▲ TOP

複数期に跨がる利用課題の成果の取扱いについて

複数の期に跨がって採択された課題については、グループの中で最後に実施された課題を基準として、成果公開期限を設定しています。なお、複数の期に跨がって採択される可能性のある課題は、以下のとおりです。

  • 長期利用課題
  • パートナーユーザー課題
  • 新分野開拓利用課題
  • 生命科学/タンパク質結晶構造解析分野においてビームタイム割当が結果として2期になったもの(いわゆるPX-BL課題)
  • 一般課題および大学院生提案型課題の内、ビームタイム割当が2期になったもの(1年課題)

例)2018A期から2020B期まで、3年6期で実施した長期利用課題の場合

関連課題12018Axxxx
関連課題22018Bxxxx
関連課題32019Axxxx
関連課題42019Bxxxx
関連課題52020Axxxx
関連課題62020Bxxxx→この課題を基準として
 期限は2024年3月31日となります

なお、利用課題実験報告書は各課題番号ごとに提出する必要があります。