Window Close

User Information

放射線業務従事者登録について


①登録申請について

【Q】放射線業務従事者登録はどのように申請したらいいですか?

【A】申請書作成Webページ:https://harimariken01.spring8.or.jp/index.php
上記、理研播磨事業所安全管理室のHPにアクセスの上、下記の手順で進んでください。
※SPring-8/SACLAのユーザーで理研身分をお持ちでない方


【Q】承諾期間の欄はどのように記入するのですか?

【A】当該所属機関において放射線業務従事者として登録のうえ従事する予定の期間(一般的には年度更新のため、同一年度内)を記入してください。
なお、提出時点で下期の課題の採択はされていなくても、年度内に再度来所する予定がある場合には、終了日は年度末日(3月31日)にしてください。(年度を超えての設定はできません)

【Q】承諾期間内に、例えば短時間の施設見学で蓄積リング棟放射線管理区域内に立ち入る場合、一時立入承認申請が必要になりますか?

【A】いいえ。放射線業務従事者登録期間内の一時立入は、概念自体がありません。その場合は、放射線業務従事者としての立入となります。なお、申請書に記載された承諾期間終了後の場合は、この限りではありません。

【Q】所属先に放射線取扱主任者がいません。どうしたらいいですか?

【A】SPring-8/SACLAで放射光利用ユーザーとなるには所属機関等で放射線業務従事者になっていただく必要があります。所属機関で放射線取扱主任者がいない場合や教育訓練を受講できない場合は、外部の安全教育訓練実施機関等を利用して電離放射線健康診断・放射線教育訓練・線量計持参等の要件を満たしてください。

[安全教育訓練および放射線業務従事者管理補助業務実施機関]
・(株)千代田テクノル  03-3816-2931(窓口担当者:東京営業所/平田 真紀)
http://www.c-technol.co.jp/
・(株)日本環境調査研究所  06-4963-2500(窓口担当者:大阪営業所/鈴木 雅人)
http://www.jer.co.jp/
・ スプリングエイトサービス(株)  0791-58-0824 http://www.ses-spring8.co.jp/

[安全教育訓練実施機関]
・(公社)日本アイソトープ協会 03-5395-8081 http://www.jrias.or.jp/
・(公財)放射線計測協会 029-282-5546 http://www.irm.or.jp/

【Q】Web入力にて申請書を作成しました。これで登録完了ですか?

【A】いいえ。Webにて入力だけでは手続きは完了していません。出力されたPDFファイルを確認し、印刷し、必要項目に記名・押印をして必ず原本をJASRI利用推進部まで郵送してください(添付書類のある方は、同封してください)。

【Q】記載事項を間違えてPDFを印刷してしまいました。修正はできますか?

【A】PDF出力後の修正はできません。恐れいりますが、もう一度新規で始めから入力し直して、PDF出力してください。間違えた申請書は、施設側で確認のうえ消去します。

【Q】申請書の提出が、来所10日前に間に合いそうにありません。どうしたらいいですか?

【A】早急にJASRI利用推進部(e-mail:uoffice@spring8.or.jp 、TEL:0791-58-0902)までご相談ください。

【Q】海外所属の共同実験者がいます。これまでどおり海外からの申請は、PDFファイルのメール送信のみでいいですか?

【A】2014年度より海外機関所属の申請も原本が必要となります。来所10日前までに到着するよう郵送してください。なお、海外機関所属の方は「印欄」は署名でも構いません。

【Q】申請書郵送後に、間違いに気づきました。どうしたらいいですか?

【A】早急にJASRI利用推進部(e-mail:uoffice@spring8.or.jp 、TEL:0791-58-0902)までご相談ください。その際、受付番号(申請書右上)をご用意ください。軽微な訂正であれば来所時に訂正していただくことも可能です。

【Q】放射線業務従事者登録期間中にE-mail変更や住所の変更等がありました。

【A】所属等変更届(Web作成)に変更内容を記載いただき、従事者登録申請時と同じ手順で提出してください。変更届による変更申請対象項目は、氏名・フリガナ、E-mail、所属機関部署名・住所です。

所属等変更届:https://harimariken01.spring8.or.jp/workers_change.php?re=1

ただし、所属機関等の変更の場合は、放射線業務等中止届(Web作成)を提出し、引き続き放射線業務従事者登録を行う場合は、新しい所属機関よりあらためて申請してください。こちらもご参照ください。
所属等変更届サンプル:http://user.spring8.or.jp/ui/wp-content/uploads/RW_change_sample.pdf

【Q】放射線業務従事者登録の期間を延長したい。

【A】上記変更届ではなく、新たに申請を行ってください。なお、年度を超えての申請はできません。

【Q】所属先が変更となりました。どのような手続きが必要ですか?

【A】放射線業務等中止届(Web作成)を提出後、新たに変更後の所属先より外来放射線作業者登録申請書(Web作成)を提出してください。(平成26年4月以降に登録された方が対象となります。)また、ユーザー登録の修正もしてください。
放射線業務等中止届:https://harimariken01.spring8.or.jp/index.php
放射線業務等中止届(サンプル):http://user.spring8.or.jp/ui/wp-content/uploads/RW_withdraw_sample.pdf
ユーザー登録の変更:https://user.spring8.or.jp/apps/login/ja

【Q】所属内で異動がありました。放射線業務中止届を提出し、申請し直す必要がありますか?

