来所/実験

実験関連施設/設備

◆試料準備室/測定準備室

蓄積リング棟には周回廊下が設けられており、廊下と実験ホールの間には廊下側から入室する試料準備室と、実験ホール側から入室する測定準備室が配置されています。これらの準備室は各ビームラインに割り当てられており、原則としてユーザーは使用しているビームラインの準備室を使用することができます。実験上遮光が必要な時以外は、労働安全上ブラインドを上げておいてください。

◆ユーザー談話室

ユーザー談話室(控室)は、蓄積リング棟の外周側に5室用意されており、ユーザーは自由に利用できます。場所は、A3扉-a共7、B3扉-b共7、C1扉-c共3、D1扉-d共3、D3扉-d共9です。談話室には、ソファー、打ち合わせ机、ホワイトボード、インターネット接続可能なシンクライアント端末、電気ポット、電子レンジ、コーヒーメーカー、冷蔵庫があります。 談話室の書籍等はサイクル終了後に処分されますのでご注意ください。

冷蔵庫の利用について:
1.冷蔵庫は飲食物専用です。実験試料等の保管には利用しないでください。
2.冷蔵庫に飲食物を保管する場合は、容器、または袋等に「氏名」、「保管期限(年月日)」を記入してください(備え付けシールを利用してください)。
3.保管期限は原則として2週間です。
4.退所時には、必ず持ち帰ってください。
5.「氏名」、「保管期限」の記入がない場合や、保管期限が切れている場合は、処分します。
冷蔵庫利用に関して質問等ありましたら、利用推進部(内線2225)へお問い合わせください。全てのユーザーが快適に利用できるように、利用後の片付けは各自でお願いいたします。

シンクライアント端末の利用について:
各談話室にはシンクライアント端末 (Solaris OS) を1台ずつ設置しており、Webブラウザーによるインターネット接続が可能です。利用する際には以下の点にご注意ください。
1.利用記録名簿の記入
端末の横にある利用記録名簿に氏名、所属、利用時刻を記入してご利用ください。
2.不適切な利用(法律に違反するような行為等)は禁止します。「情報ネットワーク利用規程」に同意された方のみ、ご利用いただけます。
3.混雑時の長時間利用
順番待ちの方がいる場合は、なるべく早く次の方にお譲りくださいますようお願いいたします。

排水について:
談話室に備えてある流し台は、生活排水専用です。実験排水は流さないでください。

ページトップへ

◆生物試料準備室

蓄積リング棟D24号室(D2扉とD3扉の中間。実験ホールから行く場合は、D3扉に向かって右方向に進み最初の扉を出て左側)を生物試料準備室として整備しています。24時間利用可能で、利用申請は不要です。生物試料準備室ホームページの「リング棟生物試料準備室利用上の注意」をよく読んでから使用してください。記帳が必要な設備に関しては所定の欄に必要事項を記入してください。特に、実験廃液の処理、実験廃棄物分別等の規則の遵守をお願いいたします。室内の設備は持ち出しできません。また、有機溶媒を用いた実験はドラフトチェンバーを備えた医学利用生物利用準備室(中尺ビームライン実験施設研究棟210号室)をご利用ください。詳しくは生物試料準備室ホームページを参照してください。
利用についての質問等は、下記担当までお問い合わせください:
岩本(内線:3884 / e-mail: iwamoto@spring8.or.jp

【設備リスト】製氷機、純水製造システム、遠心機(2種)、分光光度計、超低温フリーザー、冷蔵庫、インキュベーター、実体顕微鏡、超音波洗浄器、チューブローテーター、恒温水槽、ホットプレート、アスピレーター、ヒートブロック、蛋白分離精製システム(FPLC)、電子天秤、pH メーター、ミキサー、マグネチックスターラー、ラボカート、ユーザー用ロッカー

◆化学試料準備室

蓄積リング棟D1扉のすぐ南側のd共1(旧試料準備室34IN)を化学試料準備室として整備しています。実験台、ドラフトチャンバー、電子天秤等のユーティリティが整備されています。担当者から使用法や安全に関する説明を受けた利用者は24時間利用可能ですが,担当者の対応は平日(祝日などを除く)の9:00 〜 17:00 に限ります。詳細は化学試料準備室のホームページで確認してください。入退室はカード管理になっています。利用開始希望者は、利用の10 日前までにこちらから利用申し込みをしてください。

利用についての質問等は、下記担当までお問い合わせください:
岩本(内線:3884 / e-mail: iwamoto@spring8.or.jp

【設備リスト】ガス供給設備(空気、窒素、アルゴン)、ドラフトチャンバー、実験台、流し台、測定台、スクラバー

【機器リスト】精密天秤、ラフ天秤、冷蔵庫、製氷機、純水製造装置、超純水製造装置、pHメーター、超音波洗浄器、アスピレーター、デジタル恒温水槽、脱気シーラー、真空デシケーター、オートドライデシケーター

◆自転車および台車

実験ホール内では、「For Public Use(共用)」と表示した実験ホール内専用の自転車と運搬台車があります。これらは共用物ですので、専有しないようお願いいたします。使用にあたっては、実験ホール内の通行ルールに従ってください。なお、利用前に必ず安全確認を行い、故障等の不具合がないことを確認してください。パンクや故障等を発見した場合は、スタッフ(PHS: 3826または3432)までご連絡ください。

