専用ビームラインのページ

専用BLの設置について

専用ビームライン設置手続き

専用ビームラインの建設計画は、随時受け付けています。応募された計画書は以下の手続きに従い、JASRI専用施設審査委員会において「放射光専用施設の設置計画の選定に関する基本的考え方」に基づき検討評価され、選定されます。

1.専用ビームライン設置計画趣意書(様式はこちら
趣意書は、専用ビームライン設置計画の科学的および技術的内容、ビームラインを専用とする必要性等について、検討評価するための計画書です。全体をA4版6枚程度にまとめていただくことになります。また、同一光源/同一光学系でないビームライン計画については、各々について趣意書が必要です。趣意書を受け付けたJASRIは、専用施設審査委員会にて検討評価し、JASRIにおいて受入等の決定を行い、結果を専用施設設置提案者へ通知します。なお、趣意書の有効期間は、受入通知より3年間です。

2.専用ビームライン設置場所確保通知
JASRIは、趣意書の受入が決定した専用ビームラインの設置場所を、理研の同意を得て確保し、提案者へ通知します。提案者は、確保された設置場所を考慮し、専用ビームライン設置実行計画書を作成してください。

3.専用ビームライン設置実行計画書(様式はこちら
実行計画書は、予算計画を含むビームラインの建設計画、利用計画、維持管理計画および安全管理計画並びに技術的実行可能性等について検討評価するための計画書です。技術的事項等に関する理研・JASRI(以下「施設者側」という)との協議結果を踏まえ、予算獲得の見通しを得た段階で、詳細な技術的データ等を含めA4版20枚程度にまとめ、受入通知より3年以内にJASRIへ提出してください。実行計画書を受け付けたJASRIは、専用施設審査委員会にて検討評価し、JASRIにおいて受入等の決定を行い、結果を提案者へ通知します。

4.専用ビームラインに関する契約
上記1〜3の手続きを経て、専用ビームラインの設置が受け入れられた場合には、受入決定から2年以内に専用施設設置者と施設者側との間で、専用ビームラインに関する契約を締結します。(専用ビームラインの設置期間は、原則10ヶ年以内となります。)

5.専用ビームライン設置に伴う手続き
上記4の契約に基づき、専用ビームライン設置に伴う手続きをしていただきます。

  • 専用ビームライン据付工事着工申請
    設置者から施設者側に対し据付工事着工申請をしていただきます。施設者側は、文部科学省の放射線発生装置変更許可が下り次第、設置者に対し承認致します。
  • 専用ビームライン据付進捗状況報告
    四半期毎に施設者側に設置工事の進捗状況を報告していただきます。
  • 専用ビームライン完成報告
  • 安全管理上必要となる書類等の提出

6.専用ビームライン設置完了
専用ビームライン完成後、試運転する前に施設者側安全管理室による運転前検査(自主検査)および文部科学省の使用前検査を受ける必要があります。

7.専用ビームライン利用開始
専用ビームライン完成後、ビームを使用し利用実験を行う前に、施設者側に対し利用開始通知を提出してください。なお、各利用研究課題の申請等の手続きについては、UIサイトをご参照ください。

8.中間評価
契約に基づき、設置期間の中間時期を目処として、専用ビームラインの装置の現状および利用状況を評価し、設置当初の目標通りに運用がされているかを判断する中間評価を行います。中間評価は、設置者より提出される「中間報告書」とプレゼンテーションによって行われます。中間評価結果は、残りの期間の利用を認める「継続」、ビームラインの改善等を要求する「更新・改善」、ビームラインの撤去を要求する「撤去」があります。

9.専用ビームライン設置期間満了の1年前
専用ビームライン設置期間満了の1年前までに、今後の専用ビームラインの予定を決定し、施設者側に対し以下の3つのうちいずれかの「申し出」をしてください。

  1. 撤去の申し出
    満了後、専用ビームラインを撤去する場合に出される申し出です。撤去の申し出後、撤去計画書を作成し、撤去計画の技術的審査を受けていただきます。また、専用ビームラインの撤去完了後、撤去報告書および成果報告書を提出し、専用ビームラインの事後評価を受けていただきます。譲渡により撤退する場合もこれに準じます。
  2. 延長の申し出
    現在の計画を延長する場合に出される申し出です。延長の申し出後、利用状況等の評価および延長理由の審査を受けていただきます。延長期間は5年を限度としており、延長期間終了後は、撤去の手続きとなります。
  3. 再契約の申し出
    現在の専用ビームラインを利用し、次期計画を予定されている場合に出される申し出です。再契約の申し出後、今期計画の利用状況報告書、成果報告書および次期計画書を作成し、利用状況等の評価および次期計画の審査を受けていただきます。次期計画が認められますと、再度専用ビームラインに関する契約を締結します。設置期間は原則10ヶ年以内です。

