専用ビームラインのページ

専用BLの利用について

利用にあたって
ビーム使用料
利用手続きの流れ
提出書類一覧

利用にあたって

専用ビームライン利用のための手続きは、各専用ビームライン事務局へお問い合わせください。
各ユーザーおよび実験責任者の提出書類はこちら

ビーム使用料

1)成果非専有利用(成果公開):免除
成果を公開する利用であり、原則、ビーム使用料は課されません。この場合、半期終了後60日以内に「利用課題実験報告書 (Experiment Summary Report)」を提出していただくと共に、成果として3年以内に査読付き論文等を発表し、JASRIに登録する必要があります。なお、2011B期より、課題実施後60日以内のJASRIの事業年度内(3月末日)であれば所定の手続きにより以下に記載する成果専有利用に変更することができます。

2)成果専有利用(成果非公開):有料
実施者が成果を専有することができる利用であり、ビーム使用料が課されます。実験内容、試料等に商業機密等が含まれており、得られた結果を公表したくない場合等に利用していただく制度です。利用に先立ち、実験における料金支払い、秘密保持等を盛り込んだ、「成果専有利用同意書」を提出していただく必要があります。これにより、利用課題実験報告書を提出する必要がなくなると共に、成果を専有することができます。

利用手続きの流れ

ユーザー登録
SPring-8で実験を行うには、まずユーザー登録を行い、ユーザーカード番号を取得する必要があります。まだユーザー登録されていない申請者(実験責任者)および共同実験者は、UIサイトのユーザー登録のページから新規登録を行ってください。既にSPring-8のスタッフ用IDカードを持っている理研およびJASRIの職員や、外来研究員等も登録が必要です。このとき、カードの二重発行を避けるため、ユーザー登録画面のユーザーカード番号欄にSPring-8のIDカード番号を入力してください。

異動、就職などによりユーザー登録内容に変更が生じた場合は、ユーザー登録のページから登録内容の確認/変更を行ってください。変更を行うには、まずログインする必要があります。

利用計画書の提出(提出:実験責任者)
SPring-8来所前に、各ビームライン事務局を通じて利用研究課題の内容を記載した利用計画書を半期毎に提出してください。利用計画書には、利用研究課題名、成果専有又は成果非専有の別、研究目的及び実験内容、安全に対する記述及び対策等、所定の事項を記入してください。一度提出された利用計画書の有効期間は半期のみですので、同一課題であっても、次半期には再度提出が必要となります。利用計画書の提出方法は、共用ビームライン利用課題申請書の提出方法とほぼ同じです。

その他、利用計画書の共同実験者名簿から、専用ビームラインユーザーであることを確認いたします。共同実験者に変更があった場合には、共同実験者名簿を変更してください。

なお、成果専有利用を希望する場合には、実験責任者はビーム使用料等を定めた成果専有利用同意書に必要事項を記入し、利用計画書提出後すみやかに提出する必要があります。成果専有利用同意書の作成/提出については、各ビームライン事務局にご確認ください。

安全審査
SPring-8では、提出された利用計画書をもとに実験の安全審査を行い、安全審査に合格した課題のみSPring-8にて実験できます。安全性について是認できないとこちらで判断した課題については、利用推進部より各ビームライン事務局を通じて連絡いたしますので、実験内容の変更・修正や、追加情報の提出をお願いいたします。

必要書類の提出
ビームラインを使用する前に、いくつかの書類を提出していただきます。手続きには時間がかかりますので、期限までに使用するビームライン事務局を通じて提出してください。なお、書類の提出方法は、ビームラインにより異なる場合がありますので、事前に使用するビームライン事務局にご確認ください。

提出書類一覧はこちら

ストックコーナー利用について
ストック品の持ち出しおよび料金積算には、ストックコーナー利用カードとユーザーカードが必要です。ストックコーナー利用カードは、各専用ビームライン事務局へ直接お問い合わせ下さい。
2種類のカードを持参の上、ストックコーナーにて手続きを行い、消耗品の備品を持ち出して下さい。ストックコーナーには操作方法の手順書を設置しておりますのでご覧下さい。

来所時以降の手続き
共用ビームラインの手続きを参照してください。

ページトップへ

Print Print