実験ホール内専用の自転車は建物の外での使用はできません。屋外でご利用になりたい場合は、利用推進部、または研究交流施設フロントまでお申し出のうえ、屋外用の自転車を使用(但し、SPring-8サイト外での使用は、光都プラザへ買い物に行く目的以外での使用を禁止)してください。
なお、SPring-8/SACLAが立地しています兵庫県では、「自転車の安全で適正な利用の促進に関する条例」が制定され、平成27年10月1日より自転車使用者の保険加入が義務化されました。ユーザーの皆様は来所時に自転車を利用される場合は、保険加入の上、安全で適正な利用にご理解ご協力を頂きますよう、よろしくお願いいたします。

◆ストックコーナー

ストックコーナーは共通室A25およびC09にあり、ユーザーカード認証による入室が終日可能です。ストックコーナーは、共同利用実験を遂行するために最小限必要な消耗品を緊急時用に備蓄・保管する場所で、使用量に応じた料金を後日お支払いいただきます。

共用ビームライン実験におけるストック品の持ち出しおよび料金積算には、ユーザーカードを持参の上、ストックコーナーに設置しているタブレット端末での処理が必要です。ストックコーナー設置のタブレット端末の操作方法は備え付けの手順書をご覧ください。

利用の度に、ストックコーナー利用時個別明細として利用者本人と選択した課題の実験責任者にメールが送信されます。従前のチェックアウト処理は不要となります。

ストックコーナー品価格・在庫一覧 (PDF)
消耗品実費負担制度について

ページトップへ

◆マシンショップ

SPring-8には2つの工作室があります。名称は、第1マシンショップおよび第2マシンショップです。

利用するためには、機械取り扱いの安全講習を受ける必要があります。安全講習を受けていない人は、利用できません。

詳細はこちらをご覧下さい。

◆ユーザー用共通実験機器

JASRIが保守・運用している機器をユーザーが利用するための手続きは以下のとおりです。

共通規則
1.申し込み:ビームライン担当者を通じて利用申し込みをしてください。課題申請前にビームライン担当者とよく相談し、申請書に必要機器を明記してください。
2.取り扱い:ビームタイム時にビームライン担当者がユーザーに説明します。
3.利用記録:必ず各機器に付属のログノートに記録を残してください。
4.故障時の対応:故障時の操作を詳細にログノートに記述し、ビームライン担当者に速やかに連絡してください。夜間・休日の対応は行いません。

運用機器
1.イメージングプレート(IP)読取装置 BAS-2500
2.ビームモニター+冷却CCDカメラ
3.X線イメージインテンシファイアー+高速CCDカメラ
4.フラットパネル検出器
5.クライオジェット

◆液体窒素

蓄積リング棟実験ホールの外壁に沿って等間隔に5箇所の液体窒素容器置場が設置してあります。利用にあたっては、事前に安全講習(ビデオ視聴)を受ける必要があります。受講をご希望の方は、蓄積リング棟A中央2階 JASRI安全管理室(0791-58-0874, safety@spring8.or.jp)へ受付時間内(平日9:00〜17:30)にお越しください。講習時間は約5分です。なお、採取される際は備え付けの「液体窒素採取記録簿兼容器貸出簿」に必ず記入をお願いいたします。

注:窒素ガスがセンサーに直接あたらないよう採取してください。

◆中尺ビームライン実験施設

蓄積リング棟Cゾーンの南側に中尺ビームライン実験施設(実験棟および研究棟)があります。実験棟にはBL20B2の実験ハッチ2と3、BL20XUの実験ハッチ2があり(見取図参照)、それぞれのビームラインのユーザーはここで利用実験を行うことができます。また、実験棟に入館する際はユーザーカードによる照合を受けてください。利用に関しての説明は各ビームライン担当者から受けてください。

◆実験動物維持施設

蓄積リング棟南側には、中尺ビームライン実験施設に隣接して実験動物維持施設があります。業者より納入された実験動物を実験終了まで一時的に保管(飼養)するための設備や、実験動物に麻酔・解剖等の処置を行うための処置室、細胞培養室などを備えます。動物実験を行うには、予め動物実験計画が承認されていること並びに動物実験従事者として登録されていることが必要です。遺伝子組換え動物を用いる場合は別途手続きが必要です。施設の利用方法や動物搬入手続き、細胞培養室の予約等の詳細については、こちらをご覧ください。

施設利用の詳細について別途相談等を希望される場合は、下記担当者までご連絡ください。
・動物実験監督者:八木直人 (e-mail: yagi@spring8.or.jp)
・動物実験監督者代理:梅谷啓二 (e-mail: umetani@spring8.or.jp)
・動物飼養施設管理者:岩本裕之 (e-mail: iwamoto@spring8.or.jp)

◆長尺ビームライン実験施設

SPring-8 の敷地の東端、長尺ビームラインBL29XUの先端にあります。建物内にはBL29XUの実験ハッチ3を含む実験ホール、理化学研究所の研究室があります。利用に関してはビームライン担当者までご連絡ください。

◆ゴミ処理

各自お持ち帰りください。持ち帰ることが困難なゴミについては、各ビームライン担当者にお問い合わせください。

ページトップへ

Print Print