ページトップへ

専用ビームラインの改造

専用ビームライン設置完了後、光学ハッチ・実験ハッチに変更を加える場合、または蓄積リング本体に影響を与えるような重大な改造を行いたい場合、事前に専用ビームライン改造計画書を提出してください。軽微な改造に関しては、改造計画書の提出は必要ありませんが、施設側と十分に調整した上で、改造を行ってください。また、改造に関し、安全管理上必要な書類等の提出を求める場合があります。詳細は施設者側安全管理室にお問い合わせください。

専用ビームライン建設段階での注意事項

【登録の必要があるもの】
ユーザー登録/放射線業務従事者登録:
建設グループメンバーの方は、まずユーザー登録を行い、その後放射線業務従事者登録を行ってください。ユーザー登録/放射線業務従事者登録をされていない方は、SPring-8施設内に入れませんのでご注意ください。

ビームラインインターロックキー使用/収納部内作業承認申請:
インターロックキーを収納するための鍵収納箱が各ビームラインのインターロック主制御盤ラックに設置されています。ビームライン毎にこの鍵収納箱管理者を登録して,鍵収納箱の鍵を借り受けてください。鍵収納箱管理者およびビームライン光学ハッチ内に立ち入る方は,あらかじめ装置責任者による教育を受けている必要があります。また、実験ホールの内部にあるマシン収納部内にて作業をする必要がある場合には、作業するメンバー全員が収納部内作業承認申請書を作成し、安全管理室の許可を受けてください。

【提出書類】
建設グループメンバーリスト:
各ビームライン事務局は、建設メンバー全員の氏名・所属・ユーザー番号を記載した建設メンバーリストを利用推進部まで提出してください。また、建設メンバーに追加・変更が生じた場合には、その都度新たなリストを提出してください。建設グループメンバーには、ユーザーカード・入構証・食堂用プリペイドカードが貸与されます。

外来放射線作業者登録申請書(専用BL常駐者用または放射光利用ユーザー用):
放射線従事者登録をするために必要です。

利用申込書:
各ビームライン事務局は、建設メンバーがSPring-8に来所する際には、必要に応じて利用申込書を来所10日前までに利用推進部に提出してください。

放射光専用施設の設置計画の選定に関する基本的考え方

「特定先端大型研究施設の共用の促進に関する法律」及び同法第4条第1項の規定に基づく「特定放射光施設の共用の促進に関する基本的な方針」に基づき、登録施設利用促進機関(以下「機関」という。)として、公益財団法人高輝度光科学研究センターは、以下の方針により放射光専用施設(以下「専用施設」という。)の設置計画の選定及び評価(以下「選定等」という。)を実施する。

特定放射光施設は、世界最高性能の放射光を利用して研究等を行うための施設であり、汎用性の高い先端的施設であることから、専用施設設置計画の募集及び選定に当たっては、国内外の産業界を含め、多様な分野の研究者等に対して、透明な手続きにより公平な利用機会が提供されるよう配慮して実施する。同時に、施設の能力を最大限活用し、多くの優れた成果を上げていくよう配慮する。また、選定等を行うに当たっては、国、国立研究開発法人理化学研究所と密接に連携を図る。

I. 大型放射光施設SPring-8における専用施設の設置計画の選定等

1.専用施設の募集及び選定の手続き
(1)専用施設の設置提案は公募する。公募にあたっては、利用者情報等への掲載、ホームページの利用その他適切な手段を積極的に活用することにより広く国内外に公表する。また、必要に応じて、設置提案希望者に対し、技術的な情報の提供あるいはその他の相談への対応をインターネット等の適切な手段を用いて行う。
(2)提案は随時受け付けることとし、次の2段階の審査を専用施設審査委員会で実施し、審査結果をSPring-8選定委員会で審議する。
第1段階では、設置提案希望者から専用施設設置計画趣意書を提出させ、計画の科学的及び技術的内容、ビームラインを専用とする必要性等について審査する。
第2段階では、提案者から専用施設設置実行計画書を提出させ、予算計画を含む専用施設の建設計画、利用計画及び利用計画を踏まえた上での設置期間の妥当性、施設の維持管理計画並びに安全管理計画等について審査する。ただし、この段階で提案者と機関との協議により計画を修正することができる。
(3)機関は、SPring-8選定委員会から(2)の第1段階及び第2段階の審査結果の意見を受けて、専用施設の設置計画を選定する。
(4)機関は、専用施設の設置計画の選定結果を公表する。なお、公表する情報の管理については、機関が別に定める「特定放射光施設の利用促進業務における情報管理に関する基本的考え方」に基づき適正に行う。

