専用ビームラインのページ

専用BLとは

専用ビームラインとは、設置者である企業等の外部機関が建設し、独自研究に利用するビームラインであり、設置者はほぼ専有してビームラインを利用することができます。設置者は国内外、産学官を問いません。

2013年10月現在、19本の専用ビームラインが稼働中です。

BL番号 ビームライン名 設置者
BL03XU フロンティアソフトマター開発産学連合ビームライン フロンティアソフトマター開発専用ビームライン産学連合体
BL07LSU 東京大学物質科学アウトステーションビームライン 東京大学
BL08B2 兵庫県ビームラインBM 兵庫県
BL24XU 兵庫県ビームラインID
BL11XU QST 極限量子ダイナミクスⅠ ビームライン QST 量子科学技術研究開発機構
BL14B1 QST 極限量子ダイナミクスⅡ ビームライン
BL22XU JAEA 重元素科学Ⅰ ビームライン JAEA 日本原子力研究開発機構
BL23SU JAEA 重元素科学Ⅱ ビームライン
BL12B2 NSRRC BMビームライン 台湾NSRRC
BL12XU NSRRC IDビームライン
BL15XU 広エネルギー帯域先端材料解析ビームライン  (WEBRAM) 物質・材料研究機構
BL16B2 サンビームBMビームライン 産業用専用ビームライン建設利用共同体
BL16XU サンビームIDビームライン
BL28XU 革新型蓄電池実用化促進基盤技術開発ビームライン 京都大学
BL31LEP レーザー電子光Ⅱビームライン 大阪大学核物理研究センター
BL33LEP レーザー電子光ビームライン 大阪大学核物理研究センター
BL33XU 豊田ビームライン 豊田中央研究所
BL36XU 先端触媒構造反応ビームライン 電気通信大学
BL44XU 生体超分子複合体構造解析ビームライン 大阪大学蛋白質研究所

専用ビームライン利用のための手続きは、実験責任者と共同実験者で異なり、また必要書類の提出先もJASRI利用推進部とビームライン事務局に分かれます。詳細については、各専用ビームライン事務局へお問い合わせください。

Print Print