▲ TOP

詳細:試料および薬品等持込申請書 (課題に関係する実験/調整来所)【様式9】

期限:毎回来所10日前

SPring-8で使用する試料や薬品の「持ち込み」から「持ち出し」の状況を確認するための書類です。マイページにログイン後、『試料および薬品等持込申請書』に入力し、必ず持ち込み日の10日前までにオンライン提出してください。

様式

「試料および薬品等持込申請書」には、SPring-8に持ち込む全ての試料、薬品(洗浄や保存のために用いる溶媒、ガスも含む)の名称(略称、記号等には説明)、形態(形状)、量(単位も記入)、性質(危険有害性)、用途、持ち込み期間、安全対策、リスクレベルを記述してください。リスクアセスメントの詳細は、「化学物質の毒性調査(リスクアセスメント)について」をご覧ください。提出された申請書の記載内容について安全上の疑義が生じた場合には、JASR安全管理室よりご連絡いたしますので、必要な情報の提供にご協力をお願いいたします。試料や薬品を持ち込まない場合は、“持ち込み試料/薬品なし”にチェックを入れてください。チェックがない場合は,ご提出いただけません。なお、毒物、劇物および有機溶剤等の危険物・有害物質を持ち込む場合は、来所時に必ずビームライン担当者にその旨を伝えてください。

様式番号説明対象
9試料および薬品等持込申請書[マイページ]来所前

注意事項

「利用申込書」が提出されるまで、「試料および薬品等持込申請書」はご提出いただけませんのでご注意ください。 ご提出後に変更が生じた場合は、以下までメールにてお知らせください。

お問い合わせ

窓口電話番号メールアドレス
高輝度光科学研究センター (JASRI) 利用推進部0791-58-0902uoffice@spring8.or.jp