU:H8.12)

実験ハッチ(黄色ボックス)内に光学系、実験設備等が設置される。

 

 

実験ステーション内の光学系(H8.12)

R&Dビームライン(BL47XU)の実験ステーションに設置された光学系。

 

 

Print ISSN 1341-9668
[ - Vol.15 No.4(2010)]
Online ISSN 2187-4794