▲ TOP

成果専有時期指定課題の募集について

成果専有時期指定課題とは、成果を公表しない成果専有課題のうち、定期的な募集の締切によらず応募・受付される課題種です。申請は随時受け付けており、提出された課題は順次迅速に審査されます。ビーム使用料は、通常の成果専有利用の5割増しとなります。

なお、成果専有時期指定課題の形態の1つとして、XAFS(BL14B2)、粉末X線回折(BL19B2)、小角散乱(BL19B2)、硬X線光電子分光(BL46XU)および薄膜評価(BL46XU)の測定代行課題も受け付けています。詳しくは現在募集中の利用研究課題のページをご覧ください。

 現在募集中の利用研究課題

1.対象ビームラインと利用時期

募集の対象となるビームラインは共用ビームライン26本です。理研ビームラインの利用を希望される場合は、配分シフト単位を含め適宜ご相談ください。なお、申請を検討されているビームラインのご利用経験がない方は、申請前にビームライン担当者へご相談ください。

成果専有時期指定課題の利用時期は、定期公募での採択課題の利用時期決定後の調整となるため、利用可能な時期について、予め利用予定のビームラインの担当者にご相談ください。

2.申請方法

Webサイトを利用した電子申請となります。「SPring-8利用研究課題募集の概要」をご一読いただき、User Information Webサイトから申請してください。

User Information Webトップページ > マイページにログイン > 申請/報告 > 課題申請/利用計画書 > 新規作成

課題申請後に「SPring-8成果専有利用同意書」を提出していただく必要があります。 当該フォームをダウンロード後、必要事項を記入の上、PDFをメール送付してください。同意書に記入が必要な申請番号は、課題登録完了時にお送りする受理通知メールにてお知らせいたします。

3.応募締切

随時応募可能

ただし、申請後の審査等を経た採否決定までの期間、および利用事前手続きを要するため、BL担当者と調整した希望日の3週間前までに申請を完了してください。

4.審査について

実験内容の技術的な実施可能性、実験内容の安全性、社会性、倫理性のみを審査します。科学技術的価値および研究手段としてのSPring-8の必要性に関する審査は行いません。

5.審査結果の通知

審査結果は、応募の約2週間後にメールまたは電話にて通知いたします。正式な通知書も追って送付いたします。

6.その他

(1)利用にあたっての料金等について
ビーム使用料および消耗品の実費負担については、「SPring-8利用研究課題募集の概要」をご参照ください。

(2)持ち込み試料
利用研究課題申請書に記載されているものに限ります(試料および薬品等持込申請書の変更を審査する時間がないため)。

(3)利用前手続きについて
利用日の1週間前までに、当該年度分の「外来放射線作業者登録申請書(様式5-1)」の書類提出を完了していただく必要がありますので、未提出の場合はご準備ください。詳細につきましては、UIサイトの「SPring-8 実験開始までに行う手続きについて」をご確認ください。

7.お問い合わせ

〒679-5198 兵庫県佐用郡佐用町光都1-1-1

高輝度光科学研究センター (JASRI) 利用推進部0791-58-0961sp8jasri@spring8.or.jp