2.専用施設設置計画選定の審査基準
専用施設設置計画の審査は専用施設審査委員会で行い、広範な分野からの提案に対して、科学技術基本計画等国の方針を踏まえつつ、次の基準に沿って総合的・専門的に検討評価する。
第1段階の専用施設設置計画趣意書による審査では、次の基準の(1)、(2)及び(4)を重点的に検討する。第2段階の専用施設設置実行計画書による審査では、次の基準の(3)、(4)及び(5)を重点的に検討する。
なお、国外から提案される計画については、科学的及び技術的な内容に加え、国際協調と国際競争力の強化のバランスに配慮しつつ、政府間の科学技術協力協定等の枠組みを踏まえた上で計画内容を検討する。
(1)科学技術的妥当性として、以下の(イ)から(ニ)のうち、いずれかに該当すること。
(イ)計画の先端性及び計画を含む科学技術分野の発展性
(ロ)期待される研究成果の基礎的分野・基盤的技術開発分野への貢献度
(ハ)期待される研究成果の産業基盤技術としての重要性及び発展性
(ニ)研究課題の社会的意義、社会経済への寄与度
(2)提案された計画が平和目的に限定される等、科学技術基本法や社会通念等に照らしての妥当性及び研究手段としてのSPring-8の必要性
(3)計画の技術的な実施可能性
(4)専用とする必要性、設置期間及び施設の建設、維持管理能力等
(5)実験内容の安全性

3.専用施設への支援及び利用研究課題の安全審査
(1)機関は、専用施設の設置、利用等に関し、設置者との間で締結する取り決めに基づき支援等を行うものとする。
(2)機関は、専用施設で実施される利用研究課題につき、安全審査を行うものとする。

4.利用状況等の実績の評価及び専用施設の更新・撤去
(1)利用研究課題の先端性、実験技術としての専用施設の高機能性等を確保することが重要である。ビームラインは設置可能な数が限定されていることから、専用施設の利用計画に一定の期限を設けるとともに、建設された専用施設は利用状況等の実績を機関が定期的に評価することにより必要に応じて、専用施設の改善、更新、撤去等を勧告することができる。
(2)専用施設の利用計画に定めた期限の満了前に機関は、専用施設の現状及び利用状況等について評価を行う。なお、設置者は利用計画期限満了後の利用計画の延長、又は新たな利用計画の提案を機関に対し行うことができる。
(3)機関は別に定める取り決めに従って、設置者から専用施設の現状及び利用状況についての報告を求めることができる。

5.利用者選定業務の公正の確保
機関の業務規程第6条第2項に基づく「利用者選定業務の公正の確保のために必要な事項」として、以下のとおり定める。
(1)専用施設審査委員会委員及び専用施設専門部会に関する情報(氏名等)は、公正性の確保のため、任期中は委員長を除き情報の公表を行わない。但し、透明性の確保のため、任期終了後には公表することとする。

II. X線自由電子レーザー施設SACLAにおける専用施設の設置に係る考え方

SACLAにおける専用施設については、SACLAのビーム取り出し口数が現時点においては最大5本と少ないことも踏まえ、様々な状況を考慮しつつ、国、SACLAの設置者である独立行政法人理化学研究所及び機関が密接に連携し、また、SACLA選定委員会の意見を聴きつつ、その必要性を慎重に検討するものとする。

