▲ TOP

詳細:放射線作業者登録申請書【様式5-1】

2022年1月より、SPring-8及びSACLAにおける放射線業務従事者等の登録・変更・中止等の各種手続がペーパーレス・押印レス化されました。詳細は以下をご覧下さい。
理化学研究所 播磨事業所 安全管理室Webサイト
放射線業務従事者登録等手続きのペーパーレス化について
Q&A

期限:年度初回来所の10日前

SPring-8/SACLAの放射光を利用される方は、年度毎に理研播磨地区での放射線業務従事者の登録が必要です。登録が完了しないと実験できませんので、ご注意ください。 登録申請の際は、理研播磨事業所安全管理室のWebページよりオンラインで「放射線作業者登録申請書」を作成していただき、ご提出ください。書類上の不備がなければ、理研播磨地区放射線安全教育を受講していただき、初回来所時に従事者として登録されます。
*理研播磨地区放射線安全教育については、e-ラーニングで受講してください。e-ラーニングの詳細については、こちらをご覧ください。

登録は年度内継続されます。同一年度内の再来所において「放射線作業者登録申請書」の再提出は必要ありませんが、登録中に所属が変更になった場合は、速やかに「放射線業務等中止届」をご提出ください。
「放射線業務等中止届」提出後のご利用に関しては、再度、変更後の所属から「放射線作業者登録申請書」を提出していただく必要があります。
申請書に、年度末日を記入した場合に限ります。

様式

理研播磨事業所安全管理室のWebページより申請してください。

様式番号説明対象
5-1放射線作業者登録申請書[申請ページ]全員

5-2放射線業務等中止届[申請ページ]所属を変更された方

所属機関承諾・証明欄の放射線取扱主任者について

【日本国内の機関に所属する方】

申請者の被ばく線量記録、放射線の教育訓練の受講記録および、電離放射線健康診断の結果を記録管理している部署の放射線取扱主任者*の記名および押印をお願いいたします(ペーパーレス申請では不要です)。
* 放射線取扱主任者:事業所で選任されている主任者。資格のみの保持者は含まない。
注:所属機関で放射線取扱主任者がいない場合や教育訓練を受講できない場合は、外部の安全教育訓練実施機関等を利用して、電離放射線健康診断・放射線教育訓練・線量計持参等の要件を満たしてください。

参考:安全教育訓練および放射線業務従事者管理補助業務実施機関

参考:安全教育訓練実施機関

(公社)日本アイソトープ協会 03-5395-8081 
http://www.jrias.or.jp/  

(公財)放射線計測協会 029-282-5546 
http://www.irm.or.jp/

  

注意事項

SPring-8/SACLA来所時は、所属機関より個人被ばく線量計をご持参いただくことが必須ですのでご注意ください。

【海外の機関に所属する方】
自国の法令等に基づいて申告者の被ばく線量、放射線の教育訓練の実施および健康診断の結果を記録管理されている方の記名および押印(署名も可)をお願いいたします。

お問い合わせ (全般)・書類提出先

〒679-5198 兵庫県佐用郡佐用町光都1ー1-1

公益財団法人 高輝度光科学研究センター

窓口電話番号メールアドレス
高輝度光科学研究センター (JASRI) 利用推進部0791-58-0902uoffice@spring8.or.jp

問い合わせ (技術)

国立研究開発法人理化学研究所

窓口電話番号メールアドレス
理研 播磨事業所安全管理室 (放射線管理受付)0791-58-0904radiationsafety@spring8.or.jp