【A】所属内の部署異動の場合は必要ありません。
ただし、所属内での部署異動であっても、放射線管理体制に変更があれば放射線業務中止届が必要となります。

【Q】従前の様式(旧様式5-1)には被ばく通知の送付先を記入する欄がありましたが、新様式にはありませんでした。被ばく通知はされないのでしょうか?

【A】SPring-8/SACLA管理区域へ入域した月のみ、放射線取扱主任者宛に送付します。

【Q】放射線取扱主任者の勤務地が申請者や機関代表者の勤務地と異なる場合や、当該主任者が自社機関所属者ではない(勤務地のみならず所属機関名も異なる)場合の送付先はどこになりますか?

【A】放射線取扱主任者宛に送付します。当該主任者が自社機関所属者ではない場合は、機関代表者に送付します。

【Q】被ばく通知書の送付先を指定の場所にしたいのですが、どうしたらいいですか?

【A】放射線取扱主任者以外に送付をご希望の方は、別途下記までご相談ください。

<相談先>
国立研究開発法人理化学研究所 播磨事業所安全管理室放射線管理受付
TEL:0791-58-0904 FAX:0791-58-0932
e-mail:radiationsafety@spring8.or.jp

【Q】申請者の代理で申請することは可能でしょうか?

【A】ご本人の許可のもと、代理申請されるのは問題ございません。

【Q】放射線従事者登録について相談したいのですが?

【A】<問い合わせ・書類提出先>
〒679-5198 兵庫県佐用郡佐用町光都1-1-1
(公財)高輝度光科学研究センター 利用推進部 共用推進課
TEL: 0791-58-0902 Fax: 0791-58-0906
e-mail:uoffice@spring8.or.jp

<問い合わせ先(技術的内容等)>
国立研究開発法人理化学研究所 播磨事業所安全管理室放射線管理受付
TEL:0791-58-0904 FAX:0791-58-0932
e-mail:radiationsafety@spring8.or.jp

②登録申請書の内容について

【Q】入力記入例はありますか?

【A】入力用画面の右上にあります。放射光利用ユーザーをご参照ください。こちらからもご覧いただけます。

【Q】旧様式にあった「放射線安全教育訓練日」「電離放射線健康診断受診日」の記載欄がありませんが不要ということでしょうか?

【A】所属機関での放射線安全教育訓練及び電離放射線健康診断は法令に基づきこれまで通り受けてください。新様式では日付の記載は不要になりましたが、放射線取扱主任者がこれら放射線管理を実施していることを証明する様式に変更しています。

【Q】初回来所が調整で行く為、課題番号がありませんどうしたらいいですか?

【A】調整等で課題番号が決まっていない場合は、空欄で結構です。

【Q】課題番号について、複数課題を持つまたは複数課題の実験に参画する場合は、全ての対象課題を記入する必要がありますか?

【A】全ての対象課題の記入が望ましいですが、1つのみでも構いません。

【Q】課題番号が分かりません。

【A】空欄で結構です。

【Q】申請者の所属機関が複数ある場合は、どのように申請すればいいですか?

【A】各所属機関から申請を行う必要はありません。申請者の放射線業務従事者管理を行う所属機関(一般的には、申請者が放射線業務従事者として行う業務に関係する主たる所属機関)から申請を行ってください。

【Q】「所属長」と「代表者」の違いは何ですか?

【A】所属長は申請者が所属する部・課・室の長(例:研究室長など)、代表者は申請者の人事権をもっている人(例:学部長)となります。

【Q】「所属長」と「代表者」は同一者でもいいですか?

【A】はい、同一者でも問題ありません。

【Q】所属機関以外で放射線管理を行う場合の「代表者氏名」欄は誰の記名・押印が必要ですか?

【A】申請者の所属機関の長(例:学長、社長)もしくは人事権をもっている人(例:学部長)をご記入ください。

【Q】所属機関承諾・証明書欄の放射線取扱主任者の欄は、誰の記名・押印が必要ですか?

【A】事業所で選任されている放射線取扱主任者のみ有効となります。

【Q】「所属機関承諾・証明欄」は、社名印や住所印等のゴム印でもいいですか?

【A】はい、社名印や住所印等でも大丈夫です。また、タイプ等も可です。

【Q】印刷後に記名・押印する箇所はどこですか?

【A】サンプル をご参照ください。

③教育訓練について

【Q】初回来所時の教育訓練は、どこで受講できますか?

【A】2019年3月よりe-ラーニングにて受講していただきます。詳細はこちらをご覧ください。

ページトップへ

④2014年8月からの変更点について

【Q】2014年度(平成26年度)からの変更点は何ですか?

【A】様式が刷新され、従来のPDFファイルの埋め込みフォーム形式からオンラインWeb入力によりPDFファイルを作成し、印刷・必要項目に記入・押印の上、JASRI利用推進部まで郵送する方式へ変更となりました。

【Q】従前(平成25年度)の様式(旧様式5-1)は使用できますか?

【A】2014年(平成26年)4月1日以降の来所の方は、使用できません。オンラインWeb入力による新様式にてご提出ください。

【Q】放射線取扱主任者署名欄は、これまでどおり放射線取扱主任者相当または労務管理者相当の署名でいいですか?

【A】2014年7月末日までの申請受付の場合は、従来通りで問題ありません。しかしながら、8月以降に申請の場合(作業期間が8月以降の場合を含む)、放射線取扱主任者のみ有効となります。

ページトップへ

Print Print