専用ビームライン設置計画趣意書様式

  1. ビームラインの名称(日本語名および英語名をご記載ください)
  2. 機関名及び代表提案者名(所属、連絡先住所、電話番号、FAX、E-mail)
  3. 研究概要
    (1)目的(ビームラインを専用とすることの必要性を含む)
    (2)内容
    (3)国内外の他の放射光施設における研究の現状
  4. 希望する光源の性質
    (1)光源の型、偏光利用の有無
    (2)エネルギー範囲
    (3)その他(安定性等)
  5. 光学系の概要(概念図を添付
  6. 試料位置での光の性質
    (1)エネルギー範囲
    (2)エネルギー分解能
    (3)光ビームサイズ
    (4)光の発散角
    (5)光子数(光子数/秒)
    (6)光ビーム位置の安定性
    (7)その他
  7. 実験ステーションの概要(概念図を添付)
  8. 建設グループの構成(ビームラインの建設に参加するメンバーの氏名、所属、年齢、建設における分担を記述)
  9. 予算計画等の準備状況
  10. 建設スケジュール
  11. その他(安全性等に関する事項)
    (1)反応性ガス使用の有無と種類
    (2)RI試料使用の有無と密封・非密封の別及び種類
    (3)その他取扱に注意を要する試料等使用の有無及び種類
    (4)その他(特殊装置[強磁場発生装置等]の使用の有無)
  12. 専用ビームラインの維持管理
    特に安全管理は施設者側において一元的に実施する必要があると考えられますが、このことに関するご意見を記述してください。

ページトップへ

専用ビームライン設置実行計画書様式

  1. ビームラインの名称(日本語名および英語名をご記載ください)
    趣意書段階での名称を変更する場合は、旧名称を( )書きで記入してください。
  2. 機関名、代表者氏名、担当者氏名、所属、連絡先(住所、電話、FAX、E-mail)
    代表者は、計画の受入が決定した後、施設者側との間で締結する専用ビームラインに関する契約の当事者となりますので、機関の代表権を有する者の氏名を記入してください。また、担当者は、JASRIとの協議の窓口となるビームラインの設計・建設の実質的責任者の氏名を記入してください。
  3. 研究概要
    (1)目的
    (2)内容
    (3)国内外の他の放射光施設における研究の現状
  4. 光源
    (1)光源の型、偏光利用の有無
    (2)エネルギー範囲
    (3)その他(安定性等)
  5. 基幹チャンネル(図面を添付してください)
  6. 光学系(図面を添付してください)
  7. 試料位置での光の性質
    (1)エネルギー範囲
    (2)エネルギー分解能
    (3)光ビームサイズ
    (4)光の発散角
    (5)光子数(光子数/秒)
    (6)光ビーム位置の安定性
    (7)その他
  8. 実験ステーション(図面を添付してください)
    以上の「3.研究概要」〜「8.実験ステーション」までについては、趣意書段階の計画に基づき、JASRIとの協議結果及び予算計画を踏まえ、建設するビームラインの内容を具体的に示してください。
  9. 測定準備室及び試料準備室に整備する設備等
    専用ビームライン1本当たり、約40m2の測定準備室及び試料準備室が各々1室計2室用意されています(一部のビームラインを除く)。それらの室に整備あるいは持ち込む予定の設備、機器等を記入してください。
  10. 建設グループの構成
    氏名、所属、年齢、建設における担当、経験の有無、経験の内容を記入してください。また、ビームラインの組立、調整等に責任をもつSPring-8サイトでの建設担当者を必ず記入してください。
  11. 設計、建設に当たって施設者側に期待する技術的助言等の内容
    趣意書に対するJASRIからの意見や施設者側との協議結果等を踏まえて記入してください。
  12. 設計・建設スケジュール
    主要なマイルストーンを月または四半期のスケールでお示しください。
  13. 建設予算の見積及び予算獲得の見通し
    計画の受入が決定した場合、速やかに予算執行が可能であることをお示しください。
  14. 安全管理計画及び安全管理体制
    考え方、人員計画、予算計画、施設者側に希望する事項等について記入してください。
  15. 維持管理計画及び維持管理体制
    考え方、人員計画、予算計画、施設者側に希望する事項等について記入してください。
  16. 利用計画及び利用体制
    ビームライン完成後、実施を予定する具体的な利用研究課題、実施計画を列挙するとともに、その人員計画、予算計画、施設者側に希望する事項等について記入してください。また、利用研究においてRI試料(密封、非密封)や反応性ガス、化学薬品等取扱に注意を要する試料の使用を計画する場合は、その種類と量及び安全対策等について記入してください。
  17. その他
    ご要望をお書きください。なお、SPring-8に建設する必要性について、改めてお書きください。

ページトップへ